新米のまとめ情報

新米と古米』の解説

新米に関連性が高い単語の解説を表示しています。 新米についての情報が含まれているか確認して下さい。

新米(しんまい)と古米(こまい)は、その収穫されたと、前年に収穫された米。

同様に、前々年に収穫された米を古古米古々米(ここまい)、以下同様に、古古古米古々々米(こここまい)、古古古古米古々々々米(ここここまい)と、(こ)を収穫した年から現在までの年数分呼ぶ。

定義

新米と古米の区別について、明確な定義はない。

11月から翌年10月までの米穀年度を基準にすると、11月1日をもって新米が古米に変わることになる。ただしこの定義は、から10月までに取れた早場米に適用できない。なお、新米・古米の区別と直接には関わらないが、米の備蓄計画では7月から翌年6月までの1年間を単位としている。

米の品質変化は梅雨時期に大きいため、梅雨明けに古米になると考えることもある。ただし、現代では低温倉庫が普及したため、必ずしも梅雨時期に変化が大きいとはいえない。

JAS法に基づく「玄米及び精米品質表示基準」によれば、新米と表示できるのは、収穫年の年末までに精白包装された精米に限る。そのため、店頭で新米と表示された米が売られるのは、翌年の年初か、せいぜいまでである。ただし、新米と表示できなくなったからといって、古米になるというわけではない。

違い

古米には、新米に比べ次のような違いがある。

  • 米飯が、硬く、粘りが少ない。
  • 米飯の光沢や白度が低い。
  • 古米臭がする。
  • 水分が抜けているため、炊いた時新米より2、3割膨れる。

これらは古古米、古古古米になるにつれ強くなる。

東南アジア南アジアでは、粘り気の少ない米飯が好まれ量も増えるため、古米が好まれることがある。また日本でも、中世から近世にかけて新米よりも古米の方が値段が高い。これは炊くと量が増えるからで、味よりもお腹が一杯になる方が重要だったと考えられる。現代でも、寿司飯は酢の浸透が良いという理由で古米を使う、若しくは一部ブレンドする。

備考

日本では、仕事を始めて間もない人、まだ経験が足りない人を「新米」と呼ぶことがある。しかし、経験が豊富な人を「古米」とは呼ばない。

もともとは、江戸時代の商店で新入りの店員が新しい前掛けを着けていたのを「新前掛け(しんまえかけ)」と呼び、これが省略されて「新前(しんまえ)」になり、さらに訛って「新米(しんまい)」に変化したとする説が有力であり、新しい米を意味する新米とは直接の関係はないとされる。

新米』に 関連する人気アイテム

新米姉妹のふたりごはん4

5つ星のうち 5.0絵梨とあやりの関係

(参考になった人 3/3 人)

今までの新米姉妹では、 サチとあやりが楽しそうにやり取りをしている→それを絵梨が少し寂しそうに見つめる というシーンが度々あったように思います。そういう場面を見るたびに、『絵梨とあやりは2人ともサチを大切に思っているけれど、お互いのことはどう思ってるんだろう』と少し気になっていました。
でも、4巻のエピソードの中で、絵梨とあやりもお互いのことを大切に思っていることが分かり、なぜか嬉しくなりました。
『新米姉妹のふたりごはん』という趣旨からはずれてしまうかもしれませんが、絵梨とあやりが、2人でサチのために料理をする話なども読んでみたいと思いました。

あと、今回の料理では、フォアグラのソテーと手作りのオランジェットが食べてみたい!

冬 みぞれ鍋でちょっと可愛らしく温かく いちごミルクは2人で楽しむために サチもあやりのために、ちょっと頑張るのが微笑ましい フランスからの食材は贅沢に 海鮮丼も、一工夫も二工夫も加えて楽しげに贅沢に それぞれまた色々なイベントがあるけど、どれも楽しそうに仲睦まじそうにやるのがなんとも言えない、4巻になっても変わらない 料理解説のところのちょっとデフォルメされた挿絵もかわいい おまけマンガもちょっとしたギャグ入れてきて面白い まだまだ続くようでホッとします、5巻も楽しみ

4巻は冬。 冬なので鍋料理やバレンタイン……オムライスや海鮮丼?も。 サチのはじめてチャレンジ、そしてサチのお父さんからの手紙。 また既にレビューされている方の通り、非常に感情豊かなあやりさんが見られます。 最後の展開は最終回かと思いましたが、ちゃんと続くので安心しました。 ところで本巻でもお父さんから食材が届くのですが、 高級輸入食材を見たときのあやりさんの表情、非常に素直でした。 わかる。

