捜査のまとめ情報

捜査』の解説

捜査(そうさ、英:criminal investigation)とは、犯罪に対し、捜査機関が犯人を発見・確保し、かつ証拠を収集・保全する目的で行う一連の行為である。

概説

捜査は公訴の遂行のためにも行われる(通説)。ただし、陪審制度(陪審手続)をとる国では一応の嫌疑でも公訴しうるが、そうではない日本などでは確実な嫌疑のない起訴は公訴権濫用として伝統的に許されていない。

捜査は犯罪の発生を前提として行われる。犯罪が発生しようとしているため、それを予防し制止しようとする行為は、警察官の行為であっても司法警察権の行使とはいえず行政警察権の行使であり捜査ではない。また、捜査は捜査機関によって行われるものであり、犯罪被害者からの告訴等は捜査の端緒とはなるが捜査そのものではない。

適正かつ公平の原則

適正かつ公平の原則とは、捜査は公共の福祉を維持しながら個人の基本的人権の尊重を全うしつつ事案の真相を明らかにするものであるから、捜査権は公正誠実に実行され、個人の自由や権利を不当に侵害するものであってはならないという原則をいう。

捜査は、逮捕・捜索などといった強力な権限行使を含みうるものであり、関係者の人権に強い影響を与えるものである(人権を侵害しかねないものである)ので、法律によって厳格に規制される(されなければならない)。捜査独自性説では、捜査の目的を「起訴・不起訴を決定するための事実関係の有無を明らかにすること」とし、公判前の捜査手続の段階から被疑者側も証拠収集や弁解などの防御活動を行うことにより、被疑者側も捜査機関と並び「捜査の主体」であることから、捜査手続の弾劾化を図る見解である。

また、実務家からは、上記の捜査独自性説とは別の視点から捜査の目的を問い直す見解が出されている。捜査活動は犯人に対しての訓戒的役割を果たしており、社会にとっても不安を緩和し、正義が行われたことの満足感を与えていることから、捜査それ自体の実際的効果は重要であり、無視できないとされる。また、実際問題として、犯罪捜査は、当初から「公訴の提起、公判維持」を目的としているといえるのかという疑問も出されている。訴訟条件が整わない場合に於いても捜査活動が行われることがありうる(後述・訴訟条件を欠く場合の捜査の許容性参照)ことから、捜査活動自体が持つ嫌疑の判断・事案の解明等の機能にも着目すべきであるとされる。それによると、公訴提起以前の段階である、事件性・嫌疑の有無を判断するための捜査が行われうるのであって、それに先だって「公訴の提起、公判維持」を目的とする活動が行われているとするのは現実にそぐわないとされる。そのため、捜査の目的を旧来の「公訴の提起・公判維持」に限定する考え方は不合理であり、また限定する必要性に欠けるとの批判がある。公訴に向けた捜査だけではなく、被疑者とされているものの疑いを解き、犯人ではないことを確定させるための捜査や、起訴猶予にするための捜査活動つまり、起訴ではなく不起訴に向けた捜査も行われている。このようにみて、捜査の目的を公訴の提起・遂行の準備のみであるとすることは狭きに失し、むしろ、端的に、「犯人の改善・更生を含めた真相の発見、正義の実現のためにする犯人の検挙・証拠の収集保全」にあるとした方が正しいという主張もなされている。

警察関係者からは、警察における捜査の目的を「公訴の提起及び公判維持の準備」に資することだけに限定することは、現実の捜査活動と乖離しているという批判がある。これによると、現実には警察捜査活動それ自体、独立して犯罪の予防・鎮圧・犯人の更生・平穏な社会生活の維持などの機能をも有しているとされる。犯罪の予防・鎮圧をも責務とする警察における捜査を他の捜査機関が行う捜査と分け、警察捜査として「個人の生命、身体及び財産の保護並びに公訴の提起・遂行、の準備その他公共の安全と秩序の維持のため、証拠を発見・収集するほか、犯罪にかかる情報を収集分析するとともに、犯人を制圧し、及び被疑者を発見・確保する活動」と定義づける見解がある。

