欅坂46のまとめ情報

欅坂46』の解説

欅坂46(けやきざか フォーティーシックス、Keyakizaka46)は、日本女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2015年8月21日に誕生した。坂道シリーズ第2弾として、「欅坂46(通称:漢字欅)」と「けやき坂46(通称 : ひらがなけやき)」の2グループ制をしき、乃木坂46と異なる坂道シリーズを掲げている。

グループ名は2015年当初、東京都港区に実在する坂道名である鳥居坂を冠し、鳥居坂46というグループ名でメンバーを募集していたが、オーディション最終合格者のお披露目とともに。

  • 6月28日、「乃木坂46 新プロジェクト」のグループ名を「鳥居坂46」とすることを発表し、1期生メンバーの募集を開始。この間、1名(鈴木泉帆)が辞退し、21名で活動開始。
  • 10月5日(4日深夜)、初のレギュラー番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)を放送開始。
  • 11月11日、原田まゆの活動辞退を発表し、20名での活動となる。
  • 11月14日 - 15日、ファンを前に初のお披露目イベント『お見立て会』(Zepp DiverCity)を開催。
  • 11月30日(29日深夜)、『欅って、書けない?』番組内で新メンバーとして長濱ねるの加入を発表し、21名での活動となる。長濱は欅坂46の下部組織である「けやき坂46(ひらがなけやき)」からの活動となり、テレビ初パフォーマンス。乃木坂46AKB48と「制服のマネキン」を披露。

2016年

  • 1月16日 - 17日、『新春! おもてなし会』(Zeppブルーシアター六本木)を開催。
  • 1月30日、『ニッポン放送 LIVE EXPO TOKYO 2016 ALL LIVE NIPPON VOL.4』(国立代々木競技場第一体育館)でオープニングアクトとして初のライブパフォーマンスを披露。
  • 2月28日、『スカパー! 音楽祭 2016』(スカパー! 4K総合)に出演。
  • 3月17日、初単独ライブ『欅坂46 生中継! デビューカウントダウンライブ!!』(東京国際フォーラム)を開催。
  • 4月2日(1日深夜)、初冠ラジオ番組『欅坂46 こちら有楽町星空放送局』(ニッポン放送)を放送開始。
  • 4月6日、1stシングル「サイレントマジョリティー」を発売。初週推定売上は約26万2000枚、オリコン1位を獲得し、女性アーティストのデビューシングル初週推定売上としても、歴代1位の記録を樹立。
  • 5月8日、けやき坂46の合格者11名が決定。
  • 5月10日、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが「カタカナけやき」を商標出願。
  • 7月17日(16日深夜)、初主演ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』(テレビ東京)を放送開始、メンバー21名で出演。
  • 8月10日、2ndシングル「世界には愛しかない」を発売。
  • 10月22日、『PERFECT HALOWEEN 2016』(横浜アリーナ)に出演。この時の衣装について、黒の帽子マントなどがナチス・ドイツ軍服に似ているとして、2016年10月から11月にかけてソーシャルメディアなどで批判されていると、イギリスのデーリー・ミラー電子版などが報じた。
  • 10月28日、けやき坂46の初単独イベント『ひらがなおもてなし会』(赤坂BLITZ)を料金500円で開催。
  • 10月29日、『日テレ HALLOWEEN LIVE 2016』(国立代々木競技場第一体育館)に出演。
  • 11月21日、トラベルプリペイドカード「マネパカード」の宣伝部員に就任。
  • 11月24日、『第67回NHK紅白歌合戦』へ初出場が決定。
  • 11月29日、オリコン2016年ブレイク女性アーティストランキングで1位を獲得。
  • 11月30日、3rdシングル「二人セゾン」を発売。
  • 12月7日、『Yahoo!検索大賞2016』のパーソンカテゴリー・アイドル部門を受賞。
  • 12月24日、「サイレントマジョリティー」(約37万7000枚)、「世界には愛しかない」(約39万3000枚)、「二人セゾン」(約46万8000枚)のシングル三作品で年間約16億3000万円の合計売上を記録し、『オリコン年間ランキング2016』のアーティストトータルセールス・新人部門で1位を獲得。
  • 12月24日 - 25日、有明コロシアムで初のワンマンライブを開催。
  • 12月28日、『COUNTDOWN JAPAN 16/17』(幕張メッセ国際展示場)の公演に出演。
  • 12月31日、1stシングル「サイレントマジョリティー」で『第67回NHK紅白歌合戦』に初出場。

