市川海老蔵のまとめ情報

市川海老蔵』の解説

市川海老蔵(いちかわ えびぞう、市川蝦蔵市川ゑび蔵とも)は歌舞伎名跡屋号成田屋定紋三升(みます)、替紋は杏葉牡丹(ぎょよう ぼたん)。また替紋とほぼ同様の使われ方をする役者文様寿海老(ことぶき えび)がある。

解説

市川海老蔵は初代團十郎の幼名が海老蔵だったことに由来する名跡である。市川團十郎との関わりは深く、11代の海老蔵のうち、実に10名が市川宗家の御曹司、9名が前後に市川團十郎を襲名している。

かつては市川團十郎と並ぶ大名跡だったが、今日では市川團十郎の前に襲名する名跡となっている。このため前期には團十郎 → 海老蔵と襲名する例が目立つのに対し、後期にはこれが逆転して海老蔵 → 團十郎と襲名する例がほとんどとなる。

なお十二世市川團十郎が市川海老蔵襲名前に名乗ったのが市川新之助だったため、新之助 → 海老蔵 → 團十郎と襲名するのが市川宗家の通例だと誤解されがちだが、実際にこのような順で襲名したのは、他には五代目と六代目があるのみである。

市川海老蔵代々

  • 初代 市川海老蔵
    • 役者・堀越重蔵の子、1660–1704。
    • 初代市川海老蔵 →市川段十郎 →初代市川團十郎
  • 市川蝦蔵
    • 四代目市川團十郎の子、1741–1804。父は四代目團十郎から三代目海老蔵を襲名したが、本人は父に遠慮して「同じえびでも雑魚えびの蝦」と市川蝦蔵を襲名した。「蝦蔵」は後にも先にもこの蝦蔵ただ一人で、歴代の海老蔵にも数えない。
    • 松本幸蔵 → 三代目松本幸四郎 → 五代目市川團十郎 → 市川蝦蔵 → 成田屋七左衛門 → 初代市川白猿
  • 五代目 市川海老蔵(市川ゑび蔵)
    • 市川蝦蔵の孫で四代目の養子、1791–1859。「ゑび蔵」もこのゑび蔵ただ一人だが、ゑび蔵が七代目團十郎を襲名すると、長男の二代目新之助が六代目海老蔵を襲名していることから、ゑび蔵は最初から「五代目海老蔵」として認識されていたことがわかる。実際、その七代目が團十郎の名跡を倅にゆずって八代目團十郎を襲名させると、本人はあらためて五代目海老蔵に「復して」いる。
    • 初代市川新之助 → 市川ゑび蔵 → 七代目市川團十郎 → 五代目市川海老蔵 → 成田屋七左衛門 → 幡谷重蔵 → 二代目市川白猿
  • 六代目 市川海老蔵
    • 五代目の長男、1823–54。
    • 二代目市川新之助 → 六代目市川海老蔵 → 八代目市川團十郎(俳名:三代目白猿)
  • 十代目 市川海老蔵
    • 九代目の長男、1946–2013 。
    • 市川夏雄 → 六代目市川新之助 → 十代目市川海老蔵 → 十二代目市川團十郎
  • 十一代目 市川海老蔵
    • 十代目の長男、1977– 。当代。九代目にあやかって、近年ではこちらも「海老さま」と呼ばれることがある。
    • 七代目市川新之助 → 十一代目市川海老蔵

市川海老蔵』に 関連する人気アイテム

成田屋の食卓

お料理を頑張る前に、息子の教育をしっかりとしていただきたいものです。
ひととしての常識や優しさ、母上さまのようには、持ち合わせていないようで、残念でなりません。
せっかく素晴らしいお嫁様がいらしたのに、亡くなってからひどいものですね。
いつまで小林麻耶さんの居候を許すおつもりでしょうか。
世間では非常識だとみんなみておりますよ。
嫌いな女子アナ2014年1位を取られた方、いい年齢なのにお料理もまったくできず、
空気も読めず、バイキングでもひどいものでした。


番組は苦情が相次ぎ、降板させられる始末。
さすが最愛の妹が亡くなっても平然としていられるだけありますね。
成田屋とは、そのようなお家柄なのですね、もっと常識があり、きちんとしたお家なのだと
イメージから勘違いしておりました。
もう歌舞伎は見ませんし、そんなことでは廃れていくと思います。
お料理の本を出される前に、もっと母親として、やることが他にあるのでは。
いろんな意味でがっかり、です。

