有名人のまとめ情報

セレブリティ』の解説

有名人に関連性が高い単語の解説を表示しています。 有名人についての情報が含まれているか確認して下さい。

セレブリティcelebrity)、ないし、セレブceleb)とは、大衆にひろく注目されている人、話題の人。セレブプロデューサーという肩書の人もいる。。、大衆文化やマスメディアにおいて、エンターテイナーやスポーツ選手のいわゆる「スター」を呼ぶ新たな用語として利用されるようになった。なお、英語日本語では意味が異なるため、誤用しやすい。

概説

は、 が古フランス語を介して、中世英語に取り込まれた語である。ラテン語の は「繁華」「祝祭」「群衆」「名声」などの日本語に相当する。古英語では(~で名高い)、(名声を得る)などと表現した。英仏・ラテン圏では、古くから一般語として定着しているが、ドイツ語圏では外来語のニュアンスがあり「プロミネンス (外に突き出た、転じて特別な人)」と表現する。なおプロミネンスもラテン語源である。英語でも で通じるが、太陽紅炎を思わせるため、文脈に依存しがちになる。

英語のCelebrity

英語における「」という単語の使用が確認できる最古の文献は、14世紀のものである。基本的には、有名・著名である(名声がある)状態および、そういう人を意味する、修飾語的に他の職業の有名・著名人( など)を指すこともある、そうでない者を や と呼んで区別することがある。なお、こういうリストが実在している必要はない。また、昨日まで無名だった者がリアリティ番組などで急に有名になり、すぐにまた忘れ去られてしまうという現象を指して、 と言う。

自分自身がエンタテインメント界、スポーツ界などで成功したというわけではなく、単に有名人の家族・友人であることで「別枠の人」扱いとしてセレブとされることがある。「あの有名人○○の家族・友人・代理人ect.として有名」の用法である。大統領や州知事、上下院議員の家族などはこの典型であり、このばあい実質的にはVIPとの区別はない。あるいはスキャンダルを起こすなどして「有名なことで有名」になった者がcelebrity扱いされ、その結果として映画やモデルなどの仕事を得る場合がある(パリス・ヒルトンなど)。

日本語のセレブ

日本のテレビや雑誌メディアはセレブと略し、金持ち、優雅な、高級な、などの意味合いで使用している。

以前は「有名人」という用語が使われていたが、日本語のセレブは、英語の用法から遊離し、セレブっぽいなどと形容詞として使われだしたため、実際に「有名」かどうかよりも「有名人の様な」という意味に変化している。1999年頃に叶姉妹の出現によって、2005年頃を境として“セレブ”という言葉が広まっていった。

セレブリティが持つイメージから、ワイドショー雑誌等のマスメディアがおしゃれでゴージャスな一般人を「セレブっぽい」などと形容し、「素人に縁のない存在」としてではなく、「派手な暮らしをする」(もしくは「裕福そうな生活」)という、日本語独自の用法が広まることとなった。また、セレブ犬(高価な小型犬)など、接頭辞的に用いられることもある。

このような派手な生活をする人間を、日本では『成金』と呼んでいたが、成金は古くは座敷で金をばら撒くなど、優雅というイメージに反する俗なイメージがあるため、セレブという言葉と同一ではない。ただし、宮崎哲弥は「セレブは誤用であり、成金ときちんと言うべきである。」と『たかじんのそこまで言って委員会』で述べている。

一方、女性誌では知的で魅力的な女性を言ったり、ただ優雅なだけをさす場合もあり、意味は拡散し、拡大傾向にある。また「金持ち」と言うと嫌味、生々しさがあるため「セレブ」と言い換えたりする例も多い。さらに、プチセレブ(ちょっと豪華、(同)贅沢、(同)おしゃれ、(同)懐に余裕がある、といったような意味。ここでもセレブリティの元来の意味である「有名」という意味は含まれない)という本来の意味から外れた言葉も生まれ、流行を追うことで悦に浸っている女性像を暗にあらわしている。