2017年

  • 1月21日、3rdシングル「二人セゾン」の発売記念全国握手会(幕張メッセ)のライブで菅井友香がキャプテン、守屋茜が副キャプテンに任命されたことが発表された。同日、『欅坂46キャプテン・副キャプテン就任式』(SHOWROOM)を配信。
  • 2月27日、第31回日本ゴールドディスク大賞(日本レコード協会)を受賞。
  • 3月21日・22日、『けやき坂46単独公演』(Zepp Tokyo)を開催。同公演中に、けやき坂46によるZeppツアーの開催(初回は同年5月31日、Zepp Nambaで開催)が発表された。
  • 3月29日、『ZIP! 春フェス2017』に出演。
  • 4月5日、4thシングル「不協和音」を発売。
  • 4月6日、『欅坂46デビュー1周年記念ライブ』(代々木第一体育館)を開催。同ライブで、けやき坂46のメンバー追加オーディションを同年夏に開催することを発表。
  • 4月13日、メンバーの今泉佑唯が体調不良により、一定期間の治療・静養が必要と診断されたため、欅坂46としての活動を当面の間休止することを同運営委員会が発表。
  • 5月31日、けやき坂46の追加メンバーの募集を開始。
  • 6月16日、1stアルバム(タイトル未定)を同年7月19日に発売することをSHOWROOMで発表。

元メンバー

欅坂46

派生ユニット

ゆいちゃんず

ゆいちゃんずとは、欅坂46メンバーによって結成されたフォークギターデュオ。初期に限り「ゆいちゃんズ」と表記される場合もあった。

  • 今泉佑唯、小林由依。
  • 今泉佑唯、小林由依、長濱ねる、平手友梨奈、4thシングル「不協和音」の収録曲「割れたスマホ」を歌唱するユニット。
  • 志田愛佳、菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐。なお、欅坂46はAKB48の楽曲初参加となる。
  • 欅坂46
    • 今泉佑唯、菅井友香、平手友梨奈、渡辺梨加、渡邉理佐、長濱ねる
  • 乃木坂46
  • 織田奈那、長沢菜々香、米谷奈々未

オーディション

鳥居坂46 1期生メンバーオーディション

  • 応募資格:2015年7月10日時点で満12歳から20歳の女子。
  • 応募総数:2万2509名。
  • 最終合格者:欅坂46の結成メンバーとして活動を開始。期限は2015年12月31日まで。
  • 最終審査:合格者11名。
  • 最終合格者:けやき坂46の結成メンバーとして活動を開始。期限は2017年6月16日まで。

バラエティ

  • 欅って、書けない?(2015年10月5日 - 、テレビ東京)、「46SHOW!」、「欅坂46 SHOW!」。
  • KEYABINGO!シリーズ
    • KEYABINGO!(2016年7月5日 - 9月27日、日本テレビ)
    • KEYABINGO!2(2017年1月10日 - 3月28日、日本テレビ)

特別番組

  • 2015 FNS歌謡祭 THE LIVE(2015年12月16日、フジテレビ) - 初のゴールデン帯の番組出演
  • 欅坂46 生中継! デビューカウントダウンライブ!!(2016年3月17日、TBSチャンネル1) - 初単独ライブ。
  • M-ON! SPECIAL 欅坂46(2016年4月3日・8月13日・12月27日・2017年4月8日、M-ON!
  • 欅坂46 デビューカウントダウンライブ 1stシングルリリース記念! 拡大スペシャル(2016年4月16日、TBSチャンネル1) - 初単独ライブ舞台裏。
  • テレ東音楽祭(3)(2016年6月29日、テレビ東京)
  • THE MUSIC DAY 夏のはじまり。(2016年7月2日、日本テレビ)
  • 音楽の日 × CDTV 朝まで夏フェス! 2016(2016年7月16日、TBS)
  • 2016 FNSうたの夏まつり 〜海の日スペシャル〜(2016年7月18日、フジテレビ)
  • 欅坂46 スペシャル -世界には愛しかない-(2016年8月27日、100%ヒッツ! スペースシャワーTVプラス) - 結成1周年記念番組。
  • ハロウィン音楽祭2016(2016年10月31日、TBS)
  • あなたに贈る! 名曲セレクション"秋ソング"スペシャル(2016年11月4日、NHK BSプレミアム)
  • テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION 音楽LIVE 2016「欅坂46」(2016年11月12日、テレ朝チャンネル1)
  • ベストヒット歌謡祭2016(2016年11月17日、読売テレビ・日本テレビ系列)
  • 第1回明石家紅白!(2016年11月24日、NHK総合)
  • ベストアーティスト2016(2016年11月29日、日本テレビ)
  • 2016 FNS歌謡祭(2016年12月7日・14日、フジテレビ)
  • Mステ スーパーライブ2016(2016年12月23日、テレビ朝日)
  • 乃木坂工事中SP 乃木坂46&欅坂46合同大忘年会!(2016年12月29日、制作:テレビ愛知、放送:テレビ東京系列)
  • 第67回NHK紅白歌合戦(2016年12月31日、NHK総合)
  • THE MUSIC DAY 願いが叶う夏(2017年7月1日、日本テレビ)

