新聞のまとめ情報

新聞』の解説

新聞(しんぶん)は、事件事故政治経済芸能やスポーツや国際情勢などの動向などのニュースを報じるためのメディアで、記事文章写真、図面などが新聞紙)に印刷され綴じていないものである。

「ポスト」を名に冠する新聞が存在しているのは、帝国郵便神聖ローマ帝国)が自前の新聞を発行していたことに由来する。

概説

新聞は世界規模の出来事から国内外、地域内、さらにはコミュニティの内部などの情報伝達手段として様々なものが発行されている。その中でも新聞社と呼ばれる新聞・報道を専門とした会社組織・報道機関が発行する新聞は情報の影響する範囲が広範囲であり、マスメディアと呼ばれる。影響力は発行部数にほぼ比例する。小さなコミュニティの内部にも存在する場合があり、例えば学校のクラス・部活動などで発行する学級新聞学生新聞、地域で発行する地域広報などがある。

File:Lisboa - Newspapers (1261040258).jpg|様々な新聞(リスボン

|ブランケット判新聞を広げた様子(バチカン紙)

File:Handelstidningens Veckoblad.jpg|紙質は悪く、古くなると変色する(スウェーデン紙)

新聞と社会

新聞は、取り扱う範囲内で様々な情報を盛り込むことを特徴としており、その対象層の中で広く読まれることや逐次性・速報性が重視されている。情報の伝達を使命としている点で同じ紙メディアでもそれ自体が強い個性を持つ書籍雑誌とは大きく異なる。そのため、使われる紙の質は悪く保存性は低い。

ラジオテレビ放送インターネットが発達した現代社会においては速報性で優位に立てず低迷傾向にありながらも利用者にとって取り扱いが簡便であることや共有性の高さなどから依然情報メディアとしての地位は揺らいでおらず、多くの人々にとって安価で多様な情報を入手するための有力手段の一つとして今なお存在感を保っており、概ねどの国でもある程度の規模の都市であれば鉄道駅商店・街頭で販売又は掲示されている様子を見ることができる。

Image:Street Scene - Salta - Argentina.jpg|売店販売

File:Man reading Las Últimas Noticias.jpg|現代文明社会では、多くの人々にとって安価で多様な情報を入手するための有力手段

File:Moffitt Library main entrance newspaper display boards 3.JPG|大学図書館前に掲出される新聞

File:Distributing newspaper extra 2 20100602.jpg|市中で「号外」を配布している様子

File:NYC subway riders with their newspapers.jpg|ほとんど場所を選ばず読みやすい(列車内)

制作過程

概ね下記のようになっている。

  1. 企画・構想
  2. 取材・撮影
  3. 記事執筆
  4. 原稿チェック
  5. 校閲 - レイアウト後の場合がある
  6. レイアウト - 見出し制作・価値判断も行われる
  7. 編集・割付・組版
  8. 校正
  9. フィルム・刷版制作
  10. 印刷
  11. 梱包・発送

前史

ローマ帝国期のアルバムとも言われた、アクタ・ディウルナが手書きの公報として存在した。紙製としては中国の時代の713年 - 734年頃に作られたが存在した。16世紀、活版印刷が可能となり、ドイツで、ニュースを記述したビラやパンフレット形式の印刷物が出版されていた()など)。これらは不定期であった。

近代

1605年、世界初の週刊新聞「Relation」が、ストラスブールでによって創刊され、1650年、世界初の日刊紙(週6日)が創刊された。

欧米では、19世紀の産業革命による都市人口の増加や社会変化に伴い、新聞の大衆化が進んだ。日曜新聞のような大衆新聞が成長し、印刷機の発達やロール紙の採用、広告の掲載などにより労働者階級に低価格で販売できるようになった。1884年にはオットマー・マーゲンターラーライノタイプと呼ばれる鋳植機を発明し、これによって印刷工が一行ごとにまるごと活字を鋳造できるようになったことで新聞の印刷スピードおよびコストが改善され、より安価に新聞が発行できるようになった。

つまり21世紀現在のような新聞の出現は産業革命以降のヨーロッパからであり、産業を支える上で大きな存在となった。これは後にマスマーケティングの手法の一環としても用いられるようになり、企業の広告活動にも一役買うようになった。

日本には江戸時代には瓦版が存在し、大事件などの際に木版で摺られ発行されていた。現存する最古の瓦版は1614年 - 1615年大坂の陣を記事にしたものである。幕末になると新聞と名付けられたものがいくつか発行されるようになり、1862年に最初の新聞『官板バタビヤ新聞』、1870年には日本初の日刊紙である『横浜毎日新聞』が創刊された。

