心理学のまとめ情報

心理学』の解説

心理学(しんりがく、)とは、行動の学問であり、科学的な手法によって研究される。研究法を質的研究と量的研究とに大別した場合、後者を主に学ぶ大学では、理数系として心理学を位置付けている例がある。

起源は哲学をルーツに置かれるが、近代の心理学としては、ドイツのヴィルヘルム・ヴントが「実験心理学の父」と呼ばれ、アメリカのウィリアム・ジェームズも「心理学の父」と呼ばれることもある。心理学の主な流れは、実験心理学の創設、精神分析学行動主義心理学人間性心理学認知心理学社会心理学発達心理学である。また差異心理学は人格や知能、性などを統計的に研究する。

20世紀初頭には、無意識と幼児期の発達に関心を向けた精神分析学、学習理論をもとに行動へと関心を向けた行動主義心理学とが大きな勢力であったが、1950年代には行動主義は批判され認知革命がおこり、21世紀初頭において、認知的な心的過程に関心を向けた認知心理学が支配的な位置を占める。

語源と定義

語源は、や魂を意味する古代ギリシア語のプシュケー(ψυχή )と、研究や説明を意味するロギアとでの、プシューコロギア(psychologia)である。

現在の心理学の用語の意味は、心理学のテキストである『ヒルガードの心理学』では「行動と心的過程についての科学的学問」とされ、2012年の『心理学大図鑑』では「心や行動の科学を研究する」という意味であるとされる。アメリカ心理学会(APA)は「心と行動の研究」と定義している。

ギリシャ文字Ψ(英:PSI)が心理学のシンボルとして、しばしば用いられる。

大分類

大きくは、基礎心理学と応用心理学に大別される。

基礎心理学
科学的経験主義の立場から観察実験調査等の方法によって一般法則の探求を推し進める。
応用心理学
基礎心理学の知見を活かして現実生活上の問題の解決や改善に寄与する。

また別の角度からの分類では、現在の心理学は、実験心理学と臨床心理学に大別することも可能である。

実験心理学
人間をあくまで対象と見なし、観察実験によって知識の探求を推し進めようとする。
臨床心理学
精神に不調を来した人々の理解、および彼らにとって実際に役立つ援助を行おうとする。

永遠の哲学

文字が発明される以前から伝承されるヴェーダは、直接的に感覚する経験を対象とし、自己の内的な観察を極度に純化させ、智慧と呼ばれる精神の状態を目指した。主に東洋に広く存在する心理学である。1980年代以降に、トランスパーソナル心理学が研究対象としている。

この流れにない西洋の心理学の伝統は、外側から様々な対象を理性的に観察することによって法則性を見出すといった、実験主義的なものである。

ギリシャ哲学からの起源

1912年の大槻快尊の『心理學概論』では、古くはタレスの哲学でも心について付言されているが、心理学の開祖と呼べる哲学者は「心は脳髄にあり」と述べたアリストテレスであり、哲学から心理学へ独立した学問へと小径を開いたのはルネ・デカルトであり、そして、心理学という全く別の科学的な学問を成立させたのはジョン・ロックであると云ってよい、としている。

紀元前4世紀にアリストテレスΠερὶ Ψυχῆς ペリ・プシュケース(『心について』『霊魂論』)にて、血流怒りが無関係ではないことから、心身不分離とした。

それに対し、後の17世紀にルネ・デカルト心身二元論を提唱し、「魂は非物質的で身体は物質的だが、動物精気というもので身体を機械的に動かしている」とした。またデカルトは、「動物は反射によって動く機械でしかない」としたが、現在では遺伝また感覚の研究によって、動物も意識を持っていると考えられている。

ジョン・ロックは、ニュートン物理学の登場によって、分子から成り立つ物質と、心的なイメージを成り立たせる感覚と、不滅の魂を仮定した。

心理学の創世記

18世紀には、フランツ・アントン・メスメルが、による治療行為を行い、1779年に『動物磁気の発見と回想』を出版し、後の催眠へとつながっていった。心理療法におけるラポールの概念などもこの流れで生まれた。

