条件のまとめ情報

条件』の解説

条件(じょうけん)とは、法律行為の効力の発生・消滅を、将来の発生が不確定な事実にかからせる付款またはその事実である。条件が実現することを条件の成就という。

法律行為の効力の発生・消滅を将来発生するかどうか不確定な事実にかからせる付款またはその事実を条件というのに対し、法律行為の効力の発生・消滅を将来発生することが確実な事実にかからせる付款またはその事実は期限という。ただし、ある付款または事実が条件であるか期限であるか見解が分かれる場合もある(出世払いを参照)。

民法上の条件

  • 民法は、以下で条数のみ記載する。

条件の種類

停止条件と解除条件

条件には停止条件と解除条件とがある。

  • 停止条件
法律行為の効力発生に条件が付されている場合であり、停止条件付法律行為は停止条件が成就した時からその効力を生ずる(127条1項)。例として挙げられるものとしては「大学に合格したら、腕時計を買ってあげる」という約束がある。この場合、「腕時計を買ってあげる」という法律行為が、「大学に合格したら」という仮定の条件によって停止されている、ということになる。
  • 解除条件
法律行為の効力消滅に条件が付されている場合であり、解除条件付法律行為は、解除条件が成就した時からその効力を失う(127条2項)。「代金支払いが滞った場合には、買った物を返還する」という場合、「代金支払いが滞る」という事実が解除条件である。

積極条件と消極条件

積極的変化を内容とする場合(雪が降ることを条件とする場合など)を積極条件、消極的変化を内容とする場合(雪が降らないことを条件とする場合など)を消極条件というが、この分類には法律上の区別の実益はない。

条件の有効性

各種条件の有効性

一定の条件が付された場合について、民法は法律行為につき無条件あるいは無効とする(131条134条)。

  • 既成条件
  • 既成条件とは、客観的に法律行為時において既に確定している条件のことをいう。停止条件のときは、条件とする意味が無いので法律行為は無条件となり、解除条件のときは、すでに法律効果が消滅していることになるから法律行為は無効とされる(131条1項)。また、条件が成就しないことが確定している場合、停止条件のときは、条件が永久に成就せず効力が生じることはないので法律行為は無効となり、解除条件のときは、条件が永久に成就せず効力が消滅することはないので法律行為は無条件となる(131条2項)。なお、131条3項は「前二項に規定する場合において、当事者が条件が成就したこと又は成就しなかったことを知らない間は、第百二十八条及び第百二十九条の規定を準用する」と定めるが、既成条件では有効無効は既に確定済で期待権がない以上、これらの規定の準用余地はなく同項は無意味な規定とされる(通説)。
  • 不法条件
  • 不法条件とは、不法な行為を条件とするのは無効とされる(132条)。不法なことをしないことを条件とすることも同様に無効となる。原則的には法律行為全体が無効であるが、例外的に条件部分のみ無効と解すべき場合もある。
  • 不能条件
  • 不能条件とは、客観的に成就することがありえない条件のことをいう。条件が成就しないことが確定している場合と同じように、停止条件のときは、条件が永久に成就せず効力が生じることはないので法律行為は無効となり、解除条件のときは、条件が永久に成就せず効力が消滅することはないので法律行為は無条件となる(133条)。
  • 随意条件
  • 随意条件とは、単に債務者の意思のみに係る条件をいう。「履行したくなったら履行する」というような場合である。停止条件の場合は、債務者を拘束する内容ではなくなるので、債権として意味が無いので無効とされる(134条)。一方、解除条件の場合は、「期限の定めのない債務」と同様に、条件としての効力が認められる。
    なお、講学上、当事者の意思とは全く無関係な事実を内容とする条件は偶成条件、当事者の意思と当事者の意思とは全く無関係な事実とを併せて内容とする条件は混成条件と呼ばれる。
  • 法定条件
  • 法定条件とは、法律上要求されている要件がそのまま条件の内容とされている場合をいう。条件に関する規定の類推適用があるものの(最判昭39・10・30民集18巻8号1837頁)、後述の130条の類推適用はない(最判昭36・5・26民集15巻5号1404頁)。