語源

「新聞」という言葉は古来の日本語にはない。この語の初出は、北宋時代に編纂された唐王朝の歴史書『新唐書』だとされている。新唐書の芸文志には、唐時代に書かれた書物の一覧があるが、その中に「尉遲樞に、『南楚新聞』三卷あり」とある。ここでいう「新聞」とは今の日本語でいう「風聞」つまり「news」という意味であった。この定義での「新聞」は、清の時代にも書かれていた。例えば、乾隆帝が編纂させた『四庫全書総目提要』では、清の魏裔介の「資麈新聞」という書物を紹介している。これは現在の週刊誌のように雑説をいろいろな本から寄せ集めたもので、怪奇現象や陰陽道の話、李自成の乱や琉球王国の話などが書かれているが、虚偽の内容、現代でいういわゆる飛ばし記事が多く、『四庫全書総目提要』の編者は「編集方針がメチャクチャで間違いが百出している」と批判している。

清朝末期に欧米人が中国で「newspaper」を発刊し、現地の中国人たちもこれを真似て新聞を発刊した際、古来の「新聞」という言葉を当てて「新聞紙」と呼んだ。中国語では、21世紀現在も「新聞」を news の意味で使い、テレビのニュース番組などのタイトルにも使用される。なお、中国語における newspaper は「報紙」である。一方、朝鮮語では「新聞」のハングル表記である「신문」が「newspaper」を意味する。

日本語には明治時代に英語の「news」に相当する訳語として、この中国語が取り入れられ、「news」を「新聞」、「newspaper」を「新聞紙」と呼ぶようになった。夏目漱石の小説の中でも newspaper は新聞紙であり、昭和初期に書かれたものの中にも、newspaper を新聞紙と呼んでいるものがある。新聞紙条例新聞紙法などの「新聞紙」は「newspaper」の意味である。

その後「新聞紙」を「新聞」と略すようになった。それに伴い「新聞紙」を「newspaper」の意味で使うことは減り、紙自体を指すようになった。一方、「日刊紙」「全国紙」「各紙」など、「新聞」の意味で「紙」という漢字が使われることもある。

現代英語では「newspaper」を「paper」と略すことがある(「today's paper」=「今日の新聞」など)。また公民の権利を守るという意味合いから、古代ローマの公職である護民官に由来する「トリビューン」を社名や紙名に入れている新聞社も多い(シカゴ・トリビューンなど)。

日本の新聞

日本では新聞購読率が高く、新聞販売店による新聞の戸別宅配制度が他国に類をみないほど発達している。またその価格に関しても再販制度によって守られてきた。

しかしながら、2000年代のインターネット普及とインターネットメディアの発達により、若年層のみならず中高年層も含め(世界的な傾向として)新聞離れの進行、新聞を印刷する紙価格の高騰、 また総発行部が1997年の5377万部をピークに2008年には5179万部に、広告費も1990年の13592億円から2008年の8276億円に、それぞれ減少するなどその経営環境は厳しさを増している。各新聞社は日本経済新聞の「日経電子版」など、記事のネット配信に力を入れつつあり、日経電子版のように一定の会員数を確保しているメディアも存在している。新聞の専門家である河内孝は、新聞社は今後携帯電話会社やポータルサイトと連携して、情報産業の問屋として存続するのではないかと予測している。一部にフリーペーパーに注目する向きもあるが、収益の殆どを広告収入に依存するフリーペーパーの経営は苦しいところが多く、21世紀になってから廃刊が相次いでおり、新聞に代わる主要メディアとしての地位を得ることは難しいと言われている。

インターネット新聞

  • インターネット黎明期の1994年から21世紀現在まで一部のローカル紙は除いた新聞各社のホームページが開設されているとともに、一般市民が記者となって参加できる「インターネット新聞」が続々と創刊している。また、アメリカの報道大手により携帯型端末iPad専用の有料新聞も発刊されることになった。
  • ウィキニュースや市民メディア・インターネット新聞・JANJANが挙げられる。
  • 欧米の新聞社はインターネット新聞の普及に伴い、記事を公開するタイミングについて紙媒体よりもウェブ媒体を優先させるウェブ・ファーストと呼ばれる方針を打ち出してきている。
  • この他、前述のとおり「日経電子版」や「ウォール・ストリート・ジャーナル電子版」など、有料会員を新聞社が募って、記事を配信する仕組みも出来つつある。

