教職員のまとめ情報

教育関係職員』の解説

教職員に関連性が高い単語の解説を表示しています。 教職員についての情報が含まれているか確認して下さい。

教育関係職員(きょういくかんけいしょくいん)とは、教育関係する職務を行う職員のことである。

概要

教育関係職員のは、教員のみを指す言葉ではない。一般的には、次の者が教育職員に該当する場合が多い。

教育職員

教育職員免許法
教育職員免許法の制定当初は、教育職員の範囲について次の通り定められていた。
この法律で「教育職員」とは、学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に定める小学校、中学校、高等学校、盲学校、ろう学校、養護学校及び幼稚園(以下学校という。)の教諭、助教諭、養護教諭、養護助教諭及び講師(以下教員という。)並びにこれらの学校の校長(幼稚園の園長を含む。以下同じ。)、教育委員会の教育長及び指導主事をいう。(教育職員免許法第2条第1項)
1954年に校長(園長)、教育長、指導主事が削除され、教育職員免許法上では、教員のみに限定されることになった。なお、1998年には中等教育学校の教員が、2004年には栄養教諭が追加された。また、2007年には盲学校・ろう学校・養護学校が特別支援学校に変更された。現在の条文は次の通りである。
この法律で「教育職員」とは、学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に定める小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校及び幼稚園(以下学校という。)の教諭、助教諭、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭及び講師(以下教員という。)をいう。(教育職員免許法第2条第1項)
義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する臨時措置法
この法律において「教育職員」とは、校長若しくは教頭(中等教育学校の前期課程又は盲学校、聾学校若しくは養護学校の小学部若しくは中学部にあつては、当該課程の属する中等教育学校又は当該部の属する盲学校、聾学校若しくは養護学校の校長又は教頭とする。)又は教諭、助教諭若しくは講師をいう。(義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する臨時措置法第2条)
地方自治法地方自治法施行令における教育職員
地方公共団体職員の退職者に対する退職年金・退職一時金の在職期間の通算に関して教育職員の規定がある。(地方自治法第252条の18、地方自治法第174条の50)

教職員

女子教職員の出産に際しての補助教職員の確保に関する法律
この法律において「教職員」とは、校長(園長を含む。以下同じ。)、教頭、教諭、養護教諭、栄養教諭、助教諭、養護助教諭、講師(常時勤務の者及び地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占める者に限る。)、実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員(学校給食法(昭和29年法律第160号)第5条の3に規定する職員のうち栄養教諭以外の者をいう。以下同じ。)及び事務職員をいう。

教職員』に 関連する人気アイテム

「時短」と「成果」を両立させる 教師の仕事術10の原理・100の原則

仕事に追われて、教師としての仕事を楽しめない自分。 何か方法はないかと購入した。 著者の時間についての考え方や手帳の使い方がとても参考になった。 「勤務時間は16時50分であって17時ではない」「だいたい17時ととらえてはいけない」『「効率化」とは時間について厳しく考えることから始まる」』とあった。 著者の時間に対しての考え方を意識して自分も仕事をするようになった。 シャチハタの済印(小さいやつ)を購入した。 手帳に多くの仕事を記入するのが楽しくなった。 私にとっては仕事の仕方を考えるうえでとても参考になる本であった。

少しでも職場の働き方を改善するヒントになればと思って注文しました。 最初は「こうすれば、この時間が節約できる」という方法のみが列挙されている内容だと思っていました。 しかし、教師としてうなずける仕事への取組みの姿勢、考え方が明確に示され、もう少し早くこの本に出合っていれば、自分の仕事術も大きく変えることができたはずだ、と後悔しきりでした。 著者の考え方、仕事方法に近い部分もあり、「確かになあ」と目から鱗の部分もあり。 あっという間に読み終わりました。 本気で取り組みを改革したい方にはお勧めです。 ただ、そこまでストイックにはなかなかなれませんが。

教師という仕事に対して改めて深く考えさせられます。 なぜ残業すべきでないのか、ここまで深く切り込んだ教育書は 初めてではないでしょうか。 残業はただの自己満足という言葉がグサッと胸に突き刺さります。 その他、堀先生の手帳術についての記述は、必読です。 一点、物足りなかったのが放課後の仕事の仕方です。 私は、放課後すぐに部活動に直行します。 そして最後までずっと部活指導を しているのですが、そうすると本書に書かれているようにはいかなくなります。 ここのあたりの記載がもっとほしかったです。

クリエイティブな校長になろう――新学習指導要領を実現する校長のマネジメント

豪快で、パワフルで、断定的で衝動的。しかし協働することも忘れない。さらに女性の柔らかさが基本にあるし、美しい。(己の美しさを追求しているという意味で。下世話な意味でなく。)そこに知識と経験と資格(MBA等)が搭載された、THEリーダー。

