敬語のまとめ情報

敬語』の解説

敬語(けいご、honorifics)とは、

主体(書き手、話し手など)とその相手(読み手、聞き手)やその話題中の人物との社会的関係(親疎、権力の大小)と態度を表す言語表現である。ポライトネスを実現する手段の1つであり、狭義には体系的に文法化されているものを指すが、広く敬称などの語彙的表現を含む場合もある。

敬意(敬遠)の対象

Shibatani 1994が分類したように敬語が表現する敬意(敬遠)の対象は少なくとも3つある。

話題中の人物(素材敬語)

尊敬に対応する謙譲語を持つ言語もある。タイ語や朝鮮語、日本語の謙譲の一人称代名詞や動詞謙譲語などがある。尊敬語と謙譲語は同時に用いられる場合もあり、この場合、動詞の主語と目的語が同時に敬意の対象となっている(チベット語や中古日本語など)。

聞き手(対者敬語)

敬称の二人称代名詞は素材敬語であるとともに対者敬語でもある。そのほかに以下のような聞き手に対する敬意を表す形式がある。

その場にいる人(回避体)

話の聞こえる範囲に「タブー」の親族や上位者がいるときの表現。義母語や義兄語などが知られる。例えばオーストラリアのには異性の義理の親などタブーとされる親族のいるところで使うスタイルが存在する。

敬語の方法

さまざまな言語に共通してみられる敬語の方法は行為や行為者を直接に指示しないことである。

  • 行為者の代わりにその人物がいる場所を指す名詞や指示詞を用いる。
  • 人称を変える(二人称を三人称にするなど)。
  • 単数を複数にする。
  • 標示を変える(「天皇」→「天皇陛下おかせられては」など)。
  • 受動態を用いる。
  • 迂言法を用いる(1語の動詞「読む」を「お読みになる」のように複数の語で表す)。

言語における敬語の違い

日本語などでは複雑に体系化されているが、ヨーロッパ近代語では日本語ほど体系的には使われていない。ヨーロッパ近代語に敬語があるかないかは敬語の定義次第である。敬語を広く「人物間の上下関係や親疎関係を反映した言語表現」と定義すれば英語で丁寧な命令文にpleaseを付ける例を始め学校生徒教師軍隊兵士上官に対する応答の文末にsir/madam(ma'am)を付ける例、2人称代名詞の敬称(動詞の活用も3人称など本来の二人称形と異なる形を用いる)が存在する例などヨーロッパ近代語にも敬語がある。英語の二人称代名詞であるyouももともとは敬称であった。英語話者が家族であろうと親しい友人であろうと常に本来敬称であったyouのみを使うようになったためにyouが敬称としての意味を失い、敬称でない形のthouが忘れ去られるに至ったものである。しかし、現代共通日本語のように「人物間の親疎関係や上下関係を反映した言語表現が体系的に文法化された形式」をもつものに限って定義すればヨーロッパ近代語には敬語はないことになる。

日本語における敬語表現

一般的には敬語を尊敬語謙譲語丁寧語の3つに分類する。日本語学においてはさらに丁重語美化語を立てた5分類が多く使われている。文化審議会相手に対する配慮文化審議会2007年に尊敬語・謙譲語I・謙譲語II(丁重語)・丁寧語・美化語の5分類にするという敬語の指針を答申した。また、敬語は「古代から現代に至る日本語の歴史の中で、一貫して重要な役割を担い続けている」とし、現代においても人と人との「相互尊重」の気持ちを基盤とした「自己表現」を表す意味において重要な役割を果たすとした。

敬語にはその性質上、話題中の人物を高めるもの(素材敬語)と話し手が対面している聞き手を高めるもの(対者敬語)があるが5分類は従来の3分類を元に両者を区別することで定義されたものである。また、本来丁寧語の一部である美化語は「敬語」からは外されることが多い。中学校では3分類で敬語の学習をしているほか、常体敬体についても学習している。