捜査機関

捜査は、捜査機関によってなされる。刑事訴訟法が規定する捜査機関としては以下が挙げられる。

ほとんどの事件では、司法警察職員が第一次的捜査機関として捜査を担当する(刑事訴訟法189条2項)。この場合の捜査は検察官が担当していないため司法警察活動と同義であり、主として犯罪の予防活動を目的とする行政警察活動とは区別される。もっとも、両者の法による規制は重なり合う部分が多い(司法警察活動と行政警察活動の区別に関する議論については、行政警察活動を参照)。

また、検察官は第二次的捜査機関として、司法警察職員の捜査に対し、必要な指示を出し、指揮監督を行うことができ、司法警察職員の行った捜査に不備がある場合には補完的立場から捜査を行うことができる(刑事訴訟法191条1項)。が、必ずしも検察官の捜査権が二次的なものではない。独自の捜査権を持ち、いわゆる「特捜部」などに所属する検察官が直接捜査を担当する場合もある(検察官の捜査権参照)。

捜査の端緒

捜査は、捜査機関が犯罪があると思料したときに開始される(刑事訴訟法189条2項、191条1項)。捜査開始の原因となるもの(「捜査の端緒」(犯罪捜査規範2章))には次のようなものが挙げられる。

  • 告訴・告発(刑事訴訟法230条、239条、犯罪捜査規範63条)
  • 自首(刑事訴訟法245条、犯罪捜査規範63条)
  • 被害届(犯罪捜査規範61条)
  • 検視(刑事訴訟法229条)
  • 職務質問(警察官職務執行法2条1項、犯罪捜査規範59条)
  • 警ら地域警察運営規則19条、25条、犯罪捜査規範59条)
  • 現行犯人の発見(刑事訴訟法212条)
  • 自動車一斉検問(地域警察運営規則28条3項、最判昭55.9.22により職務質問とは異なることが認められた)
  • 新聞紙その他の出版物の記事、インターネットを利用して提供される情報、匿名の申告、風説その他広く社会の事象(犯罪捜査規範59条)
  • その他(他事件の取り調べ、密告風評報道、投書等)

強制捜査と任意捜査

捜査は、強制捜査と任意捜査とに分けられる。

強制捜査

強制捜査とは、強制処分による捜査のことを言う。強制捜査の具体的内容としては、被疑者の身柄確保のための逮捕勾留物証を確保するための捜索差押え検証などがある。

なお、強制処分について、判例は

とする。

この判例のうち「有形力の行使を伴う手段を意味するものではなく」の部分は、従来通説であった有形力を用いる手段が強制処分であるとの学説およびこれに基づく被告人の主張への応答、「特別の根拠規定がなければ許容することが相当でない手段」の部分は強制処分法定主義からの当然の帰結(トートロジー)であるため、その本質は(被処分者の意思に反する)重要な権利・利益を侵害する捜査手段という点にあると考えられている(通説)。しかし、「特別の根拠規定がなければ許容することが相当でない手段」という要件を判例が要求していることには、法学上批判が強い。

これに対して,重要とは言えなくてもある程度の権利・利益を侵害すればすべて強制処分であるとする見解もいわゆる「新しい強制処分説」と結びついて主張されている。新しい強制処分説とは、刑事訴訟法の規定しない強制処分であっても令状主義の要請が実質的にみたされる場合にはこれを許容すべきであるとの見解である。かかる見解に対しては立法論あるいは連邦憲法修正4条の下のアメリカ法解釈としてはともかく、日本法の解釈論としては無理であるとの批判がある。

