暖房のまとめ情報

暖房』の解説

暖房(だんぼう、煖房とも)は、室内を暖めて温度を上げる行為の総称。

の寒冷な季節に行われる。

日平均気温が10℃以下に下がると、暖房を行う人が多くなる。例えば東京では、毎年11月下旬頃から翌年3月中頃までが暖房期間とされる。

歴史

古くは、古代ローマハイポコーストが用いられていた。中国東北部にも似た方式のオンドルがあり、いずれも火で暖めた空気を床下に通すことで暖房を行っていた。

1700年代中ごろには、イギリス蒸気暖房が初めて使われた。1800年代後半になると、アメリカで鋳鉄製ボイラーが製造され、暖房技術の発展が進んだ。ただ、現代の日本でも、寒冷地以外の地域では、こたつや電気あんかなどの局所暖房のみを使い、主に厚着でしのぐことで、部屋全体を暖める暖房を使わない人も多い。

気体の循環によるもの(炎等が同一空間にないもの)

  • 太陽熱・地熱により空気を暖め循環させるもの(主にOMシステム)
  • オンドル

電気によるもの

空気を汚染せず、火災の危険が少ないことなどから、電気式暖房器具の人気が高まっている。

複数の方法を利用するもの

暖房』に 関連する人気アイテム

図解入門よくわかる最新空調設備の基本と仕組み

2014年の本。著者は建築関連書籍のライター(兼イラストレーター)。
曰く・・・
空気調和の目的は、温度・湿度・気流・清浄度を整えること。
温熱感覚を構成する要因は環境側と人体側にあり、環境側は気温・湿度・気流・放射であり人体側は代謝量と着衣量。
顕熱は水蒸気を含まない熱(壁や窓から侵入してくる還流熱、家電から発生する熱、など)のことであり、潜熱は水蒸気を含む熱(人体、調理器具、すきま風などによる熱)のこと。
オフィスビルにおける冷暖房のエネルギー消費は全体の約30%。

空気や水を搬送する熱搬送動力も含めると全体の40%以上。
コンクリートやタイルなどの蓄熱体は暖まりにくく冷めにくい。昼間に日射熱で蓄熱し、夜間の(パッシブな)暖房に利用することができる。
クールチューブ:地中に配管(クールチューブ)を埋設して、配管内を通る外気と地中熱で熱交換することで予冷、予暖された外気を(遠方から)取り込む。
熱を低い方から高い方にくみ上げる技術のことを総じてヒートポンプという。
冬場の暖房時、冷たい外気は重たいので建物の下方から入り、室内で暖められた空気は上方へ流れる(煙突効果)。建物の吹き抜けなどを利用し、温度差による煙突効果で、より効果的に外気を導入して換気を行うこともある。給排気口の高低差があるほど換気量も大きくなる。
換気経路の計画のポイントは、リビングダイニングなど部屋の中でいる時間が長く、新鮮な空気を必要な居室から吸気して、できるだけ長い換気経路を確保して、トイレや浴室などから排気する。換気経路の上流側はなるべく汚染物質を排出する要因の少ない部屋にすべき。
地中熱、河川水、排熱などの未利用熱エネルギーの利用に適しているため、ヒートポンプの導入が広がっている。
みたいな話。

5つ星のうち 5.0サクサク読める!

(参考になった人 10/11 人)

一見難しそうな専門書だが、タイトル通り基本がとてもよくわかる良書です。 資格などの試験対策や本格的に勉強する方でなくても、自分の様な素人でも たくさんのわかりやすいイラストと共にとても親切な文章で詳しく説明してあり お店をオープンしてみたいと思っている方や、家をリフォームする際に 読んでおくととても役に立つのではないかと感じました。 かなりオススメです!

5つ星のうち 5.0初心者に最適

(参考になった人 2/2 人)

ビルメン関係に初めて働く人が読むには最適な本。 イラストが書かれていて、かつ説明がわかりやすい。 サクサク読めて、頭に入りやすい。

完全図解 空調・給排水衛生設備の基礎知識早わかり

5つ星のうち 5.0基礎の基礎

(参考になった人 0/0 人)

設備の基本的なところなので普段の設計での復習としても役立っています。

5つ星のうち 5.0タイトルに偽りなし

(参考になった人 5/6 人)

空調と給排水のことが大変分かりやすく、簡略化して書かれています。
昨今微妙に人気のあるビルメンですが、最低限、この本に書かれていることを理解していないとお話になりません。
実際には、細かい部品の名称や構造や用途、道具の使い方、電気の知識(これが非常にとっつきづらい)、トイレや照明や配電盤(ブレーカー入ってるところ)の構造や修理法等も必要ですが。
一般の方が、「へえ~。こういう仕組みなんだ~」と流し読みするのにも最適です。

本の出来、理解の難易度、優先度等を考慮すると、ビルメン志望者が最初に読むべき本だと思います。


逆に言えば、この本に書いてあることすら完全理解出来ないようであれば、ビルメンを続けるのは厳しいかと。
仲良しグループを作って、常に誰かの悪口を言って、自分の相対的な評価を上げようとする集団は珍しくありません。
そんな現場に当たった場合、虐めの対象に選ばれるのは、未経験ゆえに知識技能がなく、新人でもあり反抗される恐れもない貴方です。
「使えないし精進の熱意も低い奴」と虐められて自主退職に追い込まれるのが関の山です。
正直者や他人に配慮する「だけ」では自分の身を守るどころか破滅に繋がりかねません。
「自分はこれだけ知識を持っている」ことをさりげなく、しかし要所要所で自然と口から出すことが相手への牽制となります。
また、「理解している」ということが自信にもつながり、おどおどしにくくなります。