尊敬語

話題中の動作や状態の主体が話者よりも上位である場合に使われる。動詞助動詞形容詞の語形変化を指すが名詞の語彙を変えることも尊敬語に含む場合がある(例:だれ→どなた)。

動詞の語形変化には以下のような方法がある。

  • 語彙自体を変える - 例:いる・行く→いらっしゃる、食べる→召し上がる、見る→ご覧になる、する→なさる
  • お / ご~になる - 例:待つ→お待ちになる、掛ける→お掛けになる
  • お / ご~なさる - 例:待つ→お待ちなさる、掛ける→お掛けなさる
  • れ / られ - 例:待つ→待たれる、掛ける→掛けられる

形容詞・形容動詞の語形変化には語の前に「お / ご」を付ける。

  • 忙しい→お忙しい、多忙→ご多忙

人名には後に「様」「さん」「殿」「陛下」「先生」「先輩」「閣下」「社長」「部長」など敬称や職階をつける。

名詞には前に「お」「ご」「御(おん)」「み」「尊」「貴」「玉」などをつける。通常大和言葉には「お」を、漢語には「ご」を付けることが多い。「お」「ご」の2つは美化語としても用いられる。「み」以降は付けられる名詞が決まっており、造語力が低い。

  • 車→お車
  • 亭主→ご亭主
  • 心→お心、み心(表記は「御心」で同一)
  • 父→ご尊父
  • 会社→貴社
  • 原稿→玉稿
  • 自宅→お住まい

尊敬語はその昔、階級によりその用い方が決められていたものがある。今日においても皇室典範などや慣習によって、天皇皇族についてのみ用いられる。ただ日常では滅多に使われない。崩御なども単に「死去」や「お亡くなりになる」などと表現することもある。

  • 誕生
    • ご誕生が一般的だが、1940年代までは皇族の誕生のみ降誕といった(天から地上に降った神の一族として扱っていたため)。
  • 死亡(用いられる対象については各項を参照)
  • 自宅

謙譲語

話題中の動作の客体(間接的である場合もある)が話題中の動作の主体よりも上位である場合に使われる。そのため謙譲語は話題中に2人以上の人物が登場しなければならない。動作の主体を謙(へりくだ)す言い方であり、主体=話し手の場合には自分が謙ることになる(卑しめるという意味ではない)。

動作の客体となる人物は聞き手でも第三者でもよく動作の主体は話し手・聞き手・第三者の誰でもよいのであるが、会話の場にいない人物への敬語が使われなくなってきたため動作の客体が聞き手、動作の主体が話し手である場合が多くなっている。これを受けて謙譲語の一部は動作の客体がいない場合でも使え、聞き手に対する敬意を表す丁重語としても使われるようになった。「やる」の謙譲語の「上げる」のように謙譲の意味が薄れている、または「食う」の謙譲語「食べる」のように謙譲の意味がほぼ消滅した語もある。

謙譲語は客体を高める語である。古文では天皇・皇族や貴族の動作に謙譲語がついた例もある。

語形変化には以下のような方法がある。

  • 語彙自体を変える - 行く→伺う、見る→拝見する、する→致す
  • お / ご~する - 待つ→お待ちする、掛ける→お掛けする、相談する→ご相談する
  • お / ご~頂く・申し上げる - 買ってもらう→お買い頂く、辞退する→ご辞退申し上げる

名詞に関しては規則的に謙譲語を生成することができないが、下記のような例がある。

  • 茶→粗茶
  • 品→粗品
  • 贈り物→つまらない物
  • 妻→愚妻(同様に愚息、愚兄、愚弟、愚妹)
  • 夫→宿六(“うちの碌でなし”を略し、更に字を充てた)
  • 自分の子→豚児(但しここまで卑下するのは当人の自尊心を傷つける事にも繋がるので控えるべしという意見がある)
  • 著作→拙著
  • 理論→拙論
  • 当社→弊社、小社

なお、物を贈る際に「つまらないもの」と称することが日本語独特の表現のように言われることがあるが英語でも"This is my little gift to you."(小さな贈り物です)のように自らの贈り物について謙遜する表現は存在する。

