日本における携帯電話のまとめ情報

日本における携帯電話』の解説

日本における携帯電話(にっぽんにおけるけいたいでんわ、にほんにおけるけいたいでんわ)では、日本での携帯電話特有の事情について解説する。

概要

日本においては携帯電話と並行して、1990年代中盤から2000年代においてPHSも一時期発展した。

2010年頃からはiPhoneAndroid等の普及により、近年では携帯電話端末としてはスマートフォンが主流になってきた。日本独自の需要に応える形で発展したが、ゆえにガラパゴス化を引き起こして海外での競争力を失い、2000年代後半からiPhoneなどの国際端末に市場を奪われ、産業構造の変化の影響を大きく受けた。

本項目における携帯電話端末の記述については、いわゆるフィーチャーフォンに該当する端末を主として扱う。それ以外の端末についてはスマートフォンなどの該当する各項目を参照されたい。

定義

電気通信事業法上の電気通信役務の区分では、かつての自動車電話から発展した電話網を指す。一方、電波法令上では、原則として陸上移動局として無線局免許状を要する「携帯電話端末」を使う携帯電話と免許を要しない無線局のいわゆる小電力無線局である「PHS端末」を使うPHSは区別されている。これはPHS第二世代コードレス電話を起源とし携帯電話と異なる発展をしたからである。

ただし、無線局免許状は事業者が管理するため、利用者は違いを意識する事は無い。この為、公的な資料・統計などでは内容により「携帯電話」と「PHS」を区別するか、「携帯電話(PHSを含む。)」と一度だけ表記し後は「携帯電話」とのみ表記して区別しないものとする。

携帯電話とPHSを全く区別しない法令には、電波法令の一つである無線設備規則の「携帯無線通信」の定義がある。携帯電話不正利用防止法の「携帯音声通信」の定義も同様である。なお、通信衛星による自動車・携帯電話に関しては衛星電話を参照のこと。

鉄道事業者の沿線にある回線に接続して使う携帯型の有線電話機も携帯電話機という。

前史

1968年:ポケベルの登場

携帯電話ではないが、無線呼び出し(ポケットベル)は日本では1968年にサービスが始まった。1980年代後半、通信自由化により新電電(NCC)系のテレメッセージ各社が参入。それまで独占状態にあったNTTとのシェア争いが発生し全体の加入数は増加した。またそれまでは音声通知機能が主でビジネス用途がほとんどを占めていたが、同時期に数字のメッセージが送信可能となり、1992年頃から個人間で数字の語呂合わせ暗号でメッセージを送り合うブームが到来し、一般層にも本格的に普及し始めた。後にカナのメッセージも送信可能になるとブームは更に加速し、1996年には加入数のピークを迎えた。しかし1990年代後半以降、携帯電話での文字転送サービス及び電子メールの普及も相まって、1998年頃から急速に携帯電話に取って代わられた。

1979年:世界初の自動車電話

1979年、旧・日本電信電話公社(電電公社)による自動車電話サービスが世界で初めて始まった。ただし自動車電話は車内でしか利用できず携帯電話とは呼べなかった。

黎明期

1985年:日本初の携帯電話(ショルダータイプ)

日本で初めて登場した携帯電話機は、1985年9月にNTTがレンタルを開始した「ショルダーホン」の100型である。ショルダーホンは車外でも使用できる自動車電話という位置づけであり、電話機の重量も約3kgと重かったため、携帯時はショルダーバッグのように肩にかけて持ち出す必要があった。

サービス開始の前月に発生した日本航空123便墜落事故で、救助活動にあたった自衛隊・警察にショルダーホン12台が提供された。その時点で無線局の免許は発効していなかったが、郵政省と協議し提供が実現した。

1987年:日本初の携帯電話(ハンディタイプ)

1987年に、NTTは日本初のハンディタイプ携帯電話機TZ-802を世に出した。当時は周波数変調を用いたのみで、市販の受信機で誰でも会話の内容を傍受できるアナログ式であった。1993年には会話の内容を傍受することが困難で、周波数使用効率にも優れたTDMA方式の第二世代携帯電話(2G。PDC方式)サービスが、NTTドコモにより開始された。そして、2000年10月以降は、すべてデジタル式となっている。

1988年-1989年:自動車電話事業への新規参入

1988年から1989年にかけて、それまでNTT(旧電電公社)が独占していた自動車電話事業に、旧・IDOや旧・DDIセルラーが新規参入を果たし、初期費用通話料金などの価格の引き下げ競争が始まった。それまでの自動車電話のユーザーは企業の経営幹部層(エグゼクティブ)などにほぼ限られていたが、土木工事現場の連絡用などにも使われ、ビジネスユースに広がるようになった。

1989年-1991年:小型化へ

その中で、1989年、米モトローラ社から画期的な小型携帯電話「マイクロタック」が発売され、NTTドコモ1992年NTTから分離独立)も1991年に同様の小型携帯電話「mova」を開発して対抗した。

普及期へ

1994年:買取り制導入

1994年には、自動車・携帯電話機の買取制度(携帯電話機の売り切り制)の導入とともに、初期費用、回線利用に必要な料金の大幅な値下げが行われ、通信業界全体の大きなターニングポイントとなった。NTT移動通信網(NTTドコモ)系9社、第二電電(DDI)系セルラーグループ8社、日本移動通信(IDO)に、新規参入の第二弾であるデジタルホングループ(現ソフトバンク)とツーカーグループの参入のほか、端末機の供給でも家電メーカーなどが加わり、20社近くが名乗りを上げた事もあり、競争はさらに加速され、結果、携帯電話が広く一般に普及する下地が作られた。日本国内の1992年での携帯電話機・自動車電話の稼働台数は約170万台。全人口に対する普及率は約1.4%にあたる。

1995年:阪神大震災と携帯

1995年1月17日兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)では、有線インフラに壊滅的被害が発生した中、無線の強さを発揮した携帯が改めて見直された。一方で当時の携帯電話は一部地区を除いて119番への接続が出来ず、また被災地周辺では繋がりにくい状態が発生するなど、後にも述べる複数の問題点も露呈した。

多機能化

1995年:PHS開始

同年には簡易型携帯電話サービス、PHSが始まり、端末や通話料の安さもあり若年層を中心に普及した。当初は携帯電話との相互通話が不可能だったり、電波が受信しにくいという制限があったことや、携帯電話端末・料金の値下げなどによって次第に苦戦し、携帯音声通信サービスの日本国内での市場では、契約者数ベースで携帯電話に大きな差を付けられている。

1996年 PHSでSMS開始

1996年4月にPHSで、携帯電話に先駆けてショートメール(SMS)の一種、セルラー文字サービス(DDIセルラー)が始まった。同年11月には同じSMSのPメール(旧DDIポケット)もヒットした。1997年6月には携帯電話でもSMSが始まった(ドコモmova)。

1996年:世界初の着メロ開始

1996年5月、ドコモの「デジタルムーバN103HYPER」(製造元:NEC)が発売され、着信メロディ機能が携帯電話としては世界で初めて搭載され、プリセット楽曲から選択できた。同年9月には日本移動通信(現KDDI)も、携帯電話としては初めて自分で作曲したメロディを着信音にすることができる 「メロディ着信音作曲機能」を搭載した端末を発売した。

1997年:海上利用の解禁

海上での利用は当初禁止されていたが、1997年のマリネットホン廃止に伴う代替措置として平水区域での使用が認められ、1999年には沿岸区域(概ね領海《沿岸から12海里、約22km》を指す)まで緩和した。基地局の配置に依存するので確実に領海内で使用できるとは限らないものの遭難救助要請にも使われている。

