振替休日のまとめ情報

振替休日』の解説

振替休日(ふりかえきゅうじつ)とは休日(主に祝祭日)が他の休日(日曜日、他の祝祭日など)と重なった場合、月曜日以降を休日にして休日が減らないようにする制度である。

日本では国民の祝日に関する法律が定めているが法律中に「振替休日」、「振替」の字句はなく、これらは通称である。

制定されていない国

ブラジルスウェーデンウズベキスタンなどの国では振替休日に類する制度は法制化されておらず祝日が日曜日になった際や移動祝日が日付固定の祝日と重なった際にも翌日以降に代替となる休日が設定されない。

日曜

日本の場合、祝日が日曜日と重なった場合に発生する。詳細は後述。

土曜と日曜

タイ王国の場合、日曜だけでなく土曜日と祝祭日が重なった場合にも月曜日に振替休日が発生する。

ニュージーランドの場合、12月25日クリスマス12月26日ボクシング・デー、及び翌週1月1日元日1月2日の元日翌日の休日については、土曜日又は日曜日と重なった場合に、直後の平日が振替休日になる。加えて、2月6日の「ワイタンギの日」及び4月25日の「ANZACの日」の2祝日も、土曜日又は日曜日の場合、直後の月曜日が振替休日になることが、2013年4月17日に同国議会で可決された。但し、祝日の日付自体は曜日に関係なく毎年それぞれ2月6日と4月25日で変わらない。この振替休日の制度が最初に適用されるのは、2015年のANZACの日で、この年のANZACの日である4月25日は土曜日にあたるため、翌々日4月27日の月曜日が振替休日となり、公休日となる。

概要

国民の祝日に関する法律第3条第2項により『「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする』と規定している。

振替休日で振り替えられるのは「休日」という「状態」のみで、「○○の日」などの祝日はそのままの日(日曜日)である。したがって、その祝日にちなんだ祝典等も通例その日曜日当日に行われる。

「振替休日」の規定は、日曜日が休日であり他の曜日が通常は休日でないことを前提とした作りになっている。全国共通して日曜日を休日と定めている法律は「国会に置かれる機関の休日に関する法律」「裁判所の休日に関する法律」「行政機関の休日に関する法律」により、行政機関・裁判所などの当該機関の休日を日曜日(および土曜日・祝日・指定された日)と定めている。

それ以外は銀行法第15条第1項と株式会社商工組合中央金庫法第31条第1項で銀行商工組合中央金庫で日曜日を休日としているが、それ以外の組織については労働基準法において休日について抽象的に規定されているにとどまる。1980年代以降、週休二日制が定着し土曜日も休日としている企業・団体が多いが土曜日と「国民の祝日」が重なっても土曜日は振替休日が適用対象外の状態が続いている。

「国民の祝日」が日曜日に当たる時のみが対象であるため、沖縄県慰霊の日6月23日)など地方の公休日が日曜日であった場合は振替休日にはならない。

変遷

1973年国民の祝日に関する法律が改正されたことにより制定された。これにより祝日(国民の祝日)が日曜日の場合、その翌日となる月曜日振替休日となった(ハッピーマンデー制度の法律と同じ)。1973年の天皇誕生日4月29日)が日曜日で、同年4月30日が最初の適用日となった。

当初は祝日が2日以上連続することがなかったため、「国民の祝日の日曜日の翌日の月曜日」としていた。しかし2005年の国民の祝日に関する法律の改正(2007年施行)で、4月29日が「昭和の日」となり、「みどりの日」が4月29日から5月4日へ変更。5月3日から5月5日まで祝日が3日連続することになり、その直後の「国民の祝日の日曜日の翌日の月曜日以降の国民の祝日でない祝日の翌日」を休日とすることと改められ振替先が月曜日固定ではなくなった。理由は、国民の祝日とその前日の日曜日の祝日の振替休日の重複を避けるためである。その月曜日以外の振替休日の初適用日は2008年5月6日(火)となった。これは同年の「みどりの日」(5月4日)が日曜日となり、翌5日(月)は「こどもの日」でやはり祝日であることより、「みどりの日」の振替分が6日の火曜日となったからである。月曜日以外の振替休日が、2009年の5月6日(水)も適用された。これは同年の「憲法記念日」(5月3日)が日曜日となり、翌4日(月)は「みどりの日」でやはり祝日であること、翌5日(火)も「こどもの日」でやはり祝日であることより、「憲法記念日」の振替分が6日の水曜日となったからである。

日曜日以外の休日の扱い

振替休日が発生するのは日曜日と重なった場合のみで、他の種類の休日では発生しない。

国民の祝日同士が重複した場合の振替休日の規定については、現時点では設けられていない。敬老の日秋分の日移動祝日のため同日になる可能性があるが、今後最初に同日になるのは2876年と予測されている。

元日が日曜日だった場合(日曜日から始まる平年閏年)、1月2日が振替休日となる。年末年始の1月3日までは公的機関などで休日とされ官署職員の出勤も国民の祝日に関する法律の休日の場合と同様に扱われる(ただしETC割引制度など、平日で振替休日とならない場合は休日扱いとしないものも一部存在する)が、振替休日が1月4日になるようなことはない。