新米姉妹のふたりごはん3

クリームブリュレ、マカロン、生春巻きなどの身近な素材に加え、ハレの日のローストチキンやジビエなど、ほんの少し贅沢な食材も。 姉妹の関係性もますます近くなり、新キャラも登場したりと、マンネリ化にならないようしてるのに、なんとなく足りない感があるのは、あまりに2人だけのベタベタが多くて、周囲がちょっと醒めてるような空気があるんで。 自分が絵梨推しなんで、なおさらそう感じるのかもしれないけど、もっと周りのヒトも含めた盛り上がり感が欲しいなー…

あやりのおばさんのみのりさん(なんと猟師)が登場し、鹿やら猪やらの肉料理が登場します。 あやりが沢山の調理器具を持っている姿は、とってもよく分かります。 ついそろえたくなるんですよね。 今回も、クレームブリュレ、マカロン、鹿肉のロティ、生春巻き、ラムレーズンアイス、ローストチキンと盛りだくさんです。 姉妹がいつまでも楽しんで料理が出来ることを願って★五つです。

5つ星のうち 5.0ジビエまで網羅

(参考になった人 5/7 人)

3巻目は、あやりの父親(ごく少しだけ)や親類(ハンターです)が登場します。 とはいえ、サチとあやりの家庭環境がわかる……わけではありませんが、 マカロンに挑戦したり、野菜の選び方を学んだり、シカ肉を料理したりと 料理の幅の広がりを感じます。 あやりの趣味もかいまみえるシーンがあり、今回も楽しく読むことができました。

新米姉妹のふたりごはん2

1巻のレビューでは・・・よくある日常漫画の設定のおかげで頭にスッと入ってくる
っていう、レビューをしたかと思います。

2巻はそう落ち着いて、楽しめる・・・難しい設定のない・・・心地よい独自な世界観の中で
更に独自な世界観を繰り広げますよ!!

ごはんによって・・・絆というか姉妹のコミュニケーションを深めてきた2人。
しかし、もっともっと色々と2人の距離は縮まります。
姉妹らしく?・・・いや、きっと筆者が到達させようとしているのはそこじゃないんだろうな?と思いました。


(これはレビューするには推論が多すぎるので控えておきます)

まあまあ・・・それよりも料理の方もセレクションがとてもいいです。
1巻は(原木クラス)生ハムがあったり、そんな道具ねーーーよ!!と・・・ちょっと、手の届きにくいものもありましたがw
2巻はぐっと生活感がある料理になっております。

また・・・幸腹ぐら・・・ゲホッ
の・・・椎なぁ・・・・ゴホッ
のポジションのキャラ・・・ゲホッゴホッ

も登場して・・・いあいあ・・・いよいよ作者本気出してきたな!!という、ほっこり世界観満載です。

それよりも、2人ともいろんな表情をもっていて・・・そんな、2人にとても癒されました。

読み終えてみて・・・はよ!3巻か!?アニメ化はよーーー!!それより、今はなんか食べたい!!という、欲求まみれになりました。

5つ星のうち 5.0告白しちゃった♡

(参考になった人 8/11 人)

1巻ではまだまだぎこちなかった2人の姉妹関係。
一緒にご飯を食べる回数を重ねる事に本物の「姉妹」「家族」へとなって行ってます!
今回はフライドポテトだとか、たこ焼きだとか、プリンだとかと、1巻と比べてかなり「庶民的」な内容になってます。(1巻の生ハム1本とか、生チーズ丸ごととかは普通の家ではありませんから💧)
あやりが料理するのはサチの為、笑顔で食べてくれる人がいる。食べてもらって笑顔になって欲しい。
これは最早、「愛情」です。ある意味「家族愛」を超えちゃってます(/ω\*)
サチがあやりに弁当箱を差し出しながら、「お弁当お願いします!」と言ってるコマは、最早「告白」というか、「プロポーズ」にさえ見えてしまうのは、私だけでしょうか(^ω^;)
私の勝手な妄想はさて置いて、あやりがご飯を作る時はいつもサチの笑顔を思い浮かべて、一生懸命作っているのでしょう。あやりはそれが楽しくて仕方がないのです(*'ω`*)
最後に、サチがあやりにもお弁当を作りたいと言った後の、あやりのデレ顔が頭から離れません!
素晴らしいマンガです!

