本のまとめ情報

』の解説

thumb

thumb

(ほん)は、書籍(しょせき)または書物(しょもつ)とも呼ばれ、絹布等の軟質な素材に、文字記号図画等を筆写、印刷し、等で装丁製本したもの(銭存訓(1990))。狭義では、複数枚の紙が一方の端を綴じられた状態になっているもの。この状態で紙の片面をページという。本を読む場合はページをめくる事によって次々と情報を得る事が出来る。つまり、狭義の本には巻物は含まれない。端から順を追ってしかみられない巻物を伸ばして蛇腹に折り、任意のページを開ける体裁としたものを折り本といい、折本の背面(文字の書かれていない側)で綴じたものが狭義の「本」といえる。本文が縦書きなら右綴じ、本文が横書きなら左綴じにする。また、1964年ユネスコ総会で採択された国際的基準は、「本とは、表紙はページ数に入れず、本文が少なくとも49ページ以上から成る、印刷された非定期刊行物」と、定義している。5ページ以上49ページ未満は小冊子として分類している。

内容(コンテンツ)的にはほぼ従来の書籍のようなものでも、紙などに文字を書いたり印刷するのではなく、電磁的または光学的に記録・再生されるものやネットワークで流通させるものは、電子書籍という。

呼称の由来

漢字の「本」は、「」という漢字の中心線の部分のやや下寄りのところに短い横線で印をつけることによって その部分を指し示した文字であり、樹木の根もとを意味している。これが日本では「ものごとのおおもと」という意味を表すようになった。そこから書写に使うもとの書物を本というようになり、さらには書物全般を指す言葉になった。なお、中国語においては「本」という言葉に「書籍」という意味は存在しない。書籍という語は、文字を記録したと、尊い典籍、経籍を意味する「籍」の合成語である(『康煕字典』903頁)。

英語のbook、ドイツ語のBuchは古代ゲルマン民族ブナの木を指す言葉から出ており、フランス語のlivre、スペイン語のlibroはもともとラテン語の木の内皮 (liber) という言葉から来ている。こちらは大昔にそうした木の皮や木の薄板などに文字を書いたことに由来していると言われている。

本の歴史

「書物の歴史」(イリーン著)で人間の本と謡われている通り、古代では人間という生きた本が部族の歴史などを口伝で伝えた。しかし人間社会が発達するにつれ、人の記憶だけでは済まされなくなり、様々な記録媒体が登場するようになった。

起源

インカ帝国キープ(結縄)インディアンが使用した彩色したの刻み目や組合せ、古代中国亀甲文字や獣骨文字や金石文字、インドなどの木の葉に記した文字、メソポタミア粘土上に記した文字など、文明化した世界各地で様々な書写材料が試みられた。これらのうち、もっとも多くの民族が手軽に利用した、木の皮をはぎ、そこに書き写す行為が本の祖形になったと考えられ、先に挙げたゲルマン系やラテン系の言葉にも伺える。

中国

東洋の書籍の書写材料は簡策、絹帛、の順に開発された。

簡策

  • 代(紀元前17世紀 - 紀元前11世紀)に2本の紐で括られた簡策を意味する「冊」や、机上に置かれた(尊い)冊を表す「典」(『康煕字典』128頁)の存在を記している(『尚書 : 多士』)。50cm前後に1行10~20字を記してなめし皮の紐で編み連ねたものが古くから使用された。この形を冊と呼び、今日、本を1冊、1篇と数えるのはこの当時の名残であると思われる。
  • 竹簡、木牘が廃れたのは4世紀頃までとしている(銭存訓(1990))。

絹帛

  • 105年蔡倫の蔡侯紙(『後漢書』巻78)以降、現代まで使用され、書籍とは紙で作成されるという認識が一般的である。

メソポタミアの粘土板文書

メソポタミアを流れるチグリス川ユーフラテス川の下流は粘土質であった為、メソポタミア文明ではその土を厚く板状にし、とがった棒やの先端で楔形文字を刻み、日に乾かしたり火で焼いたりして粘土板文書(clay tablet)を作った。有名なニネベ遺跡からは2万を越す粘土板文書が出土し、その内容も天文暦数、神話伝説など多岐にわたり、当時の文明の高さを窺い知ることができる。

