敬語のまとめ情報

敬語』の解説

敬語(けいご、)とは、

主体(書き手、話し手など)とその相手(読み手、聞き手)やその話題中の人物との社会的関係(親疎、権力の大小)と態度を表す言語表現である。ポライトネスを実現する手段の1つであり、狭義には体系的に文法化されているものを指すが、広く敬称などの語彙的表現を含む場合もある。

敬意(敬遠)の対象

Shibatani 1994が分類したように敬語が表現する敬意(敬遠)の対象は少なくとも3つある。

話題中の人物(素材敬語)

尊敬に対応する謙譲語を持つ言語もある。タイ語や朝鮮語、日本語の謙譲の一人称代名詞や動詞謙譲語などがある。尊敬語と謙譲語は同時に用いられる場合もあり、この場合、動詞の主語と目的語が同時に敬意の対象となっている(チベット語や中古日本語など)。

聞き手(対者敬語)

敬称の二人称代名詞は素材敬語であるとともに対者敬語でもある。そのほかに以下のような聞き手に対する敬意を表す形式がある。

その場にいる人(回避体)

話の聞こえる範囲に「タブー」の親族や上位者がいるときの表現。義母語や義兄語などが知られる。例えばオーストラリアのには異性の義理の親などタブーとされる親族のいるところで使うスタイルが存在する。

敬語の方法

さまざまな言語に共通してみられる敬語の方法は行為や行為者を直接に指示しないことである。

  • 行為者の代わりにその人物がいる場所を指す名詞や指示詞を用いる。
  • 人称を変える(二人称を三人称にするなど)。
  • 単数を複数にする。
  • 標示を変える(「天皇」→「天皇陛下おかせられては」など)。
  • 受動態を用いる。
  • 迂言法を用いる(1語の動詞「読む」を「お読みになる」のように複数の語で表す)。

言語における敬語の違い

日本語などでは複雑に体系化されているが、ヨーロッパ近代語では日本語ほど体系的には使われていない。ヨーロッパ近代語に敬語があるかないかは敬語の定義次第である。敬語を広く「人物間の上下関係や親疎関係を反映した言語表現」と定義すれば英語で丁寧な命令文にpleaseを付ける例を始め学校生徒教師軍隊兵士上官に対する応答の文末にsir/madam(ma'am)を付ける例、2人称代名詞の敬称(動詞の活用も3人称など本来の二人称形と異なる形を用いる)が存在する例などヨーロッパ近代語にも敬語がある。英語の二人称代名詞であるyouももともとは敬称であった。英語話者が家族であろうと親しい友人であろうと常に本来敬称であったyouのみを使うようになったためにyouが敬称としての意味を失い、敬称でない形のthouが忘れ去られるに至ったものである。しかし、現代共通日本語のように「人物間の親疎関係や上下関係を反映した言語表現が体系的に文法化された形式」をもつものに限って定義すればヨーロッパ近代語には敬語はないことになる。

日本語における敬語表現

一般的には敬語を尊敬語謙譲語丁寧語の3つに分類する。日本語学においてはさらに丁重語美化語を立てた5分類が多く使われている。文化審議会相手に対する配慮文化審議会2007年に尊敬語・謙譲語I・謙譲語II(丁重語)・丁寧語・美化語の5分類にするという敬語の指針を答申した。また、敬語は「古代から現代に至る日本語の歴史の中で、一貫して重要な役割を担い続けている」とし、現代においても人と人との「相互尊重」の気持ちを基盤とした「自己表現」を表す意味において重要な役割を果たすとした。

敬語にはその性質上、話題中の人物を高めるもの(素材敬語)と話し手が対面している聞き手を高めるもの(対者敬語)があるが5分類は従来の3分類を元に両者を区別することで定義されたものである。また、本来丁寧語の一部である美化語は「敬語」からは外されることが多い。中学校では3分類で敬語の学習をしているほか、常体敬体についても学習している。

尊敬語

話題中の動作や状態の主体が話者よりも上位である場合に使われる。動詞助動詞形容詞の語形変化を指すが名詞の語彙を変えることも尊敬語に含む場合がある(例:だれ→どなた)。

動詞の語形変化には以下のような方法がある。

  • 語彙自体を変える - 例:いる・行く→いらっしゃる、食べる→召し上がる、見る→ご覧になる、する→なさる
  • お / ご~になる - 例:待つ→お待ちになる、掛ける→お掛けになる
  • お / ご~なさる - 例:待つ→お待ちなさる、掛ける→お掛けなさる
  • れ / られ - 例:待つ→待たれる、掛ける→掛けられる