インターネット/カメラとの融合

1999年:世界初のインターネットサービスとE-mail開始

1999年1月にドコモがiモードを、同年4月には旧DDIセルラーグループが「EZweb」を開始し、世界に先駆けて携帯電話を使ったインターネットサービスが提供された。それまでのSMS(ショートメール)に代わり、携帯メール(電子メール)も始まった。こうした着メロ機能があったり、ネットやメール対応した多機能携帯を、いわゆるフィーチャー・フォン(日本型高機能携帯電話)という。

1999年:世界初のカメラ内蔵携帯

1999年9月、京セラが世界で初めてカメラ付きPHS「VP-210」をDDIポケット(現:Y!mobile(ソフトバンクウィルコム沖縄連合))から発売した。翌2000年11月には、Jフォンとシャープ写メールの前身サービスを世界で初めて開始した。これによって携帯カメラで撮影した画像をメールに添付し、友人らに送ることが一般的になった。

2001年:世界初の3Gサービス開始

2001年には日本において、世界初の第三世代携帯電話(3G、W-CDMA)の商用サービスが始まった。いわゆるフィーチャー・フォン(日本型高機能携帯電話)と呼ばれるものだが、テレビ電話が可能となったほか、パーソナルコンピュータと接続して、高速なデータ通信が行えるようになった。またそれまでは携帯電話でのインターネット利用は、iモードなど、限られたサービスの枠内に留まっていたのが、パソコンと同じポータルサイトインターネットニュースを見たり、Googleなどの検索エンジンを使ったWEB検索や画像検索、ブログ電子掲示板へのコメント投稿もできるようになるなど、パソコンとほぼ同等の利用が可能になった。それによりリビングでテレビニュースを見ながら、分からない用語を携帯で検索して意味を調べたり、コメント投稿して意見をいうのが当たり前になるなど、これまでの受け身で既存メディアが流す情報に接するだけの状態から人々の姿勢や生活を大きくを変えた(但しパソコンではずっと以前から同じことはできていた)。

またこの頃から音楽聴取やゲームも携帯ですることが一般的になり、携帯カメラで動画撮影も行われるようになった。ただし、当初は多くの携帯はフラッシュ未対応だったため、YouTubeなどネット上にアップロードされた動画の閲覧には制限があった。

2004年:3Gスマートフォンの登場

2004年12月、3Gネットワークを利用するスマートフォンVodafone 702NKが発売された。それまではフィーチャーフォンが主体であった市場が徐々にスマートフォンに蚕食されていくことになるが、それは2008年iPhone 3G発売まで待つ必要があった。

スマートフォンは、フィーチャーフォンやPDAの更なる発展型であり、自分でカスタマイズ(機能の足し引き)できるなど、超小型パソコンとも言える機能およびオペレーティングシステムを備えている。

2008年以降:スマートフォンへ移行中

2008年iPhoneが発売され、2010年に各キャリアがAndroid搭載のスマートフォンを投入すると一般利用者にもスマートフォンが普及しはじめた。それまでのフィーチャー・フォンはスマートフォンに取って代わられつつある。

元来、音声通話による料金収入が減少していた通信会社は、フィーチャーフォン上のインターネットサービスの提供と事業者の回線との間に縛りを設けることによって囲い込みをし、様々なインターネットサービスを収益源としていた。いっぽう、スマートフォンはパーソナルコンピュータと同様に、オープンネットワーク、すなわち携帯電話事業者の回線に縛られないアクセスを基本としているため、キャリアによる『囲い込み』が出来ず、無線ネットワークインフラストラクチャを提供するだけの『土管屋』になる懸念があり、携帯電話事業者は新たな収益源を模索している。

古くは事業者回線での囲い込みと同様にポータルサイトの提供による利用者の囲い込みも重要であったが、オープンアクセス化とクラウドコンピューティングの深化により、AppleGoogleほか、スマートフォンのオペレーティングシステムおよびクラウドサービスを提供する企業に、インターネットサービス面で主導権を奪われている。

主要な端末メーカーの勢力図も変わり、国内では圧倒的なシェアを持っていた日本メーカーがスマートフォンで大きく出遅れてしまい、フィーチャーフォン時代にシェアをほとんど持っていなかった外資系メーカーが市場シェアを伸ばしつつある。

2010年代後半以後は、いわゆる大手3社(NTTドコモau (KDDI沖縄セルラー電話連合)、ソフトバンク)よりも、月額の利用料金が大幅に値下げされ、なおかつ大手3社の回線を利用した「仮想移動体通信事業者(MVNO)事業」、いわゆる「格安スマホ」と呼ばれるメーカー(ワイモバイル楽天モバイルLINEモバイル、ディズニーモバイルmineoUQモバイル他)の参入が増えている

その他

インセンティブ制度

携帯電話・PHSの契約数を多く獲得する目的で、購入時の端末価格を抑えるために、月々の基本料金から販売店へのバックマージンを支払うというビジネスモデルインセンティブ制度)により、1円から数百円など端末原価を大幅に下回る価格で端末が乱売される事もあったが、その反面、中途解約に対して違約金請求される「縛り」という問題もあった。

2000年前後頃:周波数帯域の不足と震災

2000年前後から、各キャリアの契約者数が増え、以前のように「無線の強さ」よりも、限られた周波数帯域を奪い合う弊害の方が目立つようになった。とりわけ大きな地震が起きるようになると、一番手軽に対外情報を確認できるツールとして、一斉に携帯電話を使うのが当たり前になってきている。そのたびに携帯電話会社の設備容量を超える発着信が発生し、輻輳による発信規制を敷くなど、1995年平成7年)の阪神・淡路大震災兵庫県南部地震)の頃とは状況が変わった。

携帯電話会社や機種によって、通話と通信の両方が同時に規制される場合と、どちらかが規制される場合がある。最大手のNTTドコモは、大規模地震の時の発信数は通常時の数十倍と発表している。地方公共団体や、電気・ガス・公共輸送機関など、災害復旧に通信を必要とする利用者向けに、発信規制時も災害時優先電話によって、輻輳時でも優先接続できるサービスが提供されたり、優先接続対象外の利用者向けには、効率的に情報をやり取りできる臨時伝言板サービスが設けられるなど、対応が細やかになってきている。

利用者増と電話番号逼迫対策

更に、携帯電話の爆発的な普及により、数回にわたる電話番号逼迫対策が行われた。1988年に160km以内は「030-AA-BBBBB」、160km超は「040-AA-BBBBB」の準地域無指定方式に移行してからは最大1,000万契約まで収容できるようになったが、1995年頃から番号が不足してきたため、1996年には160km以内「080-AA-BBBBB」、160km超「090-AA-BBBBB」も追加された。同年に「010-AA-BBBBB」が追加されると「040-AA-BBBBB」及び「090-AA-BBBBB」は一旦廃止され、完全地域無指定方式に移行した。

1997年には「020-AA-BBBBB」も割り当てられるとともに、同年から翌年にかけて一旦廃止された「040-AA-BBBBB」及び「090-AA-BBBBB」も再び用いられた。それでも番号容量が不足したため、1999年から「090-XAAB-BBBB」(Xは10桁時の2桁目の番号)の11桁に移行した。

