新燃岳のまとめ情報

新燃岳』の解説

新燃岳(しんもえだけ)は、九州南部の霧島山中央部に位置し、有史以降も噴火を繰り返している標高1,421m活火山である。三等三角点は山頂のカルデラ縁にあり、噴火口およびカルデラは鹿児島県霧島市域に位置する。

平成噴火前まで高千穂河原から中岳を経由した登山道が整備され、山頂付近の植生はススキを中心とした草原となっており、所々に低木のミヤマキリシマ群生地が散在していた。当時も火山活動によってしばしば登山禁止の措置がとられる。

噴火史

便宜上10万年前よりも古い時代を古期活動期、10万年より新しい時代を新期活動期として分けている。古期の活動として、霧島火山群の韓国岳などと共に約15万年前の活動で形成され、数万年の休止期間を経た約6万年前頃に活動を再開したと考えられる。新燃岳としては約1万年前に山体形成が始まり、約5600年前、約4500年前、約2300年前にもプリニー式噴火があり周辺に噴出物を堆積させている。火砕物降下によるマグマ噴出量は0.07 DREkm。火山爆発指数:VEI4

  • 1716年
    • 4月10日 小規模な噴火。
    • 9月26日 山麓へ初めての降灰。
    • 3月11日正徳6年2月18日)、大音響とともに水蒸気爆発が発生し、黒煙が高さ3,000mに達した。 。
    • 11月9日享保元年9月26日
      火砕流が発生し、付近の山林に火災が広る。負傷者は31名、焼死した牛馬は405頭。神社仏閣など600軒が焼失し、石高で6万6000石の農業被害が報告されている。北へ約100km離れた宮崎県高千穂町でも、「霧島だけ」の火が見えたとある。(『矢津田家文書』)
  • 1717年
    • 2月7日から10日(享保元年12月26日から29日)にかけて噴火を繰り返し、霧島山東側の広範囲にわたって火山灰が降下した。2月13日(享保2年1月3日)朝9時頃、火砕流の発生を伴う大規模な噴火があり、死者1名、負傷者30名、焼死した牛馬420頭の被害があり、神社仏閣や農家など134棟が焼失した。周囲の田畑は厚さ10 - 20cmの火山灰に覆われ、農業被害は3万7000石にのぼった。新燃池の北西岸から火口壁を越えて山腹に至る直線上に約20個の小火口が形成され、噴出した噴石は1万t、火山灰は860万t。
  • 1962年(昭和37年)8月30日の朝、白黒色の噴煙が高さ300mに達したが、これは大きな噴火には至っていない。
    • 1983年(昭和58年) 12月28日 群発地震。12月29日 火山性微動。

噴火の影響

噴火により小林営林署職員や霧島町内にある湯之野温泉(霧島温泉郷)の施設従業員らが避難を余儀なくされた。周辺の市町村では新燃池の水が溢れて山津波が起きるという不安が広がった。火山灰は西風に乗って高原町小林市野尻町高崎町綾町、本庄町(後の国富町)、高岡町宮崎市にまで及び。また、噴石によってなど樹木の枝が折られる被害があった。火山灰によって小麦190ha大麦380ha、燕麦72ha、菜種26haの農地に被害が及び。吉都線ではレール上に積もった火山灰により列車がスリップし立ち往生する被害があった。

平成時代の火山活動

1991年までは顕著な活動は観測されず、表面的には平穏であったか、1991年に噴気活動を再開して以降2005年から2007年にかけてはGPS観測で山体膨張が観測されていたほか時折、地震活動の高まりが生じていた。更に、2008年になると山頂直下の火山性地震が増加し水蒸気噴火が起こった。

2005年9月から2007年9月には山頂部が膨張し。道路に溜まった火山灰を除去するため、鹿児島市から路面清掃車散水車が都城市と日南市へ派遣された。また、小中学校の休校や、観光施設の一時閉鎖などの影響もあった。高原町、都城市および霧島市では住民の避難も行われた。農業においては農作物の生育不良や汚損などの被害があり、宮崎銀行宮崎太陽銀行は、被害を受けた個人事業主や農家に対応する融資を提供した。韓国岳や大幡池から中岳までは入山規制、高千穂峰も周辺道路の交通規制により登山できなくなった。Jリーグ川崎フロンターレ東京ヴェルディ1969アビスパ福岡横浜F・マリノスなどの多くのクラブは、宮崎県内でのキャンプを中止あるいは中断した。