5つ星のうち 5.0さすが成田屋

(参考になった人 1/1 人)

今迄、色んな料理本を買ってきましたが、この本は素晴らしい!
レシピも簡単だし、わかりやすい。そしてどの料理も美味しい!
特に気に入ったのが、鰯のハンバーグ。ヘルシーなのに味が物足りなくない。
掲載されているお料理はどれも見た目が美しく、使っておられる食器も素敵です。
希実子さんが長年の主婦生活で得たレシピの数々。。。
オリジナリティにあふれ、ご家族の健康を気遣った、丁寧な暮らしぶりがとても伝わってくるお料理、お話。
堀越家のそれまで見えなかった部分が少し垣間見れ、しかし、梨園という世界の堅苦しい部分は不思議と感じない。

。。
素材にもこだわっていたり、ひと手間かけて作られている部分を見ると、希実子さんの愛情深いお人柄が手に取るようにわかります。
掲載されているお料理のレシピは全てまとめられていて、ひとつひとつ作っていく楽しみもある。

ひどい食生活です。 團十郎さんが白血病で亡くなった理由は食卓にあると分かりました。 この本を読んで同じ食生活をする人が増えないことを願います。 反面教師にするべきです。 また、自分はこんなに手料理を頑張った、という風なことが書かれていますが、今の時代共働き主婦でも同じことをしています。 「歌舞伎役者が2人いる家は朝ごはんを出す時間がバラバラだから大変」とありますが、普通です。 子どもがいれば夕飯の時間がバラバラなのも当たり前です。 こんなに肉や調味料を使った料理を出し、毎日ビールにワインにシャンパンにと飲んでいたら癌になることくらい分かりそうなものですが、、、。

成田屋の食卓 團十郎が食べてきたもの

お料理を頑張る前に、息子の教育をしっかりとしていただきたいものです。
ひととしての常識や優しさ、母上さまのようには、持ち合わせていないようで、残念でなりません。
せっかく素晴らしいお嫁様がいらしたのに、亡くなってからひどいものですね。
いつまで小林麻耶さんの居候を許すおつもりでしょうか。
世間では非常識だとみんなみておりますよ。
嫌いな女子アナ2014年1位を取られた方、いい年齢なのにお料理もまったくできず、
空気も読めず、バイキングでもひどいものでした。


番組は苦情が相次ぎ、降板させられる始末。
さすが最愛の妹が亡くなっても平然としていられるだけありますね。
成田屋とは、そのようなお家柄なのですね、もっと常識があり、きちんとしたお家なのだと
イメージから勘違いしておりました。
もう歌舞伎は見ませんし、そんなことでは廃れていくと思います。
お料理の本を出される前に、もっと母親として、やることが他にあるのでは。
いろんな意味でがっかり、です。

5つ星のうち 5.0さすが成田屋

(参考になった人 1/1 人)

今迄、色んな料理本を買ってきましたが、この本は素晴らしい!
レシピも簡単だし、わかりやすい。そしてどの料理も美味しい!
特に気に入ったのが、鰯のハンバーグ。ヘルシーなのに味が物足りなくない。
掲載されているお料理はどれも見た目が美しく、使っておられる食器も素敵です。
希実子さんが長年の主婦生活で得たレシピの数々。。。
オリジナリティにあふれ、ご家族の健康を気遣った、丁寧な暮らしぶりがとても伝わってくるお料理、お話。
堀越家のそれまで見えなかった部分が少し垣間見れ、しかし、梨園という世界の堅苦しい部分は不思議と感じない。

。。
素材にもこだわっていたり、ひと手間かけて作られている部分を見ると、希実子さんの愛情深いお人柄が手に取るようにわかります。
掲載されているお料理のレシピは全てまとめられていて、ひとつひとつ作っていく楽しみもある。

