文藝春秋 (雑誌)のまとめ情報

文藝春秋 (雑誌)』の解説

文藝春秋』(ぶんげいしゅんじゅう)は、株式会社文藝春秋が発行する月刊雑誌(総合誌)である。

概要

1923年大正12年)1月、菊池寛が私財を投じて創刊した。実際の発売は前年の暮れである。

価格は1部10銭、部数は3000部、発売元は春陽堂であった。誌名の由来は菊池が『新潮』で連載していた文芸時評のタイトルから来ている。その後、関東大震災の影響で印刷済みの同年9月号が焼失したため休刊となったものの、順調に部数を伸ばした。また「座談会」という言葉を初めて用いた。1930年代には、文芸雑誌から総合雑誌へと、性格を変えた。また、芥川賞受賞作の掲載誌としても権威を高めた。

敗戦占領期には、菊池が戦争責任を問われ公職追放となり、一時廃刊の危機にあったが、池島信平鷲尾洋三が編集長となり佐々木茂索を社長として「文藝春秋新社」として再発足。

毎月10日発売(発行日は1日)。判型はA5判、ページ数は通常は約450ページ。目次は折り畳み式。カバージャンルは政治経済経営社会歴史芸能軍事皇室教育医療スポーツと多岐に及んでいる。政治家研究者実業家ジャーナリストノンフィクション作家評論家による論文や記事が、毎号三十本ほど掲載される。日本国外でも在外日本人や知日派外国人などを中心に定期購読者を持つ。

創刊時は倉田百三島田清次郎などの女学生に人気のあった作家のゴシップを掲載する記事も多く見られた。70年代前半までは菊池寛時代の名残から作家の人物批評やゴシップ記事が何度も取り上げられたことがあったが、80年代に入ると出版社の肥大化によって商業主義的色彩を強めざるをえなくなりこうした記事は一切見られなくなった。近頃は読者層の高齢化に合わせてか、団塊の世代が好む昭和史回想などを組むことが多い。

複数の文学賞を主催・運営しており、2月号で文藝春秋読者賞、3月号と9月号で芥川賞、6月号で大宅壮一ノンフィクション賞、7月号で松本清張賞、12月号で菊池寛賞の受賞者が発表される。

特に芥川賞の時は、販売部数が大きく増大する。20代になったばかりの金原ひとみ蛇にピアス』や綿矢りさ蹴りたい背中』、ピース又吉直樹火花』の受賞作掲載号は、記録的な販売部数となったこともあり、受賞者選定自体が「販売増を念頭に置いた話題作りではないか」という指摘もなされた。

書店や売店で掲示する最新号の宣伝広告は、黒と朱色の2色刷で、文字は全て手書きの毛筆である。

文藝春秋の看板出版物であることから、社内では「本誌」と通称されている。

傾向

保守的な論調を基調としているので、日本共産党社会民主党など左派政党には批判的で、非時事コラムでも、これらの政党の政治家文章はあまり掲載はされない。公明党創価学会に対しては、より批判的なので、関係者(幹部)の掲載はまずない。

瀬戸内晴美(寂聴)澤地久枝坂本龍一森村誠一など左派の作家・進歩的文化人九条の会賛同者)の寄稿が掲載されることは珍しくない。

国民雑誌

「国民雑誌」と評されることがあり、毎日新聞社実施の『全国読書世論調査』「買って読む」「いつも読む」の両方で1950年1951年以後「群を抜いている」。平均実売数が50万部〜80万であり、『中央公論』の1954年以後の最大実売数14万部弱であるから、隔絶している。

編集長

※歴代ではなく、一部である。

常時連載

連載評論・コラム(抜粋)

著名な連載作品(平成期)

