敬語のまとめ情報

敬語』の解説

敬語(けいご、)とは、

主体(書き手、話し手など)とその相手(読み手、聞き手)やその話題中の人物との社会的関係(親疎、権力の大小)と態度を表す言語表現である。ポライトネスを実現する手段の1つであり、狭義には体系的に文法化されているものを指すが、広く敬称などの語彙的表現を含む場合もある。

敬意(敬遠)の対象

Shibatani 1994が分類したように敬語が表現する敬意(敬遠)の対象は少なくとも3つある。

話題中の人物(素材敬語)

尊敬に対応する謙譲語を持つ言語もある。タイ語や朝鮮語、日本語の謙譲の一人称代名詞や動詞謙譲語などがある。尊敬語と謙譲語は同時に用いられる場合もあり、この場合、動詞の主語と目的語が同時に敬意の対象となっている(チベット語や中古日本語など)。

聞き手(対者敬語)

敬称の二人称代名詞は素材敬語であるとともに対者敬語でもある。そのほかに以下のような聞き手に対する敬意を表す形式がある。

その場にいる人(回避体)

話の聞こえる範囲に「タブー」の親族や上位者がいるときの表現。義母語や義兄語などが知られる。例えばオーストラリアのには異性の義理の親などタブーとされる親族のいるところで使うスタイルが存在する。

敬語の方法

さまざまな言語に共通してみられる敬語の方法は行為や行為者を直接に指示しないことである。

  • 行為者の代わりにその人物がいる場所を指す名詞や指示詞を用いる。
  • 人称を変える(二人称を三人称にするなど)。
  • 単数を複数にする。
  • 標示を変える(「天皇」→「天皇陛下おかせられては」など)。
  • 受動態を用いる。
  • 迂言法を用いる(1語の動詞「読む」を「お読みになる」のように複数の語で表す)。

言語における敬語の違い

日本語などでは複雑に体系化されているが、ヨーロッパ近代語では日本語ほど体系的には使われていない。ヨーロッパ近代語に敬語があるかないかは敬語の定義次第である。敬語を広く「人物間の上下関係や親疎関係を反映した言語表現」と定義すれば英語で丁寧な命令文にpleaseを付ける例を始め学校生徒教師軍隊兵士上官に対する応答の文末にsir/madam(ma'am)を付ける例、2人称代名詞の敬称(動詞の活用も3人称など本来の二人称形と異なる形を用いる)が存在する例などヨーロッパ近代語にも敬語がある。英語の二人称代名詞であるyouももともとは敬称であった。英語話者が家族であろうと親しい友人であろうと常に本来敬称であったyouのみを使うようになったためにyouが敬称としての意味を失い、敬称でない形のthouが忘れ去られるに至ったものである。しかし、現代共通日本語のように「人物間の親疎関係や上下関係を反映した言語表現が体系的に文法化された形式」をもつものに限って定義すればヨーロッパ近代語には敬語はないことになる。

日本語における敬語表現

一般的には敬語を尊敬語謙譲語丁寧語の3つに分類する。日本語学においてはさらに丁重語美化語を立てた5分類が多く使われている。文化審議会相手に対する配慮文化審議会2007年に尊敬語・謙譲語I・謙譲語II(丁重語)・丁寧語・美化語の5分類にするという敬語の指針を答申した。また、敬語は「古代から現代に至る日本語の歴史の中で、一貫して重要な役割を担い続けている」とし、現代においても人と人との「相互尊重」の気持ちを基盤とした「自己表現」を表す意味において重要な役割を果たすとした。

敬語にはその性質上、話題中の人物を高めるもの(素材敬語)と話し手が対面している聞き手を高めるもの(対者敬語)があるが5分類は従来の3分類を元に両者を区別することで定義されたものである。また、本来丁寧語の一部である美化語は「敬語」からは外されることが多い。中学校では3分類で敬語の学習をしているほか、常体敬体についても学習している。

