敬語のまとめ情報

敬語』に 関連する人気アイテム

敬語「そのまま使える」ハンドブック: できる人の「この言葉づかい」「この話し方」

購入はしていませんが・・・

(参考になった人 6/9 人)

たとえに、やらさせていただきます、やらせていただきますっていうのがあるのですが、 させていただきます。 ではないのでしょうか? ○○ゼミの小学講座にも~~をやる(宿題をやる)とか書いてあるのですが、 実際大学生くらいの学生が人から依頼されたことを、行う時、「やります」「やらせていただきます」っていうのが、どうも気になって 敬語の本を探しております。 人にとくに目上のひとの、何かをさせてもらるときはやるではなくて、するだと思うのですが・・・。 やるがどうも上から目線のような気がして引っかかっております・・・。

一通り見ましたが日本語は難しさ、ややこしさが過ぎるのではないかと思いました。 この本が悪いというわけではありません。 実際、二重敬語や間違った敬語でも相手の気分を害しないよう 実用する場合があることなどが書かれており実用性の高い本だと思います。 それでも読んでいて時代とともに変わり、他人の顔色を窺う敬語、日本語に嫌気がします。 最近ではコミュニケーション関連の本が多数出版されていますが 社会や会社でのやり取りに重点を置いたコミュニケーション自体に疑問を持っています。

古い敬語あり。

(参考になった人 1/2 人)

現代にはNGな敬語もチラホラ。 取引先にて手土産を渡すとき つまらないものですが。 のgood例がでていますが、、 昔はこうしたへりくだった言い方をしていたでしょうけど 現代ではNGとされていますね。 つまらないものを渡すのか!とNGです。 お口にあうかどうか分かりませんが 等が適切かと思います。 この本の通り丸々使うとbadな事も…笑 無知って怖いですね。

伝え方が9割

この本がベストセラーになったとき、佐々木さんの作品を検索してみて「あまり自分の好きなタイプのコピーではない」と思い避けていました。でも第一線の人が言うからには使える内容もあるかもしれないので、とちょっと何さま?の上から目線出読み始めたのですが・・・。

いいですね。
他の方も書いているように、エピソードも微妙だし、何かテクニックに走りすぎていて「コピーを作る段階」を見ているかぎり「ソツはないけど心には刺さらない」なんて思いました。

でもときどき「では、○○について良い表現を考えてください」なんてケーススタディがでてきて、自分でやってみると、これが難しい。

「テクニックをつかえば誰でもできそう」とかさっきまで言ってたのにやっぱり駄目。そして最後に登場する佐々木さんの模範解答。なるほど。すごい。

私がもしコピーを発注する側としたら、佐々木さんタイプは好きではなく、また違ったタイプのコピーライターに頼むかもしれません。でも、素人が社内外のプレゼンでちょっと様になるようなことを言おうとしたら、このノウハウはすごくつかます。このノウハウを使いこなせるようになってから、そんな偉そうな「私の好きなタイプのコピー」を作ってみろ、と自分に言いたいです。

よかったけど、どうしても感性は違うので★1つさげてます。

本書では主に、
1.「ノー」を「イエス」に変える技術 と、
2.「強いコトバ」をつくる技術
の2部構成で、それぞれの技術が解説されていた。

同じ目的でも、伝え方ひとつで、相手やお客さんの気持ちが変わってしまう、
そんなコトバの技術が、たくさんのケーススタディを交えながら、本書では解説されていた。

また、イエスに変える7つの切り口として、
「相手の好きなこと」「嫌いなこと回避」「選択の自由」「認められたい欲」
「あなた限定」「チームワーク化」「感謝」が解説されている。



多くの人を動かす「強いコトバ」は、どのようにして生み出されているのか?
たくさんのケースが紹介されいる。

この手のノウハウ本はたくさんあるが、
佐々木圭一さんの本は、やはりちょっと違うなと思った。
長い間、言葉と向き合ってきた人だからこそ
説得力をもって言えることなのかもしれない。

当時は伝え方という点で分かりやすく丁寧にまとめた本というのがあまりなかったから、4つ星程度を付けてよかったと思うが、
2016年に突入し、当時よりも沢山の伝える技術の本が出版された。
確かに基本中の基本を抑えている良本では会ったが、現在では特に伝え方を学ぶという点においては、
この本に頼るよりもっとふさわしい本が沢山ある。
今レビューを書くため読み返しているが、やはり以降もう一度読もうとは思わない。
基本的な事ができていないと感じる人のみは買って意味のある本だと思うが、
コミュニケーションについて様々な本を買って読んだ人には、251円で売られていたとしても買うことを薦められない。
私は500円で購入したがそれでも高かったかな、という印象。
それでもこの本を皮切りに沢山の伝え方の本が出版されたという恩があるので2つ星とさせていただいた。

