映画評論のまとめ情報

映画評論』の解説

映画評論(えいがひょうろん、英語:film criticism)とは、映画を分析し、評論(批評)する事。

日本マスメディアにおいては、印象批評的な文章が映画評論として扱われている事がしばしば見受けられるが、実際、感想文や批判ではなく、映画をどう評論していくかはかなりの修練が必要とされる。基本は数多くの映画を注意深く鑑賞する事に始まるが、そこから先の方法論となると、多種多様である。「第七芸術」である映画は文芸評論美学とも違い、映像音声も含めた総合的な評論が必要だが、一面的な捉え方からの評論や流行している評論の流用、単なる批判で終わっていることがある。

映画評論の歴史はサイレント初期にまで遡る。ヨーロッパではその頃から映画を美学的考察の対象とした人々がおり、詩人で映画脚本も書いたベラ・バラージュ、美学者ルドルフ・アルンハイムなどが出た。これより少し遅れるが、日本では今村太平がこの傾向の代表者である。第二次世界大戦前のこの段階では、映画学と映画評論は現在ほど大きく分離していた訳ではない。より正確に言えば、学問としての「映画学」は公式には存在せず、他分野の研究者や在野の研究者が映画評論家を兼ねる部分が大きかった。ともあれ、これらの映画美学的著書の数々は、現在に至るまで映画学における映画理論の最重要文献と見なされている。

現在の映画評論に最も大きな影響を与えたのは、1950年代後半から1960年代初頭にかけてのフランスに現れた「作家主義」という考え方である。映画監督アレクサンドル・アストリュックの「カメラ万年筆論」に始まり、評論家アンドレ・バザンがそれを代表した。この考えによれば、映画は監督や脚本家の思想を体現した「作品」であり、それはエイゼンシュテインの映画であってもヒッチコックの映画であっても同じことである。これ以前にも、映画を監督や脚本家の「作品」として捉える見方がなかった訳ではないが、「作家主義」はヌーヴェル・ヴァーグという創作上の運動を生み出し、それと連動していたために、国外への影響力が大きかった。「作家主義」的な立場からは厳密な評論の方法論は生まれえず、その亜流達は原始的な印象評論に退行した。

1960年代半ば以降、その反動として個々の映画の価値判断をしない映画記号学という方法論が映画学界を席巻することになった。言語学的モデルに支えられたこの方法論は評論との共通点をほとんど持っておらず、映画学を学問として成立させることはできても、映画評論に影響を与えることはできなかった。1970年代に入り、精神分析学的映画記号学の出現は事態を更に紛糾させた。そこに至って方法論の厳密さすら失われ、映画学はますます蛸壺化したからである。映画評論と映画学の不幸な分離をもたらしたこの状況は、1980年代まで続く。

1980年代以降、映画学の中で、個々の作品の意味を作者(監督)の意図やスタイルとも関連付けながら、分析・解釈してゆく動きが見られた。映画研究への物語論(ナラトロジー)の応用、ポストモダニズム的な現代の文化状況における「イデオロギー装置」としての映画の研究が、必然的にそのような動きをもたらしたと言えよう。主に英語圏で行われたこれらの研究の成果は、日本の映画評論には十分に反映されていない。一方で、各国で映画史的な研究が評論家によって精力的に行われていた。映画史は厳密な方法論を要求しなかったからである。

映画評論に方法論が必要かどうかという問題は、評論家の良心が記述の客観性と明快さ、作品分析の厳密さを求めるかどうかという問題でもある。評論家が映画文化の担い手としての社会的責任を果たすためには、自らにそのような戒律を課すことも必要であろう。その意味で、第二次大戦以前の古典的な映画理論家達に学ぶべき事は多い。

旧態依然の評論が多かったが、ビデオテープレーザーディスクDVDBlu-ray Discなどの記録メディアの出現によって、より多くの人が評論できるインターネット環境や映画評サイトも揃い、例えば、ロジャー・イーバートのようにネット上に評論を出している専門家も出てきた。中には映画館で見ないで評論する人も増えている。同時に、「Rotten Tomatoes」のように集団で評論をしあい、集計することも可能になってきた。

