日経ビジネスのまとめ情報

日経ビジネス』の解説

日経ビジネス』(にっけいビジネス)とは、日経BPから発行されている経済週刊誌1969年9月創刊。当初は月刊だったが、翌1970年9月より隔週刊となり、1991年4月より週刊となった。

販売は原則的に定期購読契約を募った上での直送制(取次店を通さず、読者・企業へクロネコメール便で直送する方法)を採っているが、ビジネス関係に重点がある書店、都心部の駅売店でも取り扱いがある。

2010年1月から12月の平均発行部数は245547部(日本ABC協会の調べ)。

ライバル誌として週刊東洋経済週刊ダイヤモンド週刊エコノミストがあるが、多くのビジネス誌が右綴じ(本文は縦書き)に対し本誌では左綴じ(本文は横書き)を採用。

ビジネスの最前線で起こっている事柄を紹介

  • 深層 - 大きな話題となった事件・出来事に対して、さらに掘り下げた分析を加えて解説
  • 株価が語る - 上場企業の株価・業績から、その企業の強み・課題を考察し、今後の経営戦略・株価展望を紹介
  • 景気深読み - 経済分野の専門家が経済指標を分析し、今後の経済見通しを述べる
  • 売れ筋探偵団 - 人気を呼んでいる商品・サービスを紹介し、その人気の理由を分析

特集

本誌のメイン記事。その時点での政治・経済情勢に関連した話題を取り上げる(表紙の写真は特集と関連付けられている)。

  • 特集
  • 第2特集

企業

  • 戦略フォーカス - 特徴的な経営戦略を行っている企業を紹介
  • 小さなトップランナー - 中小企業の中でも大手企業に負けない製造・販売などの技術を持ち、シェアの高い企業をピックアップ

フィーチャー

  • 技術フロンティア - 注目されている新技術を紹介

経済界で注目される人物に対するインタビュー記事

  • 有訓無訓 - 企業・団体のトップが、これまでの仕事や人生から得た名言を紹介
  • ひと劇場
  • 編集長インタビュー
  • 敗軍の将、兵を語る - 企業の不祥事や経営悪化などで引責辞任した元トップの失敗談(1976年10月から30年以上続いている長寿企画で、スポーツマンや政治家などが登場することもある)

世界鳥瞰 On The Globe

パーソナルライフ

オピニオン

  • ビジネス世論 - 定期購読者限定のWeb・メールサービス「NBonline プレミアム」で募集した世論調査の結果を紹介
  • 往復書簡 - 読者からの意見、執筆者の編集後記
  • 終わらない話 - 経営者やスポーツの指導者が、自らの経験に基づいた価値観や行動指針を披露

日経ビジネスアソシエ(Associé)

若いビジネスパーソンを対象にした日経ビジネスの兄弟誌で、経済情勢よりスキルアップを扱った記事に主眼がおかれている(毎月10日発売)。こちらは書店販売もしている(直送制との併用)。

日経ビジネスオンライン

『日経ビジネスオンライン』は日経BP社が運営するウェブマガジンである。『日経ビジネスオンライン』は会員制をとっており、無料で会員登録が可能である。会員となったユーザーには、登録した電子メールアドレスに無料のメールマガジンが送信される。コンテンツはウェブブラウザからも閲覧できる。また、有料会員限定のコンテンツもある。

コンテンツの人気は『日経ビジネスオンライン』誌上の「アクセスランキング」のページにて確認することができる。ランキングは「現在」・「昨日」・「週間」・「月間」・「1年前」などを確認することができる。

注目された記事

批判

  • 『広報IRインテリジェンス』によれば、本誌の連載「敗軍の将、兵を語る」という企画はそのままでは取材に応じて貰えないケースが多いため、トップインタビューを行った後本当の目的を明かし「当コーナーに掲載させていただきます」と通告していると言う。そのため「えげつない騙まし討ち取材」をしているという批判がある。
  • 2018年8月3日、「大塚家具、自力再建困難に、身売り交渉大詰め」という記事を配信した。しかし、記事の本文では「スポンサー探しは難航している」と記しており、見出しの「交渉大詰め」と矛盾するものであった。

