日本国政府のまとめ情報

日本国政府』の解説

日本国政府(にっぽんこくせいふ、にほん こくせいふ)は、主として対外的な文脈において日本政府を指す語。日本では「政府」は行政府を指すことが多いが、本項においては、立法府および司法府を含めて解説する。日本の法令上は、通常「国」と称する。現在の日本の統治機構の基本的部分は、日本国憲法によって定められている。

立法府

立法府とはその名のとおり、立法を行う機関のことである。近代的な国家では、国民を代表する機関である議会を立法府とする。日本においては国会が唯一の立法機関として立法府の使命を担っている。

日本の国会両院制であり、4年ごとの総選挙または解散総選挙により議員が選出される全465議席の衆議院と、6年の任期を有し半数ずつ3年ごとに改選される議員による全242議席の参議院から構成される。満18歳以上の男女の全国民が選挙権を有する普通選挙が実施され、すべての選挙において投票の秘密が保障される。

国会は立法権を有し、法案を審議して可決または否決する機能を果たす。衆議院は条約予算内閣総理大臣の指名に関して、参議院に対し優越的権限を持つ。

行政府

日本の政府の長内閣総理大臣であり、国会において国会議員の中から指名された後、天皇により任命される。内閣総理大臣は国会議員でなければならず、その任にあたっては衆議院の信任を得なければならない。内閣総理大臣は日本の行政府である内閣の首長として、国務大臣に対して任命権および罷免権を有する。内閣法により国務大臣は通常14名まで(必要がある場合は3人まで増やせる)と制限されている。また憲法により国務大臣の過半数は国会議員から構成されなければならないという制約もある。

日本国憲法の内閣の規定はイギリスを起源とする議院内閣制の原理を採用しており、国会が内閣総理大臣指名権や内閣不信任案決議権を有する代わりに、内閣は解散決定権を有しており、内閣の助言と承認に基づき、天皇は衆議院を解散する。

内閣総理大臣

2000年(平成12年)以降の歴代内閣総理大臣を以下に示す。

司法府

司法府は裁判所であり、最高裁判所および下級裁判所から構成される。最高裁判所を頂点として複数の階層の裁判所から構成され、裁判所は違憲審査権を有する。日本には行政裁判所や請求裁判所は存在しない。裁判員制度が2009年に導入された。最高裁判所長官は内閣の指名に基づき天皇が任命する。最高裁判所裁判官は内閣が任命し、天皇が認証する。

日本国政府』に 関連する人気アイテム

橋下「維新の会」がやりたいこと―何のための国政進出?

本書は、橋下・維新の会の躍進に反対する立場から書かれたものである。 週刊誌やワイドショーでみる過激な表現はなく、理路整然と維新に疑問を投げかけ、問題点を指摘している点がよかった。 表現もやさしく、読みやすい。 ただし、当たり前だが筆者にとって都合のよい事実だけを抜き出して書いてあるので、「その補助金を削減したことは本当にダメなのか。 適正な補助金はどれくらいなのか」といったように、批判的な視点で読む必要があろう。

規制緩和を推進し、新自由主義という弱肉強食・自己責任の競争社会を加速させようとしている。 自民、民主と同じ「大企業と金持ち優遇路線」、「弱者は死ね路線」 橋下維新の会は、絶対に支持してはダメなんだ。 日本がさらに悪くなる。 ・・・ということがスッキリと理解できる良書だと思います。

5つ星のうち 4.0内容は五つ星以上

(参考になった人 21/27 人)

内容はすごく良いです。公務員バッシング、増税議論のまやかしなどに加え、大阪府黒字実績の裏事情など、よく書かれています。これほど憲法に反した人がよく弁護士になれたなあと感心するばかりです。

それに、データをきちんきちんと数字で出した上、わかりやすいようグラフを駆使しているところも良かったです。

ただ、ちょっと読みにくいんです。文章自体は新聞記事(解説ものとか、署名記事とか)程度の難易度だと思うのですが、多分、文字組みの問題だと思います。行数を詰めすぎたか、1行あたりの文字数を詰めすぎたか。



本にカバーのない、最近見かけるようになったペーパーバックのような本で、そういうあまり内容に関係のないところを削ったことで、この値段が実現できたのかなと思います。多分、ページ数を少なくするために、文字も詰めたんでしょう。

維新漂流 中田宏は何を見たのか

維新の事を書いているようで中田宏の言い訳をしっかり書いている のが不自然。 犯罪者でもないのに弁護する事ないでしょう。

中田宏氏の取材をもとに書かれたノンフィクションもの。 全てが真実ということではなく、バイアスもあるだろうが、 かなり参考になる部分はあるのではないかと思う。 中田宏著の「政治家の殺し方」「改革者の真贋」などと 内容的にかぶる部分も多いが、維新の党が生まれた経緯と その後の流れ(2013年3月頃まで)を把握することを 主眼にして読むには良い本だと思いました。

日本国政府』の解説 by はてなキーワード

日本国憲法に定められた体制に基づいて行われ、多くの重要な事を法律により明文化して行う機関・統治機構

日本国憲法は、主権が国民に存する国民主権を定める。また、政治上の権力を立法行政司法三権に分け、それぞれを国会内閣裁判所に配する権力分立体制を定める。

日本国政府』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.