作り手もフランソワ・トリュフォーの『ある映画の物語』(『華氏451』撮影日記)や『アメリカの夜』、トリュフォーとアルフレッド・ヒッチコックの『定本 映画術』、伊丹十三の『「お葬式」日記』や多くのメイキング映画などのように撮影の方法論について明らかにすることも増えてきた。

作り手側の意見としては、『月刊シナリオ』2009年8月号において同誌代表者である浦崎浩實が言及している。映画評論家・石上三登志の「ミステリマガジン」連載記事の文章について、「悪文に閉口」「手柄話を連ね、読む方が赤面」「何ものをも生産しない(生産できない)批評家なるものは悲しい。自分で自分の力を吹聴してプライドを維持するのか」と断罪した上で、「今、映画批評家たちは、ご飯粒どころか、テーブルから落ちたパンくずに群がっているようなものではなかろうか?飛躍するようだが、批評の自律性がほぼ完全に失われている、ように思える」と厳しい指摘を行っている。黒澤明の口癖は「伝えたいメッセージがあるなら、看板でも作って繁華街を練り歩くことだ」だった。

映画評論』に 関連する人気アイテム

週刊文春「シネマチャート」全記録

5つ星のうち 3.0時代の空気。

(参考になった人 0/0 人)

歴史の評価と公開当時の評価と。 当時の得点順に並べるとどうしても時代の空気に左右されるのを感じる。 あと短評。 池波正太郎、田中小実昌、品田雄吉、小森和子等々、懐かしい名も見えるが、インパクトのある寸言は少なかった気がする。 ちょっと期待ハズレ。

5つ星のうち 3.0評者のコメント

(参考になった人 0/0 人)

コメントが時代を物語っているようで、映画も時代を映す鏡となっているように思って読みました。

5つ星のうち 4.0満足しています

(参考になった人 0/0 人)

昔からの映画ファンです。 映画館には足を運べませんが、この本を参考に見損ねた映画のDVDでも購入しようかと思います。

10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

すでに数人から指摘されていますが、
基本的に色んな所からパクって薄く伸ばし、
さもそれを自分で考えたかのごとく超上から目線で書いているだけの本です。

高評価を付けているレビュアーの方も御存知の通り、
彼らは現時点で、もう2年もブログを更新していません。
結果が出なくなったんでしょうね。
出ているならビジネスの材料として使えるわけですから。

そりゃあ結果も出なくなるでしょう。
なんせブログの記事のタイトルが、
「○○が分かるたった4つの方法!」とか
「▲▲をした方がいい10の理由!」なんて
今やそこら辺のブロガーがこぞって使っている、
訪問者が飽き飽きしているコピーだらけなんですもん。



結局「数字を入れた方がいい」
という公式を覚えただけだからこうなるんです。

さらに、
「キャッチコピーから追伸までの4つを揃えていればいいコピー。
これが揃ってないものは全部ダメ」とこれまたエラそうかつ安易に言ってますが、
こういった「絶対のルール」とやらを守っても、
陳腐な情報商材系のページができあがるだけです。

本の中では「スランプに陥ることがない」などと豪語していますが、
スランプというのはいずれ脱するからスランプなのであって、
もう二度と浮上しない、バズ部のような連中のそれは【退場】というんですよ。

これからは過去の栄光を頼りに、
コンサルなんかを裏で細々やっていくんでしょうね。

とても薄いほんですが、すごくシンプルなルールに則って(のっとって)書かれていて、読みやすい。 書かれていることを、一気にこなすことは無理ですが、 これは出来る!と思うものからやっていく。 薄いからすぐに読みかえせて、便利。 ブログを書き終わった後に、この本を見返して、修正するのがオススメ。 あまり本を意識過ぎると、何も書けなくなるから。 “自分以外の人にブログを見てもらって意見をもらう”はシンプルですが、とても効果の高い方法です。 ただ、訊く人を選ばないと、モチベーションが折れる原因になりかねないので、 あなたがビジネスで信頼できる仲間・メンターにきくとよいです。