その他

  • 図書館などの公共施設で新聞が閲覧に供される場合にはクリップホルダー(長い綴じ具)に挟んで「新聞架」と呼ばれる専用ラックに載せることが多い。
  • 新聞の創刊号からの通算の号数(あるいは創刊年からの通算年数)を「紙齢(しれい)」という。
  • 和文通話表で、「」を送る際に「新聞のシ」という。
  • 東宝特撮映画では怪獣襲撃や怪事件の時「毎朝新聞」など架空の新聞名に現実の事件を織り混ぜながらその事件をトップ記事にした架空の新聞を印刷した。なべやかんを初め特撮ファンは収集している。

外部リンク

  • 戦間期日本の新聞産業加瀬和俊編、東京大学社会科学研究所研究シリーズ No. 48、東京大学社会科学研究所、2011

*

Category:紙製品

Category:印刷物

新聞』に 関連する人気アイテム

新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話

本の内容は、駅前の区分マンションは危険だとか、民泊はやめたほうがいいとか、管理会社への不満とかがほとんど。タイトルにある、「一代で4903室になった秘密の話」は何1つなく、投資家の私には役に立たなかったです。

どういうペースで買い進めたのか?一気に拡大できた要因はなんなのか?買い進めると現金が足らなくなるのだが、どうやって調達したのか?何1つわからず、残念でした。

新聞会社を経営されてて、年収2000万円(最高5000万円)あったのに、ご自身を低俗性と評価されたり、感覚がよくわからないところところも多々ありました。



自分になんのメリットもなく、めんどくさいからという理由で土地の境界確定を拒否しているのも驚きです。知り合いを連れてきた場合だけ、境界確定しているとの事。こういう方が土地を買い占めて、地域で権力を持っていくのは怖いと思った。。

不動産投資を始めたい初心者が読む、立志伝中の偉人の談話集、と言ったところ。

物件購入の秘密、融資づけの技術うんぬんは書いていない。しいて言えば「数を保有すれば強い」という話ぐらいか。ほぼ全体にわたって、本当に基本的な心構えや事例を書き連ねてあるだけで、読み終わった後に何の感慨も無かった。

この方ぐらいの投資規模になると、一般人が真似できるような資金繰りや交渉のレベルでもないだろうし、一般的な心構えを述べるしか無かったのかもしれない。が、同じような話は数多出版されている類似書籍でも読める。どちらかといえば、この方しか体験していない奇想天外な話、スケールの大きな物件を扱った話などを知りたかった。

これから不動産投資をしてみたいと思っている初心者は読んでおいて損はない本だが、文章が下手すぎて理解に苦しむ箇所が非常に多い。 誤字脱字、主語と述語の関係がなりたっていない、不適切な修飾語、計算の基となる数字が違うなど、とにかく滅茶苦茶で1時間程で読める量の本が、頭の中で修正しながら読まなくてはならないので3時間もかかった。 毎月色々なジャンルの本を50冊ほど読んでいるが、これほど文章がお粗末な本は初めて。 読んでいてイライラする。 内容はためになるので最後まで読んだがグッタリだ。 校閲してから出版してほしかった。

2灯式 LED ライト付 ヘッドルーペ 拡大鏡 レンズ 1.2倍 1.8倍 2.5倍 3.5倍 4枚セット メガネ タイプ 眼鏡 めがね 倍率 自在 宝石 鑑定 プラモ プラモデル フィギュア ガレージ キット 製作 手芸 精密 機械 工作 作業 作成 新聞 雑誌 本 読書 生物 生体 研究 開発 ライト付き ヘッド ルーペ

5つ星のうち 5.0もう手放せません!

(参考になった人 0/1 人)

スマホのフロントパネル交換時に遠視で手元が良く見えない状態でコネクタを接続し誤配線でスマホはパー。横着しないでルーペを先に買っておけば良かったと後の祭り。両手はフリーで使える拡大鏡を探して最初はスタンド型拡大鏡にしようかなと思ったのですが探していくうちにこちらのレビューでヘッド型の方がいいかもと思い購入しました。感想はこの商品で個人的には良かったと思っています。私は眼鏡も使用しているので邪魔にならないか心配していましたが問題なく使用でき、LEDライトも近くを照らすには十分な明るさがあります。また付属している4種類のレンズのうち私には1.