ラジオ

店内放送

  • ファミラジ(2016年8月9日 - 、ファミリーマート) - DJ。

CM

  • mechakari(2016年、ストライプインターナショナル
  • HKT48 vs 欅坂46 つぶやきCMグランプリ(ロッテ
    • ACUO
      • 擬人化したギョウザのキャラをACUOを噛んだキレイな息で倒す、渡辺梨加。「息に本気だ。」(2016年10月10日) - 渡辺梨加。
      • 「モテ息」 オーディションで特技のトランペットを披露するも上手く吹けない上村莉菜ちゃん そこでACUOを1粒噛んでトランペットを吹くと…(2016年10月24日) - 上村莉菜。
      • 時に西暦20XX年、欅坂46は戦っていた。その目に迷いは無い。最後の1人になっても戦い続けるだろう。彼女らは決して諦めない。悪の組織から…(2016年10月24日) - 上村莉菜。
      • 100m走を全力で走り抜けた僕 息を切らしてゴールでうずくまる僕の口のガムを放り込む織田奈那「息、大丈夫?」いや...(2016年10月27日)- 織田奈那。
      • 「モテ息」 UFOを呼ぶ儀式を行なう渡辺梨加、しかし来ない。落ち込みつつACUOを食べてため息。すると...(2016年11月1日) - 渡辺梨加。
      • 放課後、校舎脇を歩く渡邉理佐に野球部の打球が飛んできた! それに気づいた渡邉理佐はスクールバッグからACUOを取りだし...(2016年11月9日) - 渡邉理佐。
      • 「息に本気だ」 寿司屋のザ・クールは威勢良く客を迎える。客は活きのいいネタを注文するが…(2016年11月12日) - 志田愛佳。
      • 「息に本気だ」 息アートが得意な佐藤詩織はイメージしたものをそのまま吐いた息で描くことができる…(2016年11月16日) - 佐藤詩織。
      • 阿波踊りを踊る齋藤冬優花。ACUOをひと噛みすると女踊りのふーちゃんが。他味のACUOを噛むと…(2016年11月20日) - 齋藤冬優花。
      • 私の前に道はない。 ただキレイな息があるだけだ 「息に本気だ」(2016年11月23日) - 平手友梨奈。
    • Fit's
      • ヨネッミヨネミン大丈夫やで ヨネッミヨネミン大丈夫〜 ヨネッミヨネミン大丈夫やで♪ ロッテのFit's(2016年10月26日) - 米谷奈々未。
      • ね〜る ね〜る ねるねる〜 腕がふにゃんふにゃんふにゃんにゃにゃんにゃにゃん...(2016年11月21日)- 長濱ねる。
    • キシリトールガム
      • キシリトールガムを食べると 短髪の爽やかイケメンに生まれ変わる平手友梨奈。「どんだけ爽やか!?」(2016年10月10日) - 平手友梨奈。
      • キシリトールを噛んで特技の逆上がりをしてみたら 回りすぎて止まらなくなってしまった尾関梨香。その姿はさながら爽やかな風を贈り続ける…(2016年10月24日) - 尾関梨香。
      • 「爽やか足りてる?」 マッチ売りならぬ爽やか売りの少女(長沢)が誰も買ってくれない爽やかを売っている、一粒食べると爽やかな風景…(2016年10月27日) - 長沢菜々香。
      • 人類の頭の上には爽やかメーターがあって、それが無くなるとベトベトモンスターになる。そこでメーターが0に近い人にキシリトールを…(2016年10月29日) - 土生瑞穂。
      • 「どんだけ爽やか!?」 言葉を発する度に「スッー」という文字が具現化してしまう鈴本美愉(2016年11月20日) - 鈴本美愉。
    • キシリトールホワイト