形容詞・形容動詞の語形変化には語の前に「お / ご」を付ける。

  • 忙しい→お忙しい、多忙→ご多忙

人名には後に「様」「さん」「殿」「陛下」「先生」「先輩」「閣下」「社長」「部長」など敬称や職階をつける。

名詞には前に「お」「ご」「御(おん)」「み」「尊」「貴」「玉」などをつける。通常大和言葉には「お」を、漢語には「ご」を付けることが多い。「お」「ご」の2つは美化語としても用いられる。「み」以降は付けられる名詞が決まっており、造語力が低い。

  • 車→お車
  • 亭主→ご亭主
  • 心→お心、み心(表記は「御心」で同一)
  • 父→ご尊父
  • 会社→貴社
  • 原稿→玉稿
  • 自宅→お住まい

尊敬語はその昔、階級によりその用い方が決められていたものがある。今日においても皇室典範などや慣習によって、天皇皇族についてのみ用いられる。ただ日常では滅多に使われない。崩御なども単に「死去」や「お亡くなりになる」などと表現することもある。

  • 誕生
    • ご誕生が一般的だが、1940年代までは皇族の誕生のみ降誕といった(天から地上に降った神の一族として扱っていたため)。
  • 死亡(用いられる対象については各項を参照)
  • 自宅

謙譲語

話題中の動作の客体(間接的である場合もある)が話題中の動作の主体よりも上位である場合に使われる。そのため謙譲語は話題中に2人以上の人物が登場しなければならない。動作の主体を謙(へりくだ)す言い方であり、主体=話し手の場合には自分が謙ることになる(卑しめるという意味ではない)。

動作の客体となる人物は聞き手でも第三者でもよく動作の主体は話し手・聞き手・第三者の誰でもよいのであるが、会話の場にいない人物への敬語が使われなくなってきたため動作の客体が聞き手、動作の主体が話し手である場合が多くなっている。これを受けて謙譲語の一部は動作の客体がいない場合でも使え、聞き手に対する敬意を表す丁重語としても使われるようになった。「やる」の謙譲語の「上げる」のように謙譲の意味が薄れている、または「食う」の謙譲語「食べる」のように謙譲の意味がほぼ消滅した語もある。

謙譲語は客体を高める語である。古文では天皇・皇族や貴族の動作に謙譲語がついた例もある。

語形変化には以下のような方法がある。

  • 語彙自体を変える - 行く→伺う、見る→拝見する、する→致す
  • お / ご~する - 待つ→お待ちする、掛ける→お掛けする、相談する→ご相談する
  • お / ご~頂く・申し上げる - 買ってもらう→お買い頂く、辞退する→ご辞退申し上げる

名詞に関しては規則的に謙譲語を生成することができないが、下記のような例がある。

  • 茶→粗茶
  • 品→粗品
  • 贈り物→つまらない物
  • 妻→愚妻(同様に愚息、愚兄、愚弟、愚妹)
  • 夫→宿六(“うちの碌でなし”を略し、更に字を充てた)
  • 自分の子→豚児(但しここまで卑下するのは当人の自尊心を傷つける事にも繋がるので控えるべしという意見がある)
  • 著作→拙著
  • 理論→拙論
  • 当社→弊社、小社

なお、物を贈る際に「つまらないもの」と称することが日本語独特の表現のように言われることがあるが英語でも"This is my little gift to you."(小さな贈り物です)のように自らの贈り物について謙遜する表現は存在する。

向かう先のある名詞に関しては接頭語「お / ご」を付けた形も謙譲語として用いられる。

  • 手紙→お手紙を差し上げる、辞退→ご辞退を申し上げる、ご連絡を差し上げる

これらは同じ語形で尊敬語とも謙譲語ともなる。

  • 先生へのお手紙、お客様へのご連絡 - 謙譲語
  • 先生からのお手紙、お客様からのご連絡 - 尊敬語

丁重語/鄭重語

聞き手が、話し手よりも上位であることを表す動詞の語彙をいう。必ず丁寧語「ます」を伴うことが特徴である。また話し手は話題中の動作主であるか動作主と同じグループに属する。従来、謙譲語として扱われてきたものであるが謙譲語と違って動作の受け手が存在しなくてもよい。その多くは謙譲語を兼ねているが、丁重語だけに使われるものに「おる(おります)」がある。たんに丁寧語「ます」だけを使うよりもより丁寧である印象を相手に与える。このため自分を上品に見せるための美化語に分類することもある。