尊敬語

話題中の動作や状態の主体が話者よりも上位である場合に使われる。動詞助動詞形容詞の語形変化を指すが名詞の語彙を変えることも尊敬語に含む場合がある(例:だれ→どなた)。

動詞の語形変化には以下のような方法がある。

  • 語彙自体を変える - 例:いる・行く→いらっしゃる、食べる→召し上がる、見る→ご覧になる、する→なさる
  • お / ご~になる - 例:待つ→お待ちになる、掛ける→お掛けになる
  • お / ご~なさる - 例:待つ→お待ちなさる、掛ける→お掛けなさる
  • れ / られ - 例:待つ→待たれる、掛ける→掛けられる

形容詞・形容動詞の語形変化には語の前に「お / ご」を付ける。

  • 忙しい→お忙しい、多忙→ご多忙

人名には後に「様」「さん」「殿」「陛下」「先生」「先輩」「閣下」「社長」「部長」など敬称や職階をつける。

名詞には前に「お」「ご」「御(おん)」「み」「尊」「貴」「玉」などをつける。通常大和言葉には「お」を、漢語には「ご」を付けることが多い。「お」「ご」の2つは美化語としても用いられる。「み」以降は付けられる名詞が決まっており、造語力が低い。

  • 車→お車
  • 亭主→ご亭主
  • 心→お心、み心(表記は「御心」で同一)
  • 父→ご尊父
  • 会社→貴社
  • 原稿→玉稿
  • 自宅→お住まい

尊敬語はその昔、階級によりその用い方が決められていたものがある。今日においても皇室典範などや慣習によって、天皇皇族についてのみ用いられる。ただ日常では滅多に使われない。崩御なども単に「死去」や「お亡くなりになる」などと表現することもある。

  • 誕生
    • ご誕生が一般的だが、1940年代までは皇族の誕生のみ降誕といった(天から地上に降った神の一族として扱っていたため)。
  • 死亡(用いられる対象については各項を参照)
  • 自宅

謙譲語

話題中の動作の客体(間接的である場合もある)が話題中の動作の主体よりも上位である場合に使われる。そのため謙譲語は話題中に2人以上の人物が登場しなければならない。動作の主体を謙(へりくだ)す言い方であり、主体=話し手の場合には自分が謙ることになる(卑しめるという意味ではない)。

動作の客体となる人物は聞き手でも第三者でもよく動作の主体は話し手・聞き手・第三者の誰でもよいのであるが、会話の場にいない人物への敬語が使われなくなってきたため動作の客体が聞き手、動作の主体が話し手である場合が多くなっている。これを受けて謙譲語の一部は動作の客体がいない場合でも使え、聞き手に対する敬意を表す丁重語としても使われるようになった。「やる」の謙譲語の「上げる」のように謙譲の意味が薄れている、または「食う」の謙譲語「食べる」のように謙譲の意味がほぼ消滅した語もある。

謙譲語は客体を高める語である。古文では天皇・皇族や貴族の動作に謙譲語がついた例もある。

語形変化には以下のような方法がある。

  • 語彙自体を変える - 行く→伺う、見る→拝見する、する→致す
  • お / ご~する - 待つ→お待ちする、掛ける→お掛けする、相談する→ご相談する
  • お / ご~頂く・申し上げる - 買ってもらう→お買い頂く、辞退する→ご辞退申し上げる

名詞に関しては規則的に謙譲語を生成することができないが、下記のような例がある。

  • 茶→粗茶
  • 品→粗品
  • 贈り物→つまらない物
  • 妻→愚妻(同様に愚息、愚兄、愚弟、愚妹)
  • 夫→宿六(“うちの碌でなし”を略し、更に字を充てた)
  • 自分の子→豚児(但しここまで卑下するのは当人の自尊心を傷つける事にも繋がるので控えるべしという意見がある)
  • 著作→拙著
  • 理論→拙論
  • 当社→弊社、小社

なお、物を贈る際に「つまらないもの」と称することが日本語独特の表現のように言われることがあるが英語でも"This is my little gift to you."(小さな贈り物です)のように自らの贈り物について謙遜する表現は存在する。