出身者

日経ビジネス』に 関連する人気アイテム

起業の科学 スタートアップサイエンス

現在、大学生の授業の教科書として使っております。 自分はかつてはコンサルタントとして、ビジネスプラン作成のスクールの講師を数多く務めましたが、スクール等では最も伝えにくい部分を、見事に表現していると感じています。 学生には少し高い本ですが、「飲みに行ったり、仲間とだべる機会を減らしても、必ず購入するように」伝えています。 ほんの重さが変わるくらい、ラインマーカーと書き込みをするようにと。 学生が卒業後すぐに起業するのは難しいし、教員としてなかなか勧めにくい状況ですが、彼らが起業に目覚めかけたときに背中を押してくれるような書籍であると感じております。

スタートアップに関する丁寧な解説書。 スタートアップというのは新しいインターネットサービスを創出するもので、実は現実のモノを販売する私たちの事業とは性質が違ったのですが、その事業が本当に必要とされているのか、それはどうやって調べればいいのかなど事例を上げながら丁寧に解説されています。 確かにこれを素直にしっかりmasterすれば失敗のほとんどはなくなるだろうと思います。 良書です。

起業や新規事業に関係する、起業家、投資家、従業員が最低限学んでおくべき情報源としては、米国発のベストセラー書籍や有益なブログなど多様なソースがあり、全てをカバーすることは難しそうであるが、まずはこの質の高い膨大な情報を網羅したこの書籍を熟読することが効率的だと考えます。 参考文献/出典の記載も丁寧で、知識を広げるスタート地点としても有効

常勝集団のプリンシプル 自ら学び成長する人材が育つ「岩出式」心のマネジメント

全国大学ラグビー選手権で9連覇、その偉業を成し遂げた帝京大学ラグビー部
を率いる岩出雅之監督の実践するマネジメントが良くまとめられている本だ。
学生ラグビーと言えば、一昔前なら早慶明と相場が決まっていた。しかし、それ
らの名門校でも9連覇はおろか連覇も難しい選手権でのこの偉業。いかなるマネ
ジメントをしているのかというのは興味を惹くところだ。
本書を読み進めると、「脱・体育会系」を浸透し、メンバーの成長を最重視した方
法が取り入れられていることに目が行く。

お客さんから奴隷、4年生になると神様
になるようなヒエラルキーからは生まれない発想だ。目指すは、人間として成長
できる文化を作り上げること。勝負を度外視しているわけではないが、勝てば良
いという考え方からは隔絶されている。帝京大学ラグビー部は人生を学んでいる
といって過言ではないだろう。
本書は、そうした岩出氏のマネジメント指南の書として十分に価値があるが、もう
1点。そこに至るまで、旧来のマネジメントを推し進めていた氏が、自らの考え方
を変えるに至った経緯と、実際に変えていくまでの過程を知れるという意味でも、
大きな価値があると思う。

5つ星のうち 5.0部活にマネジメントを

(参考になった人 0/0 人)

中小企業の経営に関わっていますが、部活も企業も「組織」という点で捉えれば同様です。 マネジメントの理論を、帝京大学ラグビー部でどのように落とし込んでいるかを理論の説明と絡めて書いてあり、読みやすく、わかりやすく、腑に落ちます。 部活、スポーツチームに関わる人にぜひ読んでもらいたい一冊。

前人未到の大学ラグビー9連覇の秘訣に迫った内容だった。 正直、ここまで内容が濃いと思わなかった、仕事柄、様々な経営書、実践を読んでいるが、ここまで組織を変えるための心理学、ビジネス法則をどのように活用し、またその法則を紹介した本は少ない。 ぜひ生の講演会に参加したい。

