懸賞のまとめ情報

懸賞』の解説

懸賞(けんしょう)とは、何らかの手段で一般から応募者を集め、賞品や賞金を提供するもの。プレゼントキャンペーンとも呼ばれる。主にプロモーション(宣伝)活動として、商品の販売促進のために使われる。

懸賞の形態

懸賞はオープン懸賞とクローズド懸賞に分類されている。

オープン懸賞

懸賞を行う企業の商品の購入に関係なく、新聞テレビ雑誌などのマスメディア、懸賞サイトによって広く応募者を募り、簡単なクイズに正解した人の中から、抽選で○人に賞金や賞品が当たるといった場合のものを指す。またこのクイズはほとんどがヒントがあって、そのヒントに答えが書いてあるものがある。応募者の年齢・性別・居住地域等により当選内容が異なるものもある。

クローズド懸賞

懸賞への応募の条件として、懸賞を行う企業の商品の購入や入会などの商取引が必要である懸賞を言い、一般懸賞、共同懸賞、総付(そうづけ)の3つに分類される。

一般懸賞
ある商品の購入者を対象に、内部に当たり券が入っていたり、応募はがきに商品に貼付された点数シールを規定枚数張ったり、購入レシートを張ってメーカーや販売店に応募すると、抽選で賞金や賞品が提供される方式。インターネットで実施されている懸賞の殆どは、「会員登録」または「メールマガジン登録」を応募の条件としているところもある。
共同懸賞
ショッピングセンター内の複数店舗が共同で行う、一定金額以上の購入者を対象にくじ引きを行うような方式。
総付
ある特定期間や特定出荷ロット商品の購入者全員に漏れなく、何らかの景品が付くもの。DVDソフトの初回出荷分限定でボーナスディスクが付いているような、商品にあらかじめ付属している場合と、はがきなどで応募して景品をもらうケースがある。

オープン懸賞、クローズド懸賞とも、具体的な金額などについては、景品表示法やこれに付属する規則、業種によっては公正競争規約で細かく定められているが、応募に際して記載した個人情報の扱いについては、外部流出や悪用の心配がある。

この他、1990年代以降は、懸賞の応募に際し、年齢制限を厳格化するケースも目立っている。具体的には、酒類メーカーが行う懸賞は満20歳以上でないと応募できず、はがき等にも年齢記入を義務付ける、タバコメーカーの場合は当選者に対して写真付き身分証明書のコピーの提示を求める場合もある、など。

応募者の年齢・性別・居住地域・購入店等により当選内容が異なるものもある。

景品の上限

景品の上限については、オープン懸賞とクローズド懸賞とで、異なる法律により規制されている。

上限(オープン懸賞)

独占禁止法の「広告においてくじの方法等による経済上の利益の提供を申し出る場合の不公正な取引方法」・通称 オープン懸賞告示によって規制されていた。最初の告示は1971年昭和46年)に行われ、上限を1,000,000円、1996年平成8年)の改正では10,000,000円が上限となった。2006年(平成18年)に規制は廃止され、上限は無くなった。

上限(クローズド懸賞)

景品表示法第3条(景品類の制限及び禁止)で規定され、一般懸賞・共同懸賞は懸賞景品告示、総付景品は一般消費者告示で規制されている。

  • 懸賞景品告示
    • 一般懸賞…10万円まで(商品価額が5,000円未満の場合は商品価額の20倍まで)
    • 共同懸賞…30万円まで
  • 一般消費者告示
    • 総付景品…商品価額の10分の2まで(商品価額が1,000円未満の場合は200円)

関連項目

懸賞』に 関連する人気アイテム

蒼き鋼のアルペジオ 11巻

最新巻が出るたび、「あれ? 以前の話と、つじつまが合わない。」となるのがこのマンガ。でも、どうせ他のみなさんの評価は ★×5 ばかりでしょ? 基本的には同感です。面白いんですよ、こんな欠点さえ無ければ。でも第11巻も相変わらず:

▼細かい話
(1) 第09巻でのアシガラとの戦闘の際、織部僧クンはイオナのことをハッキリと「艦長」と呼んだが、第11巻では「艦長代理」に格下げ。油断して被弾したから?