話題となった記事

  • 1974年11月特別号で、田中健五編集長は「田中政権を問い直す」という特集を組み、立花隆田中角栄研究-その金脈と人脈」と児玉隆也「淋しき越山会の女王」の2つのレポートを掲載する(田中金脈問題)。これが、田中角栄内閣を退陣へと追い遣るきっかけになった。
  • 1986年10月号で、文部大臣だった藤尾正行が、日韓関係ほかの歴史認識について自説を述べた。刊行直前から話題になり、与党・自民党の一部からも辞職を求められたが拒絶、本人の意思により「罷免」となった。この号も追加増刷された。11月号に続篇を掲載した。翌年文藝春秋読者賞を受賞した。
  • 1990年12月号に「昭和天皇の独白8時間 太平洋戦争の全貌を語る」を掲載。発行部数は105万部を記録。翌年に『昭和天皇独白録 付寺崎英成・御用掛日記』を、のちに文春文庫(昭和天皇独白録のみ)でも刊行した。
  • 2004年3月号に、第130回芥川賞の受賞作が掲載され、金原ひとみ綿矢りさという同賞史上最年少者が受賞したことが話題を呼び、初回刷数が80万部、最終的には過去最高の118万5000部を発行した。
  • 2015年9月号に、第153回芥川賞の受賞作が掲載された。お笑いコンビピース又吉直樹火花』が受賞したことにより、初版92万3000部、累計発行部数は110万3000部に達した。

批判を浴びた記事・スキャンダル

  • 1999年12月号に掲載された「『第一勧銀巨額不良債権を暴く』」の記事において、第一勧業銀行(当時)に巨額の不良債権が存在するとの記事を掲載した。しかし、記事中に60数箇所もの間違いがあることや情報源を検証せずにずさんな取材を行っていたことが、週刊新潮・週刊ポストなど他メディアの報道で発覚。また、この記事を執筆した朝日新聞社記者が、朝日新聞名刺で取材をしながら文藝春秋に記事を執筆したことが明らかになり、この記者は後にデータベースセクションに異動させられる事態となった。

関連項目

文藝春秋』に 関連する人気アイテム

土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック

5つ星のうち 5.0Must have it for OL’s Fans!!

(参考になった人 0/0 人)

OL’s fans must own this book! A lot of photo collection and article inside. Got Maki’s cooking recipe too! I want to give a try on the cooking recipe!!

5つ星のうち 3.0Collector's Item

(参考になった人 0/0 人)

Love Ossan's Love and was excited to get this. Sad that there are things missing in the book and it's not wrapped. Otherwise love it.

5つ星のうち 1.0Kindle版

(参考になった人 1/1 人)

Kindle版、写真がno imageが何箇所かあったのですが、実本でも、そうなのでしょうか? 同日に発売しなくても、ちゃんと完全版のものを発売して欲しかった。

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間

飲んでいた薬の名前を書いてないので★四つにしただけです。
神経の薬は合う合わないがあるので、書いた方が参考になったと思います。
ちなみに僕はうつ病ではないが自律神経の病気で、ピーゼットシーとワイパックスを飲んでます。

うつ病は心の病気ではなく脳の病気である。
ウチの兄貴がうつ病だが、対人恐怖なので医者へ行けず引き篭もってます。
糖尿病で倒れて入院したが、退院しても医者が怖くて通院しなくなりました。
また家の中で倒れて救急車を呼ぶことになると思います。



うつ病はまた被害妄想も強く、何が気に入らないのか、僕のことを死ね死ねと叫び倒します。
やれやれですよ、同じ屋根の下で暮らすのは。挙句の果てに僕の御飯に殺虫剤をかけましたから。

先ちゃんは周りの環境が良かった稀なケースだと思います。
嫁に辛く当たってその後おいおいと泣くのには少し驚きましたが。子供の話も出てこないし。

でも正直に素直に書いていて良い本だと思いました。
吾妻ひでおさんみたいに続編も期待してます。

僕も朝方の体調が一番悪く、先ちゃんと同じく、夜になるにつれて身体が楽になります。
24時間頭痛で不眠です。光も眩しく右目しか見えずサングラスしています。
神経に触る食べ物で簡単に悪化するので、口に入る物には細心の注意を払っています。
飲み物は水とお湯とみそ汁しか飲めません。周りに理解も無く辛い毎日ですが頑張るしかないですね。

