断言のまとめ情報

断言』に 関連する人気アイテム

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割[決定版]

5つ星のうち 1.0結局?

(参考になった人 1/2 人)

結局、食事は大事ということがいいたいらしい。 しかし、マゴワヤサシイなんて毎日、毎回意識できないし、食べること大好きだし、 ポテトチップスも我慢したくない。 食べ物を置かないことは、参考になったけど、 どうしてもたべたい時に我慢しすぎると、リバウンドに繋がると感じた。 著者の体型には惹かれるが、小倉式の方がシンプルでわかりやすい。

途中までは良いことを言っているように思えたが、途中からの「食べてはいけない食品」の箇所で内容に懐かしのベストセラー作品を思い出した。 内容稼ぎかもしれないが、この記述が無ければ素晴らしい書籍ではないかと思われる。 非常に残念。

5つ星のうち 4.0勉強になりました。

(参考になった人 0/0 人)

シリコンバレー式自分を変える最強の食事を見てからこの本を読みました。 この著者は何度も同じ事を言いすぎていてくどいような感じもしましたがロジカルがしっかりしていてこちらの方が読みやすかったです。

いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

0~6歳までの時期になにしたらいいかを紹介した本です。本当に大切なことは「かまってあげる」「話しかける」「温かくしつける」「たくさん睡眠をとらせてあげる」というものすごくシンプルなことで、そのための具体的な方法が55例紹介しています。気になったのは「しつけ」の章の、子どもの悪い行動に対して罰を与える代わりに「特権を取り上げる」という方法。たとえば、かたづけをしなければ「おもちゃを引き上げて1日使わせない」「クレヨンを取り上げる」など。自分の行動で因果応報を学ばせるというしつけ方を「罰の代わり」と説明されるあたり、なかなかドライな子育てだ~と思った。ここに書かれていることをすべて試してみるのはどうかと思うけど、やってみたいと思えるものもあるので試してみようと思う。ためになったので4つ付けます。

中身見た上で買って見たけど落ち着いて家で読んだらあ、これ意味ない…と子供の年齢赤ちゃんくらいの人が読む本だなと思った。 うちの子もう赤ちゃんじゃないからちょっと無駄なページも多いし…。 もっと長期的に役に立つかなぁ?と思ったんだけど、なんで買ったのか自分でもわからない。 多分急いでたから慌ててて買っちゃった。 役に立たないことはないけど、何才まで〜って期限書かれるとああ、もうだめなんやな と思っちゃうからやめてほしい。 最高の子育てってそう言うことじゃないでしょ?? 残念。 違うのにすればよかった。

けっこう育児書をいろいろ読みましたが、この本はわかりやすくて良かったです。 色んな海外で行われた実験結果などを元に書かれていて参考になります。 個人的に、子供をやる気にさせるには、頭がいいね!とかいい子だね!とかの才能を褒める褒め言葉はダメで、がんばったねとか上手にできたね!などとプロセスを褒めるのが良いというくだりは目から鱗でした。 初めて知ったことですし、ついついやりがちなことだったし自分も親からそんな教育を受けていて身に覚えがあるのでとても参考になりました。

マンガでよくわかる 子どもが変わる怒らない子育て

子どもに育児本を見られるのは何となく嫌なので(笑)、Kindleは助かります。
どうしても共働きでイヤイヤ盛りの2人育児にイライラすることも多く、何とかしたいと手に取りました。

怒りの記録をつけ、
1. 怒ってしまった出来事に対しどう感じたか
2. 実際にはどうしてほしかったのか
3. そのためにはどうすれば良かったか
を振り返ることがまず第一歩とあるので、自分もやってみました。

きょうだいゲンカをして大騒ぎになっていたので怒ってしまった

1. おもちゃを取り合って上の子が下の子を叩き、下の子を大声で泣かせてしまっていたのが許せなかった

2. おもちゃは順番こに使い、仲よく遊んでいて欲しかった。

料理中に騒がないで欲しかった。

3. (「それって誰が決めたの?」と考えながら)
そもそも、まだ小さい年齢の子どもに順番を守ってきちんと遊ばせるのはまず無理。
料理中に騒がれたのでイライラして八つ当たりしてしまった。
叩くなど、痛いこと・危ないことはダメだと教え、あとは静かに見守ろう。

このようにひとつひとつ振り返ると、実は怒るまでのことでもなかったのに、感情的に許せなくて怒ってしまったことが多いことに気づかされました。
こうして自分で文章にして、自分自身を振り返ることがまず第一歩なのかなと思います。
少なくともきょうだいゲンカに対しては、いちいち怒らなくなってきた?気がします。

