恵方巻きのまとめ情報

恵方巻』の解説

恵方巻きに関連性が高い単語の解説を表示しています。 恵方巻きについての情報が含まれているか確認して下さい。

thumb

thumb

恵方巻恵方巻き(えほうまき)とは、節分恵方を向いて無言で食すると縁起が良いとされる巻寿司のこと。商都大阪発祥の風習といわれているが1980年代まで大阪市内でも知名度は無くその起源の定説は未だ存在せず、昭和7年(1932)の鮨業界広告内容では花柳界起源説、昭和15年(1940)京都の古習慣・巳鮨( みずし

(御厨子(みずし)は内膳司御厨子所の女官で水仕(みずし)は下女

))

を引き合いにした大阪鮨商組合の広告チラシを配布した大阪の鮨店が昭和44年(1969)に篠田統へ話した"新こうこう(しんこ=上新粉の餅

、こぉこ=新香

)"巻き寿司大正時代花街起源説の伝聞が史実の様に取り扱われている。大阪ことばの"巻(まき)"は小田巻蒸し玉子巻・巻き寿司

、京ことばや船場ことばではちまきの略であること

、ちまきは節分で蒔かれていたこともあり

、形状を示唆しているのは広告チラシの女児のイラストのみで細・中・太巻等も明確ではない。

「恵方巻」という名称は1989年セブン-イレブン広島市中区舟入店野田靜眞氏が大阪には節分に太巻き寿司を食べる風習があると聴いて仕掛けたことにより1998年全国へ広がり

、2000年代以降に急速に広まった。その他には「幸運巻寿司」、「恵方寿司」、「招福巻」などとも呼ぶ。

概要

現在は「節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)し、言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願い事がかなう」とされる。「目を閉じて」食べるともされる「笑いながら食べる」という人もおり、これは様々である。また太巻きではなく「中細巻」や「手巻き寿司」を食べる人もいる。近畿地方の表現である「丸かぶり」という言葉から、元々は商売繁盛家内安全を願うものではなかった、との考察もある。民俗学において、フォークロリズムに関する研究題目として扱われる事がある。

起源・発祥

恵方巻の起源・発祥は諸説存在し、信憑性も定かではない。説としては以下のようなものがある

巻き寿司が初めて文献に登場したのは江戸時代の博望子著1749年(寛延2年)刊行「料理山海郷 巻二」や佐伯元明著1776年(安永5年)「新撰献立部類集」である

大正時代から戦後

定説はない。

沓沢が参照した篠田統の『すしの本』(1970)では昭和44年(1969)に大阪市上本町の鮨店・美登利が著者達へ語った大正初期の花街あたりの伝承が伝聞記録されている(鮨店・美登利は昭和15年(1940)大阪鮨商組合の広告チラシを配布している)。

と記述され、昭和44年(1969年)当時は浪速っ子である篠田統・塩路吉丁、大阪市立博物館の平山敏治郎館長さえ知らなかった事情がうかがえる。

"新こうこう"という大阪ことばは無いが、しんこはしんこ餅・新粉の餅

昭和40年代前半には、大阪の海苔問屋協同組合とすし組合が連携し、行事普及活動の一環として飛行機をチャーターして広告ビラを撒いた。ただしこれは、経費過多により1回のみの実施に終わった

1970年代以降

1970年代半ばからマスメディアに取り上げられるようになり、以降は再び定着するようになった。1973年から大阪海苔問屋協同組合が作製したポスターを寿司屋が共同で店頭に貼り出し、海苔を使用する太巻きを「幸運巻ずし」として販促キャンペーンが展開された。

具材

太巻きには7種類の具材を使うとされる。その数は商売繁盛や無病息災を願って七福神に因んだもので、福を巻き込むと意味付けされるもある。

具材は特定の7種の素材が決まっているわけではないが、代表例として以下が用いられる。(なお、7種類ではない場合もある。)