条件に親しまない行為

条件を付すことができない法律行為を「条件に親しまない行為」といい、このような法律行為は全体として無効である。

  • 公益上の不許可
  • 婚姻養子縁組認知、相続の承認、相続放棄など家族法上の行為(身分行為)に条件を付すことは、公序良俗に反することになる場合が多く、また、身分関係を不安定なものにしてしまうため原則として認められない(大判大9・5・28民録26輯773頁)。なお、婚姻や離婚などについては確定的意思が必要とされる行為であるために条件を付すことが許されないと理由づけすべきとみる見解もある。

条件付権利の保護

  • 条件の成否未定の間における相手方の利益の侵害の禁止
条件付法律行為の各当事者は、条件の成否が未定である間は、条件が成就した場合にその法律行為から生ずべき相手方の利益を害することができない(128条)。本条違反の行為は不法行為責任を生じるとされるが(通説)、近時、侵害の主体により相手方の侵害によるときは契約責任、第三者の侵害によるときは不法行為責任が成立するとみる学説もある。
  • 条件の成否未定の間における権利の処分等
条件の成否が未定である間における当事者の権利義務は、一般の規定に従い、処分し、相続し、若しくは保存し、又はそのために担保を供することができる(129条)。
  • 条件の成就の妨害
条件が成就することによって不利益を受ける当事者が故意にその条件の成就を妨げたときは、相手方はその条件が成就したものとみなすことができる(130条)。判例によれば反対に当事者が故意に条件を成就させたときは、130条の類推適用により、相手方はその条件が成就しなかったものとみなすことができる(最判平6・5・31民集48巻4号1029頁)。

行政法上の条件

行政法上の条件とは行政行為の効果を将来発生することの不確実な事実にかからしめる意思表示をいう。

条件』に 関連する人気アイテム

プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか)

「知識社会では、専門知識が、一人ひとりの人間の、そして社会活動の中心的な資源となる。いわゆる経済学の生産要素、すなわち土地、資本、労働は、不要になったわけではないが、二義的になる。...(中略)...とはいえ、個々の専門知識はそれだけでは何も生まない。他の専門知識と結合して、初めて生産的な存在となる。知識社会が組織社会となるのはそのためである」。

現代では、競争力の最大の要因は、知識労働者が握っている。専門知識を育み、生かし、継続的に学び、変化し、イノベーションを創造し、自己実現を求め、より賢く働くことが生産性向上の鍵となる。

そのような、知識労働者と組織のあるべき姿について論じた本。P.F.ドラッカーの著作10点と論文1点から抜粋されている。

成果をあげるタイプの人間というものは存在しない。性格も能力も知識も関心も千差万別である。成果を挙げるということは、才能や個性ではなく、習慣の力である。生産性向上は、作業を分解し、分析し、組み立てなおすことによって実現できる。そして、継続学習によって、うまくいっていることをさらに上手くできるようにする。貢献に焦点を合わせ、結果に責任を持つ。専門家の知識や仕事は外からはわかりにくいので、常に理解されるように努力する。新しい任務が要求することにすいて考え抜く。ビジョンを持ち、生活の中に継続学習を組み込む。フィードバック分析で強みを知り、活かす。強み、仕事の仕方、価値観。時間は常に不足し、制約要因となるので、時間を記録し、管理し、まとめることで、時間を浪費するのではなく活用する。高度に知識労働化した組織は、変化のためのマネジメントをその構造の中に組み込む必要がある。

もはや生産的でなくなった過去のものを捨てる。正しい意志決定のためには、何についての決定であり、何を満足させるかを知る必要がある。賢くあろうとするより、健全であろうとしなければならない。コミュニケーションとは知覚であり、期待であり、要求であって、情報ではない。コミュニケーションを成立させるものは、コミュニケーションの受け手である。真のリーダーシップはカリスマ性に依存しない。また、リーダシップは賢さに支えられるものではなく一貫性によって支えられる。

イノベーションを支えるものは、ひらめきではなく、目的意識、体系、分析である。イノベーションに成功するものは意外に保守的で、リスクを明らかにして小さくし、リスク志向ではなく機会志向であろうとする。そして、ポスト資本主義社会は、知識社会であると同時に組織社会であり、そこで生きる人は知識人の文化と組織人としての文化の2つの文化の中で生きる。卓越性を追及し、責任を持ち、公正かつ公平であろうとし、外なる成長と内なる成長を目指し、自分自身に焦点を当てる。