図解 マナー以前の社会人常識

この本は2015年初版ながら、いまだにマナー本ランキング1位を続けている。
それは、この本は、マナーを‟かたち”ではなく‶こころ”でとらえているからだと思う。
一般にマナー本、マナー研修というと、どこか型を強いられているような感覚を持つ。
そして、読者や研修参加者は、「おかしい」とは思いながらも、その型に従わざるを得ない。
そこには、腹に落ちる感覚はない。
その読者や研修参加者が持っている感覚を、この本はとらえているのだと思う。

この本は、「マナー以前の社会人常識」とうたっていることから、マナーの初級版の位置づけかもしれないが、
この本に記載されている多くのことは、私たちは知らない。

また、間違って覚えている。

ビジネスパーソンには、第四章 「好感が持たれる言葉づかい」 が役に立つ。
それは、ちょっとした言葉づかいの違いで、受け側の印象ががらりと変わるからである。

マナーは、”こころ”である。‟こころ”がなければ、マナーの本に書いてないことや、
マナー研修で習わなかったことに遭遇しても、太刀打ちできない、応用が利かない。
また、‶こころ”がなければ、相手の心に入っていかない。
そんなことを気づかせてくれる本である。

詳しい

(参考になった人 1/1 人)

知っているようで知らないことが沢山あることに気づかされました。 事あるごとに読んでマナーを身につけたいと思います。

おすすめ

(参考になった人 3/4 人)

内容的には、わかりやすく、コンパクトで使いやすい本でした。 今後も手元に置いておきたいと思います。

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】

この本がベストセラーになったとき、佐々木さんの作品を検索してみて「あまり自分の好きなタイプのコピーではない」と思い避けていました。でも第一線の人が言うからには使える内容もあるかもしれないので、とちょっと何さま?の上から目線出読み始めたのですが・・・。

いいですね。
他の方も書いているように、エピソードも微妙だし、何かテクニックに走りすぎていて「コピーを作る段階」を見ているかぎり「ソツはないけど心には刺さらない」なんて思いました。

でもときどき「では、○○について良い表現を考えてください」なんてケーススタディがでてきて、自分でやってみると、これが難しい。

「テクニックをつかえば誰でもできそう」とかさっきまで言ってたのにやっぱり駄目。そして最後に登場する佐々木さんの模範解答。なるほど。すごい。

私がもしコピーを発注する側としたら、佐々木さんタイプは好きではなく、また違ったタイプのコピーライターに頼むかもしれません。でも、素人が社内外のプレゼンでちょっと様になるようなことを言おうとしたら、このノウハウはすごくつかます。このノウハウを使いこなせるようになってから、そんな偉そうな「私の好きなタイプのコピー」を作ってみろ、と自分に言いたいです。

よかったけど、どうしても感性は違うので★1つさげてます。

本書では主に、
1.「ノー」を「イエス」に変える技術 と、
2.「強いコトバ」をつくる技術
の2部構成で、それぞれの技術が解説されていた。

同じ目的でも、伝え方ひとつで、相手やお客さんの気持ちが変わってしまう、
そんなコトバの技術が、たくさんのケーススタディを交えながら、本書では解説されていた。

また、イエスに変える7つの切り口として、
「相手の好きなこと」「嫌いなこと回避」「選択の自由」「認められたい欲」
「あなた限定」「チームワーク化」「感謝」が解説されている。



多くの人を動かす「強いコトバ」は、どのようにして生み出されているのか?
たくさんのケースが紹介されいる。

この手のノウハウ本はたくさんあるが、
佐々木圭一さんの本は、やはりちょっと違うなと思った。
長い間、言葉と向き合ってきた人だからこそ
説得力をもって言えることなのかもしれない。

当時は伝え方という点で分かりやすく丁寧にまとめた本というのがあまりなかったから、4つ星程度を付けてよかったと思うが、
2016年に突入し、当時よりも沢山の伝える技術の本が出版された。
確かに基本中の基本を抑えている良本では会ったが、現在では特に伝え方を学ぶという点においては、
この本に頼るよりもっとふさわしい本が沢山ある。
今レビューを書くため読み返しているが、やはり以降もう一度読もうとは思わない。
基本的な事ができていないと感じる人のみは買って意味のある本だと思うが、
コミュニケーションについて様々な本を買って読んだ人には、251円で売られていたとしても買うことを薦められない。
私は500円で購入したがそれでも高かったかな、という印象。
それでもこの本を皮切りに沢山の伝え方の本が出版されたという恩があるので2つ星とさせていただいた。

