東京書籍のまとめ情報

東京書籍』の解説

東京書籍株式会社(とうきょうしょせき、略称:東書(とうしょ)、英語:TOKYO SHOSEKI CO.,LTD.)とは、教科書をはじめとする出版事業等を営む企業である。

概要

日本における教科書出版の最大手として有名だが、ほかにも学習参考書やそれ以外の一般書籍(主に教育関係書、人文書、文芸書)も多く出版するなど、事業領域は幅広い。凸版印刷グループの連結決算対象企業。2009年に設立100周年を迎えた。

教科書

文部科学省検定済教科書の発行者番号は2

  • 小学校向けには9種類(国語、社会、算数、理科、生活、音楽、図画工作、家庭、保健)を発行している。
  • 中学校向けには7種類(国語、社会、数学、理科、技術・家庭、保健体育、英語)を発行している。
  • 高等学校向けには9種類(国語、地理歴史、公民、数学、理科、英語、家庭、情報、書道)を発行している。
    • 2015年度高校教科書採択冊数は、5,606,633冊で発行38社中第1位(シェア18%)であった。

小学校・中学校向けの教科書の書名は、英語の「NEW HORIZON」を除いて「新しい○○」(○○は種類名)という書名で出版されている。これら「新しい○○」と「NEW HORIZON」は商標登録されている。一方、高等学校向け教科書の書名は、英語と情報を除いて科目名だけのシンプルなものとなっている。

業界最大手にふさわしく、北海道から沖縄まで全国的に幅広く採択されている。

小学校・中学校向けでは、首都圏はもとより東北(特に岩手・宮城・福島)、北関東(特に埼玉・群馬)、甲信越北陸九州(特に福岡・大分・長崎・熊本)で採択率が高い。

教科書類75,277点のほか掛図、原画、版木資料が「近代教科書関係資料」として2009年、国の重要文化財に指定された。

不祥事

2010年に「拡大編集会議」という建前で教員らを集めて検定中の教科書を事前に見せて金品を渡した問題が文部科学省より指摘された。

同様の事例が三省堂数研出版啓林館教育出版光村図書出版育鵬社等でも見られ、教科書業界全体で不適切な営業行為が発覚した。特に東京書籍では自社の報告では延べ4,000人を超える教員・採択関係者に金品を渡しているとしている。

主な出版物

教材は学校採用専売のものが多い。

その他

関連会社

  • 凸版印刷グループ
  • 東洋インキ製造株式会社
  • 株式会社リーブルテック(2009年11月に東京書籍印刷株式会社より社名変更)
    • 東京書籍からはもちろん、それ以外の出版社からも幅広く受注する。アスキー技術評論社TeXで組まれた書籍のほとんどを受注している。
    • 東京書籍が検定教科書で大きなシェアを得ていることもあり、教科書の印刷では図書印刷と並ぶ規模となっている。
  • 東京物流企画株式会社
    • 東京書籍の教科書や教材の保管・発送はもちろん、通販カタログのフィルム・ラッピング、発送まで手がける総合物流企業。
    • 昭和61年8月に、株式会社リーブルテック(2009年11月に東京書籍印刷株式会社より社名変更)の発送部門を切り離して設立した。
  • あすとろ出版株式会社
  • 株式会社東書エステート
  • 株式会社学習調査エデュフロント
    • 旧社名は東京書籍メディアファクトリー→東京書籍メディアフローであり、トンキンハウスのコンピュータゲームブランドを所有していた。

東京書籍』に 関連する人気アイテム

ブラックボランティア

要するに自民党、ゼネコン、広告代理店の金儲けの大会です。
アマチュアスポーツの祭典でもなければ、アスリートファーストなんて、1ミリもありません。

たとえば、JOCが虎の門ヒルズの賃貸は月4300万円、2020まで借りれば、約30億まで達するというとんでもない金額です。
それに加えて、歴史ある聖地国立競技場はぶっ壊した癖に、今後陸上はできなくなるわ、あまりにもずさんすぎて、酷すぎます。
コンペは無茶苦茶だったのは周知の事実だし、危うく歴史ある明治神宮外苑がさらにとんでもないことになる所でした。