ひどい食生活です。 團十郎さんが白血病で亡くなった理由は食卓にあると分かりました。 この本を読んで同じ食生活をする人が増えないことを願います。 反面教師にするべきです。 また、自分はこんなに手料理を頑張った、という風なことが書かれていますが、今の時代共働き主婦でも同じことをしています。 「歌舞伎役者が2人いる家は朝ごはんを出す時間がバラバラだから大変」とありますが、普通です。 子どもがいれば夕飯の時間がバラバラなのも当たり前です。 こんなに肉や調味料を使った料理を出し、毎日ビールにワインにシャンパンにと飲んでいたら癌になることくらい分かりそうなものですが、、、。

落語の入り口—想像と創造のコミュニケーション

落語は寿限無とあと幾つかくらいしか知らないので、教養を積めるかと思い、期待して読んでみました。
まず冒頭で、「落語というものは元ネタを知っていればこそより楽しめる噺が多い」という文があります。
その元ネタとは、現代人なら誰でも知ってる時事ネタとかならばいいですが、落語の場合は「別のお噺」です。
例えば私の場合なら、寿限無を元ネタにした別の噺ならばより楽しめるだろうというわけですね。なので、
落語の噺を数知っていれば知っているだけ、笑いどころも面白さも分かるし、その噺の価値も分かるように
なるという事でしょう。

元ネタを知らないで噺を聞くのもまた一興なのでしょうが、落語を本当の意味で
楽しめるようになるには、落語についての、それこそ「教養」が必要なんだなぁと感じました。
私はそれを和歌の本歌取りに似ていると思いました。私は和歌が好きで、元ネタに気付いた和歌などは
思わずニヤリとしてしまう方だし、それを醍醐味と思っているので、落語にハマる人というのはそういう
流れなのかなと想像。この本には噺家がキャラクターを演じる時の「作法」なども含めて、知らなかった事が
いくつかありましたが、そこも含めてつくづく感じたのは、なるほど落語というものは古典に相違ないのだな
という事です。昔からあるのは知ってましたが、なるほど古典です。為になる内容だと思いましたが、
落語漫画を描いてらっしゃる漫画家さんの対談が始まったり、その漫画のイラストやネームが掲載されていたりと、
全くの初心者には戸惑う構成になってるなぁとも思いました。どちらかというと、もとから落語に興味を
持っている方々が、改めて落語に関する色々な側面から落語への理解を深める為の本という印象を受けました。

「落語の入り口」というタイトルから、落語初心者向けの解説本かと思う方も多いでしょうし、事実そのような側面もあって初心者が読んでも面白くて落語に興味を持てると思う部分がたくさんある本なのですが、構成がどうも良くなく、すんなり読めないもどかしさを感じる本でした。

中でも、最初の方のページに「Question」が3個あるのですが、それぞれ、「なぜ周りが笑っているのかわかりません」「えー、から始まるのはなぜ?芝居のように感情移入していいの?」「落語を聞いて得をすることってありますか?」という、落語の初心者が最初に持つ疑問とはちょっと思えないものが並べてあり、しかも回答が、最初の物は「周りの人も面白くないのに笑っているかも・あなたに国語力がないのかも・あなたが落語に向ていないのかも」などと、真実であったとしてもかなり突き放したようなものになっています。

しかも3番目などは「損得勘定で落語を聞く/聞かないなら、生涯落語を聞かなくていいと返答してこの質問を終わりたい」などと、その質問はそちらで設定したものだろうに、なんでこんなに読者をはねつけるような内容になってるんだ??とかなり疑問の湧くもので、本屋さんでのチラ見なら、この辺でもう本を閉じるだろうと思うような、読者を選ぶ高いハードルが設置されているように思いました。

しかしその後に展開する内容については、「そもそも落語とは」とか、「表現・しぐさのいろは」とかで手ぬぐいや扇子の使い方を解説したり、落語と漫才はどう違うのかなどと、特に落語に詳しくない普通の人でも興味深く読めるようなことが書いてあり、「笑点」の例を引いて興味を持たせたりなどもしているので、構成をうまく整え、初心者でも素直に入ってこれるようになっていれば、そこそこ楽しめる本であったのではと思います。

落語の世界は特殊で理解不足だと笑いにつながるのが難しいなと思いました。私のようなタイプは、本書でも紹介されている落語漫画から入った方がとっつきやすい気がします。
高校時代、文化祭で県のホールを貸し切り、様々な催し物が舞台で演じられる中で、落語家の落語を拝聴する機会がありました。蕎麦をすする仕草が見事でした。残念ながらそのことしか覚えていません。でも本書で紹介されている落語の様々な仕草・表現と、なんとなくつながりました。
やがて連続朝ドラ「ちりとてちん」が放映されたことで、より身近に落語を感じられるようにはなりました。