ビジネススクールで教えている会計思考77の常識

5つ星のうち 5.0良品

(参考になった人 0/3 人)

非常に勉強になる。 思考の整理に、役に立つ。

OKR シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

OKRという目標管理手法について導入からコミットメント、そして振り返りまでの一連の流れを1部物語形式と2部ノウハウとに分けて解説している。難解な用語や実行困難なタスクが挙げられることなく、導入・運用の後押しをしてくれる。

メンバーに主体的に動いてほしいと感じる事が多いが、なかなかうまくいかないと悩んでいたり、自分自身もプロジェクトの中で意思を上手く伝えられないと感じている管理者や、少人数のチームリーダーなどにもオススメ。

大小を問わず、我々は常にプロジェクトと向き合う生活を送っている。

例えば旅行計画を立てるというのもプロジェクトといえるだろう。そういう場面でしばしば悩まされるのはリーダーならびにメンバーが、その目的を真に理解・共有し実行できない事による熱量の差だ。

また動き始めたプロジェクトにおいても、自分たちには何ができたのか、目的に対しどこまで進んだのか実感できず貢献感や達成感の無いまま時だけが過ぎていくというようなことは無いだろうか。

OKRとはドラッガーが提唱したMBOをインテルが改良しスタートしたもので、OはObjective(目標)、KRはKey Results(主な結果)の略だ。Oにこの四半期で成し遂げたいこと(定性的な物もの)を1つ、KRはそれを実現できたかどうかを判断する指標(定量的なもの)を3つ程度挙げる。

OKRはノルマを課すためではなく、自分が本当にできることを学ぶためにある『自らを主体的に管理する手法』だ。そのため失敗も高い目標に向かって挑戦しているというポジティブな指標となる。

様々な企業でOKRの導入や運営をトレーニングしている著者が、導入の失敗事例までも豊富に交えながら、成功へ向かうための方法を詳細に説明。また巻末の及川卓也氏の解説は本書の理解を一層深めてくれる。

『メンバーを鼓舞し、能力を高める仕組み』『継続的な向上と学習のサイクル』『チームが自らを高めていく仕組み』このような言葉に魅力を感じられる人ならばOKR導入のいかんにかかわらず、目標管理の考え方について多くを得られるだろう。

インテルを源流とし、Googleでも実践されている経営マネジメント手法、OKR(Objective and Key Results)の解説書。前半は米国の架空のスタートアップを舞台とした小説仕立てで進み、どんなシチュエーションで役立つかがイメージできてわかりやすかった。スタートアップは全員がとにかく忙しく、経営の方向性も目まぐるしく変わりやすい。ゆえにこまめな意識合わせと現状確認の作業が欠かせないのだと感じた。

すべての会社にこの手法がフィットするかはわからないが、自らの組織の構造に合わせてエッセンスを取り入れることはできそう。

肝心なのは、いかに個々の社員の仕事を全社目標と定量的に関連付け、かつ、忘れないように毎週確認する作業を続けられるか。KRとしてストレッチゴールを掲げるのは、逆にいうと常に未達の目標が残ることにもなるため、現実を直視するのはつらくもある。金曜日はひたすらできた部分を褒める時間にしよう、というのはうなづける。

目標管理手法のひとつと言えばそうだが、”管理”よりも重要な目標にチームや組織全体を向かわせ集中させること、進捗や出来栄えの評価よりもチームを鼓舞することに主眼を置いたもの。 重要な目標ひとつを四半期単位で設定してKPIを設定する、月曜に前週の振り返りと今週の重要事項を確認しあい、金曜日はそれに基づいて”できたこと”を労う時間を設ける。 大前提は組織のミッションとそれにrelevantな組織全体の大目標が明確に共有されてること。 長く評価と報酬の分野に取り組んだ身としては耳の痛い話ばかり。

