文芸のまとめ情報

文芸』の解説

文芸(ぶんげい,旧字体:文藝)

文芸』に 関連する人気アイテム

KLUMA 財布 化粧ポーチ 多用途ペン袋 軽量 収納 大容量 高校生 おしゃれ シンプル かわいい 文芸 多機能 小物収納 野菜形 独特デザイン 人気でかわいい

5つ星のうち 4.0肉

(参考になった人 4/4 人)

手触りのいい起毛素材です。 リアルな肉を想像していましたが、起毛素材なのでそれほど本物っぽくはありません。 でも面白いのでこれはこれでいいと思います。 中の大きさは縦24cm横9cmくらいなのでたくさん入ります。 ただチャックは14cmくらいしかないので、一般的なボールペン程度なら楽に入りますがそれより長いものになるとつっかえる時もあります。

5つ星のうち 4.0お肉!?

(参考になった人 0/0 人)

居眠りしながら検索していたらヒットした(=_=) そんなに欲しくなかったけど、眠いので朦朧として買ってしまった(-_-;) 現物はお肉の様な、着色料たっぷりのベーコンの様な(o゚Д゚ノ)ノ でも娘にはお肉に見えたみたいだし、面白いので満足です( ゚∀゚) デジカメのバッテリー&充電器、ケーブル入れに使っています(^_^)v

5つ星のうち 5.0肌触り最高

(参考になった人 4/4 人)

起毛タイプです。 きもちいいですよ。 ただ、チャックがボディの横についているので ペンは入れにくい・・・いや、出しにくいか。 非常に気に入っています。 周りからも評判いいです。

蜘蛛ですが、なにか? 9

五巻から続いた主人公一行の長旅も目的地となる魔族領への到着で一段落、前巻から引っ張った「鬼」編も当人の贖罪を置いとけば完全決着、と中目的、小目的共に完遂した節目となる巻です。
当座を乗り切るにあたって必要になる神の力も限定的ながら使えるようになるなど、八巻とは打って変わり主人公にとっては躍進の巻といったところでしょうか。

そして。
作中にちょくちょく口を挟みつつも、姿を見せずに一等席で観劇していた「D」と主人公が遂に初対面、「ここまで来たか」となる、作品全体のターニングポイントとなる巻でもあります。



もし、後付けだとしてもこの上ないタイトル回収に震えてください。正直、私自身、このネタバレを事前に踏んでいなければこの作品世界に飛び込んでいなかったと思うほどの衝撃でしたもの。
人型になったところで、この『蜘蛛ですが、なにか?』というタイトルは揺るがない。それほどに魂が揺るがされましたもの。

挿絵で初お披露目となるのは、以前の巻でその考えが語られつつも、今になって作品全体を俯瞰してみれば、ああこれ顔見せ程度だったんだなーって思わせる、アーグナーたち魔族の重鎮。

そして、「D」。これは神だ。神としか言いようがないと否が応でも輝竜司先生の画力で理解させられました。
絵の力をもって、薄々感づいていた読者も悟ったことでしょう。紛れもなくこれが種明かしだと。

直後。
相変わらず本人の口調と思考は軽いんだけど、この上なくシビアに主人公の「生まれてきた理由」が明かされます。

ここに来て舞台装置に過ぎないと思っていた「D」が、真に、間近に迫ってきたという今までにない感覚に悶えています。心臓が高鳴りました。
前もってWeb版で知っていた身としても、彼女の存在感は増しています。
度々強調されている行動原理にせよ、全く印象が異なっているんですよ。

不躾な感想になってしまうかもしれませんが、作者はよく逃げませんでしたね。読者としては修正に敬意を表したいところです。

けれど、出生の秘密という主人公にとっての必須要素を知った後でも、彼女ブレませんでした。
物語全体を牽引し、読者を魅了するのは彼女のそういった心の強さなのかもしれないと思いつつ。
いや。思えば、一巻から明示されていました。姿形が変わろうといい意味で何も変わっていない、印象をリフレインさせつつ先に進んでいく、これがこの作品の複雑な点であると共に何物にも代えがたい美点なのでしょう。

また、この巻では旅の仲間のひとり、吸血っ子ことソフィアも、良くも悪くも芯となる部分を確立しました。
時間軸は五巻までの「S」視点には未だ追いついていませんが、ようやくつながるだけのピースが揃ってきたことと思います。
S視点で転生前の面影がなかった転生者がいかに過酷な半生を歩んできたかに、しっかりと字数を割かれているので、逆に合流後のハードルが上ったとも言えますが。
書籍化によってWeb版以上の物を送り出されてきた実績があり、アニメ化も発表された今、その辺の心配はもはや無用と考えております。

それはそうと、六巻からほぼ新キャラとしてレギュラー化したシスターズとのサイレント劇な絡みはますます冴えを増し、緊張の糸が張り詰めている中、彼女らが空気を読まずにかき鳴らすような、独自のコメディがここに完成した気がします。

非情な現実を前に消えていく命がある一方で、救いもありますし、鬱々とした八巻の流れをある程度引き継ぎつつも読後感はあまり悪くないです。

一方で、水面下で陰謀を巡らせる宿敵ポティマスは踏み込んだ一手を繰り出し――と、以前の巻やWeb版で一応未来予想図は先読みできているハズなのに誰か欠けるかもしれないという不安感を煽る引きで〆です。

正直、ここから先は先の展開を読み切れる自信がありません。
わかるのは、舞台裏が地獄だったならここから歴史の表舞台に上がるなら、そう悪くはならないって能天気な気持ちくらいでしょうか?