向かう先のある名詞に関しては接頭語「お / ご」を付けた形も謙譲語として用いられる。

  • 手紙→お手紙を差し上げる、辞退→ご辞退を申し上げる、ご連絡を差し上げる

これらは同じ語形で尊敬語とも謙譲語ともなる。

  • 先生へのお手紙、お客様へのご連絡 - 謙譲語
  • 先生からのお手紙、お客様からのご連絡 - 尊敬語

丁重語/鄭重語

聞き手が、話し手よりも上位であることを表す動詞の語彙をいう。必ず丁寧語「ます」を伴うことが特徴である。また話し手は話題中の動作主であるか動作主と同じグループに属する。従来、謙譲語として扱われてきたものであるが謙譲語と違って動作の受け手が存在しなくてもよい。その多くは謙譲語を兼ねているが、丁重語だけに使われるものに「おる(おります)」がある。たんに丁寧語「ます」だけを使うよりもより丁寧である印象を相手に与える。このため自分を上品に見せるための美化語に分類することもある。

  • 今、自宅にいる。→今、自宅にいます。→今、自宅におります。
  • 出張で大阪に行った。→出張で大阪に行きました。→出張で大阪に参りました。
  • 山田と言う。→山田と言います。→山田と申します。

丁寧語

聞き手が話し手よりも上位である場合に使われる語をいう。広義として聞き手に対する配慮を表すもろもろの語を含める場合があるが、文法的に語末に使われる現代語の「です」「ます」「ございます」、古語の「はべり」「候ふ」などを指す。

聞き手が上位の場合の「です・ます」で終わる文体を敬体、同等や下位にある場合に使われる「だ」や動詞・形容詞の終止形で終わる文体を常体と呼ぶ。

丁寧を表す語形変化は以下の通りであるが文法カテゴリーに応じて語彙を変える場合があり、文法的には丁寧語というよりも丁寧体として分析される。

  • です
    • 名詞+繋辞 - 学生だ→学生です(現在)、学生だった→学生でした(過去)、学生ではない→学生ではありません(否定)、学生だろう→学生でしょう(推測)
    • 形容動詞 - 綺麗だ→綺麗です(現在)、綺麗だった→綺麗でした(過去)、綺麗ではない→綺麗ではありません(否定)、綺麗だろう→綺麗でしょう(推測)
  • ます
    • 動詞 - 見る→見ます(意志)、見た→見ました(過去)、見ない→見ません(否定)、見よう→見ましょう(勧誘)
  • ございます
    • 形容詞 - 忙しい→忙しゅうございます(現在)、忙しかった→忙しゅうございました(過去)、忙しくない→忙しゅうございません(否定)、忙しいだろう→忙しゅうございましょう(推測)
      • ウ音便を用いて「ございます」に接続させる形(例:忙しゅうございます)が伝統的な丁寧体である。形容詞に名詞や形容動詞で用いる「です」を接続させる形(例:忙しいです)は誤りであるとする考え方もあるが、国語審議会「これからの敬語」では「平明・簡素な形として認めてよい」とされた。

美化語

美化語とは話者が聞き手に上品な印象を与えるために使う語のことである。文法的に見て敬語とは言えないが、聞き手に対する配慮を示しているということで敬語に準じるものとしたり丁寧語に分類することもある。名詞には「お」や「御(ご)」を付けたり、語彙を変えたりして作られる。原則として、「お」は和語に付け、「御(ご)」は漢語に付ける。これには普通に使われるもの、男女に差があるものの、たまに使われるものなど違いで分けられる。また、「バカ」と「おバカ」のようにニュアンスの変わるものもあるので注意を要する。また丁重語を美化語に入れることもある。美化語の中には女房言葉に由来するものも多い。