本書を全国紙の広告で見た時、うまい題名をつけたなぁと思った。
将棋のルールは分かるが、失礼ながら著者の事も将棋界の事も全く知らない。
そのため、1人の個人事業主がうつになった、という程度の認識で読み進めた。

囲碁の騎士の奥様とのやりとりも記述は短いが、興味深い。
精神科医である兄の助言、練習に将棋をさしてくれた後輩たちの支援などにより
自分らしさを取り戻していく過程がほほえましい。

経験者にしかうつの感覚は分からないと思う。


発症した人によってまちまちだろうが、文章に表現しきれてない裏側が
何となく皮膚感覚で「わかる」のである。

中盤から後半部分は、練習対局の件りがほとんどで治っていく過程のため、
特にドラマティックな事がなく、失礼ながら単調な部分は否めない。

しかし、巻末で衝撃の過去が語られる。振り幅の大きい人生を歩んできた人なのだ。
カッコいい人生を送っている人など、そんなにいやしない。
カッコ悪いところも語れる強さが、本当のカッコ良さではないだろうか。

将棋のプロが書いたうつ病の体験録。
三月のライオンを読んでたこともあり、あの先崎さんがうつ病になったのかと驚いた。

うつ病は気のせいではなく、脳の病気である。脳の配線がおかしくなり、症状が出る。
原因は過労やストレス、睡眠不足など。これらが過度に積み重なって発症する(いろんな要因があるが)。
予防のためには、これらをできる限り避けることが大事なのだろう。環境によっては避けにくい人もいるのだろうが、自分自身も気をつけようと思ったし、そういう環境にいる人をまわりで見かけたらできる限りその要因を避けるよう言ってあげようと思った。



本書は読みやすいし、内容も客観的で、示唆に富む。
うつ病になってない人にとっても、自分自身がうつ病を予防するという観点からも役に立つし、うつ病になってしまった人もどう対処したら良いか考えることができる。多くの人にとって読む価値のある本だと思う。

羊と鋼の森

本書は、調律師という職業を題材としたストーリーである。
また、文庫版の分量としては250ページ強であり、この紙面で、職業にのみストーリーを展開している。

例えば、
「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体」(p.65参照)
のように原民喜の言葉を引用しても、その心は「理想の調律のあり方」を意味している。

そして、本書では恋愛に関する記述はなく、物語中盤で「祖母が危ないと知らせが入った」(p.164)と展開するまで、主人公の家族構成はほとんど明らかにされず、その後も主人公の成長にそれほど影響は与えない。

以上のように、本書は「調律師」にのみ話の焦点を限定しており、恋愛などに主題を分散させることなく、職業について深く描いていることから、話が万人に理解しやすい、評価できる一冊である。

5つ星のうち 1.0悲しい、、

(参考になった人 2/2 人)

本屋大賞はノミネート作品も含めて、何度かがっかりさせられていたけど、、 これが大賞なんて。 。 。 数年前の「舟を編む」と同じ衝撃。 あれもテーマだけは良かった。 最初の数ページから、読み進めるのが辛くなった。 幼稚な作品で、大賞なんて信じられない。 2位の「みかづき」の方が比較にならないほど良いです。 追記。 これを書いた後で、☆5の高評価をつけてる方が、「舟を編む」が好きな方にオススメと書いてあり苦笑。 そうです。 舟を編むが好きな方にはオススメします。

Twitterで題名が紹介されていて知りました。 静謐でいて音の聞こえてくる文章、時折美しいものを見たときこみ上げてくる種類の涙で胸がいっぱいになりそうで、でも痛みや熱さは感じない……そんな不思議な、好みのど真ん中の本でした。 宮下奈都さんの作品は初読で、著作をこれからたくさん味わえるかと思うと幸せです。 唐突に違う世界に放り出されたり微細な感覚の世界に誘われるので、繊細な感覚で世界を見ている自覚がある人が読むと、家に帰ってきたみたいに感じると思います。