  • 1月27日
    火山雷なども観測された。
  • 1月28日の午前中に東京大学地震研究所による観測が上空からなされ、火口内では火口湖が消失し、直径数十m程度の溶岩ドームが出現したと発表された。宮崎市や都城市に火山灰が降り積もった。国土地理院は新燃岳は火口の真下の深さ約3kmと、火口からの西北西に約10km離れた深さ約6kmの2ヶ所にマグマが貯留していることを報告した。火口の真下には東京ドームの0.8杯分にあたる約100万m3のマグマが、西北西には約600万m3のマグマが溜まっていると推定され、今回の噴火によって膨張傾向にあった新燃岳の体積が縮小したことも判明した。宮崎県高原町は30日深夜、「火山が非常に危険な状態にある」として火口の東側にある町内の512世帯約1,150人に避難勧告を出した。火口から2km以内の入山規制が3km以内に拡大された。この噴火によって火口内に出現した直径500mの溶岩ドームにより、観光地として有名だった新燃池は消滅した。
  • 2月1日7時54分
    Paの空振を記録した。空振により100枚以上のガラスが割れ、火口から6km離れた霧島市牧園町の霧島温泉クリニックでは負傷者が出る被害があった。また、九州地方各地をはじめ四国地方愛媛県高知県でも家屋の振動が報告され、関東千葉県でも圧力変化として観測された。火口から南西約3.2kmの地点に70×50cmの大きさの火山弾と、直径6m×深さ2.5mの広さの穴が見つかった。火山灰や噴石の噴出量は26日の噴火から2日間だけで約7000万tと推計される。4回目の爆発的噴火の後に溶岩ドームの直径がさらに拡大し600mとなった事が判明した。溶岩ドームが火口に蓋をする形となったため、内部の圧力が高まり、溶岩ドームの頂上を吹き飛ばず形で爆発的噴火の間隔が狭まったが、2月になると爆発の頻度は減少に転じ、マグマの噴出も鈍化した。2月2日までの噴出量は270 - 370万m3と推定されている。
  • 2月14日午前5時7分
  • 4月以降平穏な状態が続いていたが、6月下旬より9月上旬まで噴煙を火口より200m - 1000m程度まで吹き上げる小規模な活動が続く。マグマ噴出量は0.0172 DREkm。火山爆発指数:VEI3
2012年(平成24年)
  • 1月以降マグマの供給を示す地殻変動は止まっているが、火山性地震は継続している。(噴火警戒レベル3、入山規制が継続)
2013年(平成25年)
  • 10月22日、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)へ引き下げ。
2014年(平成26年)
  • 地下のマグマだまりが前年12月頃から膨張する傾向にあり、1月にかけて付近で小さな地震が発生し、新燃岳の火口直下でも2月20日頃から地震が増加している。

防災

新燃岳は現在も活発な活動を続けており、状況の変化に応じた噴火警戒レベルが設定されている。最新の警戒レベルについては気象庁のウェブサイトで確認することができる。霧島山の山々は「霧島山(新燃岳)」と「霧島山(御鉢)」の2つがそれぞれ警戒対象に指定されている。地方自治体も防災に関する情報を提供している。

観測体制

鹿児島地方気象台及び東京大学地震研究所京都大学防災研究所防災科学技術研究所産業技術総合研究所などにより常時観測がなされている。

  • 鹿児島地方気象台は新燃岳の南西約1.7kmの観測点に地震計を、北東の観測点に傾斜計や火口カメラを設置しているほか、噴気ガスを観測。
  • 東京大学地震研究所霧島火山観測所は地震計、磁力計、GPS基地など約20ヵ所の観測点を配置。

通常は常駐観測者はいないが霧島市牧園支所に拠点を移し観測体制強化

  • 京都大学防災研究所は新燃岳から北西に約17kmの地点に観測室を設け、伸縮計による地殻歪などを観測。
  • 防災科学技術研究所は火山活動可視情報化システム(VIsualization system for Volcanic Activity)により観測を実施。

