摂氏のまとめ情報

セルシウス度』の解説

摂氏に関連性が高い単語の解説を表示しています。 摂氏についての情報が含まれているか確認して下さい。

セルシウス度(セルシウスど、、記号: ')は、温度単位である。その単位の大きさはケルビンと同一である。国際単位系 (SI) では、次のように定義されている。

すなわち、「セルシウス」()は単位の名称であり、ケルビンの大きさに等しい温度間隔を表す。一方、「セルシウス温度」()は量の名称であり、(ケルビンで計った値と273.15だけ異なる)温度の高さを表す。しかし、一般にはこの違いが意識されず、混同されることが多い。

定義

冒頭にもある通り、熱力学温度 と対応するセルシウス温度 は、氷点 を参照温度として、参照温度からの温度差

として定義される。

計量単位令にあるとおり、単に「度」と表記した場合は、セルシウス度を意味する。

その単位記号は、「℃」 と定められている。

元々の定義は凝固点を0度、沸点を100度とするものであった。

用法

計量法体系では、「15セルシウス度」、「15度」の表記、又は単位記号の「℃」を付して「15 ℃」(読みは、じゅうご ど)の表記が義務づけられており、「セ氏15度」や「摂氏15度」と表記することは計量法上は許されない。

ただし、俗用(計量法の規制が働かない場合など、計量法#取引・証明に該当しないもの)では、例えば「セ氏15度」や漢字による「摂氏15度」の表記もみられる。英語では“”と読み、“15 deg C”と略記することがある。アメリカ合衆国では、“”と読まれることがある。

セルシウス度は、国際単位系(SI)における取り扱いが、他の単位と異なる点がある。

その定義は、温度のSI基本単位の一つである、熱力学温度ケルビンの項でなされている。

一方で、セルシウス度は、「固有の名称と記号で表される一貫性のある SI 組立単位」であるとされ、つぎのように掲げられている。

「単位の名称」では次のようになっている。

「量の値の書式」では次のようになっている。

歴史

セルシウス度はスウェーデンの天文学者でウプサラ天文台の創始者であるアンデルス・セルシウス1742年に考案したものに基づいている。ただし、彼は現在のセルシウス温度の目盛付けとは逆の目盛り付けを行った。すなわち、1気圧下における凝固点氷点)を100度とし沸点を0度として、その間を100等分する目盛りを考案した。そして氷点以下の温度を、101度、102度、103度・・・とした。自然環境下の気温は現今の温度目盛りでマイナス90度程度~プラス70度程度であるので、セルシウスの考案した目盛りでは、温度が負数で表現されることはないという利点がある。

しかしその後、セルシウスの死の直後の1744年に、凝固点氷点)を0度、沸点を100度とする現在の方式に改められた。この改善については、誰か一人の功績によるものではなく、セルシウス、セルシウスの後任のMårten Strömer、計器制作者のDaniel Ekströmの3人の貢献によるものである。 なお、セルシウス度に最初期に注目し、実際に温度計をDaniel Ekströmに製作させたカール・フォン・リンネの功績によるものではない。

水の氷点沸点との間を100分割したことから、この体系のもともとの名称は“centigrade”(「百分度」の意)であった。しかし1948年の第9回国際度量衡総会において、名称が正式にセルシウスへと変更になった。これには、考案者である「セルシウス」の認知のためとSI接頭辞であるセンチ(centi)との衝突からくる混乱(centigradeがgradeという単位の100分の1と勘違いされる)を避けるという目的があった。ただし、現在においても“centigrade”でも通じる。

日本や中国では、摂氏度(せっしど)、日本ではセ氏度(セしど)と呼ばれることがある。摂氏の語源は、セルシウスの中国音訳「摂爾修斯」()から「」+人名に付ける接尾辞「」で、「摂氏」「温度」になった。