2002年からは「080-AAAB-BBBB」も追加されたが、2012年にはPHS専用だった「070-YAAB-BBBB」(Y=5,6がPHSで使用済みのため、Y=1,2,3,4,7,8,9,0を携帯電話に割り当てる)を携帯電話に開放する方針が総務省から発表され、2013年11月より導入(モジュール組み込み型など、音声を伴わない契約に関しては、2013年2月以降先行実施)。なお、導入までの間に逼迫が生じた場合は、これまで未割当となっていた「090-0AAB-BBBB」の割り当てによって当面凌ぐとしている(「080-0AAB-BBBB」は、着信課金番号の「0800-AAA-BBBB」として使用されているため、携帯電話用途に用いることはできない)。

通信事故の報告義務

通信障害が起こり、その対象者が30,000人以上かつ通信障害が2時間以上継続した場合は、電気通信事業報告規則(第7条)に則り、制限を行った日から3ヶ月以内に、書面等を総務大臣に提出しなければならない。

〜1980年代

1990年代

2000年代

  • 2000年
  • 2001年
    • KDDI、携帯電話初のBluetooth対応機種を発売。
    • NTTドコモ、携帯電話初のJavaアプリケーション対応機種を発売。
    • J-フォン、折り畳み・TFTカラー液晶・カメラ付・Javaアプリ・写メールFM音源16和音という人気機能を詰め込んだハイスペック機J-SH07を発売。
    • KDDIが株式会社エーユーを吸収合併。以後は同社の移動体通信事業のブランドとなる(同社の連結子会社の沖縄セルラー電話を含む)。
    • NTTドコモ、自社開発の第三世代携帯電話であるW-CDMA方式「FOMA」開始。FOMA開始に伴い、携帯電話初のテレビ電話対応・動画撮影可能機種が登場。
  • 2002年
    • 携帯電話の番号に、「080」が追加される。
    • J-フォングループの持株・事業会社をJ-フォン株式会社に一本化。
    • J-フォン、第三世代携帯電話であるW-CDMA方式「ボーダフォングローバルスタンダード(VGS)」(現・SoftBank 3G)を開始。
    • J-フォン、ムービー写メールサービスを開始。
    • J-フォン、携帯電話初のQVGA液晶の機種を発売。
    • KDDI、着うたサービスを開始。
    • 4月1日 KDDI/沖縄セルラー電話連合(各au)、cdmaOne方式の発展型第三世代CDMA2000 1xRTT方式「CDMA 1X」(現・au 3G)開始。
  • 2003年
    • J-フォン株式会社、ボーダフォン株式会社に社名変更。
    • KDDI・沖縄セルラー(au)、PDC方式終了。
    • NTTドコモ、携帯電話初の指紋認証対応機種を発売。
    • J-フォン、携帯電話としては世界初の100万画素カメラ対応機種を発売。
    • 11月28日 KDDI・沖縄セルラー(au)、CDMA2000 1x EV-DO方式「CDMA 1X WIN」(現・au 3G)開始。これに伴い携帯電話初のパケット定額制を導入。
  • 2004年
    • NTTドコモ、携帯電話初のおサイフケータイ対応機種を発売。
    • 11月1日 道路交通法が再度改正され、運転中に携帯電話を使用した場合の罰則が強化される。なお、自転車についても東京都では同様の規制があり、5万円以下の罰金となる。
  • 2005年
    • 3月31日 NTTドコモ、プリペイド式携帯電話の新規受付を終了。
    • 10月1日 ツーカーグループ3社(株式会社ツーカーセルラー東京、株式会社ツーカーセルラー東海、株式会社ツーカーホン関西)がKDDIと合併。事実上、KDDI へ吸収され、それ以降は2008年3月31日のサービス終了(停波)まで同社の移動体通信事業のブランドとなる。
  • 2006年
  • 2007年
  • 2008年
    • 3月31日
      • KDDI ツーカー事業がサービス終了。
      • ソフトバンクモバイルがPDC(第2世代)サービスの新規受付を終了。
    • 7月1日 NTTドコモグループが統合し全国一社体制になる。
    • 7月11日 ソフトバンクモバイル、iPhone 3Gを発売。
  • 2009年

2010年代

  • 2010年
    • 3月31日 ソフトバンクモバイルがPDCサービス終了。
    • 4月1日 NTTドコモ、Android搭載のXperia SO-01Bを発売。
    • 12月24日 NTTドコモが3.9世代通信サービスXi(クロッシィ)LTE方式)サービスの提供を開始。
  • 2011年
    • 2011年度の国内携帯電話端末のスマートフォンの出荷台数が2417万台に達し、総出荷台数の56.6%がスマートフォンとなりフィーチャーフォンの出荷台数を上回った。
  • 2012年
    • 3月31日 NTTドコモがmova(PDC方式)サービスを終了。
    • 7月22日 KDDI/沖縄セルラー電話連合(au)、旧800MHz帯エリアの停波、およびcdmaOneの全サービスの終了、およびCDMA 1Xの音声サービスの終了。
    • 9月21日 KDDI/沖縄セルラー電話連合(au)とソフトバンクモバイルがLTEサービスを開始。
  • 2013年
    • 11月 これまでPHS専用だった電話番号特番の「070」が、携帯電話で公式に使用開始(割当自体は2013年当初より開始)。
  • 2015年
  • 2016年
    • 9月13日 ソフトバンクが大容量のデータ通信ができる料金プラン「ギガモンスター」受付開始。後に、その他の大手2社も同様のサービスを展開。
  • 2018年
    • 3月31日 ソフトバンク・ウィルコム沖縄がPHSの新規契約受付けを終了。

端末

日本の音声通話端末は、1990年代は、ストレート型フリッパー型が主流だった。それまで折りたたみ型はあまり存在しなかったが、2000年頃から人気が上昇し始めた。2002年には各キャリアがカメラ付き携帯電話をラインナップのメインに据えたため、大画面化に有利な折りたたみ型が主流となり、ストレート型は少なくなっていた。ビジネスユースが主流だった時代は携帯電話機の本体色に使われる色は黒色系がほとんどを占めていたが、パーソナルユースの普及率の増加に従いカラー・バリエーションが展開されるようになった。2003年頃からは、折りたたみ型の画面側が回転する回転2軸ヒンジ型の形状や、メインディスプレイが常に外側を向くスライド型回転型(リボルバー型)が増え、2006年にはワンセグ対応機種の登場にともないサイクロイドも現われた。また、上記の基本形状の他にも、サブディスプレイや外部アンテナの有無、バッテリーの位置などさまざまな形状がある。音声通話端末でも、別売りのケーブルを使う事で、多くの端末でデータ通信も行う事が出来る。

以前は音声通話に適した端末が主流だったが、データ通信に特化した形状の端末も利用者が増えている。そのような端末で音声通話を行う時は、ほとんどパソコンやPDAに専用ソフトを入れてヘットセットを使い通話、又は音声通話に対応していないのも存在する。通信端末は、PHSの方が先行して発展している。第2世代移動通信システムが主流だった頃は、9.6kbpsや28.8kbpsなど低速で通信料金も従量制が主流だったが、第3世代移動通信システム以降のサービスが主流になってからは下り14Mbpsなど、モバイルブロードバンドと呼ばれる高速な通信が主流になり、通信料金が定額制なのが主流になっている。その反面、意図的に速度を抑える事で安価に提供するのも存在する。

また、通信モジュールも存在し、モジュール単体では使わず、自動販売機などに組み込んで使う。取り外しを考慮していないのが多いが、PHSにはW-SIMの様に差し替えて使う事を前提としたのも存在する。

プラットフォーム

プラットフォームに関しても、日本は独自の発展をしてきた。

OS

日本の携帯電話のOSには長くリアルタイムOSTRONシリーズが採用されてきたが、高機能化に伴い、汎用OSが採用されるようになった。その代表格であるSymbian OSやLinux、BREW(←REX OS)などを携帯電話に搭載する動きは世界的な傾向になっている。なお、日本以外の携帯電話では、iTRONの採用は、最初からほとんどない。