もうすでに相当酷いですが。
さらにお金がないという理由で、競技場にクーラーは付きません。
おそらく大失敗しても、マスコミは絶対報道しないし、大成功と報道するでしょうね。
一体いくら税金で穴埋めされるのやら

今後はさらにボランティアの絶対数を確保するために、広告代理店が大学と協力して、スケジュールを調整したり、単位を与えようとする大学が増えることが予想される。
何しろ大学は最近、少子化で学生数を確保するのに必死であり、大学のブランディングも積極的に行っている。
もちろんブランディングは広告代理店抜きには語れない。要するに大学は広告代理店に頭が上がらない状態に大なり小なりなっていると考えられる。

だからこそすでに大学内で、五輪に関するボランティアの講座が始まっている大学がいくつかある。
お金を払って、変な講習受けるぐらいだったら、まずはこの本を買って、読みましょう。
大学生はくれぐれもご注意を。

---------------------------------
小池都知事は、21日「ボランティアの待遇は過去大会と遜色ないものになっている。何を持ってブラックだと言うのか分かりません」という会見をしました。
一体どの大会なのか、ぜひ表にでもして示してもらいたいものである。

9月26日ボランティアの応募が遂に始まりました。
この日(26日)のNスタ、ニュース23には、著者の本間氏も登場し、電通やJOCに触れることは、なかったが終始批判的な報道だったのに対し、
(それでも本書の言葉p143を借りれば、「確信的利益」は報道できなかった)
この日のニュースウォッチ9では、どんなことをするのかとか、ウェブで申し込むにはとか、なんだか論点が随分ずれたことばかり報道。

ようやく参加条件に厳しいという声を取り上げる(研修すべて参加、8時間10日以上、交通費1000円には触れる)が、組織委員会の言い訳を垂れ流す。
これが一体どこが報道なのか、もはや広報だろう。
(p150 残念だが、こうしたガス抜き的宣伝記事は、今後ますます増えていくだろう。と述べているが、まさしくその一部だろう)

そして念入りに専門家の言い分まで垂れ流す、

文科省の要請が動員だと批判に対し、この現状はとの振りに専門家登場。早稲田大学スポーツ科学学術院、原田宗彦教授、「上からの動きが目立っているのでそれだと反発する。具体的な仕事もイメージしづらいので、募集と自主性の間に齟齬が生まれている。『よしやってみるか』『こんなことがあるのだ』といい面をプロモーションしていくことが一番大事だと思いますね」

随分、的外れで、意味不明なことを述べていて、この時点で、相当怪しかったし、胡散臭かったなぁと思っていたら

調べてみると、「JOCオリンピック招致推進プロジェクト委員に所属し、2008年の大阪招致活動(招致失敗)、2016年の東京招致活動に尽力している。」との記述があり、そういう人を「中立な」専門家のように見せかけて、出演させてNHKは相当悪質、確信犯である。
竹中平蔵も同じ手口でこの局はやっているが、どこが公共放送なんだろう。ただの政府広報、大本営です。

そしてVTR終わると、相変わらずキャスター二人は、ニヤニヤへらへらしながら、無責任で肯定的なことをのたまう。

K「確かに 今って条件が厳しいですとか待遇がイマイチっていう評判が目立ちますけれども、実際に何をどんなことするのかイメージ湧くとそれも変わってくるかもしれないですよね。私2月にピョンチャン行ったんですけど、その時に楽しそうなボランティアの人たちとたくさん会ったんです。」
A「実際今日のバトミントン大会のボランティアの皆さん、こうやって(VTR)見てても、素直に役に立ちたいとか、貢献したいっていう気持ちが伝わってくる感じがしましたよね」
K「生き生き、されてましたよね」
K「ボランティアってお客さんと直に接するので、その大会の雰囲気、ムードそのものを作るって言ってもいいと思うんですよね。だから大勢の人が喜んでボランティアに参加できる雰囲気が作りがとても大切だなと思いました。」