5つ星のうち 4.0ちょっとなぁ…

(参考になった人 1/6 人)

お姉ちゃんの前になると顔が真っ赤になる位姉好き(?)のあやりが、姉の誕生日を知らなかったというのは不自然な気もしましたが本当に料理の話しかしてないのかよお前ら
とはいえ相変わらず二人の姉妹が可愛くて、作る料理も美味しそうな一冊です。
ただし、カバー裏の漫画、テメーはダメだ
サチと絵梨が幼少時代におままごとをしているとという内容なのだが、絵梨が作った○○ダンゴをサチは平気な顔で平らげてしまう
そんなもの食べたら歯や舌どころか全身が拒絶反応しちゃうんじゃないの!?間違えて口に入れるだけならまだしも
食べるのを想像してみただけで悪寒が走る様なものを完食するかこの娘は
一巻のカバー裏漫画では“この娘こんなに食べてんのかよw”という印象でしたが、今回のは“この娘こんなものまで食べたのかよ”と正直ドン引きしました
作者はサチの食いしん坊ぶりを描きたかったんでしょうが、流石にコレはやり過ぎでは?

新米姉妹のふたりごはん1

5つ星のうち 2.0数巻読んだ感想

(参考になった人 0/1 人)

料理を見せたい漫画の割には、1話目から生ハム原木とバケット切って挟んだだけのものを出してくるあたり先が心配になる。
作っている料理・使用している食材・調理器具等が一般家庭レベルを超えており現実味がなく、その拘りに反して絵的に地味な料理をチョイスしており、主役が脇役に負けている印象を受ける。
食材自体がメインになっている話数もあれば、調理器具がメインとなっている話数もあるし、そもそも調理過程をすっ飛ばしている話数(料理)もありと、かなりブレている。
肝心の姉妹のやりとりといえば、料理中の絡みがほとんどで物足りなさがあるし、妹が料理して姉は見ているだけのパターンが多く、共同作業で絆を深める構成を捨てている。
絵はキャラ背景共に統一感がなく、3巻あたりからは別物に見える。
ちゃんとチェックしているのかと思えるほどに全体的に作りが雑で、構成をきちんと練るべきだと思う。

5つ星のうち 5.0カワイイ、素晴らしい

(参考になった人 1/1 人)

親同士が再婚して姉妹になった女子高生のお話です。 ・キャラがカワイイ! 食いしん坊のさち姉が特に可愛くて癒されます。 ・姉妹で学校が違うので、セーラーとブレザー両方楽しめます。 素晴らしい。 ・姉の友達が良い感じに絡んでます。 若干の百合風味が素晴らしいです。 ・お料理を作るのも食べるのもカワイイ。 ・海外の本格食材を親が送ってきて、それを妹ちゃんが器具を駆使して料理するのが良い。 良いことずくめで素晴らしい作品です(#^.^#)

「面白くないな」というのが読み終わった後の率直な感想です。 キャラクターにも魅力を感じなかったし、新しく家庭が築かれていく描写が雑すぎて呆れました。 作者自身にしか描けないマンガを描くことができれば、それは一人のマンガ家として成功してる証拠と思っていますが、 このマンガは「読んだことがないのに読んだことがある」ような感覚に襲われます。 要するに読んでもまったく印象に残らないマンガです。

ツインバード コンパクト精米器 ホワイト MR-E500W

2年を過ぎた頃からスイッチの反応が鈍くなり、分解してみるとスイッチ自体が横にずれてうまく押せてなかったのでなんとか工夫して押せるようにしていたが、その後も不調が続くのでいちいち分解するのも面倒になってスイッチだけ外に引っ張り出して外にぶら下げた不細工な状態で使っていたが、だましだましも尽きて3年半でご臨終となりました。 最後の方はうまく精米できていなかったのか炊飯器から泡が吹き出して大変でした。 自分にとってツインバードは当たりハズレが大きいですね。

ソフトウエア制御で精米しているのですが機能的にはとても良くできています。 ただ回転子の軸のプラスチックシャフトの内側が汚れても狭くて洗えません。 さらにそのシャフトの内部に米粒が入ってしまうのですが取りようがありません。 隙間を開けずにソリッドにしてほしかった。

5つ星のうち 5.0白米も===

(参考になった人 0/0 人)

白米も7分づきもおいしく食べれます。 1度に4合ひけるので我が家では8合ずつ炊いています。 白米だと6人家族なので1食でなくなるのがおいしいけどきついかなあ。 笑)

新米』の解説 by はてなキーワード

新しく美味しいコメのこと。

正確には、1995年11月に施行された食糧法では11月1日〜翌年10月31日までを米穀年度として、生産された年の翌米穀年度中までに供給されるものを新米と呼び、翌米穀年度を過ぎて供給されるものは古米となる。

新米』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.