RPAの威力 ~ロボットと共に生きる働き方改革~

RPAの全体像や具体的にどんなことが可能になるのかが一通りわかります。
ただ、事例として挙げられている企業は大企業ばかりです。
いとも簡単に導入できるように読めますが、そこに割り当てられるリソースが潤沢だからであって、
リソースに余裕のない多くの中小企業にとって、ここに書かれていることがそのまま適用可能かは疑問です。
導入コストは数百万でコスパが高い、というような文章が繰り返しでてきますが、中小企業にとっては大きな投資です。
また、実際に導入するにあたっては現場の泥臭い作業も多いと想像します。


検討したけど何らかの理由で導入を見送ったというケースもあると思いますが、
事例の中にそういうネガティブな話がほとんどでてきません。
もう少し客観的な視点からの説明もほしかったです。

たとえば本書に出てくるPoCやROIの設定といった話は、かなり重要なところだと思いますが本書では具体的な説明がありません。
最近だとAIを導入する手順を解説した本などにかなり詳細に書いてあったりします。
この辺の本に書いてある内容は、RPAの導入手順とけっこう近いのではないかと思います。
いちばんやさしい機械学習プロジェクトの教本 人気講師が教える仕事に AI を導入する方法 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)

また、客観的な内容であれば、現状では「図解入門 最新 RPAがよ~くわかる本」あたりかなと思います。

ご参考までに。

RPAの導入コンサルティングをビジネスとしている起業の社員さんが書いた本なので、基本的には良いことしか書かれておりません。
そのあたりは割り引いて読む必要があると思います。

RPA・ロボットと目新しい言葉を使っていますが、これは完全にマーケティング用語です。

本書内にも書かれていますが、

『これまでITで自動化するほどの価値がない(システム開発コストに見合わない)ので放置されていた業務が
自動化を容易(=IT専門家の手を煩わさずに一般社員でもできるという意味)にするツールの登場やITコスト構造の変化により
あらためて自動化できないか検討されている』

という程度で、高度なことは相変わらずIT専門家の力を借りる必要があるので、結局、「大半の業務の自動化はコストに見合わない」という結論におちつくのではないでしょうか?AIや自動運転のように革命的な話ではないと思います。



「自動化により余剰時間が生まれる→創造的な仕事に使える」という主張が繰り返されていますが、そんなことはないでしょう。
Eメールなどを代表としてITで便利になればなるほど「忙しくなる」のが過去30年繰り返されてきたわけで。

ということでRPAに関しては、本書や巷でいうほど「革命的ではない」という結論ですが、その結論を導くことができたのは良かったので★1つプラスです。

ITを用いた業務改革に取り組んだ経験から、RPAに少なからず興味がありましたので、本書を手に取りました。RPAの定義やRPAとAIの違い、RPAによる置き換えが適している業務など、基礎的かつ重要な情報が充実しており大変参考になりました。また、システムと現場業務の両方が分かる人材の重要性など、導入に際して重要になるポイントもまとまっているため、これから検討される方には必見かと思います。ただ、著者は導入支援ビジネスを行なっている立場上、ある程度は仕方がないと思いますが、RPAの良い面ばかりが強調されており、そんなに良いことばかりではないはず、、、と少し穿った見方をしてしまいました。

また、効率化により得た時間の使い方として、高付加価値業務やイノベーションを挙げていますが、この内容は本書のスコープ外であると感じます。とは言え、繰り返しになりますが、RPAの入門書としては優れていますので、一読の価値はあると思います。

日経ビジネス』の解説 by はてなキーワード

日経BP社が発行している週刊誌

日本経済新聞日経)を掘り下げたような内容で、ビジネスマンの定期購読者が多いことでも知られている。(公称30万部)

ウェブ上で「NBonline日経ビジネスオンライン)」というサイトも展開している。

http://business.nikkeibp.co.jp/index.html

日経ビジネス』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.