商業広告では「極上の○○(商品名)でセレブなひとときを・・」なども散見される。高級ティッシュのブランドに鼻セレブがある。またセレブとセレブリティを別に考える傾向も見られる様になった。現在、女性誌などで、自ら「セレブ」と名乗る読者モデル(特にOL学生派遣社員からフリーター肉体労働者などからお水関係まで)がいるが、そう名乗る人々の大部分はセレブに値せず、あくまで「自称」である。最近は、自分から「セレブ」と誰でも彼でも名乗ってしまい、実際にはセレブとはまったく違う、単なる読者モデルたちが「セレブ」を名乗ることに、批判的な意見が多い。

元来の意味合いで該当する人を挙げた時、名の知れた芸能人はほぼ全員当てはまる。また、一般的に使われる「有名でお金持ち」との意味合いでも、かなりの数の芸能人が該当し、数え切れない程のセレブがいる事になる。反対に、元来の意味でも、一般的な用法でも、「裕福」であったとしても、著名人、有名人でなければ該当しない。これは叶姉妹の影響で、過ったセレブの意味合いが流布したための誤解であり、芸能人文化人スポーツ選手全般、起業家経営者)などの評判記事を作成する際に、正しく理解して使用されている節はない。

日本

日本初のセレブ雑誌は、海外セレブ・マガジンの『GOSSIPS』。2007年6月18日にトランスメディア社発行・オウトグラフ社編集で創刊され、毎月1万部の高ペースで部数を増やしている同誌は、海外セレブゴシップファッションビューティー、ライフスタイルなどを扱っている。これまでの映画誌とは違い、セレブの表の姿よりもプライベートでのゴシップファッションなど裏の姿にフォーカスしている。また同誌は、海外セレブ・マガジンのパイオニアとして、テレビラジオなど他のメディアに出演協力や情報提供を多数おこなっている。

諸外国

セレブが出演するテレビ番組は、世間離れしたセレブの言動が受け、高い人気を誇っている。例えば2002年には、オジー・オズボーン一家のビバリーヒルズの豪邸でのハチャメチャな日常生活を追った、MTVのリアリティ番組「オズボーンズ」が世界的な人気を獲得、家族揃ってお茶の間におなじみの存在へとなった。海外でこの種の番組はリアリティショーとして放映されていることが多い。

日本

日本にもセレブ紹介番組は存在している。2003年から2008年に放送されていた『世界バリバリ★バリュー』(毎日放送)が挙げられる。この番組は初期はサーカス、会社などを紹介する番組だったが、中期から「お金持ち(成金)、セレブ紹介番組」に完全にシフトすると低迷していた視聴率は同時間帯では常に上位で高い支持を得るようになった。だが、プライベートを全国区に晒すことは一歩間違えれば犯罪に巻き込まれる可能性があり、実際に2006年6月東京都渋谷区で発生した渋谷女子大生誘拐事件では、誘拐された女子大生の実母で美容整形外科医池田優子が、頻繁にテレビで家の中や高級車などを映していたことが誘拐の原因とされた。セレブの恋愛や不倫、事件や不幸などを話題とするゴシップには日本にも一定の需要があり、雑誌やテレビでもそのような特集がされることが多い。

用例

Hollywood celebrities = ハリウッドスターたち: 語源は「有名な人 (one who is celebrated) 」。

セレブリティを描いた映画

マルチェロ・マストロヤンニ主演・フェデリコ・フェリーニ監督で世界的大ヒットとなった「甘い生活」(1960年イタリア)や、ウディ・アレンが監督を務めたハリウッド映画「セレブリティ」(1998年アメリカ)で、セレブリティとその周辺に群がるパパラッチの生態が描かれている。

有名人』に 関連する人気アイテム

日本史有名人の身体測定

医師で歴史小説家でもある著者がまとめた古代・
奈良時代から明治・大正・昭和の歴史上の偉人・
有名人の身長や体形、持病、死因などをまとめた
本。各時代の総論の他、当時の平均身長と比較し
たイラストと比較しながら1ページで1人を紹介し
ている、ライトに読める歴史本です。