源流の河川

以下の源流となる河川鹿児島湾太平洋へ流れる。

参考文献

関連項目

外部リンク

Category:日本の火山

Category:霧島火山群

Category:鹿児島県の山

Category:宮崎県の山

Category:霧島市の地理

Category:小林市

Category:成層火山

新燃岳』に 関連する人気アイテム

緊急図解 次に備えておくべき「噴火」と「大地震」の危険地図

今や日本列島は「地震と火山噴火の時代」に突入。 太平洋岸北側のプレートの歪みは解消されたとしても、問題はその歪みが解消されていない太平洋岸南側、北海道の太平洋岸辺り。 プレート圧力からのストレスを溜め込み、地殻に歪みが生じていき、その歪みを解消するのが地震であり、火山噴火。 それは決して予測不可能ではない、と著者・木村政昭教授は言う。 ある程度なら予測は可能と、本書では全国の危険地域の現状と、今後の可能性を 「20◎◎年±5年」 として大胆予測をしている。 先ずは自分や関係する人の住む地域にある危険を、しっかりと知ることだ。

知って、準備を始め、将来起きた場合に、本書の予測記述を再確認したい。

全体的に感ずることは、一般的に国や学者が警戒している情報と、木村教授のそれが違うところが興味深い。 例えば、最も被害が甚大になる首都直下地震だ。 この未曾有の大地震で、江東ゼロメートル地帯、湾岸エリアのオフィスビル、タワーマンション、京浜地帯コンビナートの壊滅状態を非常に不安に思っていたが、木村教授の説はここでは言えないが非常に興味深い。 東海地震(静岡)、 東南海地震(愛知・三重)、 南海地震(和歌山・高知)の予測も同じく興味深い。

私が住む関東エリアでは、伊豆諸島沖地震、三宅島、箱根山、 そして中部甲信越エリアの富士山、御嶽山、浅間山、草津白根山だ。 これらは日頃から要注意だろう。 特に「伊豆諸島沖」の地震は、鳥島と小笠原諸島の中間付近で、木村教授の予測ではかなりの危険度だ。 火山噴火で準備の優先度合いが高いのが、富士山噴火、箱根山噴火、三宅島噴火であり、マグマがその時を刻んでいる。 富士山の噴火も、多くの学者が再び宝永火口(富士山南東側)での噴火を予想しているが、木村教授の噴火場所の予想は、今後の対策に致命的な影響を与えるように思える。

本書では、具体的な危険地域の地震、火山を挙げて、危険度メーターで分類し、 「地震」 なら発生エリア、発生時期(20~年±5年)、規模(マグニチュード)、 「噴火」 なら所在地、発生時期(20~年±5年)、現在の警戒レベル等が明示されるから、Watchi Listとして一目瞭然だ。 但し各地震・噴火の解説ページの下段に、「起こるとどうなる!?」 というコラムがある。 これは通常は、その予測した地震或いは噴火が将来に起きればどうなる? のはずだが、記述を見れば過去の被害が書かれている。 これは本文の中に既に記述があり、重複する。 どうもここだけが惜しいかなと感ずる。 しかも「首都直下地震」の同欄は死者数がおかしい(p.68)。

本書では、地震、火山噴火のメカニズムは勿論、 震度、マグニチュード、モーメントマグニチュード、噴火種類、火山爆発指数等々の基礎的解説が詳しいので、知識のおさらいにうってつけだ。 いずれにしても 「次はどこか」 という身構えは日本人である以上は当然の常識であり、分譲住宅を買う、家を建てる、生活する際には、可能性を知って、覚悟を決めて決断するべきだ。 自然災害が起きてから、「知らなかった」 という台詞だけは回避したいものだ。

(1)「空白域」とか「地震の目」とか「噴火の目」とか、何を根拠にそれを決めているのかよくわからない。その辺をもう少しキチンと説明してくれなくちゃ。
(2)各ページに地図が表示されているので、本文中に出てくる地震の発生年やマグニチュードを地図に書き込んでくれたら、空白域とかストレスの開放具合が多少はイメージできるかも知れないのになあ。
(3)地震や噴火を「20XX年±5年」などと預言しているが、何を根拠に発生年を算出しているのかよくわからない。あれだけ数多く預言すれば、1つや2つ当たっても不思議じゃない。

この本のジャンルは預言書または占い本である。
(4)当たるのか当たらないのか、その辺を期待しつつ裏切られるのが面白いのかも知れない。とにかく「±5年」は楽しめるのだから、1年当りの単価は安い。

