曇り空のまとめ情報

曇り』の解説

曇り空に関連性が高い単語の解説を表示しています。 曇り空についての情報が含まれているか確認して下さい。

thumb

曇り(くもり)とはで覆われていること。曇天(どんてん)とも呼ばれる。また、しばしば送り仮名が省かれる。

一般的な概念

黒い全体を覆ってしまい、太陽がほとんど見えない、また日が射さない状態。曇天。また天気以外では、透明なものなどが曇ってぼんやりしていること、気持ちなどが沈んでいることなどを指す。

学術的定義

thumb

日本では、全体に対して、が占める割合(雲量)が9割以上で、かつ降水現象がない状態として定義されている。厳密には、 上層雲(巻雲巻積雲または巻層雲)の占める割合が中層雲+下層雲より多い場合を「薄曇り(うすぐもり)」、中層雲+下層雲の占める割合が上層雲より多い場合を「曇り」と呼んで区別する。また、下層雲の占める割合が上層雲+中層雲より多い場合は「本曇り」、中層雲の占める割合が他の雲量より多い場合は「高曇り」と呼ぶこともある。

なお、天気予報では観測上の定義とは異なり、薄曇りは晴れとして扱われる。

国際的には雲量が8分率で表現されるため、雲量が8分の7以上のとき"Cloudy"(曇り)とする。

似た用語として"Overcast"があり、これも一般的な「曇り」の意味で用いられるが、航空気象分野では、定時飛行場実況気象通報式(METAR)において雲量8分の8の状態がOvercastと定義されている。

曇り空』に 関連する人気アイテム

デジタルイラストの「身体」描き方事典 身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39

まず利点を挙げるなら、
1、1人の作者で統一されている
2、網羅的で困った時に辞書的に使える(後述、注意)
という所でしょうか。
他の技術書だとイラストレーターが統一されてない事も多いですから。

まず、この本は 松(A・TYPEcorp.) さんの絵で統一されているので、この人の絵柄を調べてから購入を検討した方が良いです、が、解説中のほとんどは所謂白ハゲなのであまり絵柄とか関係ない、かな。
で、個人的には購入は勧めません。恐らくこの本を絶賛しているのは他の技術書を買ったことがない人でしょうか。


まず、絵のクオリティが低いです。端的に述べると下手です。
アタリや筋肉の構造も解説してありますが、某KITAZIMAさんの研究所のかなりの下位互換です。
筋肉も線画で彩色もベタ塗り、影も付いてないので立体的な情報はありません。
写実的ですが人体のデッサン技法の方が後々絶対に役立ちますし、解説も丁寧です。

この本は友人から頂いたので一応は全部見ましたが時間の無駄でしたね・・・
各部位の特徴を知るのは良いですが、この本の模写は絶対に止めた方が良いです。

同様の事項がKITAZIMAさんは無料で、クオリティの高いものが見れます。
かなりこき下ろしたように見えるでしょうが、個人的にはこの作者さんはそこそこ好きです。
それ故にこれだけクオリティ低いもの描けるんだと逆にショック受けてます。
まあ、服着せちゃえば筋肉とか隠れますからね・・・でもショックだなあ。

他の技術書を一冊も読んだことのない初心者用 書店で確認してから購入するべきですね。
同様の技術書を買ったらもう見ることはないと思いますよ。
あとルーミスのPDFは著作権が切れて無料でDLできるので、人体の構造を知りたくて模写したいだけなら無料なのでとりあえずDLをおすすめします。

5つ星のうち 5.0入門者~初心者への良書

(参考になった人 2/4 人)

この本の対象者はイラストの入門者~初心者です。
注意すべきはこの本の内容は「本の帯に書かれている項目」に徹底されている部分です。
つまるところ、イラストを描く・上達していく上で「最低限」知っておくべきことをまとめている本であることです。
アタリ線や身体はなんとか描ける、だからもう1ステップ進めたいんだ。という方はこの本は役に立ちませんので別の本を探しましょう。

「ルーミス本」「ハム本」が良書なのは知っている、でも内容が西洋の絵画的な方向すぎてとっつきにくいし・・・
そもそも私が描きたいのは漫画とかのイラストであって、やたら写実的な絵画じゃないし・・・
などという感じで三日坊主で苦しむ人には特におすすめしたい本です。



他のレビューで自称プロ()とか自称上級者()の方が辛辣な意見を述べていますが完全に的外れすぎて苦笑いするしかありません。
何事も趣味にせよプロにせよ長く付き合わねば上達しません。
かといって、初心者に良書だからと最初に「ルーミス本」「ハム本」を勧めるのは本当に正しいのか。
それらの良書は本当にその人の目的に合致しているのか。
このあたりのことが頭から抜け落ちている人があまりにも多すぎる。