向かう先のある名詞に関しては接頭語「お / ご」を付けた形も謙譲語として用いられる。

  • 手紙→お手紙を差し上げる、辞退→ご辞退を申し上げる、ご連絡を差し上げる

これらは同じ語形で尊敬語とも謙譲語ともなる。

  • 先生へのお手紙、お客様へのご連絡 - 謙譲語
  • 先生からのお手紙、お客様からのご連絡 - 尊敬語

丁重語/鄭重語

聞き手が、話し手よりも上位であることを表す動詞の語彙をいう。必ず丁寧語「ます」を伴うことが特徴である。また話し手は話題中の動作主であるか動作主と同じグループに属する。従来、謙譲語として扱われてきたものであるが謙譲語と違って動作の受け手が存在しなくてもよい。その多くは謙譲語を兼ねているが、丁重語だけに使われるものに「おる(おります)」がある。たんに丁寧語「ます」だけを使うよりもより丁寧である印象を相手に与える。このため自分を上品に見せるための美化語に分類することもある。

  • 今、自宅にいる。→今、自宅にいます。→今、自宅におります。
  • 出張で大阪に行った。→出張で大阪に行きました。→出張で大阪に参りました。
  • 山田と言う。→山田と言います。→山田と申します。

丁寧語

聞き手が話し手よりも上位である場合に使われる語をいう。広義として聞き手に対する配慮を表すもろもろの語を含める場合があるが、文法的に語末に使われる現代語の「です」「ます」「ございます」、古語の「はべり」「候ふ」などを指す。

聞き手が上位の場合の「です・ます」で終わる文体を敬体、同等や下位にある場合に使われる「だ」や動詞・形容詞の終止形で終わる文体を常体と呼ぶ。

丁寧を表す語形変化は以下の通りであるが文法カテゴリーに応じて語彙を変える場合があり、文法的には丁寧語というよりも丁寧体として分析される。

  • です
    • 名詞+繋辞 - 学生だ→学生です(現在)、学生だった→学生でした(過去)、学生ではない→学生ではありません(否定)、学生だろう→学生でしょう(推測)
    • 形容動詞 - 綺麗だ→綺麗です(現在)、綺麗だった→綺麗でした(過去)、綺麗ではない→綺麗ではありません(否定)、綺麗だろう→綺麗でしょう(推測)
  • ます
    • 動詞 - 見る→見ます(意志)、見た→見ました(過去)、見ない→見ません(否定)、見よう→見ましょう(勧誘)
  • ございます
    • 形容詞 - 忙しい→忙しゅうございます(現在)、忙しかった→忙しゅうございました(過去)、忙しくない→忙しゅうございません(否定)、忙しいだろう→忙しゅうございましょう(推測)
      • ウ音便を用いて「ございます」に接続させる形(例:忙しゅうございます)が正しい丁寧体であり、形容詞に名詞や形容動詞で用いる「です」を接続させる形(例:忙しいです)は誤りである。

美化語

美化語とは話者が聞き手に上品な印象を与えるために使う語のことである。文法的に見て敬語とは言えないが、聞き手に対する配慮を示しているということで敬語に準じるものとしたり丁寧語に分類することもある。名詞には「お」や「御(ご)」を付けたり、語彙を変えたりして作られる。原則として、「お」は和語に付け、「御(ご)」は漢語に付ける。これには普通に使われるもの、男女に差があるものの、たまに使われるものなど違いで分けられる。また、「バカ」と「おバカ」のようにニュアンスの変わるものもあるので注意を要する。また丁重語を美化語に入れることもある。美化語の中には女房言葉に由来するものも多い。

  • 「お」をつける - 店→お店、茶→お茶、菓子→お菓子、食事→お食事、飲み物→お飲み物、下劣→お下劣、下品→お下品
  • 「御(ご)」をつける - 住所→御住所、立派→御立派、説明→御説明、祝儀→御祝儀
  • 語彙を変える - めし→ごはん、腹→おなか、便所→お手洗い