1870年代には、ドイツのヴィルヘルム・ヴントと、アメリカのウィリアム・ジェームズは、心理学の研究室を設け、心理学の諸理論を提唱した。ドイツのヴィルヘルム・ヴント実験心理学の父と呼ばれ、アメリカのウィリアム・ジェームズも心理学の父と呼ばれることもある。

ヴントは1879年にライプツィヒ大学に研究室を創設し、彼の言う実験心理学とは、内観として自己観察的な思考や感情の出来事を記録することであった。

ジェームズは1875年にハーバード大学にて講義をはじめた。内省や哲学に基づいたアプローチで心理学に接近した。1890年にはジェームズが大著『心理学原理』を公開し、その2年後にはこれを短縮した『心理学要論』が公開され教科書として広まった。1892年には、アメリカ心理学会が、ウィリアム・ジェームズの心理学を元にして設立される。

1880年代には、フランスのエミール・クーエが偽薬効果についての『自己暗示』を出版する。1900年には、ドイツのウィーンで、神経症とヒステリーの研究を行っていたジークムント・フロイトは、人々は無意識の影響を受けて行動しているという理論を公表する。

精神分析

1885年には、ジークムント・フロイトはパリに行き、催眠によってヒステリー患者を治療しようとしていたシャルコーの下で学び、同僚と共に1893年に『ヒステリー研究』出版したが、その限界を感じ自由連想法を用い始めた。1916年までは精神分析学の研究はドイツ語圏に限られており、アメリカやイギリスに飛び火したのは、1918年以降であり、1920年には『精神分析学入門』が翻訳され読者を広く読者を得、ニューヨークの研究所は1931年に開設された。

娘のアンナ・フロイト自我心理学を提唱した。フロイトに師事したカール・グスタフ・ユング分析心理学を提唱、ユング心理学はユング派としてアメリカでプロセス指向心理学などを生んだ。この時代には、フロイトや現象学の影響をうけたルートヴィヒ・ビンスワンガー現存在分析、また ヴィクトール・フランクルによるロゴセラピーがある。対人関係療法は、新フロイト派とよばれるハリー・スタック・サリヴァンらの流れを組む。

イギリスではメラニー・クラインドナルド・ウィニコットらの対象関係論が展開し、アメリカでは対象関係論に影響をうけたオットー・カーンバーグ転移焦点化精神療法を考案した。

ハインツ・コフートは、自己愛性パーソナリティ障害の研究者として著名で、ウィーンの出身だが1964年にはアメリカ精神分析学会の会長も務めた。

行動主義の台頭と変容

心理学の第二世代として行動主義心理学が登場し、心理学を科学とみなすために行動を実験環境で観察し計測すると主張した。1913年のジョン・ワトソンの「行動主義の見地から見た心理学」は、心理学の方向転換のための行動主義宣言とされている。行動主義の基礎となるのは、行動を変化させる学習は、報酬と嫌悪刺激(罰)によって変化するという理論である。行動主義は、戦争をはさんだ軍事学的な統制にも用いられた。20世紀半ばには、アメリカでは精神分析と行動主義は2大勢力であった。

動物実験により1903年にはイワン・パブロフによる古典的条件づけが発表された。B.F.スキナーの表記でよく知られるバラス・スキナーは徹底的行動主義を推し進め、1938年にはオペラント条件づけの研究が盛んになった。治療に関しては、1960年にハンス・アイゼンクが『行動療法と神経症』を出版する。行動主義のその行きすぎた傾向においては、心という概念なしに客観的な心理学としての観察研究ができるとした。しかし報酬と罰が人間の学習の決定的条件であるとする行動主義は様々な矛盾に陥った。

動物行動学は学習された行動ではない本能の重要性を明らかにし、条件づけの概念に疑問を呈し、コンラート・ローレンツは孵化したガチョウが最初に見た動物を親として学習する刷り込みや、遺伝的にプログラムされた求愛といった行動パターンを明らかにした。スキナーへの反発から成る「認知の革命」は心的過程へと再び焦点を戻したが、その契機となったのはノーム・チョムスキーである。オペランド条件づけでは報酬と強化による結果として人間が言語を学習すると考えたが、ノーム・チョムスキーは言語は生得的な普遍文法に沿って獲得され、遺伝的な能力で成長と共に成長することを提唱した。