古代エジプトのパピルス書物

古代エジプトではナイル川河畔に自生するパピルスという植物の髄から書写に適した薄く柔軟な材料を作り、葦で作ったペンと、アラビアゴムなどを加えて作ったインクでそこに文字を書き写した。後のアレクサンドリアの王室図書館ではパピルス本70万巻を超える蔵書を誇ったという。パピルスは英語、フランス語、ドイツ語などの紙の語源であり、また聖書(バイブル)などの言葉もギリシア語を経てパピルスにさかのぼる。

羊皮紙本

獣皮を書写の材料とすることは古くからあったが、これが本格的に本の資材になったのは、紀元前2世紀ごろである。小アジアペルガモンエウメネス2世がアレクサンドリアに劣らぬ図書館を作ろうとしたが、エジプトがパピルスの輸出を禁止したため、ペルガモンの主産物であったヤギの皮を利用し、使いやすい羊皮紙を開発した。羊皮紙は薄く、両面に書くことができ、折ることもできたため、パピルスのような「巻く本」から「綴る本」へと、本の体裁を根底から覆した。これ以後、1500年以上にわたり、羊皮紙が使用されることになった。

ちなみに、羊皮紙をパーチメントと呼ぶのはラテン語の「ペルガモンの紙」という意味からきている。

冊子本

最初に冊子本を伝えたのは、6世紀初めにベネディクトゥスイタリアに設けた修道院修道士たちであった。修道士は斜面の写台の前に座り25cm×45cmの羊皮紙を半分に折り、鵞ペンで各種インクを用いて聖書の句を写した。羊皮紙4枚ごとに咽に皮ひもを通し、それらを重ねて一冊にすると紐で山になった背ぐるみに皮を被せて表紙とした。またその表面から小口をかけて金具を打ったり、表紙に宝石を嵌めたりして装幀の美を競った。

紙本の登場

羊皮紙よりも軽くて扱いやすい紙の発明は本の歴史にとって画期的であったが、実際に西洋で紙が羊皮紙に替わるようになるのは印刷術の発明以降であり、東西での紙の使用は10世紀以上の開きがある。

15世紀半ばにドイツのヨハネス・グーテンベルクが金属による可動性の活字を使い、ブドウ絞り機を利用した印刷機を操作して印刷術を興してから本は全く面目を改めることになる。1455年以降グーテンベルクによって印刷された『グーテンベルク聖書』などによって印刷技術の意義が示されたことで印刷術は全欧州に広がり飛躍的な発展を遂げることとなった。

和書の歴史

日本で作られた本、いわゆる和書の歴史は、洋書の歴史とは異なり、いきなり紙の本から始まる。日本にいつ紙が入り、製紙術が伝えられたのか定かではない。日本書紀には、610年曇徴が来朝し、絵具・紙・墨を巧みに作ったと記されている。おそらくは日本における碾磑(みずうす)の創製者であるとは書かれているものの絵具・紙墨については言及がない。したがって、彼が来朝する以前には製紙術は伝わっていただろうと考えられる。現在残っている最古の本は7世紀初めの聖徳太子の自筆といわれる法華義疏であるとされている。また、奈良時代の本の遺品は数千点にのぼり、1000年以上昔の紙の本がこれほど多数残されているのは世界に例が無い。また、日本では製紙法の改良により、三椏などですいた優れた紙の本が生まれている事も特筆すべき点である。

印刷術に関しては、8世紀に現存するものでは世界最古の印刷物である百万塔陀羅尼が発行されたが、平安時代には経文や文学作品を上質の和紙の上に美しい筆遣いで書き写す手法がとられ、印刷に関しては長く後を絶つようになる。平安時代末から鎌倉時代には中国の影響で木版印刷が広く行われるようになり、主に仏教関連の書籍が寺院から刊行された。また慶長年間には勅命により日本最初の木製活字本が現れ、「古文考経」「日本書紀神代巻」などのいわゆる慶長勅版本が刊行された。一方1590年にはアレッサンドロ・ヴァリニャーノによってグーテンベルクの活版印刷術がもたらされ、キリシタン版数種が誕生したが、キリスト教禁止などの影響により技術が途絶えた。また活字という印刷形態自体が繋げ書きが一般的だった当時の書物には馴染まなかったようで徐々に廃れた。

