日経BPのまとめ情報

日経BP』の解説

株式会社日経BP(にっけいビーピー)は、株式会社日本経済新聞社(日経)の子会社で、出版社である。日経BP社などと表記される。

概要

主に雑誌の発行と、書籍(連載記事の単行版が多い)出版を行い、書店向け販売は日経BPマーケティングである。

1969年4月に日本経済新聞社とアメリカの出版社マグロウヒル社との合弁で資本金1億800万円の「日経マグロウヒル株式会社(通称日経マグロウヒル社)」として設立、1988年5月にマグロウヒル社49%の持ち株全部を日本経済新聞社に譲渡し、1988年7月に現社名となる。のち4億円に増資し商法上の大会社基準が適用されるようになった。

当初は有限会社で設立が検討された結果、当初の通称は日経マグロウヒル社となった経緯がある。当初の資本金は3万ドル建て契約。マグロウヒル傘下時代は忠実に直販による読者への提供に限定。年間購読料は前払いのため、同社は前受け金として会計処理し、実際の雑誌発行日までの間の長期信用銀行割引債購入などの金融収益だけで従業員の給与を支払い可能という超優良の財務体質を誇っていた。

このため株式が、日本経済新聞社に譲渡される際の売買価格は、額面約5000万円が300億円超の価格となった。不動産を所有せず、千代田区にある日経神田別館、小川町三井ビルなど周辺、ニチレイ神田三崎町ビルなどに事業所を置いていたが、バブル崩壊後まもなく取引銀行のひとつ三井信託銀行から伊藤忠が販売し第一不動産が所有していた不動産が不良債権となっており担保をわずかに下回ってもよいからといって、初めて不動産を購入し、砂防会館隣の日経BP本社ビルとして改築と新館を建築した。同時に報知新聞社あとの近隣のビルにも事業所をかまえた。その後日経BP社本社ビルの市場価格は大幅に下落後に、NBFプラチナタワーに移転。

ビジネス情報誌「日経ビジネス」を始め、ビジネス・IT・医療・電子・機械・土木・建築・サービスなど、あらゆる分野の情報誌を、出版取次や書店を通さない読者直販誌で発行する他、「日経ビジネスアソシエ」「日経エンタテインメント!」など書店販売の雑誌や書籍の発行、総合ニュースサイト「nikkei BPnet」IT総合情報サイト「ITpro」「nikkei TRENDYnet」など、各種ウェブサイトの運営、「東京ゲームショウ(共催)」などの各種展示会の開催などを行っている。また、かつては商用パソコン通信サービス「日経MIX」の運営を行っていた事でも知られている。

2008年7月1日には、同じ日経グループの日経ホーム出版社と合併し、発行誌を継承した。

NBFプラチナタワー(3~12階)に本社を置いていたが、2017年8月、同じ日経傘下のテレビ東京が、六本木グランドタワーに移転した跡地の日経虎ノ門別館(港区虎ノ門)に本社移転した。

主な関連会社

  • 株式会社日経ビーピーコンサルティング(日経BPコンサルティング)
  • 株式会社日経BPマーケティング
  • 株式会社日経メディカル開発
  • 株式会社日経BP読者サービスセンター
  • 株式会社日経BPアド・パートナーズ
  • 株式会社日経BPサービス
  • 株式会社テクノアソシエーツ(三菱商事51%、日経BPグループ49%)
  • 日経ナショナル ジオグラフィック(日本経済新聞社、ナショナル ジオグラフィック・パートナーズLLCの共同出資会社)

