早春のまとめ情報

早春』の解説

早春(そうしゅん)は、春の初めごろのことである。

早春』に 関連する人気アイテム

三屋清左衛門残日録

あるネット番組で激賞されていたのを見て本書を手に取ったが、もっと早く読めばよかったと後悔したほど面白い作品だった。過去敬遠していた理由は本書の紹介の仕方にある。「世間から隔てられた寂寥感、老いた身を襲う悔恨」などと書かれると、隠居した老人の暗い物語ではないかと勘違いして手に取るのをためらってしまっていたのだ。

ところが、主人公の清左衛門は隠居したといっても50を超えたばかりで、現代の50代とは違うと思うがそれほどの老人ではなく、剣術の稽古を再開するなど、まだまだ元気である。実際、本書の中でも、年下の女性とちょっとしたロマンスっぽいエピソードまで出てくる。



本書は、15の短編集でありそれぞれが楽しめるが、それが集まると大きな物語が構成される仕掛けになっている。一旦隠居した主人公が、現役時代に培った知恵や人脈を生かして、難題に立ち向かっていく姿は共感が持てるし、読後感も爽やかな傑作であった。

仕えた藩主の死を機に、用人を辞し、釣りを趣味としながら故郷に隠棲する 三屋清左衛門、しかし藩内の政争は彼を放っておいてはくれない。 隠居した老 人(といってもまだ五十代!)の日々の静かな生活を縦糸に、ドロドロした政 争を横糸に展開する見事な歴史小説。 たんたんと、そして抑揚を抑えた著者の 筆致は、静謐で、そこはかとない高貴な心の世界へ読者を誘う。 池波正太郎の 世界とはまた違った世界がそこにはある。

5つ星のうち 5.0面白いです

(参考になった人 1/1 人)

かなり古いものです平成元年ですから紙も茶色に変色してました 中身は短編15ですが内容はそれぞれに面白くて夢中になりました 隠居した三屋清左衛門が日々の暮らしの中で起こった事件や心の動きが主です 短編のために疲れなくてほのぼのしたり安心したり爽やかな気持ちになります。

山岳写真大全

私には、まだちょっと難しいのでした。 これから、大いに参考にできると思います。

フルート 日本の名曲~花は咲く~ 【ピアノ伴奏譜&カラオケCD付】

5つ星のうち 4.0楽しめるカラオケCD

(参考になった人 1/1 人)

全ての曲が自分の好みに合うわけではないが、十分に楽しめる曲集になっている。 編曲が凝りすぎず、かと言って、あっさり過ぎず、好感が持てる。 ピアノとオーケストラのカラオケもなかなかよくできており、 この種のカラオケとしてはお薦め!

5つ星のうち 5.0とても良いです!

(参考になった人 3/3 人)

よく知られている曲ばかりで、伴奏がピアノやオーケストラがとても素敵です。 老人ホームで演奏しましたが、感動していただけました。

老人ホームのミニコンサートに使わせていただきました。 みなさん喜んでいただきましたよ。 これからも使わせていただきます。

早春』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.