楽しい筋書きだと思いましたが、落語に対して理解が深まったわけではありませんでした。何気なく見ていましたが、本書の解説で、「ちりとてちん」に対する新たな視点に気付きました。
学生の頃、取り組んでいた英語の通信講座で、若い英国人女性の落語家がインタビューされて、彼女独自の落語へのイメージを率直に語っていたことも思い出しました。日本から遠く離れた国の人にも届く何かが落語には存在するということですね。
笑点は、非常勤講師時代、高校生が嬉しそうに話題にして会話が盛り上がっていました。時が経ち、夫も笑点を楽しそうに見ています。幅広い年代に視聴されているのだなと感じます。本書で落語と笑点との関係も詳細に述べられていて興味深かったです。
落語に触れる機会はテレビなどを通していくらでもあります。若い落語家による番組を見たことがあります。もう少し積極的に関心を抱き落語の神髄を解せるようになれば、日本人として新たな発見ができそうだなと思います。本書の「先端の落語家スタイル10」は、そのきっかけにつながるような、これから落語を知る人にとって興味をそそる内容です。

がんでも長生き 心のメソッド

5つ星のうち 5.0メソッド

(参考になった人 1/2 人)

ちょっと本の書評とは違う部分もあるかもしれませんが、ご容赦ください。
現代医学では、例えばガンの治療のように、打ち倒す(その為には副作用も覚悟で)とゆう、姿勢が強いとおもわれます。

一方、世界の医学の中には、例えば漢方療法のように、なるべく少ない副作用で、体全体の自然治癒力なども多いに活性化させて、治療に挑もうとしている医学もあります。

ここからが、わりと(重要)になってくると思いますが、病いになるとゆうことは、何か人体で処理排泄できないような、(何か)が、
入ってきてしまったのかもしれない、
それならば、排泄を中心にして、治療に当たろうと考えているのが、インド医学のアーユルヴェーダです。

世界は広いので、安易に諦めないで、希望を作りだしましょう、自らで。

5つ星のうち 3.0考え方の指針になる

(参考になった人 5/5 人)

検査結果を待つ日々、かなり不安になります。 そして、結果が分かり対応がはっきりするまでの不安はとてつもなく大きなものです。 その頃次々出てくる不安と疑問、それに応えてくれました。 読んだ当時は、そう考えれば良いのかとか元気をもらえることもありましたが、究極の問題は、自分でよく考えてゆくことなのかもしれないと思います。 そういう意味で、良い参考になると思います。

この本ともっと早く出逢いたかった。 でも、この本に出逢えてやっぱり生きていて良かった...と心底思いました。 ここまでそう思ったことは初めてです。 全ての会話や理由、メソッドが自分を重く暗く明るくなってはすぐに落ち込む悲しい心に、びんびんぶち当たってきて知らず知らず心が軽くなっていました。 これから何回でも読み返します。 それだけで、いい1日になります。

歌舞伎キャラクター絵図 厳選53演目の見方・楽しみ方

5つ星のうち 5.0楽しい

(参考になった人 1/1 人)

楽しみながら、気軽に気楽に歌舞伎を学べます。 そして歌舞伎を観にいきたくなります。

海老蔵』の解説 by はてなキーワード

市川海老蔵歌舞伎役者。屋号は成田屋

團十郎の前名として用いられる。

九代目

→十一代目團十郎。昭和15年〜昭和37年まで名乗る。いわゆる「海老さま」。

十代目

→十二代目團十郎昭和44年昭和60年まで名乗る。「海老玉」の海老はこの人。

十一代目(昭和52〜)

本名・堀越孝俊

父は12代目・市川團十郎

昭和50年世代歌舞伎役者のスター格。

眼光鋭い大きな目玉と坊主頭トレードマーク

市川宗家御曹司という血筋にくわえ、本人も祖父ゆずりの華のある容姿、父親ゆずりの大きな目玉をもって生まれ、若年にして光源氏助六弁慶を好演。

元・歌手との間に女の子が一人生まれている。

市川海老蔵』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.