(2) ある何かを、多くのメンタルモデルは「演算素子」と呼ぶが、第11巻のヒュウガは「演算ユニット」と呼ぶ。

同じものを指してんの? 違うの?

▼どうとでも解釈・こじつけできそうな話
(1) だいぶ前、キリシマがコアだけになった時はそのままでもコンゴウなどと通信できた。第11巻の小さいアシガラと小さいハグロは、二人とも通信途絶。まあこれは、「大戦艦級」と「バカ姉妹」の格の違い、かな?

(2) 現在の海戦は第09巻の Depth:050 で直接の戦闘開始だとして、それから第11巻まで劇中では何日ぐらい経過したか、おヒマな方は確かめてみては? 私は遠慮しますけど。ただあくまで重要なのは、地上・海上・海中の間で整合性が取れているか。例えば第11巻の「刑部ハルナ」の転入届って、「青樹タカオ」の転入から(以下略)。

(3) kindle 版は知りませんが、紙の第11巻のカバーに「イ402 による日本の現状の報告」みたいな文章(題名は別にある)があって。エネルギーや交通の状況は相当厳しいようで。しかし、この報告の通りにインフラがボロボロで、しかも総人口すら把握できていない国家体制だと言うなら、電力どころの話でなくて食料の管理が破綻してると思うけど。第09巻では、日中の横須賀で合成食の配給が行われている(人口も分からずに?)。その一方、だいぶ前の話で、函館にいたタカオは夜の街に出かけたようだが。

5つ星のうち 5.0タカオはまだか…!

(参考になった人 0/2 人)

待ちに待った11巻。今回も充実した内容で楽しく読ませて貰いました。
この人たちの作品で素晴らしいのは、キャラクターが敵味方共に生き生きしてることですね。
特にアルペジオで顕著です。メンタルモデルのキャラは全て好き、と言えるくらい魅力的。

ここからネタバレになります。

前巻で撃沈されたアシガラ(とハグロ)のコンビがタイニー化して復活します。
この二人が凶悪的に可愛い!やっぱりアシガラのほうがやばいくらい萌えます。
作中でのアシガラの台詞もかっこかわいい(意味不明)。

ますますこのキャラが好きになりました。

他作品で見られるようにメカニックの作画も完璧ですし、唯一文句を言えるといえば話の展開が遅いという点かな?
現在他作品(ジョニーライデンの帰還)と同時に連載してるということもあって、なかなか単行本が出ません。
やきもきしながら最新刊を待ちわびてます。あとタカオ早く出せ、いや出して下さいお願いします。

今一番楽しみにしているマンガです。 コンゴウ艦隊との戦闘は激しさを増し、今後どんな展開になっていくか予想もつかない状況ですし、次々に登場してくるメンタルモデルたちも、みな個性的で魅力的なキャラクター揃いで、楽しませてくれます。 ですが、最近は同時展開する場面が多くなりすぎて、少しテンポが悪くなっているのが気になります。 ネタバレになるので詳しくは書きませんが、本巻より始まる新たな戦闘は、同時進行させるには、ちょっと重たすぎるような気がしました。 そんな不安も吹き飛ばし、次巻以降もますます楽しませてくれる事を期待してます。

ちはやふる

最終ページに出てくる飛行機 資料を意識せずに模写したのでしょうが 大空へというコメントとともに 戦時国際法違反の民間人大虐殺をした B29が描かれていました 競技かるたと孫と祖母の人間模様の世界から急に引いてしまいました

今回は涙なくさらりと読めてしまいました。 ストーリー展開のテンポが良かったからからか、内面の描写が少なかったからでしょうか。 運動会の机君は最高でした。 次回の発売が楽しみです。

原田先生好きなんで良いんですが、なんか千早のクイーン戦はだいぶ先の巻になりそうかなと。 まあ末長く楽しめるということで良いといえば良いんですけど

懸賞』の解説 by はてなキーワード

正解を出した人、優秀な作品を出した人、物を探し出した人などに与えるという条件で出す、賞金や賞品。

「―金」「―付き」「―小説に応募する」

goo 国語辞典

オープン懸賞クローズド懸賞などがある。

懸賞』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.