日本語入力

日本の携帯電話特有の機能として、日本語入力に関連するソフトウェアが挙げられる。限られたキーで五十音の入力を可能にするため、「1」のキーに五十音図のあ行の文字、「2」のキーにか行の文字などを割り当て、トグル入力2タッチ入力(ポケベル打ち)、フリック入力などの方法で入力させる。

入力した文字列はかな漢字変換することができるほか、辞書や過去の入力履歴から入力を省力化できる入力予測が搭載されている。この二者を処理するソフトウェアとしてジャストシステムのATOK+、オムロンWnnシリーズ、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズPOBox(Wnnシリーズとの組み合わせ)などがある。過去には東芝Mobile RupoシャープケータイShoin(基幹エンジンは富士ソフトFSKAREN)などワープロ機に由来するものもあった。

またフォントも、字体の多様な日本語にとっては重要である。代表的な製品としては、シャープLCフォントNECのFont Avenue等があるほか、モリサワ新ゴ新丸ゴが携帯電話用に移植され、アンチエイリアス機能を合わせて搭載することで、ただ表示するだけではなく綺麗で見やすいフォントを採用するという動きもある。

サービス

2001年には通信速度の高速化、電波利用効率の更なる改善、通話・通信品質の向上、国際ローミングサービスの拡充などを目的としたCDMA方式の第三世代携帯電話(3GFOMAW-CDMA方式)サービスがNTTドコモにより開始された。2002年にはKDDIがCDMA2000 1xのサービスを開始。

なお、日本以外ではアナログ式が残る地域(例・北米)も存在する。

日本での携帯電話事業者は、2016年9月現在、いわゆる大手3社と、格安スマホの事業者とに分けることができる。格安スマホの場合は、回線は大手3社のもの(これをMNOという)を事業者が借り受け(これをMVNOという)、MNOがやるような自前の基地局やネットワーク網を建設せず、設備投資などの必要が少なくて済むことによって低価格によりサービスを提供することが可能であるとしている。

2018年現在、MVNOで格安スマホのサービスを行っている会社の多くはNTTドコモの回線を借り受けており、KDDIはmineoとUQモバイル2社のみ。ソフトバンクは、ワイモバイル以外の外部格安スマホ事業者への貸し出しはしていない。

格安スマホ

出典:

このうち大手の3社は携帯電話事業者は、当初地域ごとに別の会社でなければならなかった。その後各社ともに全国地域会社を統合している。

当初、BBモバイルイー・モバイル(当時は、イー・アクセス傘下の企業)が1.7GHz帯W-CDMAアイピーモバイル2.0GHz帯(TDD)・TD-CDMA方式による新規参入を表明、2005年9月に基地局の免許を申請し、フィールドテストなどが行われた。同年11月にはこの3社に対し総務省が参入の認定を行い免許を交付した。

その後、BBモバイルは当初、2007年4月1日にサービスを開始する予定であったが、ボーダフォンを買収し、その既設施設と割り当て周波数帯を利用するため、2006年4月ソフトバンクに交付された免許の返上を申し出た。そして2006年10月、ボーダフォンをソフトバンクモバイルへ商号変更・ブランド名をソフトバンクとし事業を展開した。

イー・モバイルはHSDPAにより2007年3月31日にデータ通信専用型サービスを開始した。

電話サービス

日本国内では、料金制度として、月額基本料に無料通話分を含んだパック料金がある(SoftBankのホワイトプランなどを除く)。また、料金前払いのプリペイド式携帯電話もある。国外では、固定電話よりも普及の早い発展途上国もあり、時間貸しの公衆電話としての利用もある。

日本の場合、電報コレクトコールダイヤルQ2ナビダイヤル等、テレドーム等は、全部または一部の事業者から利用できないものがある。また、フリーダイヤル等は掛ける先(着信)側での契約がされていないと掛けられない。新幹線公衆電話秋田山形新幹線を除く)からはNTTドコモ以外の事業者には発信できない。

また、留守番電話転送電話機能やキャッチホン機能を備えたサービス・端末が一般的である。

料金形態

音声通話の場合は通話時間、データ通信の場合は通信時間またはデータ量で算出される。また、世界的に早い時期にデータ通信(パケット通信)の定額制を導入している(NTTDoCoMoパケ・ホーダイau by KDDIEZフラット2004年8月からダブル定額/ダブル定額ライト)、SoftBankパケットし放題(旧Vodafone時代のデュアルパケット定額))。

最近では、音声通話の定額制も一部で始まっており、大々的にCMを行ったため話題を呼んでいる。

欧米の事業者は、周波数使用権をオークションで購入する費用、日本の事業者はインセンティブに多額の費用を負担しており、両者の料金を単純に比較することはできない。

デジタル化後の動向

thumb

現代の携帯電話端末では着信の際、発信者が非通知設定・通知不可能・公衆電話発信の回線等でない限り、ディスプレイに発信者番号が表示される(固定電話のナンバーディスプレイと同等の機能)。また、端末の電話帳機能に登録している番号に合致した場合には、登録した名前も表示できるものもある。この機能を悪用した、ワン切りという問題がある。

着信音に用いる音楽着信メロディ、操作しない状態でディスプレイに表示されている画面を待受け画面と呼ぶ。最近では着信音を歌唱音声を含めた音楽データ(着うた)に設定できる機種もある。現代では着信番号に連動して、着信時の演奏曲を設定できる機能がほとんどの端末にある。

2000年頃からの携帯電話は多機能化しており、インターネットに接続できる機種(iモードEZwebYahoo!ケータイなど)や、デジタルカメラを内蔵して静止画を撮影可能な機種写メールiショットフォトメールなど)、さらには動画撮影ができる機種(ムービー写メールiモーションムービーメールなど)、アプリケーションをダウンロードして実行できる機種(iアプリS!アプリEZアプリ(Java)EZアプリ(BREW)(現・EZアプリ(B))オープンアプリプレイヤー(のちEZアプリ(J)に発展) など)も多い。一部、テレビ電話も出来るようになった(FOMA/SoftBank 3G/CDMA 1X WIN)。

一方、多機能化により2003年頃から、電話機に組み込まれたソフトウェアの不具合(バグ)が頻発しているが、キャリアショップへの持込みによるソフトウェア書き換えの導入や、エアダウンロードによるネットワーク経由でのソフトウェア更新技術の導入により端末の回収、全交換に至るものは減少している。ただし、ソフトウェアの書き換えに失敗した場合、移動機内部のデータ消失や起動不可能になるケースもあり、万全の準備をして手順どおり書き換えを行うべきである。

2006年にワンセグ放送が始まったのに伴い、ワンセグ対応端末も発売された。放送開始時はP901iTVW33SA905SHの3機種が販売された。

なお、2002年頃からの動向としては以下があげられる。

SIMロックと解除

thumb

総務省は、2010年4月に主要携帯電話4社(NTTドコモ、KDDI/沖縄セルラー電話連合、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル)、消費者団体、端末製造業界代表、MVNO1社を呼び、携帯電話のSIMロック解除について公開ヒアリングを行った。さらに、SIMロック解除についてのガイドライン案を5月に発表し、これに対するパブリックコメントの受付を行った。そして、6月30日には、SIMロックの解除についてのガイドラインを発表した。これによると、通信事業者の自主的取り組みにより、2011年4月よりSIMロックの解除を行う、というものであり、法的な強制力の伴わない規制となっていた。