仕事で地域のECを作成することになりました。 商品ページでどんな文章を書けば良いのか全くわからないし、 ヒアリングの方法も全く分からなかったのですが、 この一冊で解決です。 __________________ ・構成方法 ・構成に必要な内容 ・インタビューの仕方 ・文章への落し込み方 __________________ 商品ページ初心者の私でも商品ページを作れるようになりました。 今ではA4-3枚分くらいの商品ページならすぐつくれますし、 売上も実際上げられて、一安心です。

困難な結婚

結婚についていつも考えていて、この手の本を手当たりしだい読んでいるけど、
この本はピンとこない。ありきたりで浅い、根拠が薄い。
結婚について偉そうに断言していくこの男は何者だろうか、、
という疑問が最後まで拭えなかった。
僕の好きな文化人の何人かがこの人をリスペクトしていて、内田先生と呼んだり、
共著を出しているので期待していたが、
文章から、この人の偉さが伝わってこない。はっきり言えばうさん臭い印象だ。

この人の経歴が途中でわかる。


大学教授で、若い頃に年上女性と結婚したものの夫婦喧嘩の末に離婚。
父子家庭で娘を育てて嫁にやって、老人になってから若い嫁と再婚だと。
なんというか、大学教授とか自由業の人によくある結婚歴で、結婚生活の達人という感じはしない。
なんでわざわざ結婚について本を出そうと思ったのか。
どんなにありきたりな論説でも、たとえば30回離婚したとか、お見合いを100組成立させたとか、
ひどい悪妻と離婚しなかったとか、経歴によっては説得力もあった。

僕は結婚式が大嫌いで、出席はするけど自分ではしなかったし、しなくていいと思ってる。
(葬式、入学式、卒業式、墓参り、初詣、慰霊式、すべて理解できない。宗教や式典が苦手)
世の中には結婚式ぜったいするべきという人も多くて、説教されることがあるけど、
納得できる理由を教えてもらえないので気になっていた。理由がわかれば今からでも結婚式をしたい。
この人は結婚式するべき派なので、ぜひとも偉い先生に目からウロコの明快な理論で
説得してほしかったけど、ここでもまた、論が弱く、もやもやする。理由になってない。
豪華な結婚式をあげて「神様」やら友人、親族に永遠の愛を誓った夫婦が、どんどん離婚している。

結婚・結婚生活にまつわるさまざまな具体的な問題から出発し、射程の広い理屈を展開し、普遍的な智慧を見出す過程がワクワクしてとても面白く読みました。

本書は、既婚者と未婚者のどちらにも向けて書かれています。

まず既婚者に対しては、結婚生活のハードルを下げる方法、パートナーへの期待値を下げる方法を、観念的なものから具体的な親しみやすい例まで様々挙げて説得してくれます。

未婚者に対しては、同じく相手への期待値を下げること、そもそも人類学的にだれでもできるはずだということ、メリットもいくつかあるから結婚してみたらと後押ししてくれます。



1つ難しいと思ったのは、著者の言うように相手への期待値を下げたからといって、向こうもすぐにこちらへの期待値を下げてくれるわけではない点です。この本の内容を鵜呑みにしてしまうと、「なめてんのか」と怒られてしまう可能性があります。
相手も本を読む方だったら、まえがきで書かれているように、一緒に読むといいかもしれませんね。

このレビューを書いている時点で私は未婚者ですが、
パートナーを選ぶことや、一緒に生活を続けていくことに対して
今の自分が抱いているイメージが、ほぼそのまま書かれていて
結構安心したというか、自分の将来に対して
そこまで不安にならなくてもいいんだなと受け止められました。

今は婚活やら出会い系やら、色んなマッチングサービスも出てきていますが、
そういう世界とは違った、もっと人間として根源的な
知力というか胆力について、この本では学べると思います。



「結婚は多くの人ができるようになっている」みたいなフレーズも
なかなか印象に残るものでした。

また、哲学的な話やお金の話などにも触れられていて、
結婚以外の話でも勉強になる内容が多いです。

内田先生の書籍はしばらくの間ご無沙汰でしたが、
またいくつか読んでみようかなと思っています。

『アポロ13』に学ぶITサービスマネジメント ~映画を観るだけでITILの実践方法がわかる!~

1970年に実際に発生したアポロ13号の「輝かしい失敗」を基に作られた映画、「アポロ13」。
この本は、その「アポロ13」という映画を用いて、ITサービスマネジメントの概念をわかりやすく解説しています。
本の表紙には「ITIL」という文字が踊っていますが、著者が書籍内で書いている通り、「本書では、ITILを忠実に解説しているわけではありません」から注意してください。これは ITIL の本ではなく、ITサービスマネジメントの本です(ITIL と ITサービスマネジメントとの関係は、PMBOK と プロジェクトマネジメント の関係に近いでしょう)。