  • 「お」をつける - 店→お店、茶→お茶、菓子→お菓子、食事→お食事、飲み物→お飲み物、下劣→お下劣、下品→お下品
  • 「御(ご)」をつける - 住所→御住所、立派→御立派、説明→御説明、祝儀→御祝儀
  • 語彙を変える - めし→ごはん、腹→おなか、便所→お手洗い

不規則動詞一覧

「お~になる」「~れる・られる」(尊敬語)、「お~する」(謙譲語)、「~ます」(丁寧語)のようにいろいろな語に適用できる一般的な語形(一般形)ではなく、特定の語形(特定形。補充形とも言える)が用いられる動詞とその特定形の一覧を示す。ただし特定形に限定されず一般形を使える場合も多いことから、「三省堂 Web Dictionary」の一覧表において一般形が挙げられず特定形のみ示されているケースを太字で示す、「歡迎光臨」(いらっしゃいませ)の「光臨」(「來」の尊敬語)などがある。また市場経済導入後の大陸において、「何かを依頼する/働きかける」ときに「…してください/したい」よりも「…することができますか/してもいいですか」という丁寧なニュアンスをもたせるために英語の"Can you ~ ?"または"May I ~ ?"に相当する「能不能」(neng bu neng)、可不可以(ke bu ke yi)を使った疑問文を用いることが多くなっている。

参考文献

  • Shibatani, Masayoshi(柴谷方良). 1994. Honorifics. In: Asher, R.E. (ed.) The Encyclopedia of Language and Linguistics. Oxford: Pergamon Press. 1600-1608.

敬語』に 関連する人気アイテム

伝え方が9割

何度も話題に出てきたので、本書は以前から気になっていました。そこで、本屋でたまたま見かけた機会に、ちょっとめくってみることにしました。
気が付いたら、買って帰って全文読んでいました(笑)
それくらい、読みやすく、引き込まれるような文章です。

コミュニケーションの技術、というとつい、大それたものや、ソフィスト的な「相手をだまくらかすような技法」を考えてしまいがちです。本書はそうではなく、具体的に伝えたい内容があるとき、どうやったらその想いがより強く相手に伝わるか、という技術を紹介する本です。

それだけに、もしこのテクニックを使うことだけを考えてコミュニケーションをしようとすると、かえって軽薄でつまらないものになると思います。どうしても伝えたい情報や想いがあるとき、正しく技術を使いこなすことができれば、力強く、興味をひきつけるような表現になるのでしょう。

重要なのは、一つ一つの技法が具体的で簡単である、ということです。それゆえに、読んだらすぐに試してみることができます。
ぜひおすすめの1冊です!

さくっと読めて、さくっと実践

(参考になった人 1/2 人)

何より実践してみようという気持ちにさせてくれました。
確かに同じようなことを言っていても人によって伝わり方は違うもの。本書は「伝える」ことの中でも言語(文字や言葉)に特化した技術を紹介しています。
この技術に表情や身振り、抑揚や視線など非言語的な「伝え方」が加わるとより効力を増す気がします。ただ非言語の方は話者のセンスや人柄、経験によるところ大きいため、言語に特化して説明していたところが本書の大きな価値と言えるのではないでしょうか。

もっと若いときに出会っていれば
「驚くほど旨いパスタ」の術を使って
女の子をデートに誘いまくったのに。
と、思ったけれど「驚くほど旨いパスタ」をあまり知らないので、他の手を考えなければと思った次第でした。

少しの勇気と、
明日への希望を与えてくれる本でした。

著者のコミュニケーション力が上がったのは,自分でいろいろと工夫したことが重要なのだろうと思う。 だから,他の人も書いているが,本に書いてあることを自分なりに咀嚼しないでそのまま使ってもうまくいかないし,本人が向上もしないと思います。 本の内容に感心するのではなく,自分なりに工夫したことを感心して,自分でもやってみようと思う人だけが,コミュニケーション力があがるのだという一事例と考えるべき。

入社1年目の教科書

まさに社会人一年目の教科書

(参考になった人 1/1 人)