2014年6月、総務省は2015年度にもロック解除を義務付ける方針を固めたと報道され、7月には2015年度にも解除を義務付けると正式に発表された。そして2015年5月1日以降に発売された携帯電話は、ごく一部の例外機種を除きSIMロックを解除できるように義務付けられた。

ビジネスモデルにおける問題点

この項には、主に通信インフラや通信キャリアが関係するビジネスモデルの問題点について記述する。

2年縛り

2年縛りとは、2年間の契約を約束するという契約ルールの一種だ。日本における2年縛りの本質は、各種割引サービスを受けることと引き換えに、「2年以上の長期契約を約束する」という条件が付加され、解約は25ヶ月目の1ヶ月(最長でも2ヶ月)という短期間のみ、無料で契約を解除できる。

日本で問題視されているのは、この「契約を解除できる条件」の部分だ。契約を無料で解除できるのはあくまで25ヶ月目となっており、少しでもうっかり忘れて過ぎた26ヶ月目以降は再び2年縛りが再開され、次の2年契約満了である49ヶ月目までは解約金が要求される形となる。

このシステムは、2007年(平成19年)8月22日に、NTTドコモがひとりでも割50として提供開始した。翌月2007年9月1日にはKDDIが誰でも割として提供を開始した。

2007年、ソフトバンクが提供し始めた「ホワイトプラン」は、当初「25ヶ月目以降は解約違約金は不要」(2年2ヶ月以上契約し続ければ、いつでも違約金が不要)で解約が可能としていたが、2010年4月に「ホワイトプランN」と改称し、更新月以外の解約時に違約金が必要なシステムに改悪した。それ以降、NTTドコモ・KDDI・その他事業者(いわゆる「格安スマホ」を提供する全事業者)もこれに追随する形で「更新月以外の解約に違約金が必要」なシステムを基本とするようになった。

このシステムの特徴は、2年〜10年以上にわたり長期間契約し続けても、違約金は減額すらされないことにある。これは「2年縛りの満了後、直後の1ヶ月間のみ無料で解約する猶予がある」ものでしかなく、その1ヶ月の猶予を過ぎた時点で2年縛りを再開する。

なお、無料解約の猶予期間(更新月)以外で解約すると、各種割引サービスに応じ、最低10,260円(消費税8%込、税別9,500円)以上の解約違約金手数料を課するうえ、違約金の上限に制限がないことと、違約金の「前払い」を一切受け付けない(「解約時の一括払い」でしか受け付けない)ため、高額の負担を強いることになる。

2012年(平成24年)には、この「2年縛り」による契約システムが不当だとして、KDDI(au)を相手取った裁判を起こし、解約金の一部を返金するよう原告の訴えが認められた例があるが、ドコモを相手取った裁判では「2年縛りは有効」とした。

2014年(平成26年)、この問題を受けた総務省は「2年契約満了時にはいつでも無料で解約できる」よう、各社に「要請」する方針を明かした。

これらを受け、2015年(平成27年)に総務省が、大手3大キャリアに対し、「2年縛り」の撤廃・利用者へ「2年縛りの期間が満了する通知」を命令し、まずNTTドコモが契約満了月の解約料無料期間の猶予を「1か月から2か月に延長」することを決め、2年縛り終了後に「縛りのない料金プラン」を選択できる発表した。2年縛りコースを継続した場合の違約金は、従来通り減額はされない代わりに、24ヶ月ごとにdポイントを付与するコースとなった。

対して、au・ソフトバンクは月324円(税別300円)の上乗せと引き換えに、「3年目以降の解約違約金が不要」となるプランを発表した。このプランは過去2年以上の利用分や実績を一切考慮しておらず、新規で2年以上契約するよう変更する必要がある。このプランで契約した場合、最低32か月 = 2年8ヶ月以上契約し続けることで「違約金に相当する差額10,368円(税別9,600円)」を分割で支払うことになるが、33ヶ月目に入っても差額の上乗せ分が廃止されないまま支払い続けることになる。

2018年(平成30年)6月6日、総務省はNTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社に対し、2019年(平成31年)3月末までに「違約金及び25か月目の通信料金のいずれも支払わずに解約することができるよう措置を講ずること」と要請したが、2年縛りや違約金の規制を命じる強制力がないため、2017年末においてもなお、具体的な法規制は進んでいない。

この2年縛りは、通称「囲い込み」ともいわれている。

誤解を与える「実質0円」

通信キャリアで携帯を購入する際に、端末商品と広告で「実質0円」と強調する商品が数多く存在する。

これらの端末はもちろん無料なわけがなく、実際は「2年以上の契約」(2年縛り)と、「割高なプラン契約」を条件とした上で、毎月の使用料金の割引額から差し引いて、2年契約満了時に割引総額から、端末分の料金を支払う分割払いの仕組みのことを指す。

いわゆる「本体価格の見た目は0円」でも、最低2年間は分割払いで負債を抱え、信用情報に掲載されることになる。そのため、2年契約満了前に機種変更や乗り換えなどをすれば、本体分の債務(残額の支払い義務)が発生するのが、『一括0円』との違いである。

これを知らずに「端末が無料で手に入る」と誤解し、「実質0円」の端末を購入する初心者が多いといわれている。また端末そのものの値段や、通信料が「本当に安いのか」判断しにくくなる問題もあるが、結局のところ、消費者から見れば(全体的な総額として)決して安いといい切れない面がある。

またソフトバンクの場合、2013年決算では1兆円の営業利益を上げたが、キャリア側は実質0円にできるほど携帯料金や違約金を自ら負担しているにもかかわらず、これ程までに膨大な利益を出しているのは異常かつ、通信料金に機種代金を上乗せしているのではないかという指摘もされている。

代理店による「頭金」

一般的な意味での頭金は、商品を分割払いで購入する際に、購入商品の代金の一部として最初に支払う金銭である。しかし、携帯電話の販売においては、分割・一括といった支払い方法に関係なく、携帯端末の販売価格や機種変更手数料などの必要経費とは別に「頭金」と称して、携帯端末支払額を上乗せして請求されることがある。

この「頭金」は販売代理店の販売業務に対する手数料や、代理店独自の販促イベントやセールなどの原資という名目のもとに、代理店の裁量で決められるため、金額の幅が非常に広い。全く請求されない場合もあれば、端末代金の一括払いや2年縛りの割引サービスに加入するといった比較的軽度な条件で免除されるケース、悪質な場合だと「頭金」について一切言及せず、合算した金額を提示したり、「頭金」の免除と引き替えに有料コンテンツへの加入やオプション商品の購入を迫るなど、実態や形態は様々である。

なお、この「頭金」は通信キャリアには入らず、代理店の収入となるため、通信キャリアの直営店や公式オンラインショップではそもそも存在しない。しかし、多くの消費者には通信キャリアの名を冠した公式ショップ(docomoショップ、auショップ、SoftBankショップなど)には「直営店」と「代理店」(フランチャイズ店)の2種類があることはあまり知られておらず、そもそも直営店の数自体も国内数箇所の大都市に1店舗ずつなど非常に少ない(「直営店」と「代理店」にしても、店舗や看板のレイアウトが統一されているため、店舗の外見上では判別できない)。

またこれらの公式ショップに限らず、家電量販店や大型商業施設の携帯電話コーナーも「代理店」の扱いとなるため、最寄の店舗などで購入していれば、程度に差はあれど知らず知らずのうちに支払っている可能性が高い。

本来、同じ商品であっても店舗によって販売価格が異なるのは、携帯電話に限らず多くの物品においてごく当たり前のことだが、携帯電話の購入においては、こうした店舗による価格差を、一般的な意味とはかけ離れた独自解釈の「頭金」によって形成していることで、最終的に支払うべき金額が分かりづらくなっている。