      • 森で遭難した欅坂46のメンバー。キシリトールホワイトを食べると全員の笑顔が輝きだし、無事救出される。「笑顔、輝いてる?」(2016年10月10日) - 志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、渡邉理佐。
      • 「笑顔100%」映画かドラマか撮影中。 真剣な笑ってはいけない場面で笑顔になってしまう。何度も。(2016年10月25日) - 石森虹花。
      • 駅の前で路上パフォーマンスをしているゆいちゃんずの2人。 結果は鳴かず飛ばず。しかし…(2016年11月3日) - 今泉佑唯、小林由依。
      • ヤンキーのいる道をガムを噛んで歩いている小林。小林をにらみつけてくるヤンキーは今にも何か言い出しそうだが...(2016年11月4日) - 小林由依。
      • スゴ腕のスパイ 平手友梨奈。暗闇の中、さっそうと警備員の目をかい潜って金庫に侵入するけど…(2016年11月6日) - 小林由依。
      • いつも輝くような笑顔の茜さん。でも今まさにサメに食べられようとしてるんです。それでも笑顔のその訳は、、(2016年11月12日) - 守屋茜。
      • おばけに追いかけられて怖くて泣く小池美波…(2016年11月14日) - 小池美波。
      • 「ガムあげるわ!」「ガム食べへん?」「ガムいらん?」 大阪のおばちゃんのごとくコテコテの関西弁で…(2016年11月15日) - 小池美波。
      • ゲーム内のキャラ・すずモンは警戒心が強く中々捕まえる事が出来ない…(2016年11月20日) - 鈴本美愉、守屋茜。
    • ブラックブラック
      • 受験勉強に集中する米谷奈々未。目の前には、誘惑ばかり... 悪魔オダと天使ナナコが囁いてくる 悪魔オダに唆される米谷…(2016年10月27日) - 織田奈那、長沢菜々香、米谷奈々未。
      • 疲れ果てている人々。「ずーミンミンゼミ」はブラックブラックを噛み鳴き声をあげる…(2016年11月2日) - 今泉佑唯。
      • 「シャキっとするなら」 スーツにオールバックで、サングラスを外しながらセリフを言う。(2016年11月8日) - 志田愛佳、渡邉理佐。
      • 美術部の佐藤詩織。最近はコンクールで賞を取れなくて悩んでいた…(2016年11月17日) - 佐藤詩織。
      • 齋藤「人間はだらしない」 (銀色の衣を纏い、真っ暗な世界で) 「ダラダラしている暇があるなら、前へ進め…(2016年11月22日) - 斎藤冬優花。
      • 長濱ねるがガムを乗せたラジコンの車を操作し…(2016年11月22日) - 長濱ねる。
    • フルーティオ
      • 学校の廊下ですれ違う先生を「お母さん!」と間違えて呼び、気まずい空気になった尾関だが、フルーティオを噛んで爽快に笑顔で廊下を…(2016年10月24日) - 尾関梨香。
      • 石森虹花が愛犬を抱きしめながら全力疾走するCM 「フルーツ、キューット!」(2016年10月25日) - 石森虹花。
      • 噛む度に次々とファッションが変わっていき 最終的にランウェイを歩く土生瑞穂 「噛んだらかわいい!」(2016年10月29日) - 土生瑞穂。
      • 梨加がコアラのコスで歌う 梨加「ロッテコアラのマーチ♪」 N「フルーティオのCMなんですけど...」(2016年11月4日) - 渡辺梨加。
      • 小学4年生と言われている葵ちゃん。フルーティオを噛んだら…(2016年11月13日) - 原田葵。
      • 「噛んだらかわいい!」 肩上ショットくらいで、ガムを一噛みするごとにメンバーが次々入れ替わっていく(2016年11月23日) - 欅坂46。