その後の物理的な計測方法の進歩と熱力学温度の採用により、セルシウス温度の現在の定義は「ケルビン(K)で表した熱力学温度の値から273.15を減じたもの」となっている。つまり水の三重点を0.01 ℃とし、水の三重点と絶対零度の温度差の273.16分の1を1 ℃としている。「273.16分の1」という数字は、セルシウス温度における1度の温度差をそのまま熱力学温度で1ケルビンの温度差として使用するためのものである。すなわち、セルシウス度とケルビンの目盛の幅(単位の大きさ)は等しい。

なお、現在の国際温度目盛(ITS-90)では、融点沸点は厳密には 0℃、100 ℃ ではなく、それぞれ 0.002 519 ℃ 、99.9743 ℃ である(水#物理的性質を参照)。

セルシウス度(およびセルシウス温度)は世界的に使用されるようになっている。イギリスアイルランドの放送メディアにおいても、センチグレードを用いず、セルシウスと呼ぶようになっている。ただし、アメリカ合衆国では日常生活の全般を通じて、いぜん単独でカ氏度(およびカ氏温度''')を用いるか、若しくは「カ氏度」と「センチグレード」を併記しているのが実態である。

単位の換算

  • セルシウス温度からカ氏温度への換算
\theta/^\circ\text=\fract/^\circ\text+32
  • カ氏温度からセルシウス温度への換算
t/^\circ\text=\frac(\theta/^\circ\text-32)
  • −40と−40は等しく、上の式は次のようにも表せる。
t/^\circ\text=\frac(\theta/^\circ\text+40)-40

符号位置

Unicodeのセルシウス度の記号は、既存の文字コードとの互換性のために用意されている互換文字である。Unicode標準では、セルシウス度の記号は()と(大文字のC)を組み合わせて使用し、検索の際はこれと一文字の「℃」を同一視することを推奨している。

摂氏』に 関連する人気アイテム

摂氏零度の少女

成績優秀だが,奇妙なところのある女子高生は
母親を殺すことを決意し少しずつ毒を飲ませていく.

タリウム中毒の経過が非常に詳細でスリリングである.
毒物に少しずつ身体を蝕まれる姿がリアルで背筋が寒くなる.

とはいえ,これだけの症状が出ていながら,
「病院が嫌いだから」という理由だけで受診を頑なに拒むのも理解し難いし,
身内が読んでいることを知りながら,自分の犯行をブログに書いていくのもおかしな話である.
この辺にリアリティが感じられない.



また,本来のテーマであるはずの女子高生の心理が描ききれていないのが物足りなさの最大の要因だろう.
成績優秀で,これだけの表現力のある少女が,自分の思考を文章化できないとは考えられず,
表現すべきことが描かれずに,虫や動物を交えて奇妙な精神世界の描写が多いため,
単に理解不能な人間としてしか描かれていないのである.
殺人者の人間像への踏み込みが浅く,薄っぺらな読後感.

比喩に物申したいことがあって投稿させて頂く。

まず、204ページの9行目の『吸血鬼のように赤く』という比喩はあまり正しいとは思えない。
吸血鬼を思い浮かべてみるが、吸血鬼には赤いところはないと推測する。
『吸血鬼』という比喩は、あまりよろしくない比喩だと思う。

次に、273ページの『光なき漆黒の闇』だが。
これも、如何な物かと思う。
『漆黒』とは、漆を塗ったように黒く光沢や艶があるということだ。
だが、光沢や艶が在るということは光があるということになってしまう。


前の『光なき』と矛盾してしまっている。

さて、本の内容としてはストーリは面白い。
主人公が母を殺害しようという動機も、良いと思う。
また、主人公の生命倫理も題名の『摂氏零度』に相応しいと思う。

だが、個人的に書かせて頂くと、最初と最後で辻褄が合わなくなっている気がする。

5つ星のうち 4.0心の闇が

(参考になった人 3/3 人)