制度や法律をしっかりと学び、「校長の大きさ」(権力の及ぶ範囲)を知っている方だという印象。所々に荒さは目立つものの、「牽引・実行する者」はこうでなければならないと改めて思う。

しかし、日本人の奥ゆかしさを賞賛するのか批判しているのかわからないが、そういった文言がいくつか見られた。

日本の「ただ聞いているように見える」授業形態への文化的な理解も軽薄に私は思える。とはいえ、現在の授業の様子のまま進んで行くことには私も反対で、もっと主体的に対話的に協働できる力を身につけるような授業が必要であると思うが、なんでも思ったことを口走りそれをさも能動的であるかのように捉えて「主張ができる」と捉えるのは私は反対である。(世界の教育先進国の方法や制度を参考にすることは大賛成)

日本には丹田の底に押しとどめ、それを気に昇華させて発する文化がある。と私は思っている。
言葉無しに言いたいことを伝える。あえて言わないこともある。時に論を戦わせない場合もある。
時にじっくりと話を聞き、それを何年も自分の中で熟成させることもある。まァそんなことはこの校長も百も承知であろう。そんな文化がある。

グローバルな世の中になり、文化がどんどんと中和されていく世界において、日本人の素晴らしさを発揮していきたい。私の意見など観念的で代案などない卑怯な立ち位置であることは自覚している。この人の実行力の一端を目の当たりにして足元にも及ばないことを前提にここに綴っている。

晴れてこの方は広島県の教育長になられた。制度を変えて表面上の数字的な問題を解決していただいた後に、どうか全国の教職員の方々(私も含まれる)はここに続き、次は日本のあるべき教育というものを体現してかれたい。

リーダーになるには衝動性と断定する力が必要だ。“ビジョンは必ずや具体化できる”という。

なかなか世間的には、日本の公立学校は制限の多い窮屈な場所だと捉えられているような印象がある。
そんな中で、かくもも革新的実践を行っている学校(人)があるのだと、希望を持ちたくなる。もちろん一般の方はあまり読むような内容ではないのかもしれない。しかし、教職員の方々がこのような本を手に取り、実践していけば、必ずや日本の教育は好転していき、世の中の印象も変わっていくことだろう。まずはそこからだ。そんな元気を与えられる本であった。

校長のマネジメントは人・物・金・情報・時間であるが、実際校長に裁量が任されているのは、時間・情報くらい・・と考えてきた。しかし、平川さんは大胆な発想と行動力で人・もの・金さえも自分で生み出して言った。学校の中にフリースクールを生み出したり、外部人材を招いて子供たちや職員に話してもらったり、図書館を大改装したり、アップルと直接交渉して生徒一人ひとりにタブレットを一年間無償で借りたりすることをやってのけている。しかし、彼女のすごいところは失敗をしてもトライアンドエラーは当然と気にせず、挑戦を続けているところである。

彼女がここまでクリエイティブに仕事ができるのは、校長と言う仕事が魅力的なものであることを確信していることが大きい。そして、彼女の出力の背景には、非常によく学んでいることが挙げられる。オランダのイエナプランに感銘を受け、単身オランダに自腹で視察に出かけたり、ドラッカー・働き方改革・図書館改革・ホームページの立ち上げなど幅広く学んでいる。
校長とは何か、どう働くか、どう魅力ある挑戦を続けていくかを考えるヒントをもらえる一冊である。

本屋さんの店頭で見つけ思わず買ってしまいました(アマゾン購入でなくてすみません)。
本書は、横浜市の2つの中学校で民間人校長を務めた著者による、いま校長職にある人、これから校長職に就く人に是非お読みいただきたい良書です。
まず文章が非常に読みやすい。この読みやすさに、著者の聡明さ、論理の明晰さ、合理性、冷静な情熱、思考力の高さが窺えます。こうした力量をもって、いかに学校に素晴らしい効果を与えたかがよくわかります。
民間人校長が学校の因習や風土に絶望し潰された事例をいくつか聞きましたが、本書の著者は民間のノウハウとキャリアを見事に学校に活かし、成功を収めた希有な人物です。
教員に対するキャリア教育、生徒への接し方、保護者対応、学校運営、いずれをとっても素晴らしく、社長経験やマネジメント力の高さが遺憾なく発揮された名著です。

教職員』の解説 by はてなキーワード

主に教員と教育関係の仕事に従事する職員を指す言葉。日本の場合、法律では校長(幼稚園の園長を含む)、教頭、教諭、養護教諭栄養教諭、助教諭、養護助教諭、講師(常時勤務の者及び地方公務員法第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占める者に限る)、実習助手寄宿舎指導員学校栄養職員学校給食法第5条の3に規定する職員のうち栄養教諭以外の者)及び事務職員を指す。

教職員』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.