アポロ13号の事故が発生した1970年には当然ITサービスマネジメントという概念はないわけで、確かに後付け的な説明であることは否めません。しかし、「良いものは並行進化する」ことは間違いないようで、アポロ13の事例を使って、ITサービスマネジメントを実にわかりやすく、違和感なく解説しています。今まで ITサービスマネジメント自身をこれほどわかりやすく解説した本は見たことがありません。お勧めです。

元々、娯楽映画としての「アポロ13」のファンでした。
著者の谷氏のこの講習を受講した際、この映画が限りなく現実を写し取ったものであることを知りました。
他のレビューにもあるように、この本そのものは試験対策本ではありません。
しかし、ストーリー仕立てでITILの全体像を理解することができます。
受験前に対策本と共に利用すれば無味乾燥な用語や考え方をより理解できただろうなと感じました。

またIT業界に身を置く私にとっては、日常業務との適度な乖離感が業界や自社、
自分の中の思い込みや悪しき?常識からくる
「そうはいってもな」
という弁解じみた意識を吹き飛ばしてくれるものでした。



絶対に地球に帰還しなければならない、帰還させなければならない
という逃げ場のない題材を対象としたことによって、
ITSMとは!を再認識できる1冊だと思います。
できれば「アポロ13」のDVDと共にご覧になることを推奨します。

ITILの資格を有し、業務遂行に悩む人たちに贈りたい良本。 映画を見ずともアポロ計画やアポロ13号で何が起きたのかのあらましを知っていればアポロ13を観る必要はありません。 元々の著者の経験をアポロ13という一般的に昇華させた事例になぞらえた本です。 コアブック(教科書)や研修ハンドブックでは理解しにくい概念に頭をひねった方や、理論はわかったが実践する上でのgood practiceはなんなんだよ!と一度は突っ込んだことのある方、現在ITSMの導入に悩んでいる、説明しなければならない方にオススメです。

ショートアニメーション メイキング講座 ~吉邉尚希works by CLIP STUDIO PAINT PRO/EX

ついに出ましたね!
今まで、アニメーションとしての絵の動かし方の基礎が書かれた本は多くありましたが、デジタルでアニメーションを作ることの基礎をここまでまとめた本は初めてではないでしょうか。
使っているソフトはCLIP STUDIO PAINT。アニメーション機能はセルシス公式サイトを見てもよくわからなかったのですが、この本は本当に丁寧に解説してくれていると思います。
著者がプロとして培ってきたであろうアニメーションに対する独自の考え方やテクニックも載っていて、「デジタルアニメーション制作のバイブル」と言っても言い過ぎではないです。



■Chapter1
CLIP STUDIO PAINTのアニメーションで使う機能を、溢れんばかりの文字で詳しく解説しています。
最初見たとき、「絵を何枚も書くだけでもめんどくさいのに、ソフトの機能もめんどくさい!」と思ったのですが、何度も読み込んでソフトを操作することで理解ができたように思います。
最初の壁は、アニメーションフォルダーとアニメーションセル、そしてタイムラインパレットの仕組みだと思います。そこを超えれば、あとはスッと頭に入ってくるのではないでしょうか。
問題は、内容がギッシリしすぎて、読むだけだと眠くなること。実際にソフトを操作しながら読み進めることをオススメします。

■Chapter2
業界で使われる用語やアニメーションを作る上での考え方が解説されています。
アニメーターの物の見方はとても興味深かったです。
さらに、まばたきや歩き、走りといった動きの基礎も解説されています。
どれもラフな絵なので動きが本当にわかりやすい。これなら自分でも書けました!

■Chapter3
ここから応用編になります。
ソフトを使ったアニメーションの作り方を手順を追って解説しています。
止め絵にまばたきを加えるだけで驚くほど変わりますね。これだけで絵が動いた感動を味わえました!