なお、強制捜査が違法に行われた場合、その捜査で得られた証拠が証拠能力を有するか否かについては違法収集証拠排除法則の問題となる。

任意捜査

任意捜査とは、任意処分による捜査を言う。任意処分とは強制処分以外の処分をいい、一般的な意味での「任意」という言葉とは若干ニュアンスが異なる。

捜査は任意捜査が原則であり、特別な法的根拠を必要としないことから、任意処分については任意捜査の限界が重要論点として論じられる。

訴訟条件を欠く場合の捜査の許容性

訴訟条件とは、刑事訴訟法上、公訴を追行し、事件の実体審理及び裁判をするための要件をいい、このうち起訴(公訴の提起)のための適法要件を特に起訴条件ともいう。

訴訟条件を欠く場合の例として、(a)被疑者が死亡している場合、(b)公訴時効が完成している場合、(c)親告罪被害者告訴を欠く場合などがある。

いずれの場合でも、起訴も公判維持もできない。

では、訴訟条件ないし起訴条件を欠く場合に捜査できるか。

捜査の定義・主要目的を公訴提起(起訴・不起訴の決定)及び公判維持にあると考えると、起訴も公判の維持もできないことから、捜査の目的を満たしえない。このため、このような場合にも捜査を行うことが可能か、解釈上の議論の余地がある。

しかし、訴訟条件は捜査条件とは異なる。また、例えば犯人が犯行後に死亡してしまった場合等でも、そのまま放置しておくことはできず、事件処理は必要であるから合理的妥当性がある範囲内での捜査は許されると解されている。

なお、「訴訟条件が完全に欠ける場合」の強制捜査は、(a)事案解明の要請がそれほど強くないか(公益性の強度)、あるいは(b)対象者の利益を侵害してまで行なう必要性が小さいので(被侵害法益との比較衡量)、極力控えるべきとされる。

捜査の端緒

国際刑事裁判所に関するローマ規程に定める対象犯罪が行われていると考えられる場合には、国際連合安全保障理事会(国連安保理)や締約国は事態を検察官に付託する(国際刑事裁判所に関するローマ規程第13条・第14条)。付託された事態については捜査を行うことが原則とされ、十分な根拠がないため捜査を中止する場合には付託者に通知することを要する(国際刑事裁判所に関するローマ規程第13条・第53条2)。

検察官は自らの発意で捜査に着手することもできるが、捜査の続行に合理的理由があるときは、捜査の許可を予審部に請求する必要がある。

なお、国連安保理は決議によって12か月間捜査や訴追の開始または続行しないよう要請することができ、この要請は更新することができる(国際刑事裁判所に関するローマ規程第16条)。

捜査の遂行

捜査は国家からの協力を得て行うことを原則とし、任務を果たしうる国内機関が存在しない場合に限って例外的に国際刑事裁判所の検察官が直接行う(国際刑事裁判所に関するローマ規程第57条3d)。

国連安保理から付託された事態については、国連安保理は非締約国に対しても国連憲章第7章の権限を行使することができる(国際刑事裁判所に関するローマ規程第87条5参照)。また、この場合、国際刑事裁判所は締約国の協力拒否についてその問題を国連安保理に付託できる(国際刑事裁判所に関するローマ規程第87条7)。

参考文献

  • 河上和雄・中山善房・古田佑紀・原田國男・河村博・渡辺咲子 編『大コンメンタール 刑事訴訟法 第二版 第4巻(第189条〜第246条)』青林書院、2012年
  • 村瀬信也・洪恵子 編『国際刑事裁判所 - 最も重大な国際犯罪を裁く 第二版』東信堂、2014年
  • 平野龍一『刑事訴訟法』(有斐閣)
  • 渥美東洋『刑事訴訟法』(有斐閣)
  • 池田修/前田雅英『刑事訴訟法講義』(東京大学出版会)
  • 田宮裕『変革のなかの刑事法』(有斐閣)
  • 田宮裕『捜査の構造』(有斐閣)
  • 熊谷宏/松尾浩也/田宮裕編『捜査法大系』全3巻(日本評論社)
  • 平良木登規男『捜査法』(成文堂)
  • 土本武司『犯罪捜査』(弘文堂)

*

Category:刑事訴訟法

捜査』に 関連する人気アイテム

脅迫者 警視庁追跡捜査係

5つ星のうち 2.0面白みに欠ける

(参考になった人 1/1 人)

んー、正直、ストーリーそのものが、いまひとつ面白くなかったです。

5つ星のうち 5.0面白かった

(参考になった人 0/0 人)

いつも通りのテンポでのストーリー展開 非常に楽しく読みました。

マインド 警視庁捜査一課・碓氷弘一6

5つ星のうち 5.0マインドコントロール

(参考になった人 1/1 人)