掲載されている人物は132人。データがそれなり
に残っている江戸時代以降の人物が多いです。

昔の人は小柄だといわれていますが、意外と結構
シュッとした大きな人もそれなりにいるようです。


平清盛、斎藤道三、千利休などは180㎝前後。あと、
医学が発達していない時代は、死因がつらそうな
ものが多くてかわいそうな感じ。今の時代のよう
に誰でも80歳過ぎまで生きられる感じじゃないで
す。

テーマ的には面白い。特に現在の病名をちゃんと
紹介しながら偉人の持病や死因を紹介しているの
がユニーク。アルコール中毒が多すぎ、皆ストレ
ス抱えてそうです。

ですが、なにぶん昔の人の場合は著者の類推によ
る体格や死因などが中心です。なので病気だけで
なく、切腹や斬首などによる死を遂げた人も結構
出ています。健康体だったという、千利休の死因
は「パワー・ハラスメントによる自死」なんて書
いてある。どうせなら、病気で亡くなった人、持
病で悩んだ人だけに絞ってもう少し医学の話を厚
くしてもらったほうが良かったかも。

著者よりも出版社の意向なんでしょうが、掲載す
る人数を少し減らして病気ネタに詳しく触れられ
る人寄りでまとめたほうが良かったと思いました。
その点がちょっと惜しかったです。

今までありそうでなかった本で、楽しく読めました。
「え、藤堂高虎は188センチもあったんだ」とか、「へえー、藤原鎌足って遺体が計測されていたんだ」などなど、知らなかったことがちらほらと。

古代・奈良時代が聖徳太子、藤原鎌足など7名、
平安・鎌倉時代が藤原道長、源義経など14名、
室町・安土桃山時代が足利尊氏、織田信長など28名、
江戸時代が徳川光圀、平賀源内など31名、
幕末が西郷隆盛、坂本龍馬など25名、
明治・大正・昭和が夏目漱石、野口英世など27名、

全時代の人物を取り上げているのが特徴で、つまり一般的な知名度を史料性の高さより優先させていることになります。


史料性の高い人物だけを取り上げたら、それこそ9割をマイナーな人物が占めるつまらない本にしかならないはずなので、この辺りの思い切りの良さは素晴らしいと思います。
医者で小説家(直木賞候補5回!)の著者だからこそ、ここまで思い切ったものを書けたのでしょう。
あと、各章ごとの総論がけっこうしっかりしていて読み応えがあるのも良かったです。

5つ星のうち 5.0視覚的にわかりやすい

(参考になった人 1/1 人)

今身長がわかっている日本の歴史上の有名人を1ページ1人ずつ採り上げて 目盛りをつけ、 その当時の平均身長の男性あるいは女性を横に並べて 当人と見比べる、という形の本。 珍しい構成で、視覚的にわかりやすく、 「えっ、思っていたより高いな」とイメージと違う人もいて 新しい視点で歴史が見られるようになる。

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

本作が単行本として出版されたのは東日本大震災が起きた日から9日後の2011年3月20日。
出版にあたって長谷部は非常に抵抗があったというが、多くの肯定的な感想が寄せられたことで「出して良かった」と述べている。
それだけではなく彼は印税の全てを、ユニセフを通じて世界の子どもたちの支援のために寄付したのだ。

俺は、2010年5月の「FIFAワールドカップ南アフリカ大会」の予選から本大会を観ているうちに、日本代表のキャプテンを務めていた彼が好きになった(変な意味じゃないわよ!)。


試合を見て、あるいは試合後のインタビューでの受け答えなどから、スターぞろいの代表チームをまとまめられるのは、確かに彼しかいないだろうと思った。
そうして俺の中で彼への好感度がUPしていた事が、本書を読んだ理由だった。