現在の日本の活字印刷の基礎を築いたのは本木昌造で、幕末の1852年に鉛活字を用いて「蘭和通弁」を刷り、明治になって今日の号数活字の制定など活字印刷の緒をつけた。

写経

  • 653年3月、川原寺で大陸から伝わった一切経を写経した『日本書紀』巻29「天武天皇二年三月」の記事が初見である(『日本書紀』、渡瀬茂 (2005)、伴信友 (1883))。

書籍の将来

書籍の目録

  • 書籍の目録は経典目録から始まる。757年の《天平勝寳五年五月七日類収小乗經納櫃目録》や、複数経典目録《天平勝寳八歳七月二日類従圖書寮經目録》(奈良国立博物館絵因果経》』解説)。
  • 漢籍目録は891年以前に藤原佐世が作成した『日本国見在書目録』が初見である(書影:『国立国会図書館デジタル化資料:日本国見在書目録』)。
  • 和書の目録は1294年奥書の『本朝書籍目録』(書影:『国立国会図書館デジタル化資料:本朝書籍目録』)で、493種の書籍が記載されている(書誌:『日本古典籍書誌学辞典』p.529)。

書籍の大量生産

洋装本の時代

以降、木版和装本から、明治20年頃には洋装本の時代となった。

図書、書籍の名を冠した館

分類

書物は様々な分類方法がある。

書字方式による分類

形態による分類

流通による分類

国により多少の差はあるが、単発的に小部数を発行する書籍と、定期的に大量部数を発行する雑誌とは、流通上分けられている。

  • 書籍
    • 単行本: 全集・叢書などのシリーズではない単発の本。
    • 全集叢書双書): シリーズものとして編まれた本。
  • 雑誌
  • 新聞雑誌
    • ムック: 書籍と雑誌の中間形態の本(分類上は雑誌)
  • 洋書: 通常の書物も国外では通常の流通から外れることが多い
  • 同人誌

日本は例外的に書籍流通と雑誌流通の差が少ない国であり、書籍も雑誌流通システムを利用している形になっている。そのため、書籍の流通が効率的になり、流通コストが抑えられ比較的安価である、書籍出版社の負担が少なく資本規模が小さくてすむなどのメリットがある。その一方で、返本サイクルが短く、出版年次の古い書籍を書店で入手しにくいなどのデメリットがある。古本古書店にて流通している。再販売価格維持が適用される国・地域もある。本が購入されると、著作権者に所定の印税が支払われる。

その他

判型
日本では、1929年から紙の寸法はA判B判などの標準規格が定められている。文庫判、新書判などとも称する。
刊行形態
非定期刊行物と定期刊行物に大きく分かれる。定期刊行物はさらに週刊誌、月刊誌等に分かれる。
分類
図書館では図書分類法により分類されるが、実際の分類については各図書館の援用により違いは生じる。また、児童書と一般書の分類については各出版社(者)が定めた対象年齢によることが多い。
レーティング
日本では、全年齢向けと18禁(18歳未満および高校生は購入禁止)に分かれる。各出版社の判断による自己規制のため、明文化された基準はなく慣習的なものである。
内容
見出しをまとめて整理し書き並べた目次や、書誌事項を記述した奥付を設ける。

冊子本の構造

  1. - ない場合も多い
  2. そで(flap)
  3. 見返し
  4. カバー(jacket)
  5. 天(head)
  6. 小口
  7. 地(tail)
  8. 標題紙
  9. 遊び
  10. のど(gutter)
  11. 背(spine)
  • その他、(しおり)、スピンがある場合も。

識別子

1981年1月以降に日本で発行された書籍には、国際標準図書番号(ISBN)に読者対象・発行形態・内容分類を表す「Cコード」と本体価格を加えた日本図書コードが振られている。それ以前で1970年1月以降の書籍には、書籍コードが振られている。それ以前の書籍には、国立情報学研究所によるNII書誌ID(NCID)や、国立国会図書館による日本全国書誌番号(NBN)などが振られている。なお、逐次刊行物にはISSN雑誌コードが振られる。

日本

日本では年間7万7417点(2007年、以下同じ)の新刊が出版されており、出回り部数(取次出荷部数。新刊・重版・注文品の流通総量。返品の再出荷を含む)は13億1805万部、販売部数は7億5542万部である。

新刊点数は年々増加しているが、部数・販売額は減少している。日本では、書籍の販売額は9026億円で、書籍・雑誌計の43%である。この額は1996年の1兆0931億円をピークに減少し、ピーク時の8割強である(なお、雑誌のピークは1997年)。