高額なキャッシュバック

キャッシュバックとは番号ポータビリティー (MNP)乗り換えと、2年以上の契約などの条件の上で、端末料金の一部が払い戻されるサービスのことを指す。

NTTドコモiPhone 5sを取り扱い初めた時期から、このキャッシュバックの額が年々上がる傾向があり、端末1台のキャッシュバックが平均7〜8万円に上るケースもあった。高額化したキャッシュバックを利用して、多数の携帯電話を契約して、キャッシュバックを稼ぐ者もいた。

2014年時点で、MNP利用者は550万人おり、携帯電話全体の契約数からすると、5パーセントに相当する。このMNP利用者に、年間およそ3,400億円のキャッシュバックが支払われており、残りの契約者である95%が、この金額の穴埋めをすると、一人あたり年間2,800円となる。これは5%のユーザーのために95%のユーザーが、1人2,800円ずつ出しあってMNP利用者に流れている事情がある。

これは、いわゆる短期契約者が得をし、長期契約者が損をする全体像を表している。長期間に渡って携帯電話を契約している利用者から不満が募っていたため、まずは「代理店・販売店業界の自主規制」という形で、2014年(平成26年)2月に販売規制がかかり、電気通信事業者協会は2014年(平成26年)4月1日から、毎月のMNP移動数の公表を終了し、四半期(年4回)おきに公表する方式に転換した。

総務省も2016年(平成28年)2月に、過度なキャッシュバックをやめるよう、携帯電話事業者や販売店に通達を出した。もし従わない場合は、新たな携帯電話周波数帯の割当てをしない方針としているため、キャッシュバックによる新規顧客獲得競争は沈静化した。

高額な料金システム

日本の携帯電話・スマートフォンを扱う3キャリアの基本料金プランは、「2GBで8,000円以上」のように、最低でも月額数千円単位の高額な選択肢しか用意されておらず、基本料金の「下限」を非常に高く設定している一方で、「上限」については明確に制限していない。そのため、パケット通信の少ない利用者(2GBまで使用しない利用者)が上限価格の料金を負担するのは、利用実態と料金がかけ離れている問題がある。

これを懸念した総務省は、2016年度にも「データ通信量の少ない利用者に、上限が低額のプラン」を提供するよう義務付ける方針を発表した。これに対して、ソフトバンク・KDDIは1GB・2,900円のプランも導入、5分以内の通話が無料のプランを利用した場合の月額が5,400円(税別5,000円)を切るようになった。対して、NTTドコモは家族間で使えるプランの拡充のみに留めた。なお、3社ともこれらのプランでは端末代の値引きサービスが受けられなかったり、値引き額が減額されたりする場合がある。

その一方、ソフトバンクは、2016年9月8日に「月6000円で20GB通信可能のプラン」を発表した。スマ放題ライトとギガモンスター20GBの組み合わせで、月8,640円(税別8,000円)でスマートフォンを利用することができる。NTTドコモとauも追随。大容量向けプランを拡充した結果、低額プランの割高感が際立つ格好となった。

また、3キャリアとも横並びの同じ料金設定となっているため、消費者側の選択肢がなくなっている問題も指摘されている。

複雑な契約内容

日本のキャリアから販売される携帯は、料金や契約内容が複雑な傾向にある。これに関しては、店側の説明を受けても前知識がなければ難解な内容であり、店側では「できれば説明したくない」という思いが働くが、一方で契約者側も「専門用語が多いため、説明を聞いても理解できない」という思いも働くことで合致する。

契約側の理解が曖昧なまま話が進んだ結果、月額料金や実質価格ばかりに気を取られ、年間の総額はいくらになるかを意識しないユーザーが後を絶たない。これは、2014年4月以降消費税分を含む総額表示義務が廃止されたことで、(消費税分に相当する数百円~数千円単位の差額も無視できないため)最終的な「消費税・諸経費込みの支払総額」が判別できないことも起因している。

その後、携帯の解約に踏み切る時に、「2年縛りで解約できない」などの契約内容に引っかかり、後から携帯料金の総額を意識してトラブルに発展するケースもある。

プランの難解さゆえに、さらに悪質な場合は、店員が知識不足で間違った説明をすることも多くある。

アップデートの障壁

日本のスマートフォンは、Androidがアップデートされにくい傾向がある。これは、日本の「おサイフケータイ」「ワンセグチューナー」やキャリアアプリなど、独特でガラパゴススマートフォン仕様に、OS側の対応が追いつかないためで、日本のAndroid端末のアップデートは、諸外国に比べて半年や1年以上遅れるのも恒常化している。

最悪の場合、発売当初のOSバージョンから、一度もメジャーアップデートが配布されず、端末サポートが終了してしまう、いわゆる売りっぱなし問題も起きている。

本来Androidは、SDKから新バージョンが公開されれば、メーカー側は数週間以内にOTAアップデートを配布することが可能で、Android自体のアップデートは迅速に行われているが、ガラパゴスな日本市場では、メーカーとキャリアの都合でアップデートされないことが多いとされる。

一方で、iPhoneが搭載しているiOSについては、世界とのアップデート遅れは発生していない。

通信品質の不透明さ

LTEの普及に伴い、携帯キャリア各社は、通信品質と利用可能なエリアに関して「つながりやすさNo.1」「最大xxMbps」などと謳う宣伝合戦が行われるようになった。

しかし、これらの具体的なデータ収集方法や、利用可能なエリア(町・村・離島での利用の可否)は公表されておらず、一定の基準すら設けられていない。そのため、キャリア各社は「理論上(ベストエフォート)の最高速度」のように、自社に好都合な解釈によるデータしか公表しないため、総務省の指導が入り、この手の広告に対して規制がかかった。

そのため、電波が混雑する都市部・曜日・時間帯によって、公表値と実感する速度が、かなりかけ離れる。また、高速データ通信で利用可能なエリアも、一部の都市部に限られるため、利用者の苦情も増えている。

APNロック

日本の携帯電話の多くは、テザリングをONにするとキャリアのAPNに強制変更され、他社のAPNが利用できない仕様になっている(NTTドコモのスマートフォンの場合、spモードでロックされる)。この仕様を備えた携帯電話端末では、MVNOや日本国外のSIMカードでテザリングが利用できない問題がある。これはSIMロックを解除しても、APNだけは引続きロックされたままになっているため、消費者から利便性を奪っている旨の指摘がされている。

キャリアの後出しによる契約違反

広告上で「データ通信量無制限」を謳っていたにも拘らず、後で米印を付け加え、速度制限をかけるよう一方的に契約内容を変える場合もある。

クーリングオフの適用

「速度が出ない」「電話料金が高い」など契約上のトラブルが多く見られることから、総務省電気通信事業法を改正し、2015年までにクーリングオフ制度の導入し、2015年(平成27年)5月22日に改正案が成立し、2016年(平成28年)5月21日に「初期契約解除制度」と「確認措置」の制度が施行された。

多機能化

日本の携帯電話は着信メロディやボイスレコーダーなどの音声機能、動画再生やデジタルカメラなどの映像処理機能、スケジュール管理をはじめとするPDA的な機能など様々な機能が搭載され、ネット端末としての機能も強化を続けている。その多くは携帯電話に特化した仕様で、スマートフォンを除いてパソコンやPDAとは互換性がないことがしばしばある(携帯専用サイトなど)。日本の携帯電話はワンセグ・着うた・おサイフケータイといった日本特有のサービスに対応し、日本独自の発達を遂げている(日本の携帯電話が日本国外と隔絶した形で多機能化を続けたため、半ば揶揄的にガラパゴスケータイと称されることがある)。携帯機器の項目も参照。