不規則動詞一覧

「お~になる」「~れる・られる」(尊敬語)、「お~する」(謙譲語)、「~ます」(丁寧語)のようにいろいろな語に適用できる一般的な語形(一般形)ではなく、特定の語形(特定形。補充形とも言える)が用いられる動詞とその特定形の一覧を示す。ただし特定形に限定されず一般形を使える場合も多いことから、「三省堂 Web Dictionary」の一覧表において一般形が挙げられず特定形のみ示されているケースを太字で示す、「歡迎光臨」(いらっしゃいませ)の「光臨」(「來」の尊敬語)などがある。また市場経済導入後の大陸において、「何かを依頼する/働きかける」ときに「…してください/したい」よりも「…することができますか/してもいいですか」という丁寧なニュアンスをもたせるために英語の"Can you ~ ?"または"May I ~ ?"に相当する「能不能」(neng bu neng)、可不可以(ke bu ke yi)を使った疑問文を用いることが多くなっている。

参考文献

  • Shibatani, Masayoshi(柴谷方良). 1994. Honorifics. In: Asher, R.E. (ed.) The Encyclopedia of Language and Linguistics. Oxford: Pergamon Press. 1600-1608.

敬語』に 関連する人気アイテム

伝え方が9割

コピーライター養成講座

(参考になった人 0/0 人)

2013年の本。著者は博報堂のコピーライターである。
曰く・・・
お願いするときには、ストレートに言わず、まず、相手の頭の中を想像し、相手のメリットと一致するように「お願い」をつくる。たとえば、「デートして」ではなく「驚くほど旨いパスタのお店に行かない?」のように。
ノーをイエスに変えるには、(1)相手の好きなことをつくる(2)嫌いなことを回避する(「芝生に入ると農薬のニオイがつきます」)(3)選択の自由を与える(「パスタとフォカッチャのどちらがいい?」選択の自由を与えることでこちらの要求を受け入れやすくする)(4)認められたい欲(「キミの企画書が刺さるんだよ。

お願いできない?」)(5)あなた限定(「他の人が来てくれなくても、斉藤さんには来てほしい」)(6)チームワーク化(「いっしょに勉強しよう」)(7)感謝(「いつもありがとうございます。領収書を落としてください」:感謝は最終手段にして最大手段)。
あなたのお願いを実現させる答えは自分の中にない。相手の中にある。
強い言葉を作るには(1)サプライズ(驚きワードや「!」を追加。「びっくり、今日はいい天気」「そうだ、京都、行こう」びっくり、そうだ、ほら、実は・・・)(2)ギャップ(伝えたい言葉の正反対のワードを前半に入れる。「他の店がまずく感じるほど、ここのラーメンは旨い」「家は大きくなったが家庭は小さくなり」)(3)赤裸々(自分の体の反応を普段は口にしないような赤裸々な言葉にして前半に入れる。「くちびるがヒリヒリ、おなかがすいた」「のどがカラカラ、感動の映画だった」)(4)リピート(「今日は暑い、暑い」)(5)クライマックス(「これだけは覚えておいてほしい」「ここだけの話ですが」「一言だけ付け加えますと」)。
メールなどのデジタル文字だと感情や温かみがそぎ落とされてしまうので、言葉で感情を30%増しにする。これでやっと手書きと同じレベルになる。具体的には語尾。語尾に感情を加える(「くださいっ」「ください!」「くださいねー」など)。語尾を冷静にすると怒っていると勘違いされるリスクすらある。
などなど。

こういったハウツー本を読む際に気をつけないといけない事があります。
私は、2年前にこの本を読みました。その時は、「こんな方法を使うと効果があるのか!」とか「こういう心理がはたらくからいいのか!」と思い早速実践して見ました。
結果は散々でした。小手先ではだめなんです。特に社内の人や比較的小さなグループの人、近しい人には。
でも、あれから時間が経って。改めて思い返すと「やっぱりいい事が書いてあるなぁ」と思います。
それは何故か?答えは簡単。伝えたいことを心から伝えたいと、自分自身が思えているようになってきたから。