金額ベースで39.4%、部数ベースで42.6%が返品されている。

ギャラリー

File:HeraclesPapyrus.jpg|パピルスにギリシャ語を手書きされたもの。ヘラクレスに関する記述。

File:Herkulaneischer Meister 002b.jpg|本らしきものを片手にする女性。ポンペイの壁画。79年以前。

File:Milkau_B%C3%BCcherschrank_mit_angekettetem_Buch_aus_der_Bibliothek_von_Cesena_109-2.jpg|盗難防止に、鎖で読書台に繋がれている鎖付図書。手書きの写本は非常に貴重なものである(イタリアチェゼーナ図書館)。

File:Gutenberg bible Old Testament Epistle of St Jerome.jpg|グーテンベルク聖書旧約聖書のページ。

File:Bucheinband.15.Jh.r.Inkunabel.jpg|15世紀のインキュナブラ。表紙は空押しされており、本を閉じるための角の突起と金具がある。

File:Old book bindings.jpg|オックスフォード大学マートン校の古い蔵書

File:Picture book 1866.jpg|1866年出版の本

File:Uncut book p1190369.jpg|今でもヨーロッパでは多い、端が裁断されないまま販売されている本。読むにはペーパーナイフ類が必要。

File:Liji.jpg|縦書きの本(写真は中国の礼記集説

File:Bamboo book - closed - UCR.jpg|中国製、竹でできた本『孫子兵法』(カリフォルニア大学リバーサイド校所蔵)

File:ISBN.JPG|最近の、ISBN ナンバー、バーコード付き

File:Braille book.JPG|点字

File:Celsus-Bibliothek2.jpg|135年設立のケルススの図書館には12,000冊の本(巻物)が収められている。

File:Chambery interieur mediatheque 600px.jpg|現代の図書館(フランスシャンベリ

File:SanDiegoCityCollegeLearingRecourceCity-bookshelf.jpg|現代の図書館の本。書架に並び、図書分類番号が背に貼られている。

File:Buchladen buecher.JPG|現代の書店に並ぶ本

File:Printing2 Walk of Ideas Berlin.JPG|ベルリンにあるオブジェ

File:KarakuriZuiHosokawaHanzo1796.jpg|細川半蔵によるからくり設計書『機巧図彙』。1796年発行。

ファイル:Kai Tsugaru Owani Onsen Aomori pref Japan04s5.jpg|耐水性本

全文

書影

』に 関連する人気アイテム

【3本セット】Anker プレミアムライトニングUSBケーブル 【iPhone X / 8/ 8 Plus 対応 / Apple認証】コンパクト端子

5つ星のうち 2.0耐久性に難あり

(参考になった人 1/1 人)

使用三か月程度で、先端部分とケーブルの境目の部分が割けて、銅線が剥き出しになりました。 そこまで負担になるような使い方はしていないと思うので(自宅の定位置での充電用)、いくらなんでも壊れるのが早過ぎるように思います。 ライトニングケーブルはどの製品も、以前に比べれば丈夫になった印象だったのですが…残念です。 代わりに、「Amazonベーシック Apple認証 高耐久ナイロン ライトニングUSB充電ケーブル」に買い替えました。

5つ星のうち 5.0毎日つかうものなので

(参考になった人 0/0 人)

安いコードは充電出来ても、少し経つと突然反応しなくなったり、充電に時間がかかったり。 消耗品として考えたとしても、壊れた時の不便さやストレスを考えてやっぱりANKERブランドと言う信頼性を取りました。 結果、速度も使い勝手も満足しています。 耐久性についてはまだひと月経ったところなので、分かりませんが長く使えるといいです。

他の方も書いておられるように、購入して6ヶ月頃から、時々このアクセサリーは使用出来ませんと表示されるようになりました。 ほとんど充電されてない時もあり、調子の良い時は充電出来るのですが。 期待していただけに残念です。

Echo Dot - スマートスピーカー with Alexa、ブラック

5つ星のうち 4.0念願のAIスピーカー

(参考になった人 0/0 人)

3980円の時に買いました。
アレクサかグーグルホームか悩んで、fire TVもAmazonなのでアレクサにしました。
今はテレビ台に置いているので、たまにテレビの音を拾ってしまいます。離した方が良いですね。