しかしこれがなかなか大変で、、、
寝かしつけで一緒に寝落ちしてしまう毎日なのでとても記録どころではなく、一度やったきりで第二回の振り返りはまだできていません。

ただ読むだけではダメで、紙とペンを用意して自分自身をきちんと振り返らないとせっかくの内容が活きないという点ではなかなか忙しい親には実践が難しいかもしれないなと思いました。
そんな中でも、「ああ、怒っちゃった」と思った日には、頭の中でだけでも自分の怒りに対しどうすれば良かったかを考える癖がついた点は良かったと思っています。

私は子供にあんまり怒ることは元々ないのですが
「イライラ」がたまってその負の感情をどうしたらいいか分からなくなる時があります
心が墨汁のように真っ黒になってしまう感じです。

それから子供には怒らないけれど、主人には「どうしてそうなの?」とイライラしては
一人でイライラ食器を洗ったり時には主人に文句を言ったりしていました。

子供に対して「イライラ」することが増えてきてこのままでは自分の感情でいつか
怒ってしまうと思ってこの本を購入しました。



本を読みながらノートにたくさん書き留めました
そのくらい至極全うな当たり前の話なんだけど、意識していない事ばかりだったので
忘れないようにメモしてたまにメモを読んでいます。

今回はkindleを購入したのでお風呂で湯舟につかりながら読み返したりしています。

私がすごく共感したのは
・20年後の未来を考えて。どんな大人になって欲しいかと考えていれば
価値観がブレない子育てができる。

・大切なことはどうでもいいことに心を奪われないこと
→これで主人に対するイライラが解消されました。
例えば晩御飯の後に主人がおやつを食べるとか洗濯物を脱ぎ散らかしてあるとかは
そんなに大切なことじゃないな。自分の感情を支配される程の出来事じゃないなと
思えるようになり、主人へのイライラはかなりなくなりました。

・主語を「あなた」から「私」にして伝える
これは実践しています。
「お片付けしなさい」じゃなくて「片づけしてくれると嬉しいな」とかそんな感じです
それではやってくれないので一緒にやろう。というとやってくれます。

この本を読んで心に留めるようになったのは
「主人も子供も他人。思い通りに動かさそうと思わない」ということです。

5つ星のうち 3.0私が異端なのか

(参考になった人 3/3 人)

タイトルは「怒らない子育て」とありますが、悪い意味の放任するだけの怒らない子育てではなく、良い意味の「親がイライラして無闇矢鱈に怒らない」ための事がかいてある本です。
子どもにイライラした時期だったので購入して、とても良い内容だと思いました。
でも、何故か、本の内容のあちこちに、共感ができません。
良い内容っぽいとは感じますが、反発心のような嫌な感情も出てきてしまいます。
何でなのか良く考えたところ、私にはこの「漫画」が合わないのかもしれません。
漫画は読みやすく頭に入ってきやすいですが、この漫画は私にはイライラしてしまいました。
購入されるときは、1度試し読みされた方が良いかもしれません。

クリーニングクロス 10枚セット PolySky メガネクロス 極細繊維/マイクロファイバー【カメラレンズ/スマホ/ メガネ/液晶/楽器対応】 ブラック)

うちにないと困るメガネクロス。 眼鏡屋さんでもらったのも100均で買ったものもぼろぼろになったので購入しました。 10枚も入っているので車の中、寝室、バックの中などに待機させて置きました。 いつも必要な時は見当たらなくて着てるシャツで拭かなくて良い。 拭きあがりもなかなか綺麗です。 サイズも大きめなテレビやパソコンのモニターもちょこっとお手入れしながら子どもにも一枚持たせてスマホやタブレットをフキフキさせて使い手がよいです。

眼鏡用のクロスとして使っています。 今までは眼鏡購入時についていたクロスを使っていましたが、紛失することもあり、手持ちの数が減っていました。 また数も少なかったので、車、机回り、ベッド周りにクロスがあれば、いちいち取りに行かなくてもよいと思い、こちらの商品を購入しました。 眼鏡購入時のおまけのクロスよりも大きめですし、性能も満足です!! 一人暮らしなので10枚は多かったですが、値段も手ごろなので満足です!!!

5つ星のうち 5.0貴金属製品に使用

(参考になった人 0/0 人)

貴金属製品のツヤ出しに購入しました。 ポリマールハードからポリマールソフトと使いましたが、ツヤ出しなので、金メッキ表面に油汚れのようについてしまいますが、説明文にあるようにコットンなどの布で乾拭きすると綺麗に仕上がりました。 非常に上質の弦楽器用の綿100%のクロスで乾拭きしましたが、綺麗に仕上がります。 貴金属などを美しく表現するための、最後の手入れとしては最適だと思います。

断言』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.