メインディスプレイの大きさや解像度が他国のものを大きく凌いでいるのも特徴である。2008年現在、日本と韓国以外の地域では音声端末で2.0インチ前後のQVGAクラス、スマートフォンでは3.0インチ前後のハーフVGAからVGAクラスが主流であるが、日本国内では、3.0インチ以上でかつフルワイドVGAクラスが主流になっている。

ビジネスモデル

日本の携帯電話のビジネスモデルは垂直統合モデルと呼ばれる。これは通信事業者が指導的立場に立って端末やサービスの仕様を決定し、端末メーカーやコンテンツプロバイダはこれに従うというものである。端末やコンテンツが事業者ごとに囲い込まれるため、新機能や新サービス、またそれを生かしたコンテンツを足並みをそろえて速やかに普及させることができる。

また、端末は事業者を通じて販売され、その後の料金収入を当て込んだ多額のインセンティブによって端末販売価格の大幅な値引きが可能となるため高機能端末の普及も促進される。しかし、利用者が事業者と端末の組み合わせを自由に選ぶことはできない(番号ポータビリティで自由化したのは電話番号と事業者の関係である)し、ある事業者のもとで提供されているコンテンツ(たとえばJavaアプリ)を他の事業者で利用することも難しい。

このようなビジネスモデルの違いにより、日本と世界では端末やサービス、ひいては携帯電話を取り巻く文化に至るまで、ガラパゴス化ともよばれる大きな違いが生じている。

一方、近年の日本ではインセンティブに頼る端末販売政策の限界(市場の飽和による新規契約数の頭打ち傾向)や矛盾(SoftBank 3G端末のSIMロック解除目当ての短期解約や転売)、寡占構造による市場構造の固定化などの弊害にかんがみ、2007年、総務省はモバイルビジネス研究会という諮問グループを設置し、市場活性化についての答申を行わせた。モバイルビジネス研究会は2007年9月に最終報告書をまとめたが、その報告書において、従来型の端末販売奨励金を中心とした販売の見直しの必要性を指摘した。

この答申結果にもとづき、総務省は2007年10月に端末販売奨励金つきの従来型契約と端末販売奨励金なしの端末費用と通信費用の分離型の契約の2つをユーザーが選択出来るようにするべきであるというガイドラインを打ち出した。この総務省ガイドラインを受けて、ドコモおよびKDDIの2社は新しい料金プランを発表した。ソフトバンクモバイルは、総務省方針にさきがけ端末費用を月賦払いできるようにしていた。

仮想移動体通信事業者

仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator:MVNO)は、携帯電話やPHSなどの物理的な移動体回線網を自社では持たないで、実際に保有する他の事業者から借りて(再販を受けて)、自社ブランドで通信サービスを行う事業者のことであり、2001年日本通信を皮切りに始まった。現在では携帯電話の3社独占を危惧した総務省でもその競争促進のためにMVNOを促している。2009年3月には日本通信がNTTドコモのFOMAハイスピード網において、レイヤー2でのMVNO契約を取り交わし、MVNOから他のMVNOへ回線の再々販といったこともおき始めている。当初はPHSのMVNOが多かったが、現在では3.5世代携帯(HSDPA)網を利用したMVNOが増えてきている。主にMVNOはインターネットサービスプロバイダが多かったが象印マホービンのポットの利用状況遠隔監視のみまもりホットラインや高級携帯電話VERTUといった、既存の携帯電話事業者では提供できないようなサービスが始まっている。

2009年7月1日時点で42社がMVNOとなっている。

端末市場の縮小と業界再編

携帯電話においては、幾度かの端末業界再編が実施されてきた。まず2000年から2002年にかけての第2世代から第3世代への過渡期には、第3世代対応端末の開発費用が第1世代及び第2世代に比べて大幅に上昇したことを受け、パイオニアデンソーケンウッド日本無線日立国際電気等が携帯電話事業から撤退していった。

更に2007年には、総務省がこれまでの端末価格を抑える代わりに利用料で元を取る従来プランをやめ、月々の通信費用負担を抑えるかわりに端末の実勢価格を払う(一括・月賦払いを選択可能)、新しい料金プラン(分離型プラン)についての意見をまとめた。2008年は、3大キャリアのいずれもが、端末販売奨励金を廃止した分離型プランと、端末販売奨励金付きの従来型プランを並行して販売したが、大多数のユーザーは、分離型プランを選択したと報じられている。この為、必然的に、ユーザーの端末調達コストは跳ね上がり、分離型プランの2年縛り条項とあわせて、端末の買い替え間隔は、従来より大幅に伸びている。このため、既に飽和に近い携帯電話保有率と併せて、ここ数年、5000万台弱前後で推移してきた国内年間販売台数は、2007年をピークとして、以降減少に転じ、MM総研の調査データによると、2008年度3578万台、2009年度3440万台を記録した。

このような市場環境の変化にともない、将来展望が描けないことから、下位端末メーカーの中には、携帯電話製造からの撤退を発表するところも出てきた。2008年4月には、京セラが三洋電機の携帯電話事業を427億円で買収した。また、2008年3月には、三菱電機が携帯電話事業からの撤退を発表したほか、ソニー・エリクソンが端末納入計画を見直していると発表された。さらに世界市場首位のノキア(当時日本でのシェア1%程度)も、世界金融危機による世界的な端末需要の減退、スケールメリットと市場将来性の見込めないことなどを理由として日本市場に見切りをつけ、超豪華端末ブランドのVertuを除く、NOKIAブランドの日本市場向け端末開発から撤退することを、2008年10月に発表した。また、モトローラも2007年以降の業績不振により2009年2月27日をもって日本国内向け携帯電話事業から撤退している。また、東芝は日本国内での携帯電話市場の将来性が見込めないことから、2009年10月以降は携帯電話の国内生産からの撤退することを2009年5月に発表し、端末納入計画を見直すこととなった。

さらに端末メーカーの業界再編の流れは続き、2009年12月に、NEC、日立製作所、カシオは、それぞれの携帯電話事業を統合する事を発表した。新会社、NECカシオ モバイルコミュニケーションズは、2010年6月に発足した。続いて、2010年6月には、富士通東芝が同じく携帯電話事業を統合すると発表し、2012年4月に富士通モバイルコミュニケーションズが発足した(2016年2月に、富士通本体の携帯電話部門が新設会社の富士通コネクテッドテクノロジーズに吸収分割で移行したため、富士通モバイルは、富士通コネクテッドの子会社となっている)。2013年にはパナソニック モバイルコミュニケーションズとNECカシオ モバイルコミュニケーションズが国内向けスマートフォンから撤退した。かつて11社存在した国内携帯電話メーカーは、2018年時点で、シャープ富士通コネクテッドテクノロジーズ (NTTドコモ のみ)、ソニーモバイルコミュニケーションズ京セラ の4社に集約されている。

文化

日本語で携帯電話は、文字通りに「携帯電話」と呼ばれるが、しばしば省略された片仮名「ケータイ」という名称で一般に知られている。日本に在住する人口の多くが携帯電話を所有し、その大部分は現在ではデジタルカメラ機能を始めとする拡張機能が備わっている端末である。このように多機能化した携帯電話を大部分の人口が有する日本の事情から、国際的に見ても特異な携帯電話文化が日本には生まれた。