  • 今、自宅にいる。→今、自宅にいます。→今、自宅におります。
  • 出張で大阪に行った。→出張で大阪に行きました。→出張で大阪に参りました。
  • 山田と言う。→山田と言います。→山田と申します。

丁寧語

聞き手が話し手よりも上位である場合に使われる語をいう。広義として聞き手に対する配慮を表すもろもろの語を含める場合があるが、文法的に語末に使われる現代語の「です」「ます」「ございます」、古語の「はべり」「候ふ」などを指す。

聞き手が上位の場合の「です・ます」で終わる文体を敬体、同等や下位にある場合に使われる「だ」や動詞・形容詞の終止形で終わる文体を常体と呼ぶ。

丁寧を表す語形変化は以下の通りであるが文法カテゴリーに応じて語彙を変える場合があり、文法的には丁寧語というよりも丁寧体として分析される。

  • です
    • 名詞+繋辞 - 学生だ→学生です(現在)、学生だった→学生でした(過去)、学生ではない→学生ではありません(否定)、学生だろう→学生でしょう(推測)
    • 形容動詞 - 綺麗だ→綺麗です(現在)、綺麗だった→綺麗でした(過去)、綺麗ではない→綺麗ではありません(否定)、綺麗だろう→綺麗でしょう(推測)
  • ます
    • 動詞 - 見る→見ます(意志)、見た→見ました(過去)、見ない→見ません(否定)、見よう→見ましょう(勧誘)
  • ございます
    • 形容詞 - 忙しい→忙しゅうございます(現在)、忙しかった→忙しゅうございました(過去)、忙しくない→忙しゅうございません(否定)、忙しいだろう→忙しゅうございましょう(推測)
      • ウ音便を用いて「ございます」に接続させる形(例:忙しゅうございます)が伝統的な丁寧体である。形容詞に名詞や形容動詞で用いる「です」を接続させる形(例:忙しいです)は誤りであるとする考え方もあるが、国語審議会「これからの敬語」では「平明・簡素な形として認めてよい」とされた。

美化語

美化語とは話者が聞き手に上品な印象を与えるために使う語のことである。文法的に見て敬語とは言えないが、聞き手に対する配慮を示しているということで敬語に準じるものとしたり丁寧語に分類することもある。名詞には「お」や「御(ご)」を付けたり、語彙を変えたりして作られる。原則として、「お」は和語に付け、「御(ご)」は漢語に付ける。これには普通に使われるもの、男女に差があるものの、たまに使われるものなど違いで分けられる。また、「バカ」と「おバカ」のようにニュアンスの変わるものもあるので注意を要する。また丁重語を美化語に入れることもある。美化語の中には女房言葉に由来するものも多い。

  • 「お」をつける - 店→お店、茶→お茶、菓子→お菓子、食事→お食事、飲み物→お飲み物、下劣→お下劣、下品→お下品
  • 「御(ご)」をつける - 住所→御住所、立派→御立派、説明→御説明、祝儀→御祝儀
  • 語彙を変える - めし→ごはん、腹→おなか、便所→お手洗い

不規則動詞一覧

「お~になる」「~れる・られる」(尊敬語)、「お~する」(謙譲語)、「~ます」(丁寧語)のようにいろいろな語に適用できる一般的な語形(一般形)ではなく、特定の語形(特定形。補充形とも言える)が用いられる動詞とその特定形の一覧を示す。ただし特定形に限定されず一般形を使える場合も多いことから、「三省堂 Web Dictionary」の一覧表において一般形が挙げられず特定形のみ示されているケースを太字で示す、「歡迎光臨」(いらっしゃいませ)の「光臨」(「來」の尊敬語)などがある。また市場経済導入後の大陸において、「何かを依頼する/働きかける」ときに「…してください/したい」よりも「…することができますか/してもいいですか」という丁寧なニュアンスをもたせるために英語の"Can you ~ ?"または"May I ~ ?"に相当する「能不能」(neng bu neng)、可不可以(ke bu ke yi)を使った疑問文を用いることが多くなっている。

参考文献

  • Shibatani, Masayoshi(柴谷方良). 1994. Honorifics. In: Asher, R.E. (ed.) The Encyclopedia of Language and Linguistics. Oxford: Pergamon Press. 1600-1608.