子供たちの容易でバタバタで時間が無いとき、呼びかけるだけで時間を教えてくれるのがめちゃくちゃ便利です。
子供もクイズや音楽など、好きな物をお願いしてよく利用しています。
AmazonミュージックよりSpotifyの方が好きな音楽が入っているので、スマホとペアリングしてスピーカーとして使っていますが、音質は良くもなく悪くもなく。

音質が良いだけが良だとは思わないので、気にならないです。

リマインダー機能も使いやすく、毎日のお片づけや家事を知らせてもらっており、いちいち時計を気にしなくてもいいので楽になりました。
アプリのリストは起動に時間がかかる点と、リストの項目の並べ替えが出来ない点は不便です。
リスト名を自分で編集できてもう少し増やせるといいなと思います。

キャンペーンで3000円台で購入できる、ということでなんとなく購入。
結果なんで今まで買わなかったんだろうと後悔。
とにかくAmazon musicとの連携が便利で、Alexaだれだれの音楽かけて、と言うだけで好きなアーティストの曲が聞けるのが気に入りました。
unlimitedに入るとさらに聴ける曲が増えるのでunlimitedに即加入、80年代のポップス、洋楽などをBGMとして流す生活になりました。
スマホアプリでも操作できるので、ざっくり誰の曲をだらだら流したい、だれだれのこの曲が聞きたい、という時は音声で。


このプレイリストとこのプレイリストをかけたい、のような細かい制御はアプリでと使い分けています。
音楽を聴く以外の機能も色々あるのですが、自分の場合Musicプレイヤーとして便利すぎてそればかり使っています。

サイズはシーチキンの缶より多少大きいぐらいと小型です。
買ったそのままだと天気予報とタイマーぐらいしか使いみちなく無能です・・
ただそれに対応アプリを登録していくとかなり便利にはなります。
曲名、人物名、地名、電車時刻、などなど、Alexaに調べてと言うだけで検索して教えてくれます。
赤外線リモコンを繋げば、大部分のリモコン付き家電の操作も離れた場所からでもできて便利。
使い込むほど手放せなくはなってきます。
Google Homeも持ってますが、そっちに比べると若干呼びかけに対する反応が悪い?ような気はします。


最初の反応さえすれば、その後は小声でも聞き取ってはくれるので問題はないですが。
スマホでも出来ることですけど、手ぶらで気軽に話せば対応してくれるのは使い出すと便利だと思いますよ。

Echo - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

今年の5月ぐらいに買いました。
率直な感想は日本では使う機会が少ない!ということです。なので星4です。

スキル自体は面白いものがあったり、ヒーリング曲で癒してもらえたり、買い物もできるのでIoTを感じる事ができます。聞き間違いで変なものを買いそうになったことはありますが

私はテレビで情報を収集しないので、ほとんどスマホです。スマホをいじりながら、明日の天気や今日のニュースなんかも"声"で認識して勝手に知らせてくれるので助かります。手が空いてない時や急いでる時はアレクサに喋ってもらって、その間に準備ができます。


ただよく使うかと言われるとそうでもないです。
近所に聞かれるのがやっぱり恥ずかしいです

よく使うのはラーメン等のタイマーです笑
これはめちゃくちゃ便利です。スマホやキッチンタイマーを触らずに声だけでタイマーを開始してくれるので楽です。
またスピーカーとしても使えるので、Amazonミュージックの曲を再生したり、ラジオを流したりなんかもできます。
動画は試してみましたが、少し遅延が発生します。

現状はこんな感じです。アレクサ対応のアクセサリや家電がほぼない状態では100%使ってみたとは言えませんが、コンセントに挿すだけでアレクサとリンクできる商品も出ましたし、今後に期待しています。身近にIoTを感じられるので、現時点で得することは少ないかもしれませんが、将来的に使いこなせるようになっておくのもアリかもしれません。

5つ星のうち 5.0色々使えて満足です!