人間性の回復

第三の勢力は、人間性心理学である。1960年代には、人間性心理学が、自己実現理論を提唱したアブラハム・マズローらによって組織される。1942年に、カール・ロジャースが『カウンセリングと心理療法』を出版し、後に来談者中心療法と呼ばれ、さらに後期には人間中心アプローチと呼ばれることになる非指示的な理論を紹介した。ロジャースは、集団に対応させたエンカウンターグループも開発した。1956年に、『現代社会とストレス』(The Stress of Life)を出版し一般向けに初めて概説した。

1960-70年代にかけて急速に進展した視覚伝導路の神経細胞の特性研究は知覚心理学に重大な影響を与えた。両者は視覚刺激を提示し反応を測定するという共通の手法を持ち、測定対象が神経細胞という微視的なものか、ヒトなどの動物全体という巨視的なものか、という点で違うと見ることもできる。

また海馬の神経細胞で発見された長期増強などのシナプス可塑性は、記憶の生理的基盤であると期待され、認知心理学に少なからぬ影響を与えた。

1980年代以降、神経活動を観測する脳機能イメージングの手法が発展するにつれて、脳機能局在論による神経機構の解明が試みられており、少なからず成功を収めている。その一方、こうした研究は現代的骨相学に陥る危険もはらんでおり、それを克服する試みとして計算論的神経科学などとの協力がある。神経機構の数理的解析は情報工学に影響を与えてもいる。

病理学からの発展

医学の分野において、精神疾患患者の治療という応用的な要請から、疾患の原因となる精神の構造の解明を試みる精神病理学が起こった。

米国ではベトナム帰還兵の中に精神疾患となる人が多数出て社会問題となった。特に快楽殺人などセンセーショナルな事件が起こったため、広義の精神疾患が広く社会に認知されるとともに、「PTSD」などの概念が確立し、研究が急速に発展した。

1970年代より精神疾患に対する薬物療法の研究が進み、統合失調症双極性障害に著効を顕した。これは神経細胞における受容体を介したシグナル伝達研究と並列に進展し、てんかん治療での外科的病巣切除とあわせて精神病理学を生理学と結びつける土台が作られた。

高齢化が現実の問題となった1980年代から1990年代以降、認知症に関する研究も数が多くなった。この分野でも神経の可塑性減少や細胞死など生理学的知見と密接に対応をつけた上で研究が進んでいる。

動物行動学からの発展

ヒト以外の動物の行動の研究である動物行動学は、実験心理学と手法の一部や生理学に対する関係を共有して発展してきた。特に(ヒトの)心理学(と動物の行動学)との対比において、「比較行動学」という訳語が当てられることもある。

狭義の動物行動学である、野外で野生の状態を観察する生態学については、心理学とは直接の関係を持たず、ヒトの機能の進化の過程における生態学的妥当性の検討、あるいは社会的行動の人間との対比において関連づけられる。

広義の動物行動学である、研究室内でラットやチンパンジーなどを用いる研究は心理学と密接な関係を持ち、多くの手法を共有する。こうした研究手法は他分野にも輸出され、医学などでも用いられるようになった。この分野はパブロフの条件反射研究に強く影響され発展してきたもので、動物の研究では古典的条件づけオペラント条件づけの研究に発展し、ヒトを対象とした実験心理学でも内観法を徹底的に排除するなどの影響を与え、行動主義心理学と呼ばれる一派が成立した。ただしこのアプローチは極端であるとして、行動を重視する点では同様でもより生体の内部状態にも注目する新行動主義も出現した。現在の実験心理学の手法は基本的にこの影響下にあるものが多い。