敬語』に 関連する人気アイテム

伝え方が9割

伝える技術をコツではなく、ルールが記載してあるので、そのルールに従えば誰でも、高い技術を安定して発揮できるようになる。 なんとなくやっていたことが体系的に把握できるので、かなりおすすめ。 「そうだ、京都にいこう」の「そうだ」の重要性とかを説明しています。 普通にお願いしたら、YESかNOか、回答は状況に応じて変わってしまうが、限りなくYESに近づける。 そのための「3つのステップ」、「7つの切り口」、「5つの技術」を紹介している。

つまらなかったです。

(参考になった人 0/0 人)

この手の、「わかりやすい決めつけ本」が売れまくっているのが不思議です。 基本的に場合場合、時と状況や個々人の個性で採用すべき方策は違うので、「安易な決めつけ本」は好まないのですが、好みの問題という要素を排除しても、レベルが低いと思いました。 ただ、「伝え方を高めたい」という、コミニュケーション能力が弱い人のコンプレックスやニーズをうまく刺激する、いいタイトルだな、とは思います。 マーケティングの勝利でしょうか。

本書を読んで、レトリックの技法の重要性を再認識しました。 その後に出版された第2巻には、著者が講演やセミナーで接した読者からの反響(質問や成功談)が反映されており、理解が一層深まりました。 本書(第1巻)を読まれて、さらに内容を追求したい方は、第2巻を合わせて読むことで、実践力が高まると思います。 伝えたい思いは、「伝え方次第で届き方が左右される」ことを実践的に解説した著書です。

入社1年目の教科書

この本を入社時に買って、読みました。
内容の幾つかは行動に移してみて、一年が経ちました。

結果、私にはそれらの行動が全てマイナスになりました。この本に書かれていることは、上司にとって理想な部下のあり方であり、会社に従順な社員(社畜)のなり方です。
最近判明した事ですが、この本に則って行動した事で、上司からはつまらない人間と思われていた事がわかりました。また、行動が私の自身の士気を下げていたことも気が付きました。

会社を良くしたい。仕事をして世の中を変えたいと思っている人には向きません。読まないほうがいいです。

物事を荒立てず、上司にそこそこ評価され、安定な生活を送りたい人には教科書でしょうが

優等生はあぶない

(参考になった人 0/1 人)

著者の教えは ・何があっても遅刻はするな ・新聞は2紙以上、紙で読め ・朝のあいさつはハキハキと ・宴会芸は死ぬ気でやれ ・同期とはつきあうな ・何はともあれ貯蓄せよ……。 う~ん。 こういう本を「教科書」にして 素直にキッチリ遂行するフレッシュマンは 時代の変化に全く対応できず、 会社にいいように使い捨てられるだろう。 いま入社試験の形態が どんどん多様化しているのは 型にはまった優等生社員では もはやこの乱世を乗り切れない、と 経営陣が悟ったから。 教科書通りの優等生社員はあぶない、と心得て 自分ならではの発想やスキルを磨こう。

初めて仕事に就く新人社会人向けに 会社の中でよりうまく立ち回っていくためのコツを説明したもの。 メールのやり取りや先輩・上司への振る舞い、早く成長するための心構えなど、 仕事に慣れた社会人なら知っている世渡り術を丁寧に解説していく本。 働く上で当たり前の内容とも言えるが、 一人前になるなら早いうちから心がけておいた方がいいものばかり。 中身が薄く、短時間ですぐ読めてしまうボリュームだが、 新卒の学生などは入社前に知っておく方がよい。

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール

この年になってメールの書き方を職場の人にも聞けず困っていました。 イラストも入っているせいか読みやすく、すぐ読めました。 間違った例を書いてしまっている自分にショックをだいぶ受けましたが、 正しいメールを書く姿勢はもてるようになったので、自分的には大満足です。

確認用もしくは新入社員向け

(参考になった人 0/0 人)

社会人なら日常的に使うメールの基本的な文章、言葉遣いなどが丁寧に解説されています。 日々使いながら間違っていてもなかなか指摘されずらい部分もありますのでチェック用に読んでみてもいいと思います。

メール新基準

(参考になった人 0/0 人)

メールは何時もこれでいいのか?としんぱいしていました。 また、電話、もしくは口頭での報告でなくたはいけない事をメールで済ませる風潮に対して困っていました。 基準が示された良い読み物です。

図解 マナー以前の社会人常識

この本は2015年初版ながら、いまだにマナー本ランキング1位を続けている。
それは、この本は、マナーを‟かたち”ではなく‶こころ”でとらえているからだと思う。
一般にマナー本、マナー研修というと、どこか型を強いられているような感覚を持つ。
そして、読者や研修参加者は、「おかしい」とは思いながらも、その型に従わざるを得ない。
そこには、腹に落ちる感覚はない。
その読者や研修参加者が持っている感覚を、この本はとらえているのだと思う。

