断言のまとめ情報

断言』に 関連する人気アイテム

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割[決定版]

5つ星のうち 4.0ごもっとも

(参考になった人 0/0 人)

数キロの減量を望んでいますが、これまで思うような結果が出ませんでした。 ジョギングしても、お腹が空いて以前より食事量が増えるなどです。 本書における引き算の考え方は、私を冷静にしてくれました。 長く続けることを目的としたダイエット方法が書かれています。

5つ星のうち 4.0ためにはなった

(参考になった人 0/0 人)

ダイエット中です。 現在、12キロ落としましたが、食事の見直しでした。 何となく体現していたことが、理論的に説明されていて腑に落ちました。 食生活の見直しは必須ですが、適度な運動も必ず必要です。

私自身、運動しなければ太ると思っていましたが。 しかし、極論としては食べ物がしっかりしていれば、理想的な体に自然になっていくということでした。 まごはやさしい。 を意識して生活してみます。

いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

そこそこ子供の将来のことは考えていたり、子育てに口は出すくせに、仕事が激務なせいでなかなか子育てにかかわらなかったり、自分の趣味に逃げている旦那結構いますよね。子供が帰ってくると子供たちも、パパ―っていって、本人も少しはがんばって相手するんだけど、疲れていて長続きしないで、スマホいじってたり。それでいてエンジニアで理屈っぽいところがある癖に、特別なことをするより「育てたように育つ」と思って放任ぶってるのがうち。

それで本書を読ませてみると、子供としゃべるってことがいかに重要か、3歳までの日々の関わり合いがいかに重要か、ごっこ遊びがどれだけ脳に刺激を与えるかを、(時にまわりくどく)解説している。

これを読んで、本人はかなり危機感を覚えたらしく、かつ、何故そのような日々のかかわりが重要かわかったようで、子供の面倒をみる動機付けになったよう。本人いわく、子供の面倒を見ないのではなく、見方がわからなかったとのこと。

アメリカ人が書いて、多用しているデータもどこまで信ぴょう性があるのか疑問なところもあるけど、旦那の教育には良い本だと思う。

って、その旦那がこのレビューを書いている自分自身なんだけどね。。。ちょっとこういう本を読まないと日々のかかわりの重要性がわからず、頑張れない自分を反省しています。たぶん、お母さんが読むと結構当たり前のことが多く☆3つ、子供の面倒をあまりみない(仕方がわからない)旦那が読むと☆4つだと思う。

5つ星のうち 5.0実際に効きました❗

(参考になった人 17/24 人)

初めは赤ちゃんのときにはよい本だということで、軽い気持ちで購入。でも、書いてあることに納得がいくし、何よりもさっきびっくりしたので、もう、誰かに言いたい、レビュー書いてあげたい‼と思い初めて書きました。そのびっくりしたのは、8分間のマッサージです‼情緒が安定するらしいので、どうせなかなか寝ないのでためしに暇潰しも兼ねて、少し赤ちゃんとふざけたりしながら、適当にマッサージし、歌を歌っていたら、少しケラケラ笑っていましたが、目がトロンとしだして、えー‼部屋も明るいままで抱っこもしてないのに、そのまま寝ちゃったんです‼こんなの初めて‼思わぬ効果が色々あるかもです‼この本の中には‼ちなみにこの本の購入きっかけのレビューは、アマゾンさんのレビューではなくて、あるお医者さんのレビューでした。この方の本の紹介も参考になさったらいいのではないかと思います。本のタイトルとレビューで検索したら、すぐに分かると思います。

最近この手の子育て本がたくさん出版されていますが、いくつか手にとってみたところこちらの本が1番読みやすい作りでした。 1単元ごとに完結していくので、どこから読んでも理解できます。 子育てのタイミングタイミングで確認しながら、読んでいく。 そういった進め方もできる内容です。 ただ、どんなに良い事をインプットしたとしても、子供が1番影響されるのは親の言動、行動です。 まずは、この本を読み進めながら自身の言動や行動を改めてチェックしていくこともおススメします。

マンガでよくわかる 子どもが変わる怒らない子育て

子どもを感情的に怒った後、いつも自己嫌悪に陥っていました。
この本を読んで、少しずつでも、自己嫌悪に陥るような怒り方をしない親へと成長していけるといいなと思っています。

以下、本に記載されていて、自分が実践しようと思った項目を紹介します。

1)怒りの記録をつける
①怒ってしまった出来事
②そのときどう感じたか(怒りの前提には、第1感情が存在する。不安、悲しみ、苦痛、ストレス、寂しさ、絶望など。)
③実際は子どもにどうしてほしかったのか
④それを実現するためには親としてどうすればよかったか

2)実は怒らなくていいことを探す
怒りの記録から、分類表(マトリックス)を作る
縦軸は怒りの原因の重要度、横軸はコントロールの可否とする
例えば、大人になれば自然となくなる、子どもの甘えなどは、期間限定のものと割り切り、重要度が低いと整理する
重要でコントロールできることだけにフォーカスし、他は怒っても仕方がないと整理する

3)怒りの感情を伝えるには4つのポイントがある
事実
影響
感情
尊重

4)怒らない子育てで重要なのは反射しないこと
反射で怒るときは感情系が働いてる
合理的な思考系にするためには、3つ数えて、心を落ち着かせる

5)怒る時は、自分と子どもの立場を入れ替え、言い方を変える

6)イライラをなくすコツ
◯日記を書いたり誰かに話す
◯子どもの言動にイラっときても、まずは「何か理由があるはず」と呪文を唱える
◯その場から距離を置いてみる
◯子どものいいところを書き出す
◯怒らない日を決める

5つ星のうち 5.0即効性あります!

(参考になった人 6/8 人)

毎日毎日、小学生の息子に怒りが爆発していましたが、第一感情を「お母さん」を主語にして伝えると伝わるし、だから怒りという第二感情にまでいかないで済むことが増えました! もっと早く読めばよかった!

5つ星のうち 5.0読みやすいです!

(参考になった人 2/3 人)

すごく読みやすかったです! 「あ〜なるほどなぁ〜、そうなんだなぁ〜って」勉強することがたくさんありました。 子育てで悩まれてる方は参考にしてみてはと思います。

断言』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.