また、大正時代から昭和時代初期には漬物が度々挙げられた、11種・12種・15種など多くする場合もある、マイボイスコムの調査では、「認知度」と「食べた経験」に関して増加傾向となっているが、「実際に食べた」と答えた人の全国平均は2006年の時点で54.9%である。

2011年に博報堂生活総合研究所が三大都市圏で調査をし、節分行事で何をしたか聞いたところ、「恵方巻きを食べた」との答えが48%、「豆まきをした」との答えが44%となり、恵方巻を食べたと答えた人が豆まきをした人を上回り、全国規模の行事として定着したことを示した。

thumb

商業的に売り上げの落ちる1月後半から2月初旬の販売イベントとして、主にコンビニエンスストアを中心とし、スーパーマーケットなどの店舗にて各地で展開。1970年代以降の道頓堀での販売促進イベントの影響もあった。

コンビニではファミリーマートが先駆けであり、1983年に大阪府と兵庫県で販売が開始された。

関西厚焼工業組合の宣伝活動は広範囲で行われ、1987年頃には「幸運巻ずし」の宣伝ビラが関西地方以外にも九州地方や岐阜市・浜松市・新潟市などの各都市に向けて送付された。

宮城県気仙沼市では、栃木県の磐裂根裂神社のものと同様直径5cm長さ20cmほどに作る。ただし、酢飯ではなく普通のご飯を使い巻き込む具は梅干しと醤油の2つだけであり、名称も単に「太巻」としか言わない。食べる時期も特に限らず、ことさら「節分に食べるもの」というわけではない。

2000年代に入ると全国の各コンビニで販売促進キャンペーンが行われている。

スーパーマーケットでは、ダイエーが関西地方で1980年代頃には販売を行っており、関東地方の一部地域では1990年代前半から販売開始、ジャスコでは1992年から全国同時に販売を開始、などのように同小売業態でも宣伝活動が行われるようになった。2008年2月2日と2月3日の2日間で、セブン-イレブンだけで388万本、コンビニ大手3社で約700万本が売れたという。

2000年、磐裂根裂神社(栃木県下都賀郡壬生町)の節分祭で太巻きを食べる行事を、同県内の神社で初めて取り入れた。同神社では、節分祭の参列者に振る舞われる「夢福巻き寿司」という太巻きがあり、境内には風水の方位盤の上に建つ「福巻寿司発祥の地」の石碑がある。宮司が神事を執り行った後、拝殿内で太さ約5cm、長さ約20cmの太巻きを配り、太鼓の合図とともに全員が今年の恵方を向いてその太巻き寿司を丸かぶりする。太巻きを金棒に見立てて「邪気を祓う」という意味があり、切らずに長いまま太巻きを食べることで「縁を切らない」、「福を巻く」という意味も含まれ、祓鬼来福の祈念を行うものとされる、コンビニ関係ではファミリーマートが新たに展開を始めた。

2012年、夏の恵方巻では新規参入が増えて幅広く行われた。スーパー関係では引き続き展開しているイオンではドラえもんを利用した商品を発売したほか、新たにサミットヤオコーなどが夏の恵方巻に参入。

便乗商品

thumb

全国への広まり方はバレンタインデーホワイトデーオレンジデー菓子贈答と同じく、節分に関連する商業的イベントとして、海苔業界やコンビニ業界など関係業界の主導のもと、恵方巻を巧みに利用して販売促進を目的としている。

2000年代後半以降は恵方巻の他に便乗商品に関連する商戦が過熱化しているや「阪神タイガースバージョン 虎十巻」のような公認グッズが出現した。また、東武百貨店などの百貨店でも中華・洋風といった複数種類の恵方巻を用意した。2013年には金箔を圧着させた焼海苔を使った恵方巻が数量限定で発売された。

また、本来の太巻きとは全く関係が無い食べ物にも恵方巻を模した商品が各種展開されている。例として以下のようなものがある。

恵方巻き』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.