この本は、確かにテクニックの本だと思います。伝えたい気持ちが一番大切だとも思います。
でも、気持ちがあっても方法がわからない。そんな時は本当につらい思いをします。
そうなって初めて、この本が役に立つと思います。
これから読もうと思う方。実践する前にまず自分の気持ちを確かめてください。その上で実践すると効果は何倍にもなって返ってきます。
もし、実践してダメだったら、その時は一回忘れてしまう方がいいです。そうしないと、一番大切なことに気がつけないまま、つらい思いを繰り返すことになると思います。

期待しすぎたのかなー

(参考になった人 0/0 人)

会社で企画書を書くときの参考になればと購入しました。
色々迷ったのですが、ベストセラーということでこの本にしたのですが、期待しすぎたのかもしれません。
もしくは、あまり企画書とは関係なかったのかなー。
悪い本ではないと思います。
でも、人の心理の表面だけをなぞっている感じで、あまり愉快な本ではありませんでした。
もし私が、好きでもない人に「旨いパスタの店があるんだけどどう?」と言われたら、遠回しのデートの誘いだと気付きますし、「じゃあ、今度友達と行ってみよう」と思っておしまいです。

仮に誘いに乗るにしても、二回目はありません。
つまりこの本のテクニックは、深くないもしくは再現性や継続性が低いのです。
結論としては、この本に書いてあることは使えないと思いましたが、人それぞれだと思うので無難に星3つで。

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】

こういったハウツー本を読む際に気をつけないといけない事があります。
私は、2年前にこの本を読みました。その時は、「こんな方法を使うと効果があるのか!」とか「こういう心理がはたらくからいいのか!」と思い早速実践して見ました。
結果は散々でした。小手先ではだめなんです。特に社内の人や比較的小さなグループの人、近しい人には。
でも、あれから時間が経って。改めて思い返すと「やっぱりいい事が書いてあるなぁ」と思います。
それは何故か?答えは簡単。伝えたいことを心から伝えたいと、自分自身が思えているようになってきたから。


この本は、確かにテクニックの本だと思います。伝えたい気持ちが一番大切だとも思います。
でも、気持ちがあっても方法がわからない。そんな時は本当につらい思いをします。
そうなって初めて、この本が役に立つと思います。
これから読もうと思う方。実践する前にまず自分の気持ちを確かめてください。その上で実践すると効果は何倍にもなって返ってきます。
もし、実践してダメだったら、その時は一回忘れてしまう方がいいです。そうしないと、一番大切なことに気がつけないまま、つらい思いを繰り返すことになると思います。

期待しすぎたのかなー

(参考になった人 0/1 人)

会社で企画書を書くときの参考になればと購入しました。
色々迷ったのですが、ベストセラーということでこの本にしたのですが、期待しすぎたのかもしれません。
もしくは、あまり企画書とは関係なかったのかなー。
悪い本ではないと思います。
でも、人の心理の表面だけをなぞっている感じで、あまり愉快な本ではありませんでした。
もし私が、好きでもない人に「旨いパスタの店があるんだけどどう?」と言われたら、遠回しのデートの誘いだと気付きますし、「じゃあ、今度友達と行ってみよう」と思っておしまいです。

仮に誘いに乗るにしても、二回目はありません。
つまりこの本のテクニックは、深くないもしくは再現性や継続性が低いのです。
結論としては、この本に書いてあることは使えないと思いましたが、人それぞれだと思うので無難に星3つで。

これは酷い(自分史上)

(参考になった人 2/2 人)