広告

  • 京都市営地下鉄 コトキンライナー 終電延長周知ポスター(2016年11月21日 - 、京都市) - Hello KYOTO 応援アーティスト。

ネット配信

  • 欅坂46 駆け上るまで待てない!(2015年12月15日 - 、HUSTLE PRESS)
  • 欅宣言(2016年4月11日 - 2016年7月、HUSTLE PRESS)
  • 欅坂46 緊急SHOWROOM生配信!(2017年6月16日、SHOWROOM) - 菅井友香、守屋茜。

ライブ

単独

  • 欅坂46 生中継! デビューカウントダウンライブ!!(2016年3月17日、東京国際フォーラム
    • けやき坂46 Zepp Namba公演(2017年5月31日、Zepp Namba)

その他

  • ニッポン放送 LIVE EXPO TOKYO 2016 ALL LIVE NIPPON VOL.4(2016年1月30日、国立代々木競技場第一体育館
  • ZIP! 春フェス 2016(2016年3月29日、TOKYO DOME CITY HALL
  • UTB NIGHT Vol.2 創刊30周年記念special featuring 欅坂46(2016年5月25日、Zepp DiverCity Tokyo
  • ハウステンボス MUSIC FES.2016(2016年6月11日、ハウステンボス
  • テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION(2016年7月16日 - 8月28日、六本木ヒルズ)
  • フジテレビ お台場みんなの夢大陸2016 めざましライブ(2016年7月16日 - 8月31日、フジテレビ本社屋およびお台場・青海エリア周辺)
  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2016(2016年8月5日 - 7日、お台場・青海エリア周辺)
  • @JAM×ナタリー EXPO 2016(2016年9月24日 - 25日、幕張メッセ国際展示場)
  • PERFECT HALOWEEN 2016(2016年10月22日、横浜アリーナ)
  • 日テレ HALLOWEEN LIVE 2016(2016年10月28日 - 30日、国立代々木競技場第一体育館)
  • COUNTDOWN JAPAN 16/17(2016年12月28日 - 31日、幕張メッセ国際展示場)
  • LAGUNA MUSIC FES.フェス2017(2017年3月26日、ラグーナテンボス ラグナシア)
  • ZIP!春フェス2017(2017年3月29日、TOKYO DOME CITY HALL)
  • ROCK IN JAPAN FES. 2017(2017年8月12日、国営ひたち海浜公園)
  • SUMMER SONIC 2017(2017年8月19日・20日、ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ・舞洲SONIC PARK)

イベント

  • お見立て会(2015年11月14日 - 15日、Zepp DiverCity)。
  • STRIPE Yukata Festival 2016(2016年7月16日、恵比寿ガーデンプレイス内特設会場)
  • SHIBUYA109夏休み学割キャンペーン(2016年8月11日 - 16日、109) - イメージモデル。
  • 東京ゲームショウ 2016 一遊入魂 バイオハザード7 レジデント イービル(2016年9月17日、幕張メッセ) - 小池美波、齋藤冬優花、菅井友香、守屋茜。
  • GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER(2016年10月8日、国立代々木競技場第一体育館) - ライブのほか、小林由依、土生瑞穂、平手友梨奈、渡邉理佐はランウェイも。
  • ひらがなおもてなし会(2016年10月28日、赤坂BLITZ)
  • マイナビ GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER(2017年5月3日、国立代々木競技場第一体育館) - ライブのほか、平手友梨奈、土生瑞穂、渡辺梨加、渡邉理佐、小林由依はランウェイも。

雑誌連載

  • BRODY(2016年8月23日 - 、白夜書房) - 平手友梨奈、長濱ねる「道のすゝめ」。
  • 週刊ザテレビジョン(2016年9月28日 - 2016年10月12日、KADOKAWA) - 欅坂46スペシャル企画。
  • ヤングマガジン(2017年1月7日 - 、講談社) - 欅坂一人ひとり。

欅坂46』に 関連する人気アイテム

OVERTURE No.011

かねがね振付師、竹中夏海さんの言葉で伝える才に頷かせられていた私ですが、ずっと読んでいて良かった、遂にドストライクな真髄を読めました。彼女の信念でもあるのでしょう。全てのアイドルに、日本の人に、そして特に私の好きなハロプロのプロダクションに聞いて貰いたい言葉がこのOVERTUREにあります、竹中夏海さんの言葉として。それは、P.115

「アプガにも言ってきたことなんだけど、視野を広く持つことが大切。(中略)グループアイドルにありがちな罠があって。一緒に過ごしているメンバーや、近い先輩たちだけが自分たちの世界になると、そこで一等賞を獲れたら、全体の一等賞を獲った気持ちになるの。

でも一歩外に出れば、もっとすごい子たちがいっぱいいることを忘れないようにしないとダメ。狭い世界で一番を獲ってもしょうがないし、広い世界の一番をメンバーそれぞれが獲ってくるぐらいの気持ちでいるほうがいい。そうしてみんながグループにお土産を持って帰ってくるようになれば、自然と大きなグループになれると思うんだよ」

これは、アップアップガールズ(2)の吉川茉優(まゆ)さんが自分らしさをどうやって出せば?と質問した事に竹中さんが答えたものです。吉川さんが今後この言葉を直に聞いた人として、彼女の骨の髄までこの言葉が届いたなら、道は大きく拓かれて行くでしょうね。またこの言葉を間接的でも雑誌から読めて自分の糧にする人は、アイドルであれば尚更、届きそうで届かない存在にやがてなるのでは?、そう思えます。