ファーストラヴ

13年前の「ナラタージュ」の衝撃を私は忘れていない。一生に一度のつらくて美しい恋をみずみずしい文章で描き切った作品はいまも光彩を放っていて、昨年には映画化された。新刊の「ファーストラヴ」は、「ナラタージュ」とはまったく異なる主題を扱いながら著者のこの間の成熟を示す作品に仕上がっている。私はふたたび心揺さぶられた。

父親を刺殺した女子大生 ・環菜は逮捕された時に「動機は自分でも分からないから見つけてほしい」と供述した。環菜のノンフィクションを書くように出版社から依頼された臨床心理士の真壁由紀は、環菜との面会のために拘置所へ通う。

自分の気持ちが見えない環菜に由紀は辛抱強く語りかけ、生い立ちや家庭環境を調べ、彼女と接点をもった人たちに会いに行く。由紀に導かれて環菜は自分の閉ざしてきた気持ちに気づきはじめる。環菜は大人たちの言動に傷つき、自分で自分を罰してきたのだった。しかし、心から向き合ってくれる人が現われれば人は強くなれるし、自分らしく生きていける。

物語は心理ミステリーというべき体裁で、環菜の心理のひだをまるで薄皮を少しずつはがすように明らかにしていく。しかし、この小説の主題は家族である。家族が安住の地であるはずなのに家族によって傷つけられて苦しむ子どもたちがいる。つまり、幼児虐待などの家族がもつ危うさを扱っているので、いままさに時機を得た出版である。また、この小説は、環菜の心理を追求しながら主人公が自らの積年の苦しみに向き合うという二重構造になっていて、その構成が読み手の心を激しく揺さぶる。

読み終わって気づくのは、著者の登場人物に向けられた優しいまなざしである。それは「ナラタージュ」の時と少しも変わっていない。そのため私は主人公たちに感情移入してしまった。なお、タイトルの「ファーストラヴ」は初恋のことではない。この「ファーストラヴ」にはいろんな解釈が可能であろう。愛とは何かを問う、とてもいいタイトルだと感心した。

読み始めた途端に引き込まれて最後まで一気に読んだ。

子どもは自分が置かれた状況に適応しようと自分を変えてゆく。
そして「それが普通」だと思い込む。
それしか知らないから、そこで生きてゆくしか術がないから。

そう、親に依存するしか生きる術のない子どもは
親から愛されたいと切に願う。
だから親は悪くない、自分が悪いんだと考える。

だって、自分は何も悪くないのに酷いことを言われたりされるなんて
親から愛されていないって事になってしまうから。


自分が悪いって事にすれば、
酷いことを言われるような事を自分がしたんだ、という事にすれば、
親から愛されていないわけじゃない、とまだ思えるから。

そうしているうちに、何が自分の本当の気持ちなのか混乱して分からなくなる。
混乱から出た発言は、他人には虚言癖だと映るかもしれない。

本来なら思春期ごろに親離れをして自分と親を切り離して
考えられるようになるのだろうけど
家庭の状況によっては、子どもは混乱したまま成人して
仮に経済的には独立しても精神的には親離れが出来ていない事がある。

由紀と迦葉と環菜、それぞれが親への複雑な気持ちを抱えているなかで
環菜のもつれた状況を明らかにしていく過程と
混乱しながらも環奈が自分を取り戻してゆく様が
とてもとても面白かった。

最後の我聞の言葉は全てを包んで許すようにとても優しくて、
こんな人が側にいたら素敵だなと思うと同時に
本当は自分で自分にこんな言葉をかけられる様になりたいな、と思った。

自分が男性全般を代表するような立場にもなく、器でもないのに、男として女性にお詫びをしたくなる苦い内容でした。男の視線だけでもとても恐怖を感じる女性が、我々が知らないだけで、実は少なからずいらっしゃるということなのですね。
一方で、親の理不尽なパワハラという問題も、これは性別に関わらず、深いと思います。
法律的にも、経済的にも逃げ道がない未成年、中でも自意識も社会性(制度的な救済)も備わっていない中学生以下の少年少女への親の理不尽な仕打ちは親権の壁により、第三者も関与できない実質的な密室でのこととなります。
文学作品として味わうだけでなく、社会から隠されている少年少女への理不尽な邪悪について、自分は何が出来るのか、真剣に考えていこうと思いました。