この本は、「マナー以前の社会人常識」とうたっていることから、マナーの初級版の位置づけかもしれないが、
この本に記載されている多くのことは、私たちは知らない。

また、間違って覚えている。

ビジネスパーソンには、第四章 「好感が持たれる言葉づかい」 が役に立つ。
それは、ちょっとした言葉づかいの違いで、受け側の印象ががらりと変わるからである。

マナーは、”こころ”である。‟こころ”がなければ、マナーの本に書いてないことや、
マナー研修で習わなかったことに遭遇しても、太刀打ちできない、応用が利かない。
また、‶こころ”がなければ、相手の心に入っていかない。
そんなことを気づかせてくれる本である。

常識についての査問

(参考になった人 0/1 人)

満月の子と成瀬真理亜がしたことである(服を着たままところ構わず性行為を行う)とは
(人にいやがられて当然の行為)と解釈するのは(真の漫画の神様は藤子不二雄)を選んだもの特有の発想である
(サエの容姿をしたサエの言動をするアキナと言う源氏名を使うプラチナマネージャーサエ)
及び(ミントの容姿をしたミントの言動をするアーチェ)
及び(種島の容姿をした種島の言動をする松本店長)
及び(ミズキの容姿をしたミズキの言動をするアヤ)も(こう解釈しますよ)を意味する設定なのである
つまり(服を着たままところ構わず性行為を行うの事を人に嫌がられて当然の行為と解釈しない方法)なるものが存在しており
これは(真の漫画の神様は藤子不二雄と結論付けない方法)をも意味する方法だと言うことが判明するのである
つまり(服を着たままところ構わず性行為を行うの事を人に嫌がられて当然の行為と解釈しない方法)とは何なのかについての
査問を(起こす)のが(実現可能)を意味する設定なのである
つまり(真の漫画の神様は藤子F不二雄と結論付けない人にとっての常識的発想)とは何なのかについての査問なのである

レビューの評価の高さに驚き

(参考になった人 0/1 人)

常識、マナーを少しずつでも学ぼうと購入しましたが「それくらい知ってる」という内容の事が殆どでガッカリでした。 内容が薄い。 星5つの方が多く、復習に役立ったという内容ならわかりますが「内容が豊富」と仰ってる方がいるんだなと驚きでした。 下を見ても上を見てもキリがありませんが精進します。

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】

伝える技術をコツではなく、ルールが記載してあるので、そのルールに従えば誰でも、高い技術を安定して発揮できるようになる。 なんとなくやっていたことが体系的に把握できるので、かなりおすすめ。 「そうだ、京都にいこう」の「そうだ」の重要性とかを説明しています。 普通にお願いしたら、YESかNOか、回答は状況に応じて変わってしまうが、限りなくYESに近づける。 そのための「3つのステップ」、「7つの切り口」、「5つの技術」を紹介している。

つまらなかったです。

(参考になった人 0/0 人)

この手の、「わかりやすい決めつけ本」が売れまくっているのが不思議です。 基本的に場合場合、時と状況や個々人の個性で採用すべき方策は違うので、「安易な決めつけ本」は好まないのですが、好みの問題という要素を排除しても、レベルが低いと思いました。 ただ、「伝え方を高めたい」という、コミニュケーション能力が弱い人のコンプレックスやニーズをうまく刺激する、いいタイトルだな、とは思います。 マーケティングの勝利でしょうか。

本書を読んで、レトリックの技法の重要性を再認識しました。 その後に出版された第2巻には、著者が講演やセミナーで接した読者からの反響(質問や成功談)が反映されており、理解が一層深まりました。 本書(第1巻)を読まれて、さらに内容を追求したい方は、第2巻を合わせて読むことで、実践力が高まると思います。 伝えたい思いは、「伝え方次第で届き方が左右される」ことを実践的に解説した著書です。

敬語』の解説 by はてなキーワード

聞き手や話題にのぼっている人物・事物に対する話し手の敬意を表す言語的表現。


言葉で表現する主体(書き手、話し手など)と客体(読み手、聞き手)やその話題中の対象となる人との上下関係、話題中の人物同士の上下関係などを言葉の内に表現するために用いられる語法。日本語などで発達しているが、ヨーロッパ近代語では日本語ほど体系的には使われていない。ヨーロッパ近代語に敬語があるかないかは敬語の定義次第である。

敬語』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.