病院での待ち時間に読もうと購入したが、あまりのくだらなさに途中でギブアップ。 時間潰しにもならなかった。 本書の厚さに比して驚くほど薄い内容。 特に導入部分は同じような内容の繰り返しで、読み進めたいという気持ちがみるみる低下した。 真面目に対人関係に活かしたいと考え興味を持ったが、本書はそう言ったベクトルでは書かれておらず、いかに社会を巧く渡るかと言った小細工的な内容で、上辺だけの言葉では本当の信頼は得られないと感じた。 購入を検討している方は一度書店で中身を確認することをお勧めしたい。 あくまで著者は「コピーライター」、その点を踏まえて購入しなかったことを後悔している。

図解 マナー以前の社会人常識

役に立つと思います

(参考になった人 2/3 人)

この手の本を読むのは初めてです。 他のマナー本と比べてこの本が優れているのかどうかは分かりませんが、ビジネスや冠婚葬祭などに役立つ知識が載っています。 文章は分かりやすいです。 ところどころに挿絵もあり、読みやすいと思います。 私はまだ社会人ではないのですが、最近自分の常識のなさを実感しているため、とりあえず買ってみました。 一度で覚えるのは難しいです。 百聞は一見に如かずと言いますし、必要な場面に合わせて、何度も読みながら確認していくのが良いと思います。 その点、文庫なのでサイズも小さいですし、便利ですね。

会社の常識,世の中の非常識と言われますがそのような事はないと思っていても非常識だったと思えることもありました。 参考になりました。

詳しい

(参考になった人 0/0 人)

知っているようで知らないことが沢山あることに気づかされました。 事あるごとに読んでマナーを身につけたいと思います。

入社1年目の教科書

学校の図書室には良いかも

(参考になった人 7/11 人)

たしかに有用なことも含まれている本書であり、短期的には役に立たないこともないだろう。

だが、そこまで賞賛されるような内容だろうか。
冷静に眺めれば、遅刻をするな、復習をしろ、だの
そのほとんどは小中学校で習うような超基本的なことだ。
基本が大事なのは真理だが、これは誰でも知っている。
子供たちが知らないのは宴会や幹事の話くらいだろう。

そして、全体的に指摘が古い。
英語を読め、新聞を読め、だの、
70〜90年代くらいに既に言い尽くされてきたことが多く、
未だに大事なことと、今ではそうでもないことがかなり混ざって書かれている。



一部の業態では現代でも通用していそうなことを、無理に敷衍しているきらいがあり、
要するに、筆者は視野が狭いのであろう。

本書の一番の問題は、れっきとしたエリートであるはずの筆者が
これら細部や些末にばかり気を取られ、抱くべき”大志”の話がほとんどないことだ。
大切な目標設定の話はこの本の対極にあるが、それは棚の上に押し込められ、
相対的に価値を下げられてしまっている。
「教科書」にしてしまったことで、学校社会に捕われまいとする筆者自らが
その穴に落ちてしまった感じすら漂う。

このような”社会人道徳”にばかり気を取られる日本社会においては
革新的なイノベーターなどおよそ生まれ出ないことは想像に難くない。
筆者個人、というよりこのような書籍が礼賛される土壌を生み出す構造的な問題があるのだろう。

対象は限られるのではないか

(参考になった人 2/4 人)

題名は「入社1年目の教科書」となっていますが入社1年目とはあまり関係がないようでした。
著者の実体験を元に働く上での著者なりの知恵を50の指針にまとめています。
著者の実体験にもとづいていますので、著者のように出来る人だからうまくいく話(例えば本書に書かれている何かにつけて人脈を広げていく手法や早く帰ります宣言)もあり私が実践すると裏目に出るような指針もありました。人を選ぶと思います。

以下面白かった点と気になった点
面白かった点
・世界史ではなく塩の歴史を学ぶことで仕事に役立つ知見を得る。

塩は例でありますが、物事をどの側面から見るかというのはたしかに重要。
・50点でいいから早く出せ。新人ができないのは当然ですから新人がこの視点を持つことは重要ですね。
気になった点
・指針に基づいてカルロス・ゴーンと話す機会を得たと書いてあるが、それがどう役に立ったのか書かれていません。
・同期とも社内の人とも付き合うなとあります。著者なりに理屈付けをしていますが、腑に落ちません。人を選ぶのでは?
・著者の境遇即ち、起業家、営業系?の人の価値観が反映されています。「偉い人と知り合う」「楽しい人と仕事をするべき」など。必ずしも誰もがそのような価値観で仕事をしているわけではないのではないかと。やはり人を選ぶのではないかと感じました。