入社1年目の教科書

学校の図書室には良いかも

(参考になった人 17/24 人)

たしかに有用なことも含まれている本書であり、短期的には役に立たないこともないだろう。

だが、そこまで賞賛されるような内容だろうか。
冷静に眺めれば、遅刻をするな、復習をしろ、だの
そのほとんどは小中学校で習うような超基本的なことだ。
基本が大事なのは真理だが、これは誰でも知っている。
子供たちが知らないのは宴会や幹事の話くらいだろう。

そして、全体的に指摘が古い。
英語を読め、新聞を読め、だの、
70〜90年代くらいに既に言い尽くされてきたことが多く、
未だに大事なことと、今ではそうでもないことがかなり混ざって書かれている。



一部の業態では現代でも通用していそうなことを、無理に敷衍しているきらいがあり、
要するに、筆者は視野が狭いのであろう。

本書の一番の問題は、れっきとしたエリートであるはずの筆者が
これら細部や些末にばかり気を取られ、抱くべき”大志”の話がほとんどないことだ。
大切な目標設定の話はこの本の対極にあるが、それは棚の上に押し込められ、
相対的に価値を下げられてしまっている。
「教科書」にしてしまったことで、学校社会に捕われまいとする筆者自らが
その穴に落ちてしまった感じすら漂う。

このような”社会人道徳”にばかり気を取られる日本社会においては
革新的なイノベーターなどおよそ生まれ出ないことは想像に難くない。
筆者個人、というよりこのような書籍が礼賛される土壌を生み出す構造的な問題があるのだろう。

対象は限られるのではないか

(参考になった人 4/8 人)

題名は「入社1年目の教科書」となっていますが入社1年目とはあまり関係がないようでした。
著者の実体験を元に働く上での著者なりの知恵を50の指針にまとめています。
著者の実体験にもとづいていますので、著者のように出来る人だからうまくいく話(例えば本書に書かれている何かにつけて人脈を広げていく手法や早く帰ります宣言)もあり私が実践すると裏目に出るような指針もありました。人を選ぶと思います。

以下面白かった点と気になった点
面白かった点
・世界史ではなく塩の歴史を学ぶことで仕事に役立つ知見を得る。

塩は例でありますが、物事をどの側面から見るかというのはたしかに重要。
・50点でいいから早く出せ。新人ができないのは当然ですから新人がこの視点を持つことは重要ですね。
気になった点
・指針に基づいてカルロス・ゴーンと話す機会を得たと書いてあるが、それがどう役に立ったのか書かれていません。
・同期とも社内の人とも付き合うなとあります。著者なりに理屈付けをしていますが、腑に落ちません。人を選ぶのでは?
・著者の境遇即ち、起業家、営業系?の人の価値観が反映されています。「偉い人と知り合う」「楽しい人と仕事をするべき」など。必ずしも誰もがそのような価値観で仕事をしているわけではないのではないかと。やはり人を選ぶのではないかと感じました。

キャッチ―なタイトルと細かい章に分かれている典型的なhow to本ですが、外資系コンサルタント会社で若手時代を過ごした筆者の実体験にもとづく教訓はやはり説得力があるものに感じられました。
特に、新人は50点でも良いからとにかく早く出すことが大事だというのは、自分の体験からもその通りであるな、と思いました。
私の場合は、広く浅く完成させ、「全体としてはこんな感じで良いのでしょうか。」と軽めのチェックを受けるつもりで上司に持っていきます。その時に余裕があるところのみを掘り下げておくと、「全体としてはこれで良いし、こんなところまでやってきたのか、仕事が早いな。

」と評価してもらうことがありました。
もちろん、そのあとにその他の浅い部分を深くしていく作業は自分が責任を持ってやるものですが、期日直前に最初のチェックがある時では、直前に全体像が違っていた場合に、期日までの残りの日数をその仕事のみに集中せざるを得ない状況になってしまいます。
しかし、全体像を予めチェックしてもらうことで、そのようなことを回避でき、期日までのその仕事の比重を軽くすることができると思いました。

敬語』の解説 by はてなキーワード

聞き手や話題にのぼっている人物・事物に対する話し手の敬意を表す言語的表現。


言葉で表現する主体(書き手、話し手など)と客体(読み手、聞き手)やその話題中の対象となる人との上下関係、話題中の人物同士の上下関係などを言葉の内に表現するために用いられる語法。日本語などで発達しているが、ヨーロッパ近代語では日本語ほど体系的には使われていない。ヨーロッパ近代語に敬語があるかないかは敬語の定義次第である。

敬語』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.