本書が出版されたのは2000年である。元になっている著作が出版されたのはさらに古い。しかし、今読んでも、その核心的な部分において古さを感じるところは全くない。ドラッカーという人が、いかに時代を、人を、組織を、そして自他をマネージメントするということの本質を正しく見通していたことに改めて驚かされる。知識社会で生きる多くの人に勇気と道しるべを与えてくれる本である。

5つ星のうち 5.0読みやすい

(参考になった人 1/1 人)

part3の「自らマネジメントする」という話を読んで、この話ではどのようにして成果を上げるべきかが書かれていた。っこでの成果は知識そのものを磨くのではなく、個の目的のために「自らの成果を他の人間に供給する」ということである。成果を出すには方法は多々あるが、ドラッガーの「成果を上げるのは一つの習慣である」という言葉に感銘を受けた。これは勉強にも言えることだと感じた。習慣化することは大切だなとかんじた。
ドラッガーの本は難しいというイメージがあったが、この本を読んでほかの本も読みたいと思った。

作中にある「何によって知られたいか」から話が進み、「本当に知られたいことは人を素晴らしい人に変える」とあった。これは自分の考えですが、世界一の野球選手になりたいと思う人がいるとする。その人は世界一になるために様々な努力をすると思う。そのど六を通してその人間のステータスはどんどん上がっていく。「何によって知られたいか」をを自分に問い、見つかればそれに向かって努力する事。こうしたことを心がけることで末節の技はともかくその人間の根っこにはどんどんいいものが蓄えられてゆくのだろうと感じた。副題にも「プロフェッショナルは成果を上げて成長しなければいけない」とある。どんなに成長しても成果が上がらなければ意味がない。社会に出たときに組織や社会に貢献してこそ、成長し成果を上げたといえるのだと思った。

5つ星のうち 5.0自身の仕事の確認

(参考になった人 1/1 人)

メモ。 個人の専門知識が社会活動の資源。 土地、資本、労働は二義的。 (ソフトとハード)成果をあげる人間は、必要とされる習慣的な力をもつ一時的に1つのテーマを決めて集中して勉強する。 成果の5箇条、ビジョンを持つ、神々が見てる行動、継続的な新しい事への取り組み、意思決定のもたらす結果の記録、前の仕事とは違う手法で徹底的に学ぶ。 仕事の仕方を変えたのではなく、意味を追加した。 成長の為の有能な能力を持つ者は全て自分自身の焦点を合わせている。 ある意味では自己中心的であって*世の中のことを全てを成長の糧にしている。

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件

戦略書の中では圧倒的に面白い。軽快な語り口と深い洞察力に魅了され、厚さを感じず一気に読むことが出来た。

戦略には打ち手のつながりが重要だという著者の指摘には強く同意できる。

ガリバーなど、よく知られた事例を用いつつも、打ち手の繋がりを鮮やかに解明しており、こんなビジネスを作ってみたいと思わずにはいられない。

顧客のためになり、自社の強みが活かせて、パートナーも喜ぶような、打ち手が合わさって、揺るぎない競争優位が作られている。

一方で、果たして本当に、例えばガリバーが、最初からそこを狙っていたかどうか?無数の打ち手の試行錯誤の後、成功したものを後ろからみたら、ストーリーとしてつながっているのでは無いか?

その意味で、後付けの解説書という面はぬぐえず、この本を読めば優れた戦略が出来るというわけではないと思う。しかしながら、優れた戦略がどのようなものか、かなりはっきりとしたイメージを与えてくれるのは間違いない。

楠木さんはあるメディアで動画を拝見して、何と話が面白い、ユーモアとウィトに富んだ語りは強く印象に残り、著作を読むきっかけとなりました。起業精神や経済学の話で動画と文書では違うだろうとタカをくくってましたが、大きく予想を覆す結果となりました。文章も動画と遜色無く著者の強烈なキャラクター感ありありでどんどん駆け足で読み進めました。成功例、失敗例共になるほどと何度も感心する場面かあり、本人が楽しむのめり込む中で冷静に対処しながら判断の連続を繰り返し信念を持ち続けた経営者には感心しかりです。ハングリー精神の塊ですね。

後追いの成功例の羅列しかない偉人伝的な経済学本が多い中でストーリーが分かる、モチベーション含め沢山の成功要素を分かりやすく解説してあり分厚い本ですが、勿体ぶらないと直ぐに読み終わるほどおもしろい。大変気に入った。好きこそものの上手なれ!昔の人はよく言ったものだ‼️