キャッチ―なタイトルと細かい章に分かれている典型的なhow to本ですが、外資系コンサルタント会社で若手時代を過ごした筆者の実体験にもとづく教訓はやはり説得力があるものに感じられました。
特に、新人は50点でも良いからとにかく早く出すことが大事だというのは、自分の体験からもその通りであるな、と思いました。
私の場合は、広く浅く完成させ、「全体としてはこんな感じで良いのでしょうか。」と軽めのチェックを受けるつもりで上司に持っていきます。その時に余裕があるところのみを掘り下げておくと、「全体としてはこれで良いし、こんなところまでやってきたのか、仕事が早いな。

」と評価してもらうことがありました。
もちろん、そのあとにその他の浅い部分を深くしていく作業は自分が責任を持ってやるものですが、期日直前に最初のチェックがある時では、直前に全体像が違っていた場合に、期日までの残りの日数をその仕事のみに集中せざるを得ない状況になってしまいます。
しかし、全体像を予めチェックしてもらうことで、そのようなことを回避でき、期日までのその仕事の比重を軽くすることができると思いました。

日本語の作文技術

この本を読む前に「日本語作文術」(野内良三、中公新書)を読んだが、ほとんどの重要な内容はここに書かれていることだった。対象とする読者のレベルを下げて、それに合わせて目標のレベルも下げて、この内容を読みやすくしたような本だった。おそらく、類書のほとんどが同様にこの本を下敷きにしているのではないか。日本語の作文に関しては、この本さえ読めば良いということだろう。

修飾語や句読点について書かれた第4章までの部分については、これで十分だろうが、第6章の助詞については、文法学者の間でも論争があるのであまり立ち入らないと断りつつ論述している。

しかし、すでに40年も前に書かれた本なのだから、その間の学問の成果を踏まえた本があるなら読んでみたいものだ。それでも、勘所の指摘は見事だし、特に4章までの部分は非常に論理的に説明されている。

40年間の日本語の変遷と言うことを考えれば、ここでは否定されていても既に定着している内容もあるだろうし、新たに生じている問題もあるだろう。また、本質的な内容をさておいても、著者の本だけあって、例文などの政治的偏向が甚だしい。正直、今さら、この人の他の本など読む気はしない。だが、それを理由にして読まないのは、余りにもったいない本だと思う。今の時代に合った内容で、この本を超える決定版となる本の登場を期待したい。

物書きさんには必須の実用書らしいです。 物書きで無くとも、日本語文章の基礎的知識が付くので、文章が大変わかりやすくなる。 知っているのと知らないのとでは歴然たる差が付きます。 私はこの本を読んでから、今までなんとわかりにくい文章を書いていたことかと猛省しました。 一生モノの実用知識をこの値段で得られるのは大変お買い得ですよ(笑

読むとくたびれる

(参考になった人 6/12 人)

文章が上手くなりたくて、購入しました。 しかし、文章技術に必要なことが書いてあるのだと思いますが、前置きが長く、ウンチクが多いな…と個人的に感じてしまいました。 未熟者ですので、その様に感じてしまったのかもしれません。 私自身には合わなかったです。

敬語』の解説 by はてなキーワード

聞き手や話題にのぼっている人物・事物に対する話し手の敬意を表す言語的表現。


言葉で表現する主体(書き手、話し手など)と客体(読み手、聞き手)やその話題中の対象となる人との上下関係、話題中の人物同士の上下関係などを言葉の内に表現するために用いられる語法。日本語などで発達しているが、ヨーロッパ近代語では日本語ほど体系的には使われていない。ヨーロッパ近代語に敬語があるかないかは敬語の定義次第である。

敬語』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.