私事ですが、この竹中さんの言葉と同じ事をハロプロメンバーのブログのコメントに書いて久しいのですが、ことごとく没となりコメント欄には採用されません。よってメンバーには届きません。採用されるのは「○○ちゃん、髪切ったの?可愛いね~♪」的なコメントたちで笑。まるで「余計な知恵をつけるんじゃない」とでもハローから言われている様な長年です。競合もしないロックのアーチストの話も、外国での音楽や生活のあり方も、ハロプロメンバーに聞かせてはならない事の様に没のオンパレード。社会主義!というハローを感じますが、それでも諦めずにファンでもあるので、その「視野」「世界」を持って格闘している所に竹中さんのこの言葉。

あやちょと、あやぱん×藤丼のページを主眼に買ったのですが、それを飛び越えて、これが今号の本懐ですと推薦したく思います。流石だ、竹中夏海さん。

Ps.惜しまれて先頃、世間の耳目も集めながら解散した℃-ute。その中の鈴木愛理さんはそのパフォーマンス力とキャラクターで男女を問わず人気者です。モデルも務め、大学も人も羨む様な大学を卒業し、ハローの中だけに留まらず最早神格化されている部分もあります。が、去年大学4年生の時に出たハローの動画サイトのクイズコーナーで、植物が二酸化炭素を取り込み酸素を出していると知りませんでした。植物が酸素を作っていると知らない大学生なんて。

こういう事実はハローに枚挙に暇がないです。鈴木さんのパフォーマンスに異論も疑問の余地もないです。けれどこれではハローが数年来携わるサトヤマ・サトウミの活動も、根幹の所でメンバー(の鈴木愛理さん)が理解していない事になる。ハローが届けるものがどれだけ良くても、こういうのを見せられると興ざめです。この子たちは何をやってるの?と。(鈴木さんの場合は特に衝撃でした)。「流石」を「さすが」と読むと先日初めて知った18歳とか。応援?しますけどね。「視野」と言いたくなるのはこんな事です。それも踏まえて(?)「アイドルはバカではいけない」と納得の言葉で登場した藤井梨央さんは辞めて行く訳だし。アイドルの行く末は。だから増々竹中さんの言葉は光ると感じます。

西野ちゃんが表紙だと、本当に欠かさず買ってしまう。これは、中毒の領域です。
今日び、表紙はやっぱり、未だ「てち・ねる」じゃないのだなぁ。
表紙、表情なら、西野ちゃんしかありますまいって。橋本さん去りし後の乃木坂は、白石さんはじめ、各位が本当によく頑張っておられますが、西野ちゃんの領域は、やはり彼女にしか表せません。西野ちゃんの描く絵も、私は大好きで大いに評価するものですが、私も20年に近いくらい、ヌードモデルやっております男性ですが、やがては西野画伯に、私自身のヌードを描いて欲しいと思っております。

彼女(西野画伯)、絵を描く際は実は結構、無表情に集中されます。その真ん前で、全裸になって私がポーズするのだから、初めての宇宙旅行へ挑むかの気分となります。
東京の大森貝塚、京急の電車から見えますが、しょっちゅう京急電車に乗る人は、大森貝塚は珍しくも何ともありますまいって。ですが、この私のように、ほんのたまに京急をごく稀に利用するかの者には、大森貝塚の景観は一種の感動ものです。
と、それと同じ、ヌードでモデルには常からなっています私さえも、西野画伯に描かれるとなれば、お初の緊張感しきりでしょうね。あとは、怒張させてご迷惑おかけしませんことが、男性モデルには肝要です。でも、そうなってしまったら、西野ちゃんゴメンなさい。息子がやんちゃ過ぎで、十二分に後で叱っておきますから・・・。

表紙とグラビアですが、芸術的な写真でまるでアサヒカメラかと思いました(笑)。
西野さんの雰囲気に合っているのですが、不安な表情で心ここに在らずみたいで完璧なプロのモデルになっていません。
でも、それが西野さんの魅力なんでしょうね。『助けて...』って声が聞こえてきそうです。
インタビューがとても面白いです。かりんさんは完全に西野さんのセカンドマネージャーですね(笑)。
今、将棋ブームなので乃木坂で一番芸能界で生き残れるのは、かりんさんです。臥薪嘗胆(笑)。
3期生の顔と名前が一致しないと言っていましたが、そんなもんでしょうね。

自分をサポートしてくれる人ならともかくライバルですから。
よく本で『他人を変えることはできない。変えることができるのは自分だけです』みたいなこと書いてありますが、大間違いです!
他人も自分も変えることなどできません。だから、人間は自分に合わせて生きるしかないのです。
西野さんは社交的ではありませんが、内に秘めた闘争心でトップアイドルになりました。人生の成功者なのですから胸を張って生きてください。
『西野さんでもスーパーに買い物行くんですか?』みたいな下世話な質問が多くて私みたいな低俗な方は買って損はありません(笑)。

白石麻衣写真集 パスポート

5つ星のうち 3.0麻衣へ、fromMNK.