既に高評価を受けて久しいその理由を今さら読んで納得。うんうん、これはオモシロイ。"ストーリー(戦略)"が各章(個別プロセス)を連結してはじめてその意味を有するならば、あらゆる名小説(成功企業)から最高の個別章だけを抜き取って作り上げた"ベスト・プラクティス"などそもそも機能しうるか。否。なぜならストーリーを貫く骨組みがてんでんばらばらだから。なるほど、この線で行けばあれだけ研究し尽くされたトヨタのかんばん方式がなぜ模倣されえないのか、もチョットは見えてくる。「人に話したくなるよう面白いストーリー」を読者(戦略実行者)と共有できたとしたら、それはきっと語り部(戦略立案者)がストーリーを貫く背骨を徹底的に煎じ詰めているから。改めて思い知らされる、シンプルな、だけどとっても大切な事実。これは読ませます。

プロフェッショナルの条件 はじめて読むドラッカー

「知識社会では、専門知識が、一人ひとりの人間の、そして社会活動の中心的な資源となる。いわゆる経済学の生産要素、すなわち土地、資本、労働は、不要になったわけではないが、二義的になる。...(中略)...とはいえ、個々の専門知識はそれだけでは何も生まない。他の専門知識と結合して、初めて生産的な存在となる。知識社会が組織社会となるのはそのためである」。

現代では、競争力の最大の要因は、知識労働者が握っている。専門知識を育み、生かし、継続的に学び、変化し、イノベーションを創造し、自己実現を求め、より賢く働くことが生産性向上の鍵となる。

そのような、知識労働者と組織のあるべき姿について論じた本。P.F.ドラッカーの著作10点と論文1点から抜粋されている。

成果をあげるタイプの人間というものは存在しない。性格も能力も知識も関心も千差万別である。成果を挙げるということは、才能や個性ではなく、習慣の力である。生産性向上は、作業を分解し、分析し、組み立てなおすことによって実現できる。そして、継続学習によって、うまくいっていることをさらに上手くできるようにする。貢献に焦点を合わせ、結果に責任を持つ。専門家の知識や仕事は外からはわかりにくいので、常に理解されるように努力する。新しい任務が要求することにすいて考え抜く。ビジョンを持ち、生活の中に継続学習を組み込む。フィードバック分析で強みを知り、活かす。強み、仕事の仕方、価値観。時間は常に不足し、制約要因となるので、時間を記録し、管理し、まとめることで、時間を浪費するのではなく活用する。高度に知識労働化した組織は、変化のためのマネジメントをその構造の中に組み込む必要がある。

もはや生産的でなくなった過去のものを捨てる。正しい意志決定のためには、何についての決定であり、何を満足させるかを知る必要がある。賢くあろうとするより、健全であろうとしなければならない。コミュニケーションとは知覚であり、期待であり、要求であって、情報ではない。コミュニケーションを成立させるものは、コミュニケーションの受け手である。真のリーダーシップはカリスマ性に依存しない。また、リーダシップは賢さに支えられるものではなく一貫性によって支えられる。

イノベーションを支えるものは、ひらめきではなく、目的意識、体系、分析である。イノベーションに成功するものは意外に保守的で、リスクを明らかにして小さくし、リスク志向ではなく機会志向であろうとする。そして、ポスト資本主義社会は、知識社会であると同時に組織社会であり、そこで生きる人は知識人の文化と組織人としての文化の2つの文化の中で生きる。卓越性を追及し、責任を持ち、公正かつ公平であろうとし、外なる成長と内なる成長を目指し、自分自身に焦点を当てる。

本書が出版されたのは2000年である。元になっている著作が出版されたのはさらに古い。しかし、今読んでも、その核心的な部分において古さを感じるところは全くない。ドラッカーという人が、いかに時代を、人を、組織を、そして自他をマネージメントするということの本質を正しく見通していたことに改めて驚かされる。知識社会で生きる多くの人に勇気と道しるべを与えてくれる本である。

5つ星のうち 5.0読みやすい

(参考になった人 1/1 人)

part3の「自らマネジメントする」という話を読んで、この話ではどのようにして成果を上げるべきかが書かれていた。っこでの成果は知識そのものを磨くのではなく、個の目的のために「自らの成果を他の人間に供給する」ということである。成果を出すには方法は多々あるが、ドラッガーの「成果を上げるのは一つの習慣である」という言葉に感銘を受けた。これは勉強にも言えることだと感じた。習慣化することは大切だなとかんじた。
ドラッガーの本は難しいというイメージがあったが、この本を読んでほかの本も読みたいと思った。