2015年11月に読んでとてもすっきり、分かりやすく感動しました。 その時のコアの内容を簡単な感想文として自分の中でメモしました。 そして、最近この本の事を話していた際に「そういえば、今は九州が危ないと書いてあった気がする」と思い出してその自分のメモを確認したら確かにありました。 「今は九州と伊豆諸島が危険地帯」と。 最危険地帯として挙げられていた2箇所のうち1箇所が的中してます。 先生は絶対ではないとしつつも、この本は日本国民が自衛のために読むべき本だと思います。

緊急警告 次に来る噴火・大地震

この本は、2016年4月発生の熊本・大分地震を的確に予測し、警告を発していた今、注目すべき本である。151~2頁に「九州中部の地震危機・・・内部にストレスがたまっている?」と題して、九州中部の西側内陸部の地震の発生の可能性を指摘していた。181~4頁に「九州・・・八代ー川内の地震の目は消滅したが」において、地震に注意すべきエリアとして、「日向灘南部空白域」「別府湾沖空白域」「九州西岸地震活動域(八代ー川内の活断層)」を指摘していた。4月発生の熊本・大分地震を的中させたものといえよう。ただ、183頁に、「歴史地震がない九州西岸も、中規模地震に注意が必要だ」というコメントは、大規模地震の発生という事態に至った今日、控えめすぎる予測であった。この本の警告する千島列島、北海道東方沖、秋田沖、小笠原諸島沖、能登半島、四国の中央構造線、日向灘南部、奄美沖、八重山諸島沖の地震発生の可能性には注意が必要ではないだろうか。

論理的に展開する非常に眠りから覚めつつある富士山、新たな悲劇の予兆を示したにすぎない御嶽山、そして、次なる大地震はいったいどこで起こるのか--大胆なロジックで過去多くの「噴火」と「地震」を言い当て、多くの学者が「予測不可能だった」と口をそろえた御嶽山噴火すら予知していた“木村理論"が警告する関東は何かと地震が多いので気になるので手に取りました

5つ星のうち 3.0新鮮味はない

(参考になった人 1/2 人)

報道などでよく見かける著者に多少の期待感があったが、これまでの発災記録ベースの建てつけの構成になっていって、科学的根拠にもとずく詳述もなく、ダラダラって読まされて、あれ?あれ?で終了。 この手の災害モノに詳しくないヒトにはいいのかもしれないが、新鮮味のない内容だった。

日本の火山 国内30の火山活動を検証する

火山災害に焦点を当てた便覧的解説の本。 第1章 火山の基礎知識 第2章 日本の火山と災害 第3章 噴火警戒と防災 第4章 噴火警戒レベルの山30 という構成。 あとがきによれば、気象庁『日本活火山総覧』をベースに他の文献も参照してまとめたという。 防災という視点から、必要の折に参照するのに便利。

火山と地震の国に暮らす

2011年7月7日初版。あとがきにある様に、原稿を書いている時に霧島の新燃岳が300年の噴火をし、東北地方太平洋沖地震が起き、人災も含み、東日本大震災となった。

震災に対して、単に地震の被害だけではない状態を目の当りにして来た。だから、3.11.以降に出版された本に目を通す時には著者がどの様な意識を持って書かれているかが一番知りたい処だ。

古文書にある、先達の残して呉れた記録を上回る様々な危険性を孕むモノ達は、今までは人間を楽にして呉れる道具であった。身を守るべき衣料も引火性の強い人工繊維のものが多い。

火山の禍については、日本人の何%が体験を持っていようか。

決して軽んずるつもりは無いが、人間の一生などは地球の悠久の命と比較すれば短いものだ。日本列島が大陸から分離したのが2000万年前、今の位置に落ち着いたのが1500万年前と言われている。プレートの端にある火山と言う地球エネルギ−が弧状列島となっていて、其処に日本と言う国がある。大正関東大地震を東京の下町で経験した祖母は、叔父が家を建て直す時に家具は全て作り付けにさせていた。(その後、叔父は家を新たに建て直したが、家具は作り付けにはしなかった。)祖母からは戦時中の辛さよりも地震の恐さを聞かされていたが、3.11.を経験して初めて実感として感じられる様になった。