この文庫版は、全10章56項目+カラー写真12ページから成る。
最終章のあとの『ご報告』というタイトルのページには、本書の印税と寄付により南三陸に幼稚園が再建されたという内容が掲載されている。
本編には、「整理整頓は心の整理に通じる」「お酒のチカラを利用しない」「頑張っている人の姿を目に焼きつける」「情報管理を怠らない」「遅刻が努力を無駄にする」「他人の失敗を、自分の教訓にする」「迷ったときこそ、難しい道を選ぶ」「感謝は自分の成長につながる」・・・・など、“心を整える”ために長谷部が心がけている「56の習慣」が述べられている。

とてもオーソドックスな内容だが、それらをすべて実行しているのが彼のスゴさであり、そんな彼だからこそ個性派揃いの日本代表を束ね、かつ外国のチームでも活躍できるのだ。
本書を読めば、スポーツマンだとかサラリーマンだとか自由業だとか無職だとか老若男女とか関係なく共感できる習慣が多いだろうと思う(実行が伴うかどうかは別)し、著者に好感を覚える方も多いのではないか。
また、彼が「ミスチル」が好きなのはファンなら誰でも知るところ。
本書にもわざわざ「好きなミスチルBEST15」を載せている。
ちなみに1位は『終わりなき旅』だ♪

文章も丁寧。彼は読書家であり「読書ノート」も付けている。
確かな文章力を持っているだろうから、ほぼ本人が書いた(極力編集の手が入っていない)ものと思われる。
それだけに人柄が正直に出ている良書だと思う(アスリートが本を出すのは珍しくないが、多くは他人の手がかなり入り、また、盛ったりされていて、出版社の“作りモノ感”が漂う)。

単行本の発行から約6年半後、今夜(2017年8月31日)行われたワールドカップ・アジア最終予選対オーストラリア戦でキャプテンマークを付けていたのも、やはり長谷部誠だった。
そして彼は、ワールドカップ・ロシア大会へ日本を導いた。。。

5つ星のうち 5.0弱いからこそ

(参考になった人 1/2 人)

長谷部選手はイメージ通りの真面目で誠実な人柄で、これが成功者のメンタリティだと尊敬させられる。 恐れながら、私自身と性格が似ている部分が多くあるように感じた。 それゆえに、正義感の強さから周りにも正しさを押しつけてしまい、それを歳を重ねる中で反省し、相手の立場も思いやった伝え方に変えていったという話には頭が下がる。 自分をおごらず、”弱いからこそ心を整える必要がある”のだと、きっと建前ではなく本気で思っている人だ。 ”迷った時は難しい方を選ぶ”という言葉には尊敬する故・岡本太郎氏の同趣旨の言葉を思い出し、改めてそういう心持ちが大切だと実感させられた。

サッカー日本代表の長谷部誠が語る心論。 勝負に臨むにあたり普段から心と体調を整える。 ドイツや日本でのエピソードを交えて心を整えることの大切さが書かれている。 ワタミの社長が「最近の若者がすぐ辞めるのはダメだ」と言った言葉に賛同するなど、ちょっと気になる部分もあるが、スポーツをしている若者がメンタルを整えることを学ぶには良い教材だと思う。

絹女~KINUJO~ ヘアアイロン新世代シルクプレート採用 超高速温度上昇最高220℃ 28×100mm

5つ星のうち 4.0つるつるピカピカ

(参考になった人 4/4 人)

ヘアビューロンのストレートも持っていますがこちらの商品に比べてツルピカ度がありません。
それくらい、この商品は本当につるつるピカピカの髪になります。
そしてクレイツも以前使用してましたが、乾燥タイプのわたしの髪にあわず、
余計に痛みが酷くなりめちゃくちゃすぐに壊れました。

しかし、電源が弱点です。
なぜか1年で電源が壊れます。電源が入らなくなる症状です。
実は2回購入してます。
両方そうでした。一度目はギリギリ1年以内で交換してもらえましたが
次は1年保障を超えていたので修理代を払うよりは・・・と思い、
1年使い捨て気分で・・という気にならず、今はヘアビューロンに変えました。
ビューロンもいつまでもつか解りませんが・・・。
しかし、クレイツの方がもっと寿命が短かったです。