作中にある「何によって知られたいか」から話が進み、「本当に知られたいことは人を素晴らしい人に変える」とあった。これは自分の考えですが、世界一の野球選手になりたいと思う人がいるとする。その人は世界一になるために様々な努力をすると思う。そのど六を通してその人間のステータスはどんどん上がっていく。「何によって知られたいか」をを自分に問い、見つかればそれに向かって努力する事。こうしたことを心がけることで末節の技はともかくその人間の根っこにはどんどんいいものが蓄えられてゆくのだろうと感じた。副題にも「プロフェッショナルは成果を上げて成長しなければいけない」とある。どんなに成長しても成果が上がらなければ意味がない。社会に出たときに組織や社会に貢献してこそ、成長し成果を上げたといえるのだと思った。

5つ星のうち 5.0自身の仕事の確認

(参考になった人 1/1 人)

メモ。 個人の専門知識が社会活動の資源。 土地、資本、労働は二義的。 (ソフトとハード)成果をあげる人間は、必要とされる習慣的な力をもつ一時的に1つのテーマを決めて集中して勉強する。 成果の5箇条、ビジョンを持つ、神々が見てる行動、継続的な新しい事への取り組み、意思決定のもたらす結果の記録、前の仕事とは違う手法で徹底的に学ぶ。 仕事の仕方を変えたのではなく、意味を追加した。 成長の為の有能な能力を持つ者は全て自分自身の焦点を合わせている。 ある意味では自己中心的であって*世の中のことを全てを成長の糧にしている。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

シンプルイズベストでカッコ良いイヤホンです。
iPhoneとの親和性は抜群です。
私の耳の穴が大きいせいか、よく抜け落ちそうになりそれが難点でした。

しかし、別売りの「DamonLight airpods用イヤーピースシリコーン製イヤホンカバー 落ち防止[交換品]4個入り (White)」を組み合わせると抜け落ちそうになることが無くなり、私にとってAirpodsが最高に良い商品へと生まれ変わりました!
※耳から抜け落ちそうにならない人なら買う必要は無いです。



■Airpdsの良いところ
1.ケース含めデザインがカッコよい
2.耳から外すと曲が自動的に止まる
3.音が想像以上に良い(イヤホンなのに重低音がある)

■嫌なところ
1.耳から頻繁に抜け落ちそうになる
2.イヤホンだけで曲を操作することができない

思っていた以上に音質は良いです。 iPhoneやiPadと直ぐに同期出来て、イヤホンなのに、マイク機能があったり、タップすることにより、簡単な曲操作ができるのも良いです。 ただ、高いのが残念です。

耳から落ちやすい。 下を向くとすぐに接続が切れる。 突起が長いので邪魔。 電話対応や音質は良いと思う。 シリとの対話はアプリの起動など日本語では不十分です。

【2本組】Rampow Micro USBケーブル 【生涯保証/2.4A急速充電/高速データ転送対応】 5000+回の曲折テスト 高耐久編組ナイロンケーブル Android microusb対応 マイクロusbケーブル

5つ星のうち 5.0充電はやくなった

(参考になった人 0/0 人)

今まで使ってたUSBケーブルが充電不能になり購入。 2.4A急速充電に偽りなし!速いー助かるー コネクタ部(取っ手みたいなとこ)も、金属ですかね‥?ガッチリとしています。 ケーブルも固くも柔らかくもなくほどよく、長さも使い勝手のいい1m。 しかも永年保証。 これはいい。 良いものです。 オススメ。

5つ星のうち 5.0丈夫で良い品でした

(参考になった人 0/0 人)

去年購入して1年半使用しています。 永年保証は半信半疑だったのですが、今のところ二本とも問題なく使用できています。 100均のものはいつも1ヶ月程度でダメになるのですが、こちらは丈夫で重宝しています。

5つ星のうち 2.0usbケーブル

(参考になった人 0/0 人)

usbケーブルが必要で探していたところこの商品を見つけました ケーブルがとても頑丈でこれなら断線の心配はないです 長さは少し物足りないですが商品としては悪くないです

条件』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.