社会人になったばかりで学生気分が抜けない私(社会人二年目)のような人には参考になることもあり、マインドチェンジのきっかけにもなるように感じた。

仕事の大原則
1. 頼まれたことは必ずやる
上司の信用を得る
2. 50点で良いから早く提出する
全体の仕事を滞らせない、軌道修正は早い方が良い
3. つまらない仕事はない
どんな単純作業でも効率化していく過程で楽しむすべはある

以上の3つの原則を前提に50の助言が記されている。


特に今後役に立てたいと思ったこと
・仕事を任された時にその仕事の期限・目的を明確に。期限設定:仕事の効率化
・読書などの勉強の際は、常に今の仕事にどう応用できるかを意識する。
個人的には上司をもっと活用して早めに軌道修正してもらうべきだと感じた。

本書の大間かな内容
十分な準備・復習を通して日々の仕事をしっかり行い、上司の信用を得て、新しい仕事をどんどん任せてもらう。そしていつか来るチャンスを逃さず高いパフォーマンスを発揮するよう最大限の努力をしろ。

おわりに、著者にTV出演依頼が来た際、どのように準備行い本番に臨んだかとういエピソードは具体的で自分の仕事でも真似できることがあった。

まだ全てを読めていないこと前提の評価とレビューです。
今後この本を読む気になるかは分かりませんが、読んだらまたレビューしたいと思います。

【記述内容】
P149.「年齢が自分より上の人には、無条件で敬意を払うようにしています。~学年が一つでも上の人には、必ず敬語を使います。敬称もさんづけです。」
P155.「たとえ鈴木京香であろうと石原さとみであろうと、褒められて喜ばない人はいないのです(たぶん)。」

【気になった点】
・P149とP155の記述内容に矛盾がある点(「鈴木京香」は年上なので”さんづけ”の対象であるはず)
・自分と接点のない人には敬意を払わなくていいのか? (「石原さとみ」も敬称がないことに違和感)

【感想】
・心から「無条件で敬意を払」っているのであれば、たとえ会ったことのない人であっても自然と敬称が付くと思う。


それが出てこない瞬間が一瞬でもあるのだとすると、内面からあふれ出る相手への敬意ではなく、
きっと「気をつけて実践している」レベルなのだろうと感じた。もちろん気をつけて実践し続けることも大事なのだけど。
・それにもかかわらず、自分は相手を敬っているんだ、という主張があるので、違和感を覚えた。

う~ん。本書を教科書にして
キッチリ遂行する素直なフレッシュマンは
時代の変化に対応できず、
会社にいいように使い捨てられるのでは。

著者の教えは

・何があっても遅刻はするな
・新聞は2紙以上、紙で読め
・朝のあいさつはハキハキと
・宴会芸は死ぬ気でやれ
・同期とはつきあうな
・何はともあれ貯蓄せよ。

終身雇用時代なら、それで一生安泰だったかも
しれないけれども、これからは無理だ。



いま入社試験の形態が
どんどん多様化している。
型にはまった優等生社員では
もはやこの乱世を乗り切れない、と
経営陣が悟ったからだ。

自分ならではの発想やスキルが
身を助ける時代がきていると思う。

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール

この年になってメールの書き方を職場の人にも聞けず困っていました。 イラストも入っているせいか読みやすく、すぐ読めました。 間違った例を書いてしまっている自分にショックをだいぶ受けましたが、 正しいメールを書く姿勢はもてるようになったので、自分的には大満足です。

社会人なら日常的に使うメールの基本的な文章、言葉遣いなどが丁寧に解説されています。 日々使いながら間違っていてもなかなか指摘されずらい部分もありますのでチェック用に読んでみてもいいと思います。

本書は現代のメール社会でうまく生き抜くための教本となり得る。 必要な敬語や定型文も載っており、それなりに使えるはずである。 「本当にこんな例があるのか」というような笑える例もあります。