海外法人

  • Nikkei Business Publications China

批判

『広報IRインテリジェンス』によれば2005年に同社がトップインタビューをでっち上げしたという批判がなされている。

日経BP』に 関連する人気アイテム

スターダストプラネット公式Special Book

各グループのメンバーの個別インタビューが大半を占めるのですがファン以外が興味を惹かれる程の踏み込んだ内容と言う訳でも無く、スタダDDじゃない人に関心を持ってもらえる構成なのかと聞かれると微妙。というかスタダDDなんてひとが今一体どれくらいいるのだろうか。本書中で星名さんが「ももクロちゃんのおかげで活動当初からライブにお客さんが来てくれていた」という話をしてますがそんな(失礼な言いぐさをすれば)ももクロバブルのおこぼれにあずかれたのも今は昔、かつてももクロへ入って来たライトな音楽リスナーはちょっと前ならベビメタ、今は欅かBiSHに流れ、中堅どころのメジャーアイドルが次から次へと解散していく中、スタプラの多くのグループもまた下降線をたどってるか伸び悩んでるかのどちらか。

現状でも、ももクロとエビ中以外はかなり厳しいところにいるように思える。そういう状況でスタプラ内で少ないパイを取り合うよか新規を呼び込めるような構成にした方がよかったんじゃないですか。
百田さんがスタプラ内の気になってるグループにエビ中を挙げ、真山さんがももクロと対バンをやりたいと語ってましたが、正直もう内部で互いに刺激を与えあう事が出来るのもこの二組だけなのではという気がする。

エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか

筆者のJason Calacanisは、インターネット・ビジネスを紹介する雑誌を創刊し、その後メディア系のスタートアップを立ち上げ、exitした後にエンジェル投資家となった。原題のサブタイトルには10万ドル(の元手)を1億ドルにしたと書かれている。「歯に衣を着せぬ」語り口は小気味良く、(その口の悪さ、ストレートさからそれなりに敵も多いことと推察されるが)読んでいて痛快である。

エンジェル投資家の成功確率はVCよりも低く、投資案件の8~9割は失敗すると云い、成功するとしても数年以上の時間が掛かることを考えると資産に余裕があり、我慢強くなければ出来ないビジネスである。


どのプロダクトが成功するかよりも、どの人間が成功しそうかを見極めること。スケール出来るビジネスを探すこと。創業者の話を賢く、(口を挟まず)上手に聞くこと。創業者からは月次報告書など、定期的に報告させること。など、エンジェルの要諦が惜しみなく明らかにされている。

エンジェル投資家は創業者と密接な関係にあるものの、その後に入って来るVCがエンジェル投資家の「権利」を剥がしに動くなど、シリコンバレーの生き馬の眼を抜くような権謀術数も垣間見られ、セコイア・キャピタルやYコンビネーターなどの著名なVCやアクセラレーター、インキュベーターに関する描写も興味深い。シリコンバレーやエンジェル投資家に関心のある読者のみならず、事業の立ち上げ、イノベーションに関心のある人にとっても必読の一冊。

5つ星のうち 5.0優秀な攻略本

(参考になった人 1/1 人)

シリコンバレーの一流投資家(おそらく)が書いただけあって、非常に具体的で説得力がすごい。過去の実績からは判断しがたいスタートアップの資質をどのように見極めればよいかについて非常に詳細かつ具体的なアドバイスが並んでいる。

序文で孫泰蔵氏が、このような一般人向けのエンジェル投資の指南書が出てきたことが、スタートアップ投資業界の終わりの始まりを示しているのではないかと書いている。しかし本書でカラカニス氏が語っているスタートアップの評価方法や投資に対する基本的な姿勢は金融の仕組みが変わっても通用する普遍的な手法だと思う。

シリコンバレーのようなエコシステムが日本にないから、この手法をそのまま活用できるわけではないというのは同意するところだけれど、ようやく日本でも活況になっているベンチャー投資の世界で上手くやるためのヒントは無数にちりばめられているだろう。

日本のベンチャー界ではあまり聞けないスケールの大きな話が勉強になった。 勿論、日本ではなかなかユニコーンになるのは(見つけるのも)難しいが、投資する方も、される方も、もっとずっと大きなスケールと目標を持ってスタートしなければいけない、とつくづく反省させられました。 起業家&ベンチャー界の人必読です。

マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド

心理的に良く言われていることを、著者は「自己保存」として表現していることに特徴がある様に思います。例えば、「人は自己保存の為に変化を嫌う生き物ですが、生存確率を高める為には好ましくない行動でもあえて行う自己保存の生き物でもある。より大きな変化を嫌う余りに小さな変化は受け入れる。この特徴を活用する仕組みを作り組織を改革していく」、「組織にとって正しい行動をとることが個人としての自己保存を実現する様に仕組みを変える」など。社内の伺いなども、上司の自己保存の心理を活かしながら対処すると、承認されやすいなどのノウハウも記載されています。



森岡さんの成功体験が強烈に含まれて、本人の「成長マゾ」が良く分かる著書になっています。ところどころ、株式会社「刀」の営業に動いた表現があるのはご愛敬かも知れません。社会で長年働いていれば掴んでいるノウハウ、知識が多い。でも、知っているだけで行動に移していなければ役に立たない。その意味で、本書により背中を押して貰えるのはいいのではと思います。

5つ星のうち 1.0白か黒か

(参考になった人 1/2 人)

森岡氏の本は全て読み、心から尊敬しております。こんな偉大なマーケッターはそうそう現れないでしょう。関西のノリも手伝って人間的にも大好きです。P&GやUSJの実績に裏打ちされたロジックは世界最高峰に間違いありません。ただ、ごく普通のマーケティングのマの字も知らない一般企業が再現できるかといったら正直難しいのではないでしょうか。ジョブスに憧れて熱狂しただけでは第2のAppleは作れないようなものです。なので、外資系だったり、資本の大きい企業だったり、森岡氏に近い境遇の方には最高の宝になります。それ以外の方には羨望の的で終わるだけです。いま現在の自分がどこにいるのか?それによって神にも悪魔にもなる本でしょう。

USJをV字回復させたマーケターが、社内をどのように説得してきたか、を解説しています。 私の職業はマーケティングとは縁遠い仕事ですが、この本では社会で働いてる人なら誰もが「いるいる!」と思うシュチュエーションと、それを解決する術が書いてあります。 人間関係を構築する基本的な事なのかもしれませんが、私はこうして言葉にして解説する本を求めていたのかもしれません。 好みはあると思いますが、森岡さんの本は数字だけではなく、情熱や当時の悩みや人間性が透けて見えて私は好感が持てました。 何の発表もありませんが、勝手に次作を期待してます。

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

全27章でPythonの文法やプログラミングを行うための幅広い知識を学ぶことができます。 この本一冊でPythonのスペシャリストになるというものではなく、この本を足掛かりにしてプログラミングを挫折せずに始めることができると思います。 各章のより深い内容はプログラミングを学びながら自分で補う必要があります。

5つ星のうち 3.0まあまあの内容

(参考になった人 4/5 人)

3回読みました。 python2、python3、Idle、pipがおぼろげながら分かった。 anaconda,scikit-learnなどの専用環境構築 は全然わからなかった。 値段相当だが内容は少し古い。

5つ星のうち 5.0飽きずにすすめる

(参考になった人 4/4 人)

今でもいくつかこういったプログラミングの入門書を読んだが、序盤で断念してしまう私だが、これは一週間程でスイスイ読めました。 特に23章のプログラミングの「ベストプラクティス」は目から鱗でした。

日経BP』の解説 by はてなキーワード

英文社名:Nikkei Business Publications, Inc.

日本経済新聞社グループの一員で、科学技術関連の出版業を中心に、インターネット、展示会、調査・コンサルティングセミナーなど、事業内容は多岐にわたっている。

日経BP社の代表的な発行雑誌は、日経ビジネス日経パソコンなど、ビジネスやIT系のものが主だったが、2008年(平成20年7月1日に、日経WOMANなどコンシューマー向け雑誌を出版する 日経ホーム出版社吸収合併したので、日本経済新聞社グループの雑誌全般を扱っている。

関連キーワード


リスト::出版社

日経BP』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.