ちなみに使用頻度は毎日朝に使用する程度です。

5つ星のうち 5.0サラサラツヤツヤ

(参考になった人 1/2 人)

寝癖を軽くシャワーで落としてタオルドライ後、ロレッタのベースケアーオイルを髪全体に馴染ませた後、ブローである程度形を整えてから180度でアイロンしてます。 今まで毛先とか結構やばい状態でしたが、このアイロンをあてるとあら不思議。 トリートメント後みたいにサラサラツヤツヤになりました。 ハッキリ言って感動モノですね。 縮毛矯正をしようか悩んでる人はとりあえず試す価値ありです。 試しに父親の髪でもやってみましたが、くせっ毛が一気にストレートになって目が点になってました(笑)

ネットで調べて口コミで評価の高いこちらの商品を購入。 とにかくあっという間に温度が上がり急いでいる時に本当に 便利です。 髪の毛へのダメージも軽減されるというシルク プレートで引っ掛かりも全くなくスルスルと通せます。 本体も軽く細身で持ちやすいので手が疲れにくく前髪も根元 からしっかりクセを伸ばせます。 もちろん艶も良く出るので 満足しています。

こぶしカッサで小顔美人

5つ星のうち 5.0ブルドッグ顔に

(参考になった人 1/1 人)

効きます!(笑)世間でカッサというのを使って引き上げるのが流行ってるようですが、どうしても使いこなすことに自信がなく(汗)そこで色々検索していたらこの本に辿り着きました。 自身の手なら加減もしやすいだろうと。 顔が凝っているところの痛いこと(泣)しかしほうれい線周りを押さえると、鼻が通る上に線がふっくらして、あれ?薄くなった?顎のたるみにもグリグリ!ん?引き上がってる?自分の手だけでこの効果は有難い!朝化粧前、夜寝るときなどグリグリしてます。 顔の凝りはほぐすに限ります。 たるみの少ない還暦目指します!(笑)

5つ星のうち 5.0効果あり

(参考になった人 15/19 人)

顔がむくみやすく、体質だからと諦めていました。 実践してみて初めて顔、頭にもコリがあることを知り驚きました。 悩み別に方法が分かれているので、自分の気になることを重点的にマッサージできます。 道具いらずでどこでも手軽にできることも良かったです。 朝、夜実践することで3日ほどで顔のむくみ、目のクマがなくなりました。 簡単で効果にあらわれるので、今後も続けていきたいです。

なかなか続けられない。 商品と言うより自分の問題ですが いつかまた頑張りたい

増補版 誕生日大全

ぴたりとはまった人もいれば、全く真逆の人もいる・・・ま、パーティグッズとしてみんなで楽しめました。

5つ星のうち 3.0当たるも八卦、

(参考になった人 2/2 人)

そんなにレビューほどのことはなかった。 合う人にはいいのかも。

5つ星のうち 1.0全く当たっていない

(参考になった人 11/23 人)

やたらと評価が高い誕生日大全。 占いの仕事をしているので、一度目を通してみたいと思いました。 しかし、全く持って当たっていなくて大外れだったので、びっくりしました。 性格・恋愛・適職全てが全く当てはまっておらず、数秘術での特性も当たっていない。 むしろ真逆のことばかり書いてあり、自分のこととは思えなかった。 占術は占星術らしいのですが、これは占星術は、生年月日+出生時間が必須なはず。 占星術は占星術でも、おおざっぱな分け方なので当たらないのも納得しました。 しかし、こんな本が結構いい値段で、それを信じている方がいるなんて驚きですね。

有名人』の解説 by はてなキーワード

有名な人。

囲碁将棋のタイトル「名人」がやたらと誤爆しているのでキーワードとします。

有名人』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.