減災という言葉も私達は良く耳にするようになったが、未だ本当には理解していない位に平和な時代が続いているのだ。防波堤の役割も私は津波や高波を防いで呉れるもの、と受け止めていたが、3.11.の時の様に壊れた防波堤は人が逃げる時間を作ってくれた、減災の役割を果たしてくれた、と知った。未だ未だ俄か勉強の域を出ていない。太古の火山の噴火の影響が日本だけでなく、大陸にまで降灰が及んだ等と言っても、『それは昔地球の火山活動が活発だった時の事でしょう?』、となる。私自身もつい最近まではそう思っていた。

だから、富士山のハザードマップが作られた、と聞いても著者の本を読むまでは検索もしなかった位の災害音痴だ。仕事の関連で古東京川の事を知るに至ったが、古東京川なんて昔の話だ、と思っていた。今、尺度を地球の単位に変えて見れば、恐らく、古東京川の上に東京の半分は乗っている。足立区が3.11.の余震の時に震度が大きかった様に感じたが、関係あるのか...不勉強で未だ調べては居ない。

美しい湖もカルデラ湖であることが多い。災害だけでなく、美しい景色や温泉等々、恩恵も日本人はたっぷりと受けて来た。しかし、そういう時代は過ぎようとしている。日本列島が活動期に入った、と思われるからだ。日本だけでなく、世界中、火山がある処は本当に美しい処が多い。

地球の極外側に当たる部分も見えないと分らないが、良く噴火をする火山、と私達が思っている櫻島では大正大噴火で陥没した1.5mが既に回復しているそうだ。つまりは見えないところからのマグマの補給が大量に、持続的に続いているのだろう。観測開始前とは比較にならないだろうが、1955年の観測開始から1万回をゆうに超える噴火を繰り返しているのだ。

恥ずかしい話だが、著者の本『もし富士山が噴火したら』を読むまでは火山灰は灰だ、と思っていた。“自分の身を自分で守るのは当たり前”は当然の問題だ。少しでも困った人に救援の手が差し伸べられる様に、自分の身は自分で守りたい、と思った。それには動物的感覚ももう一度磨き直さないといけない気がする。

著者が体験したフレームワークの問題も、大なり小なり私達も感じる事がある。只、それ以上に、災害時にお役所の人が真新しい作業服を着てTVに出て来る事があるが、それがどうも本物に見えない時がある。働いている人の作業着姿と緊急時の制服として身に付けただけの作業着では、その姿だけで充分に違いが分るのだ。

5つ星のうち 3.0まずまずの著書です。

(参考になった人 0/0 人)

蒲田先生の御本はよく読んでいますが、内容に新鮮味がないように思う。

今年になって霧島火山・新燃岳の噴火、東日本大震災などの災害が相次いでいる。
本書には、これらの活動の今後の予測が述べられている。

著者の鎌田教授は地球科学の中でも火山学を専門とし、岩波書店の月刊雑誌『科学』に
「大地の動き・人の知恵」という題名で、約十年にわたってコラムを連載してきた。
それと並行して、新聞や雑誌などさまざまなメディアにも、たくさんの発信をしている。
これらに現在の目から見直して大幅に手を加えて、予備知識のない人が読んでも理解できるようにしたのが本書である。



日本列島で起きる火山噴火や地震発生のメカニズムとともに、地球科学の現状と限界および
防災の基本が本書一冊で専門知識のない方でも会得できよう。
本の帯には、「迷ったら行動する」地球科学者の熱い思いを込めたエッセイとある。
東日本大震災の地震が続いている今こそ、多くの人に必要な知識が書かれているので、一読を勧めたい。

新燃岳』の解説 by はてなキーワード

鹿児島県宮崎県県境付近に位置する火山。霧島連山のひとつ。

江戸時代や昭和期に噴火している活火山2011年1月26日など何度も噴火したことで知られる。

さらに2011年6月29日午前10時27分、霧島連山新燃岳の噴火を観測。噴煙量は中量で、火口の真上に高さ1千メートルまで上がったという。

標高は1420.8mで火口直径は約720m。火口の底には火口湖として新燃池があった*1

新燃池は直径150m、深さ30mで、色はエメラルドグリーンであったが、2009年4月に変色した*2

新燃岳』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.