新潮のまとめ情報

新潮』の解説

新潮』(しんちょう)は、新潮社が発行している月刊の文芸雑誌1904年5月5日創刊。 新潮新人賞(1969年-)を主催し、川端康成文学賞三島由紀夫賞萩原朔太郎賞の受賞発表を行っている。新潮社の純文学部門を担う位置付けとされており、同社の『小説新潮』が大衆小説部門を担っているのと対をなす。

この『新潮』と、『文學界』(文藝春秋発行)、『群像』(講談社発行)、『すばる』(集英社発行)、『文藝』(河出書房新社発行、季刊誌)は「五大文芸誌」と呼ばれ、これらに掲載された短編中編芥川賞の候補になることが多い。

佐藤義亮が経営難のために手放した『新聲』(1896年創刊)が前身。同誌は長谷川伸若山牧水生田長江らを輩出し、当時青年投稿誌の雄と言われた『文庫』(1895年創刊)と並ぶ青年派の一大勢力となったが、1903年に佐藤が編集を離れ、翌年『新潮』を立ち上げた。創刊当初より特定の立場に固執しない編集姿勢を守り、近代日本の主要な文芸雑誌となった。歴代の編集長は齋藤十一坂本忠雄等で、著名な編集者に菅原国隆野平健一小島千加子などがいた。現在の編集長は矢野優(やの ゆたか、1965年生、2003年より編集長)。

歴代編集長

  • 中根駒十郎(1924年 - 1943年)
  • 中村武羅夫(1912年 - 1944年))
  • 楢崎勤(1944年 - 1945年)
  • 佐藤哲夫(1945年)
  • 斎藤十一(1946年 - 1967年)
  • 酒井健次郎(1967年 - 1976年)
  • 谷田昌平(1976年 - 1981年)
  • 坂本忠雄(1981年 - 1995年)
  • 前田速夫(1995年 - 2003年)
  • 矢野優(2003年 - )

企画

新潮』に 関連する人気アイテム

大家さんと僕

5つ星のうち 5.0心が温かくなるマンガ

(参考になった人 0/0 人)

話題になっていたので店頭にて購入。アマゾンで買ったわけじゃないのですが、読んでじんわり感動して、レビューを投稿したくなりました。一人暮らしの高齢の大家さんと、そこの二階に間借りして暮らす矢部さんの交流を描いたドキュメンタリー的マンガなのです。人が大勢いる大都会でも、人々が感じている孤独。そんな孤独を感じる生活を送っていた二人が、大家と間借り人という関係で出会い、日々の暮らしの中で何気ないふれあいを持つうちに、少しずつ互いにとって大切な存在になり、絆を深め、温かい関係を築いていく様子を優しいタッチで描いています。二人の関係はまさに家族。他人でもこういう関係を築けるんだなあと新鮮な気持ちになり、温かい気持ちになりました。
老若男女、誰にでもおすすめできるマンガです。

5つ星のうち 5.0ほっこりします。

(参考になった人 0/0 人)

矢部さんの人柄がそのまま本のなかにあふれていてほっこりします。 昔どこかの部落の中での生活を体験する番組をみて、部落の言葉を話せるくらいまでなったことに努力家だなぁと感心し、好感がもてましたが、絵も伝えかたも上手いなぁと思います。 飾らず控えめで人間らしい。 本の中にもその感じがそのままでていておもしろかった。

5つ星のうち 3.0ウーン

(参考になった人 0/0 人)

思ってたよりも感動もせず、思ってたよりも薄い本でした。 期待しすぎたのかな。 受け取り方は様々ですが、やはりお金は持ち合わせていた方が年老いても品は有るのだということがわかりました。

間違った子を魔法少女にしてしまった 4巻

最新刊まで一気読みしました。

とにかく主人公の華代のキャラクターが魅力的です。
初期の表紙から受けるような話が全く通じない狂戦士的な印象はそれほどでもなく、
意外と周囲の人物や状況に気を配ってる描写が見受けられます。

舎弟の雅仁戸に対しても、まだ恋愛感情にまでは行ってないですが、好意と子供じみた独占欲が
綯い交ぜになった複雑な感情を抱いている節があり、今後の進展にも目が離せません。

後、意外と萌美がお気に入りです。

マスクない方が良いと思います。
スーパーパワーで活躍する女性達が多い中、生身のままでボコられたりしてて新鮮です(笑)

しかし魔法少女合戦みたいになってて、肝心のアタスンモが雑魚ばっかなのがちょっと
そろそろボス的な奴が出てきて欲しいです。

5つ星のうち 5.0マサニド君とステッキ

(参考になった人 2/4 人)

マサニド君かっこよさがより際立った最高の一冊と言いたいが情けない場面も多数。 適度なシリアス展開も重すぎなくていい。 ステッキ今までお疲れ様でした。

一発屋芸人列伝

一発屋と呼ばれる11組の芸人について、髭男爵・山田ルイ53世の取材をもとに書かれた本。

この本の帯には「それでも、人生は続く。」と書かれている。
まさにその通り!と思える内容だった。

一発屋になる前にそれぞれの考え方で行動していて、一発の後もそれぞれの人生を生きている。
それも各人が三者三様であることがよくわかった。

芸人という厳しい世界の中でどう生きてきたかを読んで、「それじゃあ、自分はどうなんだ?」という問いが、頭の中に常に浮かんでくる。



この本に書かれている人たちに共通するのは、自分の周囲の変化にどう対応してどう生きるかを真剣に考えているんだと思った。
これについても、「それじゃあ、自分はどうなんだ?」。

山田ルイ53世さんのラジオや文章が好きで、お笑い番組が好きでこの本を読んだ。
それにしては、予想以上に考えさせられる本だった。

もちろん、お笑いネタのこともいろいろ書いてある。
どの芸人さんも(1人は存じ上げない芸人さんですが)、やっぱりおもしろいと再確認した。

特に、テツandトモは、数年前に地元の住宅展示場でのライブを見て、ものすごくおもしろかったことを思い出した。
テレビによく出ていた頃を知らない息子たちもすごく楽しかったようだ。

タイトルと表紙に惹かれ、購入しました。 私の場合、一話?を読むのにちょうど30分くらいかかり、お昼ご飯を食べた後に読むのにぴったりでした。 だいたい知っている芸人さんが登場しますが、彼等の売れるまでの経歴を知らなかったので、いろんなパターンがあるんだな〜、という感想です。 最初、ボケ文章と言えばいいのか、ツッコミ文章と言えばいいのかよくわかりませんが、要所要所に入る面白い文章が苦手でした。 これは面白いことを言ってるんだな、という感じで、ちょっと苦手でしたが、すぐ慣れたので問題なかったです。

「クローズアップ現代+」に出ていらしたお姿。 筆者はもはやNPO団体の代表のような風格があります。 ご自身の壮絶な半生も説得力十分、どうか、何か立ち上げて多くの芸人さんたちを書いていじって 救ってあげて下さい。 その中の最たる人物。 相方の「樋口くん」は今やそういうくくりなの?・・文章がうますぎて 少し鼻につく感もありますが、それを払しょくするに足る、深い愛情にくるまれた読み心地のいいい1冊です。

新潮』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.