言語学からの発展

ノーム・チョムスキーは経験主義や極端な行動主義を批判し、人間が言語を獲得できるのはそれに専門化された生得的な器官(言語獲得装置)を脳の中に持っているためだと主張した。チョムスキーに始まるこの議論は現在でも継続中であり、言語獲得概念獲得発達心理学の中心的なトピックである。

教育学からの発展

言語や思考の能力及びその成長発展を評価する必要から、現在の心理学の領域へと踏み込んだ。

近年は、学童の精神保健に関する領域においても教育心理学の立場から扱われるが、前述の思考能力に関するものとは元々の系統が異なっていることに留意が必要である。

教育現場では、心理学を使ったコーチングを導入している学校もある。

情報科学との接近

脳を一種のコンピュータとみなし、精神を脳の機能として情報工学的に解析するという立場が現れた。認知心理学では、この立場をとる。

誤解

心理テストカウンセリングサイコセラピーといった臨床領域が心理学研究の中心的課題である」とか、「カウンセラー精神科医は皆、心理学の専門家である」といった、事実とは異なる認識が広く流布している。こうした通俗的な理解を、「ポピュラー心理学」ないし「通俗心理学」と呼ぶ事がある。「このような通俗的な理解・誤解が好まれ、広まる現象も、心理学に対する社会の要請の現われであるとして無視すべきでない」という意見もある。またこの現象自体が心理学や社会学の研究対象となっている。

参考文献

  • The Psychology Book, 2012
  • Atkinson & Hilgard's Introduction to Psychology, 15ed.

心理学』に 関連する人気アイテム

清水義久 金運革命CDブック

金運上昇、もちろんそれを期待して買ったけど、
付録のCD、これは最高に良かったです。
以下、内容を端折りますが、
身体を光で満たすイメージング後に川・滝・海・草原の心地よい音にイメージをはせて、
過去を「あれはあれでよかったのだ」、
未来に対しては「何があっても大丈夫」、
そして徐々にゆっくりと魂・空間が浄化され、自分にとって嫌だったこと等全て洗い流されて、
最終的に、神の無限の豊かさがやってくる(易経を唱えて)と断言してくれます。



本のほうでも書かれていたけれど、
お金に対する悪い思い込み・イメージを常に持っていたり、
他全般について何事も消極的なネガティブ思考回路だと、
上昇する金運もなかなか難しいらしいです。
なのでまずは金運上昇には、土台となる素地(魂)から造り上げていく。
このCDを聴いた後、それにすごく納得すると同時に、自分はすごく救われた気がしました。
(幼少時から、母親の毒言葉にさらされてきて、自己否定が強いタイプなので。)