8倍が丁度合いました。焦点距離としては拡大鏡レンズから15cm程でした。倍率を上げるとレンズ寄りに近づいてきます。焦点距離の好みは個人差があると思いますので最大2枚までのレンズを使用することが出来るのでいろいろな組み合わせで試してみるといいと思います。

パッチワークをしているのですが、手元がぼやけて見えにくくなっていました。
似たような商品は、近所のホームセンターでも売っていましたが、4,000円近くして、もしも合わなかったら無駄になると思うと
なかなか手を出せずにいました。
ここで見つけたものは、だめでもまあ許せるかな、というお値段でしたので、注文しました。
日本語しかわからない私には、取扱説明書は全く役に立ちませんでしたが、それでも何とか使い始めることができました。
結果的には、買ってよかったなと思いました。
一番低い度のレンズで、ちょうどよく見え、ライトもつきます。
お値段なりの安っぽさは否めませんが、趣味で使う私には十分です。

5つ星のうち 3.0LEDライトは必要ない。

(参考になった人 0/0 人)

電池の収まる部分がおでこに当たって痛いので、他の物に買い換えます。 LEDは使わないので、付いていない軽いものが欲しい。 ルーペとしての機能は申し分ないです。 追記 つばを固定するアルミのネジを逆付けして強く締めたら、つばを固定できるようになり、おでこに固い部分が当たらなくなりました。

マチネの終わりに

読書中は豊かな時間が過ごせました。
文章は読み易く、ストーリーは押し付けがましくもなく、面白かったです。

色々と含みのある恋愛小説ですが、甘ったるい恋愛ではなく、ビターな恋愛話が主軸です。

この小説のキーポイントはやっぱり、年齢設定だと思いました。
所謂、アラフォー。
自分自身の人生の選択や、両親、身近な人の健康問題なども少しづつ表面化しやすい年齢です
(40代でも現代では若く、女性男性とも
魅力的な人は沢山いますが)。



もし20代そこら辺の設定にすると、なんか軽く感じてしまうのは、衝動的に動いてしまいやすい年齢だからだと思う(勿論、個人差が強いですが)。

そういう意味でも、大人の恋愛は慎重になりがち、感情的になり過ぎない所がこの小説には書かれていました。

また職業をジャーナリスト、クラシックギターリストという設定を違うものに変えてみると
また雰囲気も変わってくると思う(話も変わってしまいますが)。
世界を飛び回る人たちではなく、現実は同市内、国内とかが多いでしょう。
恋愛の舞台が世界となると、その分、味付けのロマンスは広がると思いますが。

そういった設定を外見の箱だとすると、
惹きつけるための取っ掛かりは良いが、
中身のストーリーは、斬新!これは凄い!と息を飲むものではなく、良くも悪くも王道です
(しかし、王道的ではない恋愛小説を書くのはとても難しいだろう)。

ラストは個人的に素敵だなと思いました。

5つ星のうち 5.0素人ギタリストとして

(参考になった人 3/3 人)

ギターに触れる一人の人間として、また悔恨の過去を持つ人間として。
滅多に(全くに近く)恋愛にまつわる小説を読まないのですが。
次は、次はと読み進めたい衝動に掻き立てられました。
2人のすれ違いはギタリスト、そして聡明な女性の間ならではのもので、外的な作用の有る無しは別としても、非常にリアリティと親近感を覚えます。
しかも、その前後の2人の心理、回想、受能動的な先への向かい、
身に覚えすら感じ、震えと奇妙な安堵すらもたらしてくれました。

特に、是非、ギタリストの方。


読んで下さい。きっと、何かを得られるのではないでしょうか。

世に氾濫する恋愛小説が、いかに薄っぺらいか体感出来ます。
素晴らしい、の一言で言うには足りないと思えました。

5つ星のうち 2.0深みがない…

(参考になった人 1/1 人)

大人の恋愛を描いているとあって期待したのだけれど… 天才ギタリストである蒔野と、女性ジャーナリストの洋子が惹かれる過程もチープ。 そして思いがすれ違うのも、もっと踏み込めばよかっただけで、納得感がない。 「人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでる。 だけど、実際は、未来は常に過去を変えてるんです」 洋子と初めて出会ったときの蒔野の言葉。 物語に通底するテーマだけど、深みがない。

新聞』の解説 by はてなキーワード

しんぶん 【新聞】
  1. 社会の出来事について事実や解説を広く伝える定期刊行物。一般に、日刊で社会全般のことを扱うものをいうが、週刊・旬刊・月刊のもの、経済・スポーツなど特定の分野だけを扱うものもある。日本で新聞と名の付く最初のものは1862年の「官板バタビヤ新聞」だが、現在のような体裁をもつ日刊紙としては1870年横浜毎日新聞」の発行が最初である。
  2. 新聞を、包装その他、単なる紙として用いる時に呼ぶ称。「古―」
  3. 新しく聞いた話。新しい話題。「世間に奔走して内外の―を聞き/学問ノススメ(諭吉)」

goo国語辞典「新聞」検索結果

新聞』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.