本当に反吐が出る。
ピョンチャンに行ったんだから、ボランティアにも参加してくれば、よかったのに。
何しろ開会式でクビにになって、ずっと暇だったんだから、幾らでも時間はあったはずなのだ。

東京五輪では、あなたたちが自ら参加し、ぜひレポートしてもらいたいものである。
NHKは1~2週間夏休み貰えるよね。ぜひ無償ボランティアに応募して、1日8時間合計10日奉仕しよう。
何しろNHKですから、一般国民より、相当スペックは高いはずです。
ご自慢の語学力、アナウンス力、を存分にタダで使って、お国の為に頑張りましょう。

この本の最後p194にある通り、スポンサー企業の社員や各マスコミ、特にNHKは、全職員がオリンピックボランティアに参加すべきであろう。

私は、「震災復興が遅延する」という観点から
東京オリンピック・パラリンピックの招致には
反対の立場を取っていた。

だから、「無償ボランティアの搾取」
「東日本大震災復興の遅延」
「メディアが五輪スポンサーになること」
「米国の都合による猛暑期の五輪開催」など
著者が批判している論点には概ね賛同できる。

ただし、確認を取っていないので
ハッキリしたことは言えないが
本書が発売された後
「ボランティアに対して1日2~3千円の
日当が支払われる」という話を聞いた。


(この金額では少な過ぎると思うが)

この点については、時間のある時に
自分で調べて、真偽を確認したいと思っている。

余談になってしまうかもしれないが
五輪組織委員会の職員が高額の報酬を取っていることは事実だろう。

しかし、会長である森喜朗元総理は
当初は会長就任を固辞しており
再三の説得の上、就任に同意した。

その時、森氏が出した条件は、「無償ボランティア」としての就任。

とはいえ、組織委員会側もそれでは恰好がつかないから
1日数千円の日当を受け取るよう森氏に要請した。

森氏は、その要請を受諾したが
その日当は自分自身では受け取らず、組織委員会が積み立てて
懇親会の費用などに充てられている。
足が出た分は、森氏が自腹を切っている。

私も、組織委員会は「アスリートファースト」などということは
端から頭に無い悪党の組織という側面があると思っているが
何から何まで全て悪、とは思っていない。

また、本書の著者は
極悪な犯罪者である菅野完が著わした世紀の出鱈目本
『日本会議の研究』を信じている嫌いがある。

「本書の全てを鵜呑みにできない」とは
そういう意味においてである。

人類の英知を集めた世紀の大運動会に間違いなどは無い。順調そのものだ。と思っていたが、そうでも無いようです。問題点は新聞放送などマスコミは時代の波を泳ぎ切ることに熱心で本来の冷静な批判精神を今後も持てるかどうか?が付いていると言う事である。大手新聞社のほとんどが大会にお金を出している。もちろんそれ以上のものを回収しようとしております。外国の新聞社は日本のようにはお金を出していないらしい。出すお金が有ったら読者に還元し公正な報道に努めるべきでしょう。ボランテイアも知的レベルが高く優秀で勤勉な青年たちならば無料でやってくれるでしょうと期待されています。

大イベントに参加することは人生の貴重で美しい経験財産であり、みすみすそれを逃すんですかという雰囲気に持っていこうとされてるらしい。酷暑の時期を設定したのは外国マスコミの都合や放映料の関係らしい。この辺の問題も新聞では殆ど出てこない。熱中症でもし倒れたら自己責任だそうです。参加者が多ければ厚い時期なら危険は大きい、それでも大丈夫かと書いています。著者が質問状を出してもまともな返事は返ってこない。どうしても心配になってきます。

