棄権のまとめ情報

棄権』の解説

棄権(きけん)とは、何かの物事に対する自分の権利を放棄・破棄すること。主に、選挙において有効な投票を行わないことや、大会などの行事に参加を表明した上で開始前・開催中に参加を取りやめる場合をいう。

選挙・政治

選挙権は一般に有権者が行使可能な権利とされており、権利としての性質から行使しないことができる。選挙における棄権には、そもそも投票に参加しないことのみの狭義の棄権と、投票に参加しつつ意図的に白票などの無効票を投じる場合を含む広義の棄権がある。

議会のうち日本の国会などでは、法的には議長にも投票権があるにも拘らず、慣例として議長は投票しない(可否同数の場合は議長決裁権を行使する)。

公職選挙においては投票を義務とする義務投票制を設け、狭義の棄権に対して罰金や一定期間投票権停止などのペナルティを課している国も存在する(例、オーストラリア)。また一党独裁制ヘゲモニー政党制の社会では、反対票を投じることと同様に棄権も体制への不服表明とみなされ、棄権者が当局や社会から不利益な扱いを受ける恐れがあることから、法的な投票義務があるか否かを問わず100%に極めて近い投票率が記録される。

スポーツ

スポーツなどで棄権というと、よく陸上競技採点競技などで使われる。例としてフィギュアスケートなどでショートプログラム出場後、怪我や体の変調などにより、競技を取り止めることを棄権と表記またはアナウンスされる場合が多い。チームで争う競技では、参加権を持っているのがチームであり、選手交代によって試合継続が可能なため、アクシデントによる棄権というのはあまり見られないが絶無ではなく(選手が規定人数を割ってしまう、たとえば野球なら9人ぎりぎりのチームに故障者が出た場合など)、判定に対する不満などから試合続行を拒否する場合もある。詳しくは放棄試合の項を参照のこと。

陸上競技の場合、トラック種目では競技中に突然故障を発生し、ゴールラインを越える手前で、競技員や関係者などに手をかけられた瞬間に、棄権となる。いくら故障を発生しても、ゴールラインを手をかけられずに越えた場合は棄権とはならない。マラソン駅伝の場合、よく「沿道の人が選手に手を触れたらその選手は即棄権となる」と言われるが、必ずしもそうとは言えない。一般的には、公道レースで、かつ競技場内に入っていない(または競技場を使わない)場合、マラソンや駅伝を主催する団体の競技員と記録員、及び当該選手の関係者(例えば、オリンピックの場合はその国のコーチや監督)の合意がなされた時点で棄権となる。もちろん、マナー上沿道から選手に触れることは競技妨害であるので、絶対にしてはいけないが、たまたま運悪く選手に触れてしまったとしても、その選手は棄権となることはありえない。なお、明らかに選手に有利に働くような触れ方(例えば手助けなど)をした場合は、主催者の判断で棄権(というよりも失格と言った方が正しい)となる。

モータースポーツの世界では、クラッシュしたあと、マシンが走行不能ないし、ドライバーが競技続行不可能とチームが判断した場合は、大体リタイヤと言われる。もちろん広義の上では棄権だが、日本語では区別するためかリタイヤと表記される場合が多い。但し、レース前にマシンやドライバーに何らかの異常が発生した場合は、棄権と表記されることが多い。レース中の悪質な違反行為や、マシンの違反改造などが発覚した場合は棄権ではなく、失格である。

スポーツの世界でとかく棄権ということがクローズアップされるのが、駅伝競走である。特に正月恒例の東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)では、棄権するまでの過程がテレビ中継されることが多く、棄権校が出た大会後は選手への健康管理について議論される。駅伝の場合、途中で棄権してしまうと、そこで記録が途切れてしまうため、選手は故障を起こしても何とか記録だけは繋ごうと、中継所ゴールを目指して痛々しく向かう。監督やコーチなども選手を必死に止めようとするが、選手側はここで自分が棄権してしまっては、を繋いできた前の選手やこの後襷を引き継いでいく後続の選手達のことを考え、絶対に棄権するとは言わない。大概の場合は、主催者や記録員、所属チームの関係者3者の合意の上で選手を止める。駅伝の棄権に関し、世論的に盛り上がったのは、1996年1月2日、第72回箱根駅伝往路4区で神奈川大学の選手と山梨学院大学の選手が棄権した際、特に後者の場合は中継車が選手の異常発生から棄権までを完全に追っていたため、「何故早く止めなかった」と論争を呼んだ。無論監督はすぐに止めようとしたが、先の理由から選手の意志が固くなかなか止められなかったというのが真相である。

ボクシングなど、一部格闘技にも、あまりにも一方的な展開でレフェリーから試合を止められそうな場合、アクシデントで重傷を負った場合などは陣営からタオルを投入する、インターバル中に降参、または試合続行する意思がないことをレフェリーに伝えるなどして棄権し、試合を終わらせる権利を認められているものもある。