図解 マナー以前の社会人常識

この本は2015年初版ながら、いまだにマナー本ランキング1位を続けている。
それは、この本は、マナーを‟かたち”ではなく‶こころ”でとらえているからだと思う。
一般にマナー本、マナー研修というと、どこか型を強いられているような感覚を持つ。
そして、読者や研修参加者は、「おかしい」とは思いながらも、その型に従わざるを得ない。
そこには、腹に落ちる感覚はない。
その読者や研修参加者が持っている感覚を、この本はとらえているのだと思う。

この本は、「マナー以前の社会人常識」とうたっていることから、マナーの初級版の位置づけかもしれないが、
この本に記載されている多くのことは、私たちは知らない。

また、間違って覚えている。

ビジネスパーソンには、第四章 「好感が持たれる言葉づかい」 が役に立つ。
それは、ちょっとした言葉づかいの違いで、受け側の印象ががらりと変わるからである。

マナーは、”こころ”である。‟こころ”がなければ、マナーの本に書いてないことや、
マナー研修で習わなかったことに遭遇しても、太刀打ちできない、応用が利かない。
また、‶こころ”がなければ、相手の心に入っていかない。
そんなことを気づかせてくれる本である。

レビューの評価の高さに驚き

(参考になった人 1/5 人)

常識、マナーを少しずつでも学ぼうと購入しましたが「それくらい知ってる」という内容の事が殆どでガッカリでした。 内容が薄い。 星5つの方が多く、復習に役立ったという内容ならわかりますが「内容が豊富」と仰ってる方がいるんだなと驚きでした。 下を見ても上を見てもキリがありませんが精進します。

なかなかいい!

(参考になった人 1/2 人)

社会人になる息子へのプレゼント用に購入しました。 息子から、通勤電車の中で読める!なかなか内容もいいよ!と好評でした。 本当によい買い物をしました。 皆様にもお勧めです。

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】

さくっと読めて、さくっと実践

(参考になった人 1/2 人)

何より実践してみようという気持ちにさせてくれました。
確かに同じようなことを言っていても人によって伝わり方は違うもの。本書は「伝える」ことの中でも言語(文字や言葉)に特化した技術を紹介しています。
この技術に表情や身振り、抑揚や視線など非言語的な「伝え方」が加わるとより効力を増す気がします。ただ非言語の方は話者のセンスや人柄、経験によるところ大きいため、言語に特化して説明していたところが本書の大きな価値と言えるのではないでしょうか。

もっと若いときに出会っていれば
「驚くほど旨いパスタ」の術を使って
女の子をデートに誘いまくったのに。
と、思ったけれど「驚くほど旨いパスタ」をあまり知らないので、他の手を考えなければと思った次第でした。

少しの勇気と、
明日への希望を与えてくれる本でした。

著者のコミュニケーション力が上がったのは,自分でいろいろと工夫したことが重要なのだろうと思う。 だから,他の人も書いているが,本に書いてあることを自分なりに咀嚼しないでそのまま使ってもうまくいかないし,本人が向上もしないと思います。 本の内容に感心するのではなく,自分なりに工夫したことを感心して,自分でもやってみようと思う人だけが,コミュニケーション力があがるのだという一事例と考えるべき。

カスタマーサービスすばらしい!

(参考になった人 1/3 人)

ダウンロードで少しトラブったがカスタマーサービスの電話対応が素晴らしかった! この商品を購入してよかったと思えるほど! ふだんレビューは書かないがどうしてもカスタマーサービスの対応の素晴らしさを伝えたかった。 商品はまだ読んでいない。 以上

敬語』の解説 by はてなキーワード

聞き手や話題にのぼっている人物・事物に対する話し手の敬意を表す言語的表現。


言葉で表現する主体(書き手、話し手など)と客体(読み手、聞き手)やその話題中の対象となる人との上下関係、話題中の人物同士の上下関係などを言葉の内に表現するために用いられる語法。日本語などで発達しているが、ヨーロッパ近代語では日本語ほど体系的には使われていない。ヨーロッパ近代語に敬語があるかないかは敬語の定義次第である。

敬語』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.