はじめてのジョリーフォニックス ―ティーチャーズブック―

まず この本は前提として、『はじめてのジョリ―フォニックス - スチューデントブック』も買わないと、子どもには教えられない(巻末に小冊子の絵本がついているので、それを使うと教えられないこともないが)。

小学校低学年の子どもが初めて英語を習うのに、ORTについて調べているうちに、フォニックスに行きあたり、この本を買ってみた。フォニックスとは、要は「A、B、C」という「アルファベット」を習わせるのではなく、単語の成り立ちの中で各「アルファベットの発音」はどうなされているのかを分解して教えるもの。



誤解を恐れずに説明すると

フォニックスは、例えば「ローマ字」を勉強した子どもに英単語を見せると、そこそこ「発音」できる、というのと同じ原理を使って子どもに英語の読み書きを教えるもの。イギリスの小学校が開発したメソッドだそうだ。そもそも英語にはローマ字にあたるものはない。なぜなら、日本語のように同じ言葉を別の表記法で書くことはないからだ。日本人はpictureを「ピクツレ」などとローマ字読みしたりして苦労奮闘しながら英単語を覚えるが、英語圏の子どもはpictureを綴れるか綴れないかの二択しかない。他の方法で書き表すことができないからだ。おそらくこのメソッドを開発した人は、カタカナ読み的な発想で子どもに綴りと発音の関係を教えようと考えたに違いない。

フォニックスの教授法では、たとえば「pat」は「p(プの無声音)、a(ア)、t(トゥの無声音)」を続けて言う単語だが、そうした独立した音(アルファベット)を1日1つ、まずは26日間(平日5日やる場合は5週間)かけて26文字を、視覚、聴覚、ジェスチャーなどを交えて練習し、それからさらに日数をかけて変則的なものも綴りを見て発音が出来るようになるよう、子どもに定着させる。

日本語には5つの母音しかないが、英語には19の母音があると言われる(この本に書いてある)。ローマ字をマスターすれば「初見で単語が読める」という効果は得られるものの、カタカナ英語が出来上がる。フォニックスを勉強すれば、「初見で単語が読めるようになる上、英語を英語として発音することを憶えられる」。ローマ字とフォニックスの違いとはそういうことである。

英語を「こくご」として教える英語圏の小学校では有効な教育法だろうが、「1日1文字、26文字を5週間で教える」「それを終えたら、次は子音の重なりや母音の重なり(正確に言えば少々違うが)などを教える」「ジェスチャーや音を交えて一つ一つの文字を覚え込ませる」「綴りを見た瞬間に発音できるほどに定着させる」という手間と時間をかけることは、日本の小学校の教育現場では難しそうだ。それならむしろローマ字を教えて、大体の発音の勘どころを摑んでくれたらそれでよい、ということになろう。要は「カタカナ英語でもよければローマ字を勉強させる。英語らしく発音するにはフォニックスを使う」のがよいということになる。後者を選択するならもちろん家庭学習になり、親が根気強く教えるか、これを教える塾や講座に通わせる必要があるだろう(私立の小学校ではできないことはないかもしれない)。

価格は少々高い。この本だけで4千円弱。スチューデントブックと合わせると約5千円になる。ただし本家本元のフォニックスの教授法やそもそもフォニックスが成立した経緯も含めて整理して知りたいのならこの本こそが決定版ということになろう。一つひとつのアルファベットに対応する「アクション」(例えばaなら腕をはい上がっていくアリを思い切り追い払うジェスチャーをやりながらa! a! a!と言う)がすべて懇切丁寧に載っているほか、「(絵を見せながら話す日本語で書かれた)おはなし」「文字指導」「音の聴き取り(付録CDによる)」「ブレンディング(子音と母音を合わせて単語にする)」「ディクテーション」「歌」が見開き1ページ(と巻末)に掲載されている。

内容は星5つだが、価格を考慮し1つ減らした(価格分の手間をかけて作ってあることがわかるので妥当な価格と言っても良いかもしれないが)