しかし、これらの行為を行うとノックアウト負けにより試合終了となってしまうため、原則として最後の手段で用いられる。

大相撲で、取組中の怪我等により物言い取り直しや水入り後の再開の相撲を棄権することがあるが、この場合は棄権しなかった側に不戦勝が付く。1939年昭和14年)1月場所11日目の鏡岩磐石の一戦では、水入り二番後取り直しの大相撲になったとき、疲労から棄権の申し出をした鏡岩(当時36歳)に対して、磐石も不戦勝を承諾せず、両者棄権となって不戦敗が記録された。

競馬においては競走中に落馬・故障が発生して棄権した場合、「競走中止」となるが、競走前の故障や放馬カンパイでの疲労による棄権は「競走除外」となる。なお、競走中止が発生した場合、審議が発生する。2001年ダービー卿チャレンジトロフィーにおいてシンボリインディがスタート前に発馬機のゲートをくぐってしまい骨折、競走除外となりそのまま予後不良となってしまった。ちなみに2008年エリザベス女王杯にてポルトフィーノがスタート直後落馬となり競走中止になったが競走中止になったにも関わらずカラ馬の状態で1着入線しており、史上初のGIでカラ馬が1着入線という出来事があった。

なお、スポーツ競技での棄権には「DNS」(Did Not Start、棄権)、「DNF」(Did Not Finish、途中棄権)、「DSQ」(Disqualified、失格)といった略語・略号が用いられる。競馬の場合は競走中止の場合「中止」・「止」、競走除外の場合「除外」の略語・略号となる。

囲碁・将棋

囲碁将棋においては、敗北を認めて対局を終わらせる投了という手続きがあり、病気等での対局不能の際も自分の手番であれば投了するため棄権の例は少ない(たとえば将棋棋士真部一男の絶局は不利でも何でもない局面での「考えている手を指した場合に予想される相手の長考に自分の体力が耐えられない」という理由での投了であった)。ただし絶無ではなく、1982年の囲碁名人戦リーグの坂田栄男-島村俊廣戦で、坂田の手番で島村が脳出血で倒れる(復帰できないまま1991年死去)という事件があったときの立会人の裁定は「坂田が次の手を打ったところで島村の棄権負け」であった(秋山賢司「囲碁とっておきの話」文春文庫、1994年)。

棄権』に 関連する人気アイテム

最新事例解説 すぐわかる選挙運動 ―ケースでみる違反と罰則―18歳以上選挙権・インターネット選挙対応

5つ星のうち 4.0まとまっています

(参考になった人 0/0 人)

全くのド素人にも、わかりやすくまとまっていると思います。 しかし、難しい内容には変わりないのですが・・

最新選挙立候補マニュアル―選挙参謀はいりません

選挙って一般の市民からするとブラックボックスみたいで実態はよくわからない。どんな人が立候補してるのかとか、どんだけお金がかかるのか。どんな手続きが必要なのかよくわからないというのが本当のところ。

この本では、その点をしっかりと分かりやすく書かれているので選挙マニュアルとしては良書だと思います。でも、この本の通りに実行しても当選は保証されたものではありません。当選するためには、ここに書かれていることを実践した上で、多くの自分を支えてくれる仲間を獲得して粘り強く選挙を戦う必要があります。



確かに、ここに書かれていることは選挙での道案内となりますが、これだけではないのが選挙だろうと思います。つまり、仲間という意味での選挙参謀は必要となります。この点が一番しんどい作業となるんでしょうね。

やはり、選挙は簡単ではありません。けど、こういう本がないと選挙で何をしたらいいのか全くわからないというのも事実なので、マニュアルとしては良書だと思います。

現在の選挙においては、候補者は単なるお飾りに過ぎない。候補者の能力よりも、地元の支持をいかにとりつけるかが当落の分かれ目となる。

であるから、後援会のまとめかた、地元有力者をいかに抱えこむか、地元の自治会長たちににいかに支持してもらえるようにするか、ただで働いてくれるボランティアの選挙要員の見つけ方など、いろいろなことを知る必要がある。

本書は、一応全部読んだが、実際の得票には結びつかなかったように思う。選挙関係の本は10冊近く読んだけれど、どの本も肝心なことが書いてないと思った。



私は、最下位で落選したものの、30万円の供託金は返還になった。供託金以外の選挙カーのレンタカー代金、ガソリン代、運転手日当、ポスター作成費など合計60万円ほど市役所から補填してもらった。

私のように実際の選挙に出たものと本を読んではいるけれど、選挙には出てない者の感想は根本的に異なると思う。

実際に選挙に出た経験はありませんが、心構えから活動の方法、費用など気になることは押さえてある良書だと思います。 批判的な声もありましたが、「立候補マニュアル」であって「必勝マニュアル」ではないので、この本を読んで活動したが落選したから役に立たなかったという結論はどうかと思います。 市町村議員選など数千票とれば当選できる選挙なのか、数十万票が必要なのかステージに応じてやるべき活動が違うのは当然ですが、本書はどちらかと言えば首長選挙、国政選挙などをイメージして書かれている部分が多いように思います。 選挙への立候補を考えている方は、まず読んでおくべき一冊ではないでしょうか。