自分自身(頑なな悪い思い込み)の書き換え、アファメーション、これも金運上昇には大事らしいです。
要するに、金運上昇のための土台となる素地(魂)造りの一つ、だと思います。
それについて、唱えたら良い言葉、も記載されてます。
他にもたくさん金運上昇のためのイメージング方法、誰でもすぐ簡単にできるものばかりです。
世界一の金の延べ棒のカラー写真は、本当に見るだけでもパワー感じます。
著者のセミナーのたくさんの生徒さんのなかでも、素直に信じて正しく実践する、
そのような方は(たぶん少数だと思うけど)、著者も驚くような金運を引き寄せるんですね。
私も、それにならいたいです。

~~~ 第一章の魂を構成するオーラの4層構造 、
特に私はこれには目から鱗で、これぞ世の中の(魂の)大真理だ!と思えて、
大納得!大共感!でした。~~~

この本の、隅から隅まで読めば、
この著者が、一切出し惜しみせず全力でご自身の智恵(悟り?)のありったけを披露されている、
のがよくわかると思います。
小出しにすると、幸せなお金持ち思考に反する、みたい(?)です、たぶん。
「はじめに」の著者とその師匠さんの会話で、私はそんな風に↑察しました。
貧乏って、うつるんですね、その意味は「はじめに」を読んでください、納得するはずです。
「おわりに」にも、著者の本気を感じました。

私は常に、過去の嫌な事に囚われ、将来に対しては不安に苛まれていたので、
金運云々より、まずは心の平安を持てた事が良かったです。
毎日このCDを聴き続けたいです。
本も、何度も読み返したいです。

ありがとうございました、定価以上の価値がありました。

この本が届いてからお店のお客様が増えました。 11月は暇な月なのにビックリです! この本の内容でイメージングをしたのと、この本を持ってるだけでも効果があると書いてたし、付録の金運カードが良いのかも? クリスマスプレゼントに大切な友達に渡そうと思います。 この本の印税は寄付されるそうなのです。 私が買った事が誰かの為になるからお金が循環してまた私の所に戻って来る仕組みだそうです。 今までのお金に対するネガティヴが、人の為にとか人にお金をあげるイメージだけでもお金が巡ってくるそうなので、本の中では10万円なんだけど、私は100万円にしてます(笑)

5つ星のうち 5.0金運の「気」と思考

(参考になった人 4/4 人)

お金の本はあまり読みませんが、著者の「あなたは私 私はあなた」の内容に魅了され購入しました。 この本も金運に着眼しながらも、内容は「あなたは私 私はあなた」に近いと感じました。 私自身は、無駄遣いせず貯金する⇒将来の安心 という発想が捨てられませんでしたが、 この本で気づいたことは、結局は自分が心から必要と感じていないから使ってないということでした。 ポジティブなイメージでお金を使えるようになるため、 自分に制限をかけず、必要な時に必要なお金をいただける心の持ち方を訓練していきたいです。

漫画 君たちはどう生きるか

おじさんの手紙パートは原作のコピペで、漫画化されていません。漫画なのに文字で埋まってます。情景描写が無いから漫画化しづらかったんでしょうが、そこに挑戦しないで漫画化する意味があるんでしょうか?まんが学術文庫やまんがで読破シリーズみたいに、抽象的な話には具体的な絵を例として提示して、読者の理解を促すつくりにしてほしかったです。
そもそも作画が酷すぎるので、情景描写がある部分も原作の方が読みやすかったです。この本がブックオフの100円棚に並んでいたとしても、原作を差し置いてこれを買う価値は一切ありません。

でも、こんな本がベストセラーになっちゃうんだもんな〜。世の中はわからんものです。

5つ星のうち 1.0呆れる。

(参考になった人 1/1 人)

自分達を崇高な存在だとでも思っているのか? 読んで癒される人間なんて、傷を舐めあっているだけ。 誰に赦しをこいたいのか。 訂正しようのない過去を引きずって、どこまで愚かなんだと感じてしまう。 そういう人間に限って無自覚、無責任になり、騙されたと被害者意識になり、ありもしない正義感を全面に出す。 こんなものは道徳でも倫理でもない。 高評価から分かるのは、何十年経っても日本人は変化をしていないということ。 おめでたい人種だ。 だからこそ良書だと長く語られていることに恐ろしさを感じる。 どんな過程を経た結果であれ、選択したのは自分だろ。 安心しろ、お前もその程度の人間なんだから。

私は大学受験を控えて勉強に向かっている中どうも自分のエンジンがかからないままで少し怠けた生活を送っていました。 その時父がこの本を読んでみたらと渡してきました。 どうして勉強をしているのか、いろんな見方を持った少年が訴えてくるようなどうしてかは分かりませんが自分の心に安らぎを与えてくれました。 そして今勉強することの大切さを感じられました。 この本と出合ったおかげで私は勉強に精進できていることに感謝しています。 是非中高生に勧めて欲しいなと感じました。 私は普段本を読まないのですが、漫画と小説を上手く融合させてあるため読みやすかったです。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