同じ日の同時刻に二件の自殺と二件の殺人が!果たしてこれは偶然なのか?調べを進めているうちに同時刻に二件の強姦未遂と一件の盗撮も発生していた...警視庁捜査一課の碓氷が動き出す❗ このシリーズは相変わらず面白いねえ~( ̄▽ ̄)=3

5つ星のうち 2.0一部、帯びなし

(参考になった人 0/1 人)

今井敏の碓井弘一モノの「パラレル」、「エチュード」、「ペトロ」、「マインド」の4冊を購入(配送は2回)。 4冊のうち最新版の「マインド」のみ帯びなしの寒々しい状態で届いた。 新刊本を帯びなしで送りつけるのありなのか?

今野氏の作品ではちょっと残念‼️ 人物の設定と展開に無理があるような。 事件解明もスッキリしないというか、納得感がなかった。

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

訳された本に見られる、文章表現のまわりくどさは多少ありますが、全体を通してとても読みやすかったです。
著者が体験したり見聞きした、「しぐさ」にまつわるエピソードも、合間合間に58コも紹介されています。
これは、読者を退屈させないだけでなく、実際に起こった事件や出来事が紹介されているので、印象に残りやすくて良かったと思います。
また、仕草の写真が掲載されているのも、わかりやすくて良いですね。

以下が、目次です。身体の各部位のボディー・ランゲージについて、しっかり紹介されていることが、わかると思います。



目次
まえがき―心が読める 9頁
第1章 しぐさに秘められた意味を知る 14頁
第2章 辺縁系の遺産で生きる 40頁
第3章 ボディー・ランゲージへの第一歩を踏み出す―足と脚のメッセージ 79頁
第4章 胴体の語るヒント―腰、腹、胸、肩のメッセージ 119頁
第5章 手の届く範囲にある知識―腕のメッセージ 149頁
第6章 落ち着くために―手と指のメッセージ 181頁
第7章 心のキャンバス―顔のメッセージ 219頁
第8章 ウソを見抜く―慎重に判断すること! 268頁
第9章 最後に 303頁

amazonのページ上で、関連する書籍として、なかなか表示されないのですが、宝島社の『FBIトレーナーが教える 相手の嘘を99% 見抜く方法』も、本書を読まれた方には、おすすめです。タイトルは胡散臭い感じがするかもしれませんが、中身は真面目で読みやすく、写真や実例も多く紹介されていて、こちらも良い本だと思います。

5つ星のうち 4.0嘘がつけない体

(参考になった人 9/10 人)

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学
言葉は大脳でしゃべるため、嘘で固めることができるが、体は原始的な脳の辺縁系の影響を受けるため、嘘をつくことができない。その中でも、足や手の動きは気持ちを表していることが多い。確かに無意識のうちにしている動作ってありますよね。
・危機への大脳辺縁系の反応としては、「固まる」「逃げる」「戦う」がある
・不安を感じた人は首を触ることがある
・足は感情を表す。会話中に片足の足先を背けるのは、立ち去りたいというサイン
・揃えた足を開くのは、だんだん機嫌を悪くしているサイン
・腕を組むのは、不快感や緊張を表しているサイン
・体を大きく広げるのは縄張りを意識しているサイン。

その空間に入ることで力関係が変わる
・両手を広げて指先をつける尖塔のポーズは自信を印象づけるしぐさのひとつ
・唇が消えるときはストレスや不安を感じている
・手のひらを下に向けたポーズは説得力を増す

上司や後輩、同僚や友人、異性など様々な人との関係で気持ちを感じ取り円滑に進めるための方法が書いてあります。

ただし、相手のしぐさから嘘をついているのか判断することはほぼ不可能で、快適か不快かの目安がわかるほどです。FBI捜査官であった著者も「嘘を正しく感知するにはコイン投げしかない」つまりプロも含めて嘘を見抜く確率は五分五分だという。

しかし、相手が自分の話題に快適か不快かのシグナルを出していることに気づければ無用な言い争いを未然に防げ、自分の意見を上司に通せる回数も増えるでしょう。


さらに人前で話す方も読んで損はありません。例えば聞き手が笑顔で話を聞いていたとしても、実はつまらないと思っているかもしれません。その時に目安になるしぐさの変化を見つければ、話題を変えるきっかけになります。

