新浪微博のまとめ情報

新浪微博』の解説

新浪微博(シンランウェイボー、)は、中華人民共和国新浪公司の運営するミニブログサイトである。TwitterFacebookの要素を併せ持ち、中国全体のミニブログユーザーのうちの57%、投稿数にして87%を占める。現在、中国で最も人気のあるウェブサイトの一つ。SINA Corporationは2009年8月に発足し、2016年9月時点で全世界6億人以上ユーザーを抱える中華圏最大のソーシャル・メディアである。

サービス名の由来

微博とは、中国語で『マイクロブログ』の意味である。よって、微博とは一般的なサービスの名称であり、他にも複数の微博と称するマイクロブログサービスが提供されているが、中華人民共和国内において単に微博と言えば、特に『新浪微博』を指す。

歴史

2007年から、twitterに代表される、マイクロブログサービスが国際的に流行していたが、中国は通信限制のため、独自にマイクロブログサービスを開発し、最初の新浪微博のテストバージョンを2009年8月14日に公開した。

同年9月には、基本的な機能(メッセージ機能、プライベートメッセージ機能、コメント機能、返信機能)が実装されたバージョンが公開された。その後はユーザー数を順調に増やし、2010年12月には、アクセスの急増による障害が発生した。2011年3月には、登録ユーザー数が1億人を突破した。2012年12月末現在、新浪は登録ユーザー数が5億人を超えたと発表した。

2014年4月17日、アメリカのナスダック市場に上場。最大3億8000万ドルを調達する方針である。2016年9月時点で全世界6億人以上ユーザー数を突破している。現在、中国国内だけで7億人以上ユーザー数を突破している。

日本における展開

日本では、先駆けて2011年7月からFind Japan株式会社が微博の日本オフィシャルパートナーとなり、日本企業の「公式アカウント」の発行・審査および広告サービスなどを提供を開始し続いて、2016年6月、新浪日本総合ネットワーク株式会社・新浪日本微博株式会社が設立され、「新浪(SINA)」の日本における広告・PRの販売権と「微博(Weibo)」の日本における広告・PRの販売権を取得し事業を開始。

現在は、新浪日本社が日本におけるサービスを統括している。

新浪微博』に 関連する人気アイテム

中国を変えた最強メディア微博の衝撃

weiboは気になっていたが、そのままにしていたので本書を手に取ってみた。 著者二名だが、綺麗な日本語で最後まで面白かった。 上を信じない中国人の必須のメディアとのことである。 それ故に日本より中国の方がネット社会が浸透しているとのこと。 日本は上を信じ過ぎる。 お上様様。 なので、新聞なので既存メディア依存度が高過ぎらしい。 人は自分の感覚で他人を見がちなので中国の実情を人民日報や新華社通信とかの既存メディアに頼ると道を誤るとの分析。 日本の上層部は肝に銘じてもらいたいものだ。

TwitterやFacebookは,禁止されている中国。
インターネットが 中国にどのような影響をおよぶのか、
それが よくわからないが すべて 禁止してしまったら、中国人も 怒るだろう。
中国当局の言うことを聞く Twitterがいる。それが現在の微信だ。
飯否が 2007年に 開始されたが、2009年7月5日に ウイグル事件が おこることで
つぶやきが寄せられ,当局は 7月8日に 閉鎖した。
その後 2009年8月に 微博がはじまった。


新浪微博(57%)腾讯(テンセント)微博(QQ;21%)
捜狐微博 網易微博 がある。
2011年7月23日 浙江省の 新幹線事故。微博で 状況が報道されて 隠すことができなかった。
まぁ。事故した列車を埋めてしまうと言う証拠隠滅の荒技は、日本人では、考えつかないなぁ。
当局は、報道検閲、世論誘導、ジャーナリストの取材妨害など拘束したりする。
2011年2月 中国ジャスミン革命が あまりおおきくなかった。
2011年11月 中国政務 微博年 とした。
ステルスマケーティング。日本で言えば サクラ 的なマケーティング。
本来は 禁止されているが 中国では 違うようだ。5毛党というステルスグループがいる。
雨の日に コンドーム という宣伝の切り口はおもしろい。
2012年企業微博白書。
外国の企業 1060 が登録。アメリカ 208 日本 178。政治的な発言が 23%。
LEIMOモデル。
如何におもしろく伝えるのか?
それが ポイントとなる。
政府を批判をするブログは、閉鎖されるが、毒にもならないブログはいくらでも自由に
発言出来るようなったことは、おおきな変化でもある。
紙媒体やテレビなどが、衰退して、携帯電話での情報収集及び発信が主流となる。

マンガデザインで『笑顔をプロデュース』

著者は気に入っているフレーズなのかもしれませんが、「笑顔をプロデュース」という言葉が何度も何度も出て来て、かえって胡散臭くさえ感じる程。あたかもマンガデザインを活用すれば周り全てが笑顔にでもなるかのような書き方をされていますが、どの説明もそこから踏み込んだ部分での結論部分に説得力が欠けており、納得感がありません。
そもそも著者自身が漫画やデザイン業界出身であれば多少の説得力もあるかもしれませんが、それどころか要所で専門用語を使い、理屈っぽく書いているところは、なるほど電通出身らしい。本文で紹介されているマンガデザインの事例も、制作現場を経験している人であれば大した真新しさもなく、後付けのコンセプトにしか感じられませんでした。

ビジネスとしての『マンガ』の可能性を感じました。 確かにマンガは見ただけでどんな人にも伝わるもの。 プレゼンやマーケティングの要素そのものだということがわかりました。 参考になります。

新浪微博』の解説 by はてなキーワード

中国Twitterのこと。Sina Weibo。微博、ウェイボー(Weibo)とも。

概要

新浪が提供している中国No.1のミニブログ。名前の「微」はマイクロを「博」は博客(ブログ)の略称で、合わせてミニブログという意味。アクセスの6割超はモバイルユーザーである。

機能

  • 140文字までの文字や画像・動画の投稿
  • 時系列表示による情報発信
  • 投稿者の位置情報の表示
  • イベント・グループ機能
  • 簡易版アンケート

関連ニュース

  • 2011年4月末時点では1億4000万ユーザーを獲得。
  • 2011年6月29日Find Japan株式会社と提携して日本に本格参入。
  • 2012年5月、北京で開催されたGMICの会場で、微博登録総ユーザー数が3億人を超えたことを発表。
  • 2014年4月17日、米ナスダック市場に米国預託株式(ADS)を上場*1

バルス超え

【チャイナネット事件簿】 中国の微博で瞬間ツイート数が「バルス」越え ほか?2012年1月 - INTERNET Watch Watch

中国版ツイッター「新浪微博(weibo・ウェイボー)」日本企業アカウントまとめ - NAVER まとめ

新浪微博』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.