この本はイラストを描きたい初心者がイラストの描き手になる最初のとっかかりとして優れていると思います。
まずはこの本で気楽に始めてみてはどうでしょうか。

人物のイラスト、デジタルイラスト、あるいは漫画に挑戦してみたい人向けに、人物の書き方を出来る限りシンプルに直球に分かりやすく記された本です。分かりやすさを重視しているため、比率や、形等は割りとバッサリ簡略化されていると思いますが、初心者には十分と言うか、丁度良いです。(何をどう簡略化しているかも記されているので安心でした。)
今まで、様々な人間の描き方の美術書を読んできましたが、言ってることは理解できたような気がしても、いざ真似しようとすると、全然出来なかったりでしたが、本書は、見てすぐ真似出来るように出来ているので、非常に素晴らしいと思います。


「そこまで上手くなくとも、取り敢えず、ちゃんとした人物に見える絵を描けるようになりたい。」と思う人を、取り敢えずちゃんとスタートラインまで運んでくれるような、素晴らしい本だと思います。

デジタルイラストの「背景」描き方事典 Photoshopで描く! シーンを彩る風景・アイテム46

描き方のハウツー本は非常にはずれが多いです。
中には本当に解説する気があるのか疑わしい内容のものが多いですが、この本は大当たりです。

フォトショップをベースに、効率的な描き方、表現方法が詰まってます。買ってよかったです。
ファンタジー世界や、昨今流行りの厚塗り風の背景グラフィックではなく、あくまで現代中心の背景の描き方中心です。
凄みで圧倒感を与える背景イラストではなく、ゲームやアニメ系の背景を効率的に描きたい方と相性がいいと思われます。
ですが他のものに通じるものが多く、幅広い応用が利くでしょう。



特に感心した項目は室内編です。
単純な窓ガラスの描き方一つの中にも鏡像等を丁寧に解説しており、日常生活の背景をもう一歩レベルを上げたい方は是非お読みください。

注意点1
あくまで辞典であって、この描き方でしか表現できないわけではないということ。
注意点2
ファンタジー世界の背景を描きたい人には☆3~4
注意点3
フォトショップ以外のソフトを使用している人には☆2~3
注意点4
空気遠近法に関してはあまり触れられていないので、それだけを特に知りたい人には☆1~3
注意点5
ブラシを公開していませんが、これは当然です。
作者が使うブラシはあくまで作者が使いやすいよう設定されているだけだからです。
作業環境が違うのですから、各自が自分で使いやすいブラシを試行錯誤して見つけるのが一番良いです。

5つ星のうち 4.0良い本だと思います

(参考になった人 8/9 人)

私は、室内編よりも自然編が参考になりました。
私は、3DCGを使用するので、モデリングである程度補えてしまう室内編よりも、
状況によっては、遠景などを一枚絵で表現しなければならない自然編の方が
役に立ちました。
個人的に空や雲の描き方が特に参考になりました。
バンディング対策で、はねフィルターを使用する方法は知りませんでした。
勉強になりました。
Skillup、COLUMNで書かれている内容など、結構長くPhotoshopで作業をされて
いる方にも参考になる点はあると思います。


「Photoshopで描く」とタイトルにあるだけあって、この本はやはりPhotoshop
ユーザーにお勧めします。

細かいブラシの制作方法とレイヤーの構成方法が記載されていないのは残念です。
完全な初心者では、この書籍は難しく感じると思います。
この書籍で使用したブラシのデータや完成した背景のレイヤーの統合していないpsd
データを無償でダウンロードできるようにしていただけると☆5つなのですが。

5つ星のうち 3.0勉強になります

(参考になった人 4/4 人)

全体的に書き方(塗り方)のコツや押さえておくといいポイントが描かれていて、勉強になります。

ですが塗り初心者の私からすると、この本も他の多くの塗り方本と同じで、
1,2,3,4、・・・・のように説明場所が切り替わった時全てのコマに、
現在、どのブラシを使い、レイヤー設定(不透明度など)がどのような状態なのか、完璧には載せていません。
(これから出版される塗り方の本は、そういう所を気にしてほしい)
しかし他の塗り方本より細かく、丁寧に解説しているので勉強になります。



塗り初心者は本当に何もわからないので、その都度、細かすぎるほどに使用ブラシ、レイヤー設定、塗る方向や手順を、細かい写真と共に載せてほしいです。
私はクリスタユーザーなので分からない塗り方の部分もありますし、どうにもならない部分もありますが、フォトショップユーザーはブラシ作りなども勉強になると思います。

曇り空』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.