(参考になった人 0/3 人)

まず想うことは。。。なぜこの写真集が沢山の人の手に渡ったのか、私から言えば、本のサイズなのかなと想った。意外にも小さめに作られている。自分自身の心の内に誰彼かを入れたくないのだろう、そういう意味では私も同じような感覚を所持している。孤立の道は家の内側でも起こりうる、外側からの圧力に内側が内応するからだ。姉さん一人、自分は妹。遺伝だから仕方ない、そういう麻衣は恐らく空気を読む自分を毛嫌いしているのか、空気に飲まれそうになる状態に陥っているか、私と比べると、存在が絶対的なんだと想う。私はかつてそうあったのかもしれない、ただ自分自身のことを評価することについては苦手であり、どういう態度をしていてどういう言動をしていて、どういう人柄だったか。

私の話になるが、還暦の半分を経過したことである程度、仕組みというか論理、器械的な表面、理性的な内面、とりわけ内面が表に出にくいということを自己学習した。自分を出していく過程は完全に手探りであり、誰彼かにそれを求めることは他人を他人と考えられない性格による。自分が行動したことによって他人に損益が起こることを自覚している、ただこれは必ずしも完璧な論理とは言えない。損益ばかりが他人との付き合いではない、むしろ利害が一致していく過程がそういう経験である。これを麻衣は回避したいのだろうけど、あえてそういう考え方に縛られず、自分のやりたいように物事を進めていけばいいと想う。この考え方は独善的であるかもしれない。そう指摘されたとしても、自分はそれに縛られないと考えられるのなら、その枠に納まる必要もなく、むしろ、佐々木小次郎が鞘を放って宮本武蔵に負けたように、自分からマイナスなイメージをどんどん取り込んでいけばいい。ネガティブとマイナスなイメージは多少被ることもあるだろうが、完全に一致することはまずない。写真集として異例の売り上げを記録した以上、少しくらいアンチテーゼが描かれたとしても、それくらい何ということもないだろう。むしろこの『パスポート』という表題に対して、私は麻衣の鎖国的なイメージを抱かざるを得ない。これくらいの意見なんて塵の前に同じ。ここで言った塵とは私のこと。

『パスポート』。どうすれば麻衣の心を開くことができるのだろうか、そういう考え方が何列にも連なって世間という空気の中で混沌とした様相を呈している。この表題は絶対的に麻衣にとっては正しい、大義とも云える。自分のことをありのままに理解されたい欲求と、その逆で、ある一定多数の誰彼かにいいように言われることへの恐怖心が混在している。ここでの誰彼は私自身ということにしておけばいい。偽善者であると自覚している、そういう他人も世間には一定数はいる。私はその内の一人だ(俺としては穏やかな日常のほうがいい)。

麻衣にとっては、自分を美化し、そういう概念の下で自分を杓子定規で測られることが生理的に受け付けない、そういう感情に落ち着く、そういう感じなんじゃないかな(俺には理解できない)。理解できないことは自分と比べることで一定の自分勝手な言い分となる、けれどそれは他人から他人へと伝わっていく有様、この写真集のように。『パスポート』とは麻衣の自己表現の場であり、他人からの評価を得られる場でもある。これを自分を測る杓子定規として欲しいという欲求があるのだろう。私は深く考えず、血液型で云々、考えた末に購入したのだが、こういう結論になった。『まいやん』と呼ばれる自分を別人格として、私の好きな言葉『ペルソナ』として自分と他人との大多数の繋がりに対する建て前としてしまえばいい。これは結論ありきの考え方である。つまり『乃木坂46』を卒業するときに自分自身の言葉でそのペルソナに感謝の言葉を述べればいい。ペルソナは麻衣にとっての人との繋がりである。

今はまだ、自分勝手に言い訳できないかもしれない。だけれども周りは皆、理解してくれていると想う。メンバーしかり、まいやん推ししかり。麻衣が麻衣を認められる、そういう心情になれたときに卒業すればいい。時間がかかるなら、いつまでも私が待って居よう、そう言いたい。私一人では力不足かもしれない、だが『パスポート』は数多の人が所持している。考え方が必ずしも一致するとは限らないが、マイナスならマイナスなイメージを積み重ね自分の将来に対する肥やしとすればいい、わざわざネガティブになる必要はない。