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間

飲んでいた薬の名前を書いてないので★四つにしただけです。
神経の薬は合う合わないがあるので、書いた方が参考になったと思います。
ちなみに僕はうつ病ではないが自律神経の病気で、ピーゼットシーとワイパックスを飲んでます。

うつ病は心の病気ではなく脳の病気である。
ウチの兄貴がうつ病だが、対人恐怖なので医者へ行けず引き篭もってます。
糖尿病で倒れて入院したが、退院しても医者が怖くて通院しなくなりました。
また家の中で倒れて救急車を呼ぶことになると思います。



うつ病はまた被害妄想も強く、何が気に入らないのか、僕のことを死ね死ねと叫び倒します。
やれやれですよ、同じ屋根の下で暮らすのは。挙句の果てに僕の御飯に殺虫剤をかけましたから。

先ちゃんは周りの環境が良かった稀なケースだと思います。
嫁に辛く当たってその後おいおいと泣くのには少し驚きましたが。子供の話も出てこないし。

でも正直に素直に書いていて良い本だと思いました。
吾妻ひでおさんみたいに続編も期待してます。

僕も朝方の体調が一番悪く、先ちゃんと同じく、夜になるにつれて身体が楽になります。
24時間頭痛で不眠です。光も眩しく右目しか見えずサングラスしています。
神経に触る食べ物で簡単に悪化するので、口に入る物には細心の注意を払っています。
飲み物は水とお湯とみそ汁しか飲めません。周りに理解も無く辛い毎日ですが頑張るしかないですね。

本書を全国紙の広告で見た時、うまい題名をつけたなぁと思った。
将棋のルールは分かるが、失礼ながら著者の事も将棋界の事も全く知らない。
そのため、1人の個人事業主がうつになった、という程度の認識で読み進めた。

囲碁の騎士の奥様とのやりとりも記述は短いが、興味深い。
精神科医である兄の助言、練習に将棋をさしてくれた後輩たちの支援などにより
自分らしさを取り戻していく過程がほほえましい。

経験者にしかうつの感覚は分からないと思う。


発症した人によってまちまちだろうが、文章に表現しきれてない裏側が
何となく皮膚感覚で「わかる」のである。

中盤から後半部分は、練習対局の件りがほとんどで治っていく過程のため、
特にドラマティックな事がなく、失礼ながら単調な部分は否めない。

しかし、巻末で衝撃の過去が語られる。振り幅の大きい人生を歩んできた人なのだ。
カッコいい人生を送っている人など、そんなにいやしない。
カッコ悪いところも語れる強さが、本当のカッコ良さではないだろうか。

将棋のプロが書いたうつ病の体験録。
三月のライオンを読んでたこともあり、あの先崎さんがうつ病になったのかと驚いた。

うつ病は気のせいではなく、脳の病気である。脳の配線がおかしくなり、症状が出る。
原因は過労やストレス、睡眠不足など。これらが過度に積み重なって発症する(いろんな要因があるが)。
予防のためには、これらをできる限り避けることが大事なのだろう。環境によっては避けにくい人もいるのだろうが、自分自身も気をつけようと思ったし、そういう環境にいる人をまわりで見かけたらできる限りその要因を避けるよう言ってあげようと思った。



本書は読みやすいし、内容も客観的で、示唆に富む。
うつ病になってない人にとっても、自分自身がうつ病を予防するという観点からも役に立つし、うつ病になってしまった人もどう対処したら良いか考えることができる。多くの人にとって読む価値のある本だと思う。

文藝春秋』の解説 by はてなキーワード

【ぶんげい・しゅんじゅう】

日本を代表する出版社の一つ。また、その出版社が発行する雑誌の一つ。

作家菊池寛が創設した。芥川賞直木賞を主催する日本文学振興会文藝春秋内に事務所がある。

文藝春秋』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.