ビルメンは入社時点で「既にわかってる人間」が求められます。
資格ではなく、本質的な理解(どの現場でも共通する知識)を得るために、日ごろから勉強する姿勢が大切です。
周囲のおじいちゃんがスマホ弄りに夢中になってても、昼寝してても、あなたは誠実に仕事しながら理解を深める勉強をしましょう(目を付けられない程度に)。
当然ながら、その現場で必要な業務を覚え、こなすことが最優先ですが。
資格の勉強は、夜間や休日等、他の人の目がないときにすべきです。
電工2種も含め、下級資格は、そう苦労することなく取得できるものが多いです。

以上、経験者より。

5つ星のうち 5.0制御も解説有

(参考になった人 4/4 人)

知識0からのクイックスタートに威力を発揮します。 イラストや回路図と説明文が1ページにセットになっているので 大雑把なイメージから枝葉の想像まである程度出来そうです。 これを一読した後に、必要な部分の専門書を読めば 実務に耐える知識が短期間に習得できそうに思えます。

完全図解 空調・給排水衛生設備の基礎知識早わかり

5つ星のうち 5.0基礎の基礎

(参考になった人 0/0 人)

設備の基本的なところなので普段の設計での復習としても役立っています。

5つ星のうち 5.0タイトルに偽りなし

(参考になった人 5/5 人)

空調と給排水のことが大変分かりやすく、簡略化して書かれています。
昨今微妙に人気のあるビルメンですが、最低限、この本に書かれていることを理解していないとお話になりません。
実際には、細かい部品の名称や構造や用途、道具の使い方、電気の知識(これが非常にとっつきづらい)、トイレや照明や配電盤(ブレーカー入ってるところ)の構造や修理法等も必要ですが。
一般の方が、「へえ~。こういう仕組みなんだ~」と流し読みするのにも最適です。

本の出来、理解の難易度、優先度等を考慮すると、ビルメン志望者が最初に読むべき本だと思います。


逆に言えば、この本に書いてあることすら完全理解出来ないようであれば、ビルメンを続けるのは厳しいかと。
仲良しグループを作って、常に誰かの悪口を言って、自分の相対的な評価を上げようとする集団は珍しくありません。
そんな現場に当たった場合、虐めの対象に選ばれるのは、未経験ゆえに知識技能がなく、新人でもあり反抗される恐れもない貴方です。
「使えないし精進の熱意も低い奴」と虐められて自主退職に追い込まれるのが関の山です。
正直者や他人に配慮する「だけ」では自分の身を守るどころか破滅に繋がりかねません。
「自分はこれだけ知識を持っている」ことをさりげなく、しかし要所要所で自然と口から出すことが相手への牽制となります。
また、「理解している」ということが自信にもつながり、おどおどしにくくなります。

ビルメンは入社時点で「既にわかってる人間」が求められます。
資格ではなく、本質的な理解(どの現場でも共通する知識)を得るために、日ごろから勉強する姿勢が大切です。
周囲のおじいちゃんがスマホ弄りに夢中になってても、昼寝してても、あなたは誠実に仕事しながら理解を深める勉強をしましょう(目を付けられない程度に)。
当然ながら、その現場で必要な業務を覚え、こなすことが最優先ですが。
資格の勉強は、夜間や休日等、他の人の目がないときにすべきです。
電工2種も含め、下級資格は、そう苦労することなく取得できるものが多いです。

以上、経験者より。

5つ星のうち 5.0制御も解説有

(参考になった人 4/4 人)

知識0からのクイックスタートに威力を発揮します。 イラストや回路図と説明文が1ページにセットになっているので 大雑把なイメージから枝葉の想像まである程度出来そうです。 これを一読した後に、必要な部分の専門書を読めば 実務に耐える知識が短期間に習得できそうに思えます。

ドゥーパ! 特別編集 DIYで楽しむ 手作りストーブの本

5つ星のうち 4.0非常に面白いが。

(参考になった人 2/3 人)

ストーブを作ると言うと発想からして素晴らしいと思う。 日本の室内環境、特に全館空調に対する考え方は遅れているし、光熱費も高い。 知的好奇心とともに、暖房に取り組むのは面白い試みだと思う。 各製作者の創意が垣間見られるのも楽しい。 現実的な観点から自分の住環境を見ると、薪系のストーブを入れるのは難しい。 安価な薪の確保と備蓄。 効率的な放出された熱の居住空間への回収。 煙突のメインテナンスを効率的に行える設計。 こういった問題が解決されるなら、手を出したい分野である。 田舎暮らし、古民家とかが現実になったら、積極的に考えたい。

自宅にロケットストーブかペチカを作ろうとネットサーフィンしていましたが、やはり紙面は見やすいですね。 繰り返しみるのにいい。 ここまで色々なロケットストーブが載っている本は今までなかったと思います。 読者の方々の創意工夫に満ちた大小様々な手作りストーブが満載で、その構造が図になっていてとても親切。 しかもオールカラーです。 作るぞ~!という気持ちをさらに強くさせました。

自分では思いつかないような、身近なものを使ったストーブがたくさん掲載されていました。 こんなに簡単にストーブが作れるとは思いもせず、ページをめくる度に驚きがありました。 ただ、缶などを使うとどうしても貧乏臭くなってしまうので、その点が気になる人は、各自大きく手を加えていく必要があると思いました。

暖房』の解説 by はてなキーワード

ファンヒーター/エアコン/セントラル・ヒーティング・システムなどの総称。

暖をとる手段。冬の寒冷な季節に行われる。

暖房』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.