意外かもしれませんが喋ることが苦手という方こそおすすめできる内容だと思います。

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

訳された本に見られる、文章表現のまわりくどさは多少ありますが、全体を通してとても読みやすかったです。
著者が体験したり見聞きした、「しぐさ」にまつわるエピソードも、合間合間に58コも紹介されています。
これは、読者を退屈させないだけでなく、実際に起こった事件や出来事が紹介されているので、印象に残りやすくて良かったと思います。
また、仕草の写真が掲載されているのも、わかりやすくて良いですね。

以下が、目次です。身体の各部位のボディー・ランゲージについて、しっかり紹介されていることが、わかると思います。



目次
まえがき―心が読める 9頁
第1章 しぐさに秘められた意味を知る 14頁
第2章 辺縁系の遺産で生きる 40頁
第3章 ボディー・ランゲージへの第一歩を踏み出す―足と脚のメッセージ 79頁
第4章 胴体の語るヒント―腰、腹、胸、肩のメッセージ 119頁
第5章 手の届く範囲にある知識―腕のメッセージ 149頁
第6章 落ち着くために―手と指のメッセージ 181頁
第7章 心のキャンバス―顔のメッセージ 219頁
第8章 ウソを見抜く―慎重に判断すること! 268頁
第9章 最後に 303頁

amazonのページ上で、関連する書籍として、なかなか表示されないのですが、宝島社の『FBIトレーナーが教える 相手の嘘を99% 見抜く方法』も、本書を読まれた方には、おすすめです。タイトルは胡散臭い感じがするかもしれませんが、中身は真面目で読みやすく、写真や実例も多く紹介されていて、こちらも良い本だと思います。

5つ星のうち 4.0嘘がつけない体

(参考になった人 10/11 人)

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学
言葉は大脳でしゃべるため、嘘で固めることができるが、体は原始的な脳の辺縁系の影響を受けるため、嘘をつくことができない。その中でも、足や手の動きは気持ちを表していることが多い。確かに無意識のうちにしている動作ってありますよね。
・危機への大脳辺縁系の反応としては、「固まる」「逃げる」「戦う」がある
・不安を感じた人は首を触ることがある
・足は感情を表す。会話中に片足の足先を背けるのは、立ち去りたいというサイン
・揃えた足を開くのは、だんだん機嫌を悪くしているサイン
・腕を組むのは、不快感や緊張を表しているサイン
・体を大きく広げるのは縄張りを意識しているサイン。

その空間に入ることで力関係が変わる
・両手を広げて指先をつける尖塔のポーズは自信を印象づけるしぐさのひとつ
・唇が消えるときはストレスや不安を感じている
・手のひらを下に向けたポーズは説得力を増す

上司や後輩、同僚や友人、異性など様々な人との関係で気持ちを感じ取り円滑に進めるための方法が書いてあります。

ただし、相手のしぐさから嘘をついているのか判断することはほぼ不可能で、快適か不快かの目安がわかるほどです。FBI捜査官であった著者も「嘘を正しく感知するにはコイン投げしかない」つまりプロも含めて嘘を見抜く確率は五分五分だという。

しかし、相手が自分の話題に快適か不快かのシグナルを出していることに気づければ無用な言い争いを未然に防げ、自分の意見を上司に通せる回数も増えるでしょう。


さらに人前で話す方も読んで損はありません。例えば聞き手が笑顔で話を聞いていたとしても、実はつまらないと思っているかもしれません。その時に目安になるしぐさの変化を見つければ、話題を変えるきっかけになります。

意外かもしれませんが喋ることが苦手という方こそおすすめできる内容だと思います。

犬神の杜 よろず建物因縁帳

5つ星のうち 4.0風景が生んだ物語

(参考になった人 1/3 人)

(それにしても春菜ちゃんの、負けん気の強さったら!恋にも仕事にも!
仕事については負けん気がそれなりに成果を上げているものの、恋に関しては
裏目にしか出ていないような)

今回春菜と仙龍が向かったのは、春まだ浅い、北信濃の山あいのトンネル工事現場だ。現場事務所に通う若い女性たちの事故死も、山翳深い村の廃絶も、みなもとは同じとつきとめたチーム仙龍。そして心意気に痺れる仙龍のひとこと。
「山でも城でも大木でも、曳き屋に曳けないものはない」!
やま?山を曳いてしまうのか?
「支点があれば地球を動かしてみせる」と言ったギリシャの人もいたが!