医学部志望の優秀な少女が、母にタリウムを飲ませ、殺そうとする。新聞でこの事件を知ったとき、彼女は母によっぽどの「憎しみ」を持っていたのだろうと考えていました。
本書はノンフィクションということですから、ここに書かれていることがあの事件の真実とはいえないのでしょうが、作者が彼女の犯罪の芯に「母への愛おしさ」を持ってきていることに愕然としました。
小さな頃にかわいがっていた犬を安楽死させた母。「苦しむよりも楽になること」を良しとした母。夫が仕事につかず、働きづめの母を「楽にしてあげよう」との理由で、殺害しようとたくらむ少女。

心はとうに壊れているのですが、彼女なりの世界観で殺人を正当化しようとする不気味さ。
やはり子を持つ親として、彼女の心の闇を知りたいと思いながらも、どうしてもつじつまが合わず、結局この子は悪魔に魅入られてしまったんだと結論付けるしかない。読後、どうしようもない無力感に襲われた1冊でした。

摂氏0度の誘惑

5つ星のうち 3.0もうちょい先が欲しい

(参考になった人 0/0 人)

フォトグラファー×広告代理店のリーマン
不遜な鬼才。横柄でぶっきらぼうだが根は優しい攻・望月
真面目な性格。何事にも執着が薄いが気がいい善人なので可愛がられる受・椿

学生時代からの悪友に引っ張り出され、フレンチをおごらされるはめになった椿。
そのレストランで見かけた有名人・・・
椿の背後で賑やかな声を上げている人達の中に気鋭のフォトグラファー・望月が。

大企業から中堅広告代理店へ転職した椿。
近く一緒に仕事をすることになると聞かされていた天才フォトグラファーがすぐ近くに・・
彼の放つオーラとモデルのような容姿、そして鋭く熱い視線から目が離せなくなり、
思わずジッと見入ってしまう。



それからしばらく、某メーカーの新作デジカメの広告の仕事で望月と顔を合わせるが、
唯我独尊で不遜な天才ぶりと、起用したモデルとの親密さに唖然呆然。。
なぜか椿を気にいったらしい望月は、椿を強引に食事に誘ってますが、
その態度からは椿を振り回しているようにしか見えないんですよね。。
フレンチレストランでの出会いで椿に何かを感じてるはずなんですが、そういう気配はゼロ。
その後、酔っぱらいの椿を介抱する意外に優しい一面が見えたり、
望月を避ける椿を必死でつかまえようとする執着が見えたりと、椿へ対する気持ちが現れてます。
が、俺様でぶっきらぼうすぎて、椿へ届かないというか・・・わかりづらいというか・・・
椿は椿で、今まで恋に執着の薄かった自分が、何をしていても望月が頭から離れないという状況に混乱。
これが恋なのか・・と、あらためて思うわけです。
しかし、望月にはキョーレツキャラのモデルRYUIがくっ付いていて、椿に牙を剥け隠そうともしない。
このRYUIがなかなか(笑)我が儘なモデルちゃんで、いい味出してます。

この二人、互いのどこにどう惹かれ合ったのかが曖昧でいまいちわからないし、
想いが通じ合ったときのシーンも、ワタシ的に微妙に感動が薄いんですよ。
だからこそ、ここから先の二人が読んでみたいなと思いました。あともうちょい先が知りたいです。

摂氏100℃の微熱

5つ星のうち 5.0素敵な作品です

(参考になった人 7/11 人)

携帯小説で掲載されていたときからこの作品のファンなので、書籍化になって嬉しいです。 恋に破れ、傷ついた2人が過去のトラウマを乗り越えながら新しい愛を築いていく姿に感動しました。 携帯小説に有りがちな、すぐに心変わりするような展開ではなく、好きだからこそ悩む2人の姿と、作者さんの風景描写の丁寧な表現でリアル感があって、恋に不器用な2人の背中を押したくなる作品。 ゆっくりと時間の中で綴られる、大人のセカンドラブを堪能したいかたにオススメです。