■Chapter4
著者の制作したショートアニメーションのメイキングが載っています。
なんといっても著者の得意分野である炎や爆発、水の波紋のエフェクトアニメーションの豊富さ。ポイントが的確に解説されています。擬音大事ですね。

■Chapter5
著者のお仕事ダイジェストです。
Sound Horizonのよだかの星、ジョジョの奇妙な冒険のオープニングアニメで使われたテクニックの一部が解説されています。
巻末にはジョジョオープニングの1カット分の作画すべて、第3部オープニングの絵コンテがまるごと掲載されていて驚きました。

■おまけ
何より嬉しいのがダウンロードデータ。
著者の作品が、CLIP STUDIO PAINTのファイル形式で付いています。
いやー圧巻です。
あと、本で解説していないデータも入ってました。

Chap.1クリスタのアニメーション機能の解説目的で買いましたが、正直役に立ちそうな部分は限定的です。
実際のアニメ制作におけるアナログ作業とクリスタの機能のすり合わせについての言及がほぼないので、現役アニメーターが今やっている作業をどうクリスタ作業に変換されるかの悩みどころは解決されません。多分そこをめがけて書いてはいないのでしょう。
そういう意味では期待外れというしかありませんでした。
Chap.2~4アニメの描き方については、初心者か原画1、2年目のアニメーターには役に立つでしょう。

専門学校のカリキュラムからほとんど出ていません。逆にこれをDLCも参考に1年ほどみっちり練習すればアニメーターになれます。
Chap.5吉邉氏の過去作に関しては、量も少なく内容的にもちょっと、とってつけた感が否めません。DLCにも素材はなく、よそで探して観てくださいというもの。「著者へのサービス」なのでしょうか。

期待以上だったのはダウンロード素材の量です。
よそのこの手の書籍を買ったことがないので比べようがないのですが、1.71GBにも及ぶデータ量。これを全部見るだけで日が暮れます。
本書に解説されている動きはおそらく全て(NGパターンも含めて)ありますので、勉強する際は必ず本書と動きを見比べながらのほうがいいと思います。
DLCの半分を占めるオマケには、著者お手製のショートアニメの数々。2,3秒のものが多いでしょうか?
まだ全ては見ていませんが、解説素材よりもラフな絵でニュアンスと勢いを大切にしたものでした。
画としての完成度は度外視ですので、勉強しようという人以外にはたいして面白くないものかもしれませんが、大きなアクションの動きやタイミングの参考にとてもよく、初心者向けというより現役アニメーターがとても勉強になるものだと思います。
また初心者にも、1枚1枚の動きの中の形の捉え方、ラフの描き方の参考になると思います。プロのラフはそれだけで勉強になります。

購入した目的としては期待外れの本書ですが、別なところで役にたってくれそうです。
ただ、この手の本はどうしても高い。

5つ星のうち 5.0kindle版は注意が必要

(参考になった人 30/30 人)

非常に実践に即した教本だと思います。

一つ一つの工程をシンプルに追ってくれる切り口の軽さもさることながら、
「こういう動きをさせたい時はこういう事を知っているとより伝わりやすい」という細かいレクチャーが効いています。
その細かなテクニックや情報量を小出しにする匙加減が絶妙で、ある程度アニメについて見識がある人ならば、非常に「痒いところに手が届く」内容の本だと思います。
経験者には、自分の手持ちのテクニックを振り返るよい復習になりますし、
初心者~ハイアマチュアは明瞭なステップアップの手助けが多く含まれている良書と感じました。


特にCLIP STUDIOに限定せず、個人制作アニメーション全般において役立つ本だと思います。

ただ一点、kindle版はスマホに最適化したページレイアウトにされており、
PC上で見ると1ページあたりの情報量が極端に制限されて検索性にかなり難ありです。
kindle cloud readerdではなんとそもそも閲覧不可(これは痛い!)
書籍版をそのまま写してほしかったです。
「どうしてもスマホに特化したレイアウトで見たい」という方以外はkindleだとデメリットが目立ちます
今からでもなんとかならないでしょうか

内容についての話ではないので評価には反映させませんが、kindle版購入予定の方は要注意です。

映画評論』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.