(参考になった人 1/1 人)

Amazon music、Bluetoothスピーカー、livesmartで家電品の操作と使ってます。今まで音楽はアンプの配線、配置から選び凝る方で、こんな小さな物は小バカにしてダメだと言う方でしたが、何より操作が手軽で簡単、普段BGMで聞く程度なら音質も良く、自室で聞く割合も減りました(機器の電源を入れたりウォームアップなどの操作が面倒に思えてきました)。イコライジングなんかが出来れば更に良いですが、そこは今後に期待です。Googlehomeも使ってますが音声案内、livesmartの操作感はGooglehomeの方が誤作動が少なく、スムーズなようです。子供がジャンケンをしたりと日々増えるskillも楽しめ、10月末に発売されるsubウーハーのセットで2.1ch化するのが楽しみとAmazonに乗せられているようです。

エコーには沢山の種類がありますが、どのように主な用途で使うかで変わってくると思います。
スピーカーとして音楽メインで使うなら此方を。天気予報を聞いたりアマゾンで買い物したりなど、音声操作できる端末として使うならスポットや12月発売予定のエコーショーを、といった感じです。
操作感は画面の付いたものには劣りますが(設定もスマホのアプリで行う必要があります)音はとても良いです。
360度音を発するので部屋の何処から聞いても自然に聞ける感じがします。
バッテリーは内蔵されてないので外出先では使えませんが、家の中のみで使うなら普通のポータブルスピーカーにも引けを取らず機能性の面で優れていると思います。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

5つ星のうち 3.0Kindle版

(参考になった人 3/5 人)

本の内容には触れませんが、Kindle版と1日1ページというコンセプトの相性はよくありません。 毎日Kindle端末(もしくはアプリ)を起動して1ページ読んで閉じるというのは非効率極まりなく、週末などにまとめて読む本になりました。

飽きっぽいので,断片的で1ページで収まる方が個人的には好きです.内容は欧米に偏っていますが,それはしょうがないのかなと.トイレに置いて,用を足すときに気軽に読むのが良いかと思います.これだけをしっかり読み込む本では無いです.

1週間毎日それぞれの分野の概要説明で、そこから少し知的好奇心を刺激してそれぞれの分野の本を探して読むようになった。 1日1ページだけで読む記事では十分理解できないで、やはり辞典とか関連教材が必要になる。

東京喰種トーキョーグール:re 16

5つ星のうち 2.0なんだこれ...

(参考になった人 0/1 人)

ハッピーエンドに一番がっかりした
他のレビューにも書かれてあるが、死んだはずのキャラクターが再登場する展開には辟易とした
特に、この漫画本当にもうだめだと確信したのは、re10で金木が「グールとヒトが理解しあえる世界を作る」
と発言したシーン
自分が期待していたのと全く逆の展開になったから、そのように感じたのかもしれない
しかし、途中で読むのをやめるのは嫌だったので、頑張って最終巻まで読んでみたらやっぱりこんな終わり方
なんだこれ...

因みに私が期待していた展開は
金木が捜査官にならず、グールのままヒトと戦い、最終的には捜査官に駆逐されて死ぬ
それか
佐々木准特等で覚醒し、そのままグール捜査官として全てのグールを駆逐する(トーカ、月山などは全員准特等佐々木に駆逐される。ついでにヒナミ廃棄)
こんな展開が良かった

こんな終わり方もありあのかなと思うけど、やっぱり腑に落ちない

5つ星のうち 2.0やっと終わった

(参考になった人 12/13 人)

無印から夢中で読んできましたが、増え続けるキャラクターを把握しきれなくなり、「死んだと思ったら生きてた」の繰り返しに辟易…。 最終巻を読んでの感想は「やっと終わった」です。 作者さんも同じような心境であったことを、あとがきを読んで知りました。 仕事を楽しいと思えず、心身ともにボロボロになりながら何とか連載されていたそうです。 そして最終回を納め「解放された」と。 次回作はどうか無理せず、辛いときには休載して、しっかり練り上げたお話を描いていただきたいです。 :reも中盤までは面白かっただけに、それ以降の失速が本当に残念でした。 お疲れ様でした。

好き嫌いが分かれそうですが、個人的にはものすごく卓越した世界観とストーリー、豊かなキャラクターなど本当に優れた作品で純粋にめちゃくちゃ面白かったです。 最近は漫画はあまり読まなくなってしまったのですが、コミックの表紙の強烈なキャラクターの印象と怖いもの見たさのような感覚で手に取り、漫画本編は全巻・OVA版も一気に観たり2018年は東京喰種にハマってました。 連載が終わってしまったのが本当に悲しく名残惜しいです。 :reのOVAの続編が出るようなので、楽しみにしています。 いつかまたアナザーストーリーとか連載始まったりしないだろうか…。

』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.