この写真集を手に取ってくれる他人は麻衣にとっての人である。信頼できる人である。そういう間柄な『パスポート』を所持している人。沢山沢山いる人からの支持を麻衣は得たのだろう。これを活かす方向性を模索する必要があるのだろうけど、たぶん誰彼かに導かれていく、この場合の誰彼は私ではないが、私が出来る限りのことは書いたつもり。愛情があれば他人には伝わる、そういう他人との繋がりがこの写真集によって一定の因果としての過程、そういう理解を経て、自分ならどう想うかを成し得る器それぞれが出来上がることに人は皆、虜になったのだろう。人を人と想う。他人から人へと。人と人との間に絶望は無い。最後に、私自身の立ち位置について。とりあえず、完全にまいやん推しとは言えないので、あまり深く考えないで欲しい。




こちらで新品を買って、ちゃんと帯も着いてたんですが、帯に書いてる特別付録のポストカード??が着いてなかったです。 そういう仕様なんですかね? せっかく新品を買ったのに残念です。 内容はよかったです。 まいやん最高です! ただちょっと露出し過ぎですね。 これならDVDで出して欲しいです。 付録がなかったので星2です。

5つ星のうち 5.0乃木坂の美の象徴

(参考になった人 0/0 人)

デビュー当時から美形キャラで押していくんだろうなと思えるほど誰が見ても美人だった白石さん。 今思えば当時の白石さんは原石だったんだなと思う。 現在の美しさを見ればまさにダイヤの原石。 ここまで人は美しくなれるのかと感心しました。

ふわねこ堂 L判 生写真用 ぴったりスリーブ

5つ星のうち 5.0サイズがとてもいい

(参考になった人 7/7 人)

初めて購入させていただきました。 他の方が書かれているようにサイズがとても良く、何枚あってもいいなと思いました。 今回は200枚でしたが、1000枚買ってもいいなと思うぐらい良かったです。 また、お値段もお手頃でその点もいいなと思いました。

5つ星のうち 1.0傷物

(参考になった人 0/1 人)

ふわねこ堂ぴったりスリーブはニ回購入したが、ニ回とも光に当てると全部に酷い傷が付いていて、折角購入したのに全部ゴミ箱行きになった。 ニ度と購入しない。 評価は1までしかないので1にしたが、本当の評価は0。

私は乃木坂、欅坂の生写真に使用しましたがピッタリと入ります。 材質も破れてしまうような事が無いのでいいと思います。

blt graph. vol.20

5つ星のうち 4.0じーさん効果

(参考になった人 1/1 人)

こぶしファクトリーから、静かなカットで登場の井上玲音さん。インタビューもはしゃいでいるのにしっとりしている井上さんらしさがずっとあっていいです。メンバーの藤井梨央さん(井上さんがじーさんと呼ぶ)の卒業を間近に控えて、インタビューの半分は藤井さんにまつわる彼女の話が読めています。

兎に角、明るい人というのが藤井さんの第一印象で、しかもみんなが移動で寝ているのに藤井さんは寝ないという。ずっと気が張っている藤井さんなのかなとチラと想像したりです。井上さんは藤井さんの卒業から「どんなアイドルを目指すべきか」を考える様になったと。

深層の部分で藤井さんはメンバーに良い遺産を遺したのかもと思います。でも今まで考えていないというのは驚き。短くない歴があるのに。

これからは更に栄養素の詰まった歌を井上さんは聞かせてくれる様になるのかも知れませんね。期待したいです。

この雑誌に限らず平手友梨奈は写真映りあまりよくない子、自分的には。 映像映えする子だと思う。 武田玲奈とは真逆かな。 週刊ポストで田中道子のグラビア撮った西田幸樹に一度撮って欲しい。 でも、てちファンなので満足です。

ViVi 2017年8月号増刊 TWICEスペシャルエディション

5つ星のうち 5.0良かったです。

(参考になった人 0/0 人)

とても楽しく見ました。 通常版ともまた違っていたので買ってみて良かった

5つ星のうち 4.0TWICE表紙!!!!!

(参考になった人 0/0 人)

私は書店で購入しましたがとてもいいお買い物でした! TWICEの特集がたくさん載っててインタビューとか写真も衣装も素敵で見どころが満載でした。 更にこれは関係ないですが欅坂の平手友理奈ちゃんが載っててそれもすっごい楽しかったです! TWICEファンなら買う価値ありです!

欅坂46』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.