村上茉愛のまとめ情報

村上茉愛』の解説

村上 茉愛(むらかみ まい 1996年8月5日 - )は、日本体操競技選手。元子役タレント。

略歴

  • 神奈川県相模原市生まれ(国際体操連盟のプロフィールより)。
  • 体操は、3歳の時に母親の村上英子に勧められたのがきっかけで始めた。
  • 2010年の第64回全日本体操競技選手権大会女子種目別決勝の床運動では田中理恵(日本体育大学)、笹田夏実(OSTC大泉スワロー体育クラブ)を抑えて優勝した。

高等学校時代

  • 2012年に明星高等学校に入学。
  • 2012年12月の第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会の床運動で2度目の優勝を果たした。
  • シリバスなど、世界最高峰の難易度Hの技をこなす、数少ない選手としても知られ、2013年10月、アントワープで開催された世界選手権代表選手に選出されて、種目別女子床運動で4位入賞した。

日本体育大学入学後

  • 2015年4月、日本体育大学に入学した。
  • 2015年の体操世界選手権代表に選出され、団体で5位入賞を果たし、リオデジャネイロオリンピック団体出場権獲得に貢献。個人総合でも6位入賞を果たした。
  • 2016年4月の全日本選手権個人総合で初優勝すると、続くNHK杯でも2位入賞し、オリンピック代表候補となる。
  • 代表選考の試技会でトップの成績を残し、晴れてオリンピック代表入りとなった。オリンピックでは団体総合で1964年東京オリンピック以来となるメダル獲得にあと一歩と迫る4位入賞に大きく貢献。
  • 個人総合では自身が得意とするゆかでの着地ミスが響き、14位。種目別のゆかにも出場したが、ターンでバランスを崩した影響で7位に終わった。
  • 2017年は全日本個人総合連覇、NHK杯個人総合で初優勝を果たし、世界選手権代表入りを果たす。
  • 2017年10月、カナダモントリオールで行われた世界選手権個人総合では、予選を首位で通過したが、決勝では平均台での落下が響いて4位に終わり、2009年の鶴見虹子以来となる個人総合でのメダル獲得はならなかった。
  • 種目別の床で自身初、世界選手権では1954年のローマ大会における田中敬子(現姓・池田)の平均台以来となる、日本女子選手の種目別金メダルを獲得した。

芸能活動

  • 児童劇団に所属していた9歳頃に2005年12月5日放送のスペシャルドラマ『ウメ子』(TBS)に主役の河合ウメ子役として出演した経歴を持つ。

村上茉愛』の解説 by はてなキーワード

日本の女性体操競技選手。1996年8月5日生まれ。神奈川県相模原市出身。

小学生時代から池谷幸雄体操倶楽部に所属して活躍。また、子役としてドラマに出演したことがある。

村上茉愛』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.