次は十巻、毎度驚かされているこの物語が更なる躍進を遂げることを、二重三重の意図で絡め取られている読者としては願うのみ、です。

これまで映画、純文学小説、漫画、アニメ、小説ゲーム、いろんな分野に手を出してきましたが、
久々に大ヒット作品でした。
もともと最近はやりの転生モノだと思ってましたが、
暇な3連休にふと評価が高いものもあってまとめ買いしたら
あれよあれよと9冊一気読みですわ。
そして本当にいいタイミングでまとめ買いしたなと思いました。
9冊でこれまでの伏線回収、タイトル回収!
この回収の仕方には鳥肌が立ちました。(真夏だからとパンイチで冷房の部屋にいるからではありませんよ)

これからどのように物語が進みどのように帰着するのかはわかりませんが、
間違いなく、創作品として一品です。

なので展開がぐだっとかわったり、時系列がめんどいなと思われる方も
ぜひ9巻まで読んでみてください。

5つ星のうち 5.0n

(参考になった人 1/3 人)

楽しく読ませていただいてます。 元々WEBで読んでたので皆さんみたいに白の正体について驚いたりはしませんでしたがWEBと書籍で設定が違うので楽しみですね。 特にポティマスと白の関係が全然違うのでS編に戻った後の展開は大幅に変えて来るかもしれません。 WEBを見ている方はポティマスの設定を知ってるはずなのでそこに露骨に白を絡めて来るということは・・・。 とかなり楽しみです。 WEBを見ている方でもファンなら買いだと思います。 まぁWEB版の方は白が強すぎて淡々と進みますからね。 弱体化イベントもそのために新たに作ったのかな?と思いますし。

二文字キーワード』の解説 by はてなキーワード

二文字キーワードのリストです。

ひらがな

カタカナ


過去に登録されたが既に削除済み(モデレーション導入前)

キーワード内容の移管先がある場合は、矢印の後に続けてキーワードを記載しました。

過去に登録されたが既に削除済み(モデレーション導入後)

  • ああ  悪意を持った登録が存在する例として試験登録された。
  • あぁ→「あぁ」  曲名として登録されたが、感動詞への多数の誤爆を生んだ。
  • あい  人名として登録されたが誤爆を大量に生んだため削除された。
  • あき
  • あけ→「あけ」
  • あや 2度目
  • いい  悪意を持った登録が存在する例として試験登録された。
  • いも→おいも
  • うそ
  • うめ→「うめ」
  • かに→「蟹」  「確かに」など副詞を中心に大量の誤爆を生んだ。
  • かば
  • かほ→ココロコロン
  • かめ→「亀」 2回目
  • きは
  • きみ
  • きも
  • きら→「きら」
  • くず→「くず」2回目
  • くま→「熊」
  • くみ
  • こは  助詞「は」を含む文節に大量の誤爆を生んだ。
  • さち(類語)
  • さよ
  • さら→「さら」
  • ざら→「ざら」
  • じじ
  • すか→「すか」
  • ずく→「ずく」  「うずくまる」「力ずく」などへの誤爆を生んだ。2回目。
  • すや
  • ずん 「ずんずん
  • だお→「だお」 「まだ、未だ」+「『お』で始まる言葉」などに多くの誤爆を生んだ。
  • たか→「鷹」  「〜したか」など語尾に大量の誤爆を生んだ。
  • たま→「たま」2回目 「たまご」「たまる」「またまた
  • だば→ダバ  「死んだばかり」「読んだばかり」などへの誤爆を生んだ。
  • たん→「たん」  単独では用いられない言葉のため削除された。
  • ちぃ
  • ちさ→岡井千聖  「〜される」「〜させる」「個人名+さん」などへの多数の誤爆を生んだ。
  • ちゆ→「ちゆ」
  • でつ→スヌーピー  助詞「で」を含む複数の単語にまたがる誤爆が多数発生した。
  • てて
  • では  助詞「では」を含む文字列に大量の誤爆を生んだ。
  • との→「との」
  • とは  単独では意味をなさず、また膨大なリンクを生んだため。
  • とみ 「ことみ
  • とら→「虎」
  • なは→「なは」 2回目
  • なば
  • には  単独では意味をなさず、また膨大なリンクを生んだため。
  • ぬた→「ぬた」  「死ぬために」「せぬために」などへの誤爆を生んだ。
  • ぬふ
  • のの→「のの」 少なくとも3回目
  • のり 「のりのり
  • のん
  • ぱじ→「ぱじ」
  • はな→はなちゃんはな(モデル) 2回目
  • ひだ
  • ぶり  「ひさしぶり」「2ヶ月ぶり」などに多数の誤爆を生んだ。
  • ぽち→ 「ぽち」
  • まい
  • まき
  • まほ
  • まみ
  • まり  一般的な女性名として登録されたが誤爆多数だった。
  • みえ
  • みか
  • みき
  • みく→下川みくに
  • みさ
  • みほ
  • みや→「みや」 「みやや」 2回目
  • みる→「みる」
  • みわ
  • むつ 「おむつ」「むつみ
  • めい→「めい」
  • めし→「めし」、『めし』
  • めぐ
  • やぐ→「やぐ」  個人名や用言、助詞「や」を含む複数の単語にまたがる誤爆を生んだ。
  • やす
  • やせ
  • やや  ニックネームとして登録されたが、副詞の「やや」に膨大な誤爆を生んだ。
  • らも→中島らも  助詞「も」を含む複数の単語にまたがる誤爆が多数発生した。
  • るみ
  • るし→「るし」
  • るり
  • れい  「きれい」などに多数の誤爆を生んだ。
  • れろ  助動詞「れる」「られる」の命令形に多数誤爆を生んだ。
  • わた  「わたし」などに大量の誤爆を生んだ。
  • わん→「わん」くいもの屋わん

削除予定キーワード

  • アバ?
  • ナニ?
  • バシ?

文芸』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.