巷で評判の「ジョリー・フォニックス」がどんなものなのか興味を持って手に取ってみた。

CD2枚や付録込とは言え,このページ数でこの価格はちと高過ぎだなあというのが偽らざる実感。肝心の中身も,発音の説明の仕方が妙にまどろっこしくて,はたして読者に正確な発音のやり方が伝わるのかどうか,心配してしまう。例えば"s"の綴りの発音など,「舌先」だの「歯茎」だの「無声音」だのと説明されると,かえってわからなくなってしまうのではないか。日本語の「さ,す,せ,そ」の子音の/s/とほぼ同じと説明すれば済むことである(この段階の学習者に,それ以上の微妙な英語と日本語の子音の違いを身に着けさせる必要などないのだから)。



また,個々の文字やその音の表記法も,ひどくいい加減である。/k/に使われるスラッシュと[k]に使われるブラケットは,本来は音韻表記,音声表記に対応するものだが,本書では,/c/, /qu/, /x/, /ch/, /ng/といった信じられないような表記が音を示しているらしい。音声学からいうと完全なデタラメである。初心者向けの本だからといって,間違った表記法を使ってよいわけがないのである。

1年半前、子供を産んだことをきっかけに、児童英語に興味を持ちました。産後のネット検索でたまたま出会ったジョリーフォニックス。著者の山下先生の講義を、英語もろくに話せず、もちろん英語の指導経験もなく受講しましたが、その時の衝撃は今でも忘れられません。本当に、私が中学生の時にジョリーフォニックスがあれば、、と英語嫌いだった自分の人生が悔やまれます。(英語の綴りの不可解さに、足を取られた人も多いのでは?)英語の音と綴りにはルールがあり、それを日本語のひらがなのように覚えれば、7割の単語を初見で読むことが出来る。

ジョリーフォニックスを知る前と後では、私の発音も全くの別物になりました。もはや、単語が読めなかったことが思い出せないほど、英語絵本の擬音ですらも怖くありません。今では毎日、子供に英語の絵本を読み聞かせして楽しんでいます。
そして、当時は日本語版が無かったため、読めもしない英語版の指導書にあたふたしていましたが、今回の日本語版の出版のおかげで、いつでも疑問点に戻って復習が出来るようになり、とても助けられています。この後には、最大の関門(?!)である同音異綴りの指導があるので、ぜひ続編の出版が待たれます!

NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第3巻:【第4集】万病撃退! “腸"が免疫の鍵だった/【第5集】“脳"すごいぞ! ひらめきと記憶の正体

5つ星のうち 5.0腸は素晴らしい❗️

(参考になった人 0/0 人)

写真がカラーだったので、よりリアルにみることができました。

この巻は、腸の働きと脳の最新科学の成果を説明しており、「脳」の部分は大変面白い。しかし、最近すさまじい勢いで研究が進んでいる腸と細菌の関係を説明している部分は、免疫と腸内細菌の関係を限定的に説明しているものの、「アレルギー・自己免疫疾患・成人病等と抗生剤・食品添加物・除菌剤等との深い関係を知られたくない」厚生労働省に配慮したのか、これらの化学物質の濫用が腸内細菌に与える影響については、沈黙して語らずなのである。コマーシャル収入に頼る民間放送であれば、これらの化学物質が使用禁止になれば、経営自体が成り立たなくなるパン業界・菓子業界・ハムソーセージメーカ・魚類練り物業界等の食品業界の意向に配慮して、言及を避けるのも理解できないこともないが、国民から直接お金を集めているNHKが、このような態度をとるのは顧客に対する背信行為というほかないのである。

東京書籍』の解説 by はてなキーワード

日本の出版社。凸版印刷の関連会社。検定教科書で有名だが、一般書籍も数多く出版している。東京都北区に本社がある。1909年会社設立。

* リスト:リスト::出版社

東京書籍』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.