増えていることは間違いない。私はそういう病んだ社会に生きているのだな。「すべての人は仲間」「悪い人がいてもその人だけ」すべての人間関係の目標は共同体感覚」「『世俗の』競争とは無縁の生き方をしています」「イヤなら人間関係を切ってもいい。それはあなたの課題」「過去の影響はある、がトラウマはない。意味づけ、解釈次第で全てはどうにでもなる」百歩譲って矛盾はしてないかもしれないけど(してるけど)何の解決にもならない、よね。思想?学問?物語、対話形式は体系の破綻を覆う隠れ蓑でしょう。太字の部分と哲人の生き方だけでも抜き出して対比してみなさい。

これが単なる隠者の哲学であり、隠者とは自分を弾き出した世間を見下している者であることが判明するでしょう。それに人生の意味と一般論のレベルで言えるものはない、らしいのだけど、なんでかっていうと紛争とか天変地異が〜ってことらしいんだよね。イヤイヤでしたら、世界は、十分過ぎるほどに複雑であるとしか?

親族がどちらかというと精神障害の多い一族に生まれ育った私としては、
精神的な病気とまではいかない人(症状の軽い人)の理解にしかならないと思った。

本当に社会から逸脱してしまい、絶望的な状況の人々や生じる不可解な出来事の理解には役にはたたない。
目的論では到底理解しがたい――目的論的世界観で理解し得る唯一の方法が死であるなど――圧倒的な無目的の力と対峙してしまわざるを得ない、不幸な人間もいる。

ただ一方で会社社会や組織社会のなかに存在し得ている人には、受け入れやすい内容なのかもしれない。
現実にわれわれは課題をこなさねばならない。そういった合理的な、コミュニケート可能な世界に生きる人には、
一歩進む勇気がもらえる本なのかもしれない。

5つ星のうち 5.0目指すは共同体感覚

(参考になった人 0/0 人)

この本に出会えてよかった。他人と接するときに前より気持ちが楽になったからです。
自分と他社の課題を分離させ、横の関係になり、最終的には共同体感覚をめざすというのがこの本の内容です。
思えば私は縦の関係ばかり作ってました。年齢、能力、容姿などあらゆる要素で自分より上なのか下なのか無意識のうちに決めてそれを前提に人と付き合っていました。もうこんな窮屈な生き方辞めます。
この本を読んで自分の無意識の考え方を認識することができました。私の一番の幸せは誰かのためになること。これからは共同体感覚をいつも感じられるような生き方をしていきます。
人間関係に悩んでいる人はぜひ一度読んでみてください。この本には真理が書かれています

松果体革命 ― 松果体を覚醒させ超人類になる!

5つ星のうち 1.0妄想経典

(参考になった人 48/52 人)

この本を読んで全部信じてる人はものすごく純朴な人だと思います。
悪く言うと騙されやすい。

書かれている内容に根拠が一切示されていない。
例えば、
「私たちの魂の意識エネルギーは、右回りの螺旋です。誕生から今の時点までずっと右螺旋です」
と書かれているのですが、これを証明する文言はでてきません。
著者はいかにして右螺旋を確認し、精査し、証明するのだろうか?
高評価の方はこの辺り疑問は持たないのだろうか?

これらを思うに、著者の妄想経典みたいな内容です。


それを信者の方がこれぽっちも疑いもせず「ありがたや~」信じ込んでるのでは?というのが感想です。
読み物としては「こんな考え方もあるんだ~」でいいのでは?
僕は、得るものはありませんでした。

5つ星のうち 5.0じわじわと。

(参考になった人 8/11 人)

6/17に購入した時には、まだ内容についていけなくて、一度本棚にしまっていましたが、オレンジ色が暖かくて、最近読み直していました。 また、ドクタードルフィンのユーチューブでも言わんとするところが解説されているので見て答え合わせをしながら読みました。 先生がこのことをアメリカに学びに行ってセドナへ行って、いろいろな方面から会得されたのだと思います。 その経緯についても知りたい(今回の内容はとても面白かったので)と、感じました。 是非そこについてもまた、書いてほしいです!何度も読むと自分の中に何かがインストールされるような気がします。

5つ星のうち 5.0覚醒への第一歩

(参考になった人 2/6 人)

私にとっては、覚醒の第一歩になった良い本です。 吸収できる知識が多くあり、著者には本当に感謝しています。 日々精進することが、お陰様で、出来ています。 自分を変化させたいと、強く思う方は、読んで実践すべきです。 変わりたくない人には、不要の本ですね。

心理学』の解説 by はてなキーワード

心理学』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.