泡沫候補

現役中でナンバーワンの泡沫候補、スマイル党総裁のマック赤坂の大阪市都知事選を取材したドキュメンタリー映画「立候補」を撮った監督の著書。普通は「頭のおかしい人」で終わってしまう泡沫候補の立候補の動機と人物を探るという内容で、著者の視点の鋭さもあってなかなか面白い本です。

著者は一貫してマック赤坂を「歌って、踊って、ナンパばっかりしている、どうしようもない人」と見ていてその冷めた姿勢がかえっていい効果を上げています。マック赤坂は元貿易会社の社長で、それを継いだ長男へのインタヴューがシュールで爆笑でした。



――会社でスマイルダンスの曲流れていませんか?
長男「流れてませんね。もし流れていても消せって言いますね、お客さんの電話に入っちゃうんで(本文より)

財力も能力もあるので普通にやれば結構いい勝負ができるはずなのになぜ歌って踊るのか?それが結局よくわからないのもいいです。

他の候補も取り上げています。羽柴秀吉や外山恒一、その他知名度ゼロの候補者たち、それに橋下徹も登場します。意外にこれらの候補の方が好意的に描かれているのが面白い。特に今回の選挙にしか出ないような泡沫候補中の泡沫候補の人々の立候補の動機は大変興味深いものがありました。

5つ星のうち 5.0泡沫にも個性があった

(参考になった人 0/0 人)

選挙に立候補して落選したら供託金の300万円はほとんどが没しゆうになる。泡沫候補としては大物のマック赤坂氏と秘書のやり取りややじさん喜多さんさながらの選挙区内、選挙区内の行動はハラハラさせられる。他の泡沫氏たちは、神様のお告げて天下が取れる予定の方や、シングルファザーとして教員として一人娘を育て上げた男性、庭木の手入れする男性、政府転覆を公言する男性、お金を節約し家から出ない候補など、違うタイプの方ばかりだ。300万円はもったいないが、自費出版をして自分の考えを世にとおうとすればかなりのお金がかかるだろう、余生少ない男性、親族も少ない、地域にお世話になったお返しとして意見を言いたいという男性を、笑うことはできないような気がした。

マック氏も大学商社会社設立と成功者で、十分な知識は有るのに、ダンスやスマイル運動を優先させている。変わりゆく社会に対しレーダーのように波を当てて、さてどんな反応が返るのか、社会がどう変わってしまったのか、そんな知的好奇心、冒険心を感じた。泡沫候補の魅力を紹介してくれる珍しい本だと思った。

5つ星のうち 4.0マック赤坂以外にも…

(参考になった人 3/3 人)

本書の中心はマック赤坂である。

マック赤坂は人物(パフォーマー?)として面白く、そしてそこで起こる出来事も面白いため、読み物としてかなり面白いものとなっている。

しかし、マック赤坂・羽柴誠三秀吉のようなイロモノ泡沫候補ばかりでなく、寧ろごく普通の、例えば元中学校教師とか、小学生の子供を育てる父親といったような一般的で、知名度のない泡沫候補がほとんどだろう。

本書の第3章では、短いながら、そのような泡沫候補の方への取材も行っている。
泡沫候補の中の泡沫候補を作りたくないという著者の思いはなかなか偉い。


しかし、もう少し、ここを掘り下げてほしいとも感じた。

きっと有力候補、泡沫候補、関係なく、立候補者誰に密着しても、同じくらいドラマチックな画が撮れるに違いない。
それは普遍的なもので、僕らの人生にも同じことが言えるのだろう。

そうだったのか! 選挙の㊙ナイショ話

選挙コンサルタントの著者が「選挙の本当の面白さを」「学術的な考察など一切抜きにして(p.10)」伝えようとする。 呆れ、笑えるし、例えば選挙事務所を仕切っているのはどういう人かとか、「ネット解禁で一番効果的なのは、実は動画によるネガティブキャンペーン(p.43)」とか、選挙カーの役割は「後援会の人たちを勇気づけ、かつ候補者とスタッフは一所懸命やっていると納得させる(p.92)」ことにあるとか、選挙に関する雑学も多々得られるが、「もっとヤバい/笑える出来事もあるけど書けないんだろうな」と思うと、ちょっと悔しい。 18歳で選挙権を得る高校生への政治教育にも、こういうリアリズムが必要かも。

大変面白く読みやすい本でした。 そうだったのかと思わず笑ってしまうような、納得するような本でした。

5つ星のうち 5.0レビュー

(参考になった人 2/2 人)

選挙に関わったことのある人は勿論、全く関わったことのない人でも楽しめる本だと思いました。 たまに出てくる作者の毒舌感が面白かった。 次回選挙から今までと違った見方でいろいろ観察しそうです。 選挙って意外に面白いのかも。

棄権』の解説 by はてなキーワード

選挙に有効票を投じないこと。日本の選挙制度では、棄権は「政治の現状になんの不満もありません」との意思表示として、事実上扱われている。

具体的は、下記のような方法がある。

(1)投票しない

(2)白票を投じる

(3)「該当なし」などと書いた意図的な無効票を投じる

(4)「(候補者の名前)君がんばれ」などと、余計なことを書いた票を投じる

(5)投入すべき投票箱を間違える

棄権』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.