振替休日の日付の一覧

日本で過去に存在した振替休日、及び国立天文台が「年暦要項」を発表済みである2020年までの振替休日になる見込みの日は以下のとおり。特記のないものは月曜日。

振替休日』に 関連する人気アイテム

図解でハッキリわかる労働時間、休日・休暇の実務

労働時間に関する基本的な内容はほぼ網羅されております。 労基法としての関連性についての記述は薄いですが、それが却って実務書として考えるのであれば、分かりやすいとも言えます。 基本的な構成は、左ページが文言、右ページが図表を併記したまとめとなっています。 実務ベースでのテキストとしては、斜めに通読して、右ページを見て、気になる箇所は左ページも見る、という段取りだとストレスは少なく読めると思います。 何度も見て、忘れて(気になって)はひっくり返して、と使うのであればとても使い勝手が良いです。 1センテンスが見開き1ページ構成なので、細切れ時間に眺めるだけでも十分に最後まで読みきれます。

表題どおりで、図解が多く、ページ構成が見開きで1項目を開設してありますので、分かりやすく、とっつきやすいと思います。 事例とかは、あまりありませんので、困った時に参考にする部分では、多少不満があるかもしれません。 労基法の参考情報として1冊手元にあると助かると思います。

5つ星のうち 4.0タイトルの通り

(参考になった人 1/1 人)

従業員の労働時間や休日の設定に関してわかりやすく記載してある。 素人でも理解しやすい内容になっていると思う。 「法◯◯条」といった記載が無いのが残念。 法に記載されている内容をわかりやすくしてある為、根拠となる条文No等の記載が欲しかった。

労働法のキモが2時間でわかる本

社会保険・年金のキモが2時間でわかる本
↑この本が大変読みやすく、面白かったのでこちらも読んでみました。

一つの会社を舞台にして、そこに入社することになる主人公と個性的な登場人物たちの
笑いを交えたドラマを展開しながら、「労働法」の概要を読ませてくれます。

前書きで著者が、
「難しそう、だけど労働法に興味のない人にも労働法の(キモ)を楽しく学んで欲しい」
と本書の狙いを説明していますが、それは見事に成功していると感じました。


これ以上平易に伝えることは相当難しいのではないか、と感じるほど読みやすいです。

社会保険労務士の著者は「労働法をしらないために損をしている人が沢山いる」と
言います。本書の身近な事例は多くの人に思い当たるものがあり、その指摘に頷かせます。
法定労働時間と所定労働時間の違いと時間外労働、36協定、解雇予告の存在など。
本書の舞台「田中建設」がそうであるように、現実は法の厳密な履行などなされていない
ケースはとても多いです。それでも最低限の権利を有する後ろ盾として、または多くの人が
幸せを得るための制度の一つとして「労働法」を知っておくのはとても有意義と思います。
取っ掛かりの一冊として大変読みやすかったです。

この本のキモは、辞書や参考書としてではなく マンガでわかりやすく書いてありますので マメ知識として読んでみましょう。 頭の中に知識がどんどん入ってきます。 職場の人に相談するよりも、まずはこの本を読んでみるのも悪くはないかと思います。 マンガでは、主人公の身に降りかかったケースに対して、協力者が「こうするといいよ」など 実際の自分に照らし合わせた感覚で読めるのがポイントです。 一方的な知識の押し売りではないのがわかりやすい点かと思います。

5つ星のうち 4.0確かに2時間で読めます

(参考になった人 1/1 人)

労働法の知識がまったくない初心者向けの本です。 通勤電車のなかで二日で読み切れます。 たのしく読めるという点で星ひとつ。 基礎的知識を得るに十分である点で星ひとつ。 この手の本をもう一冊読んでみようと思える点で星ひとつ。 価格と内容のバランスが取れている点で星ひとつ、の計4つ。 中小企業の総務人事の入門書としては最適かもしれません。 自社の労働環境に疑問を抱いているサラリーマンも必読?

完全推定恋愛

5つ星のうち 4.0ろくでなしの詩

(参考になった人 1/1 人)

まさに「ろくでなしの詩」と題名を変えてもいいくらいの作品だ。
「ろくでなし」と言う言葉を一方から見てしまうと少し誤りがが起こる
この本では「ろくでなし」が2種類以上存在する事を教えている。
人を傷つける「ろくでなし」これは本当にどうしようもない奴だが、
この作品にはそういった類の「ろくでなし」は登場しない
自分で自分を傷つけてしまう「ろくでなし」なのだ、だから他人はあんまり傷つけず
何故か少しかわいい「ろくでなし」になってしまう。
昔の唄のフレーズで「ろくでなしの男たち、身を持ち崩しっちまったよ」というのがあったが
ここに登場する「ろくでなし」は最後に踏みとどまり「身は持ち崩さない」女なのだ。


落ちが何とも言えない、泣かせる・。
こんなこともあっていいと思う「ろくでなし」たち「愛すべきろくでなし」
この本で、一つ間違えてはいけないのは
私のような田舎者がこの本を読んで都会ではこのような「ろくでなし」がゴロゴロしているのかと
思わないことである。田舎から出てきて30年近くたつがこのような「ろくでなし」にはめったに会わない
そうは都合よくいかないものなのだ。

振替休日』の解説 by はてなキーワード

国民の祝日に関する法律昭和23年7月20日法律第178号)第3条第2項に規定される休日の通称。

国民の祝日が日曜日にあたるとき、休日の重複をさけるため、翌日に振り返られた休日。

最初の振替休日は、1973年4月30日、天皇誕生日振替休日


一般に翌日(月曜日)が振替休日となるが、5月の3連休のみ5月3日や4日が日曜日にあたる場合は月曜日も祝日となる場合があるので、その後一番近い平日(すなわち5月6日)が振替休日とされることになっている。

また一般企業の場合、休日に出勤し後日その日の分の休みを取ることを「振替出勤」「振替休日」と呼ぶ。

関連キーワード

月曜日ハッピーマンデー国民の祝日

振替休日』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.