読んでてイライラしてしまいます。 だいたいこの作者は、エブリスタでも応援してくれてるファンを傷つけるようなことしますし小説にも同じように性格悪くてイライラする人物が出てきますね。 イライラするから正直に感想を言われるのが気に入らなくて人を傷つけるような人は小説書くのをやめるべきです。

5つ星のうち 2.0はしょりすぎです。

(参考になった人 8/9 人)

ウェブで読んで気に入って購入したのに、ページ数の関係か、気に入っていた部分がことごとくカットされていて残念でした。 ただ、本が悪かっただけで、ショップの対応は満足でした。

AC 10A/ 90V-250V デジタル温度調節器 コントロール デジタルサーモスタット -50℃~110℃ MH1210W

どなたかが日本語のマニュアルをつくっていただいているようですので、どうぞ
→ http://red-savina.cocolog-nifty.com/blog/files/mh1210w.pdf
自分の手許にあるものも、だいたいこの通りに動作しますが、一部違いがあり、

1)設定の保存はそのまま放置するのが一番確実(Sボタン再度押しは博打でどうなるかわからない)
※付属の英語のマニュアルどおりに操作すると、電源ボタンを短押しで、設定がたいてい、もとに戻ってしまう

2)Sボタン2秒押しの早送りはできないので、10度の温度の変更に100回ボタンを押す必要がある

3)電源が切れるとまれに一部の設定が一つ前に戻ったり、デフォルトになることがある。特にHC
設定でC(冷却)がH(ヒーター)になるとか

以上、
KKmoon版だけの問題かもしれませんが、今回、自分はUPSを用意することにしました。

配線も終わり通電した際に、デジタル表示がドット抜けのようになっておりましたが1分くらいで正常に表示されるように なりました。 原因は不明ですが今のところ動いております。 中国製なので多少なりとも個体差はあるのかなと思いました。 参考まで。

5つ星のうち 5.0水槽の温度管理用。

(参考になった人 0/0 人)

少々工作は要りますが熱帯魚用のサーモスタットを買うより安かったので買ってみましたが、使えます! 逆サーモとしても使えるのが便利です。 あとはどの位故障しないでもつかですね。

セルシウス度』の解説 by はてなキーワード

温度の表示単位。セ氏。摂氏。記号は℃。

スウェーデン天文学セルシウスが1742年に考案した。そのためセルシウス中国音訳「摂爾思」または「摂爾修」の頭文字を取って「摂氏」とも呼ぶ。

1気圧における水の凝固点(氷点)を0度、沸点を100度と定義し、その間を100等分して目盛りを定めた。

ただ、水の凝固点沸点は不変ではないため、現在のセルシウス温度の定義は

t/℃ = T/K - 273.15
(ただし t : セルシウス温度、 T : 熱力学温度?、K : 熱力学温度の単位ケルビン

となっている。

ちなみに、英語では ℃の"C"は centigrade(100等分した目盛という意味) の"C"と解釈されており、"100 degrees centigrade"のように言われる。

人間の体温はほぼ一定とはいえ、カ氏温度の96度(°F)という基準はかなりあいまいです。そこで、水の沸点と氷点という2つの定点を基準とし、その間を100等分する標準温度計を考えたのはスウェーデンセルシウスです。これが今日、世界的に採用されているセ(摂)氏温度です(摂氏とは中国セルシウスに摂爾修の字を当てたことに由来)。水の沸点を基準とするアイデアは、セルシウス以前からあったようですが、温度計の目盛として実現するのはそれほど容易ではありません。沸点は気圧によってかなり変化するからです。そこで、セルシウス水銀気圧計によって厳密に気圧を測定しながら沸点を定めました。ちなみにセルシウス温度計の目盛は、当初は沸点が0度、氷点が100度となっていましたが、これを現在のように逆にしたのは、スウェーデンの植物学者リンネといわれます。温室で温度管理をするリンネにとって、気温上昇とともに数値が上がるほうが便利だったからでしょう。

http://www.tdk.co.jp/tjdad01/dad00043.htm

関連

Celsius?

centigrade?

華氏

摂氏』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.