スマートフォン

日本では特異な携帯電話文化が発達する中、W-ZERO3シリーズなどWindows Mobileベースの日本独自のスマートフォンも開発されたが、操作が煩雑、日本特有の携帯コンテンツに対応していないなどの理由から、スマートフォンは「ニッチ市場」と言われていた。

しかし、アップルのiPhone 3Gが、ソフトバンクモバイルより発売されると、日本のスマートフォン状況は一変し、約60万台の出荷台数を記録するスマッシュヒット(正確な数は分からないが、一部は中華人民共和国等への世界へ転売目的で購入されていた)となり、スマートフォンに注目が集まることとなった。

iPhoneの後を追って、Touch ProBlackBerry BoldTG01HTC Magicといったグローバルモデルのスマートフォンが日本でも発売された。ただこれらの商品は注目はされたものの、ヒットとまではいかなかった。

2010年以降、シャープソニーエリクソンパナソニックなどのメーカーによってAndroid搭載の日本産スマートフォンが開発された。これらは前述の日本特有の携帯コンテンツ(キャリアメールワンセグおサイフケータイデコメなど)がそのまま使えることもあり(→ガラパゴススマートフォン)、スマートフォンへの乗り換えが急速に広まった。

iPhoneについては、2011年にiPhone 4Sがauから、2013年にはiPhone 5SがNTTドコモから発売されたため、2013年8月までの調査結果では、日本国内のスマートフォンとタブレット端末OSにおけるiOSの比率は47.4%となり、Androidは48.6%だった。

2013年3月現在の調査では、個人用で所有している携帯電話の40.9%がスマートフォンとなっている。

データ通信

今までは携帯電話(音声端末)を主軸においており、かつてはデータ通信はPHSが主流でかつ一部のマニアが利用する程度であったが、イー・モバイルの3Gデータ通信参入と低価格ネットブックの日本国内市場参入と併せて、USBスティック型データ通信端末とネットブックのセットが、携帯電話販売店や家電量販店でインセンティブにより非常に安価に購入できる状況で、一部の一般ユーザーを取り込んでいる。また、NTTドコモもイー・モバイルへの対抗策として同等の手法をとっており、2社の間でのデータ通信シェア争いとなっていた。

また、ニンテンドーDSPSPiPod touchなどのWi-Fi携帯機器の登場により無線LANが普及した為、ウィルコムとイー・モバイル、ドコモがモバイルWi-Fiルーターを発売した(ソフトバンクモバイルは、イー・モバイルMVNO契約との抱き合わせの形で、イー・モバイル向け端末のソフトバンクモデルとしてリリース)。

政治

青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律が2008年6月11日成立2009年4月1日施行された。法の施行後はその定めにより18歳未満の青少年が携帯電話を契約する場合、インターネット接続機能の付いた端末には予めフィルタリング(有害サイトアクセス制限)を導入する事が義務づけられた。フィルタリングは18歳未満の者は解除の申請が出来ず保護者が申し出た場合のみ解除する事が出来る。

3.9世代通信

日本の携帯電話の通信周波数は、諸外国よりも一足早く 3.9世代通信(NTTdocomo クロッシィ)に参入しており、2013年には音声通話サービスにも参入する予定である。

端末の分割購入と加入審査

日本の携帯電話会社(PHS含む)大手5社では、携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律により、本人確認を徹底する他、携帯電話端末を割賦販売により24ヶ月まで24回の分割購入出来る様になっており、同時に信用情報へ登録されている(クレジット審査をする会社も存在する)。また、携帯電話料金の未払い金が無いか、加入審査や分割審査(機種を一括で購入する場合は、携帯電話料金の支払審査のみ)も実施する。政府広報も平成25年1月28日に、携帯電話料金の未払いで信用情報に傷が付くと注意を促している。

日本における携帯電話』に 関連する人気アイテム

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70 Black-Red M70-BR

毎日使用する状況なので買い換えサイクルは短い方で、毎回違う商品に代えてましたが 満足出来るモノには出会えず…満足出来るモノは高価…て感じでしたが、コレを使用してからはリピートしてます。 100点とは言いませんが、これと言った欠点はなくベストバランスと言えるのでは…と満足してます(^-^)

最初に驚いたのが、説明書の少なさです。 ボタン説明と、注意事項があるくらいで、操作説明がほぼありません。 言語設定の方法やペアリングの方法は、ユーザーのQ&Aを調べて行いました。 製品自体は、音の方も普通にいい感じです。 やっぱり、説明書不足だけが惜しいですね。

5つ星のうち 5.0リピートです

(参考になった人 0/0 人)

リピートです。 当然ですが片耳用は反対の耳で外部情報を得るため。 この片耳用は音も満足だし、バッテリーのもちもいいし。 難癖をあえてつけるなら。 イヤーパットかな。 穴が尖った円錐形なら、さらに音漏れしないで、よく聞こえるのに…

子育てプリンシプル

『「他人の子育て」を人一倍やってきたプロが書いた教科書』。
自分が親になるまでに書いておきたかったというのが奥田健次先生らしい。

周囲(子どもを含む)や自分の感情に流されることなく、家族のあり方、教育の方針などしっかりとした土台を作る大切さがよくわかりました。

一貫性を持って子どもに対応するのは、実際にはすごく難しいと、肌に感じて知っているのですがその弊害がはっきり書かれているのでハッとしたところがあったり。

「子ども」と一括りにするのではなく、今の発達段階によって、要求の受け入れ方を変える必要があることも書かれていて、変えるところ、変えたらいけないところの判断がしやすくなったり。



まずは目の前の子どもの生活から、という基本を思い出させてくれました。

確かに耳ざわりがいい子育て本ではないですが(笑)、今までのやり方を否定されてでも成長したいと思っている親や教員には読む価値があると思います。

5つ星のうち 4.0シンプルプリンシプル

(参考になった人 4/4 人)

「いつどんなときも、都合や気分にも、世間の風潮にも惑わされず、一貫した態度で子どもに接すること」「家庭のルールを決めて、それを分からせること、守らせること」など、シンプルで強いプリンシプルが記載されています。シンプルですが容易ではありません。そのどれもが、実践しようとしたときに親自身が試されます。自分で決めたルールを守れるのか、それを子どもに示せるのか、言葉と行動で。
著者がまえがきで述べているように、本書の内容は「あたり前のこと」なのかもしれません。しかし、あたり前のことをあたり前に実践できている親は少数派だと思います。

「あたり前のことができないなあ、うちの子も、私も」と感じたことがある方に、ご一読をお薦めします。親子の成長を目指して歩んでいこうと思えるエネルギーを受け取れると思います。

余談。私は投資も行っているのですが、本書の内容の多く(子育てにとって重要なことの多く、ともいえる)は投資をする際のスタンスにも共通するものだと感じました。

『メリットの法則』を読み、もう少しこの著者の本を読みたかったので購入しましたが、期待していた内容とは少し違いました。
行動分析を取り入れた子育て法に関して読みたい人は、別の本をあたられたほうがいいと思います。

この著者のファンの方は、著者個人の思いの詰まった本なので、おもしろく読めるのではないかと思います。

私は、この著書からすると、子どもをダメにする親の典型のようで、自分のほうでもう少しマインドセットを変えないと、
こちらのプリンシプルは響きにくいです。



これまで多くの子ども達を助けてこられたようですが、成功談ばかりが大きい声で語られているようで、うさんくさく感じられ、
読んでいて安心できない、というか、大胆な(というか、荒っぽいというか)やり方をなさるので、上手くいかなかった場合は
なかったんだろうか、とか気になりました。失敗談も入ってたら、信用できたかもしれません。

日本における携帯電話』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.