私たちは、春菜や小林教授とともに仙龍たちの「山を曳く」鎮魂の儀式を見守ることになる。


村里には花々が匂っていても日かげには残雪が。さらに遠い山脈はまだまっしろ、広がるあおぞらの向こうにはまた花咲く平野がひろがり、その先では空と海が接している、ここはそういう山国なのだ。

曳き屋稼業に出会ってから、そういえば様々な風景を見た。草いきれのやしろ、霧巻く滝壺、月夜の白い蔵。歪みガラスの小学校。
それらは山々が小さな盆地にむかって尾根をはり下ろし、谷を刻み、人々が少しでも高くの田へと水を引き、高度に耐える作物を畑に育てた歴史と自然が作った風景なのだ。その風景のなかに息づいてきた建物を、今回は「山」を、仙龍は曳く。サニワたる春菜は、それらがよりよい在り方を保てる道を示す。

今や日本の人口の三分の一が首都圏とその周辺に集まっているという。曳き屋仙龍や春菜の勤める広告代理店のある街は、人口は微増しているものの、若者よりお年寄りのほうが多いのだろう。その周りの町や村は、圧倒的に高齢者が多い、いわゆる限界集落がほとんどなのだろう。
けれどこうした山深い自然や、耕して天に至る人の営みがなければ、大都市の生活も成り立たないはずである。自然は多くのものを我々に与えてくれるし、人の欲望が生み出した汚れたものでさえ、その懐に抱いて清めてくれさえする。そう思えば、山や川や海が浄化しきれないものは作ってはならないのでは、と思わざるをえない。それを作ってしまったために、今作の悲劇が生まれたわけが。

やまぐにの風景が、ものがたりを生み出している。作者がそれを聴きとっている。それが「よろず」の見せてくれる世界なのだ。

一気に読んだ今作。前作とページ数はほとんど変わらないのに、人間関係の複雑さを理解するために前作は読むのに時間がかなりかかったからか。
なにより笠嶋と春菜のやりとりが心につよく響いた。
物語の中盤、謎解きの部分がほぼ会話だけで行われており、物語にアクションが感じられないことが残念なので、次作への期待を込めて、あえて星4つとしたい。

さて、今回も活躍???の長坂パグ男所長の究極のひとこと。
「早くね、手早く、あと丁寧に!」
ど、どうせいちゅうねん!!
自分がやってみれ!!!

このシリーズのファンです。 新作楽しみにしてました。 今回もぐいぐい引き込まれましたが------あれ?曳き屋業のクライマックスが全体の85%くらいからやっと始まる。 もうページが無いぞぉ。 下巻に続くなの?と思っていたらあっさり終了。 ちょっと物足りなかったな。 犯人探しのようなミステリーがメインでしたね。 それにしてもハナの性格!仕事を頑張る女性は未だに、はねっかえりで気が強いステレオタイプの設定なんですね。 あそこまでの女性なんて実際居ないでしょう。 かなりイライラします。 もう少し肩の荷を降ろしてあげていただきたい。

5つ星のうち 4.0ホラーではなかった

(参考になった人 5/5 人)

今回は、怖いというよりもミステリ要素の方が強いような感じでした。 またいつものメンバがそれぞれ活躍するというのでもなく、見ているだけという人もいたりと、いつもよりあっさりしていました。 確かに毎回みんなが活躍というもの不自然なので仕方ないのかもしれませんが、今回は主人公ばかりという感じで、とにかく彼女があたふたと困っていたり、余計なことに首を突っ込んだりと、ただひたすらイライラするだけで、展開には物足りなさを感じました。

捜査』の解説 by はてなキーワード

捜査機関が公訴のために行う活動。

警察については犯罪の捜査について、国家公安委員会により犯罪捜査規範という規則(国家公安委員会規則)が設けられている。

捜査』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.