恭譲王のまとめ情報

恭譲王』の解説

恭譲王(きょうじょうおう、1345年3月9日 - 1394年5月17日)は、高麗の第34代国王である(在位:1389年 - 1392年)。第20代神宗の7代孫。諡号恭譲大王。はじめ定昌府院君に封じられていたが、李成桂朝鮮の太祖)により高麗王として擁立された。後に李成桂に譲位し、李成桂の命令で子供とともに殺された。

略歴

父は定原府院君鈞、母は国大妃王氏。妃は昌成君の娘 順妃盧氏。

1374年に恭愍王が殺され、禑王(辛禑)が即位した。政界では倭寇(前期倭寇)平定に功のあった李成桂崔瑩らが台頭し、対政策における対立から、李成桂は1388年にクーデター(威化島回軍)を行い、禑王の子の昌王(辛昌)を即位させ、1389年には昌王は正当な王位継承者ではない偽王として殺害し、恭譲王を擁立する。

恭譲王3年(1391年)に科田法が公布される。また同年に楮貨流通政策が決定したが施行前に高麗王朝が滅亡する。

恭譲王から李成桂への譲位を防ごうとした鄭夢周らは李成桂派に殺され、1392年に恭譲王は李成桂に王位を譲り、杆城に追放となる。1394年に謀叛の計画があるとして、王命による刺客により配流先の三陟で子とともに殺された。こうして高麗王朝は滅亡し、李成桂による朝鮮王朝がはじまる。

参考系図(高麗王第26代から34代まで)

参考として家系図を示す。赤色部分が恭譲王である。全体は高麗王系図を参照。

恭譲王』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.