岩波茂雄のまとめ情報

岩波茂雄』の解説

岩波 茂雄(いわなみ しげお、1881年8月27日 - 1946年4月25日)は、日本出版人、岩波書店創業者。貴族院多額納税者議員

次男の岩波雄二郎は岩波書店・二代目社長。孫の岩波律子は岩波ホール支配人。次女小百合は岩波書店会長の小林勇の妻。

経歴

長野県諏訪郡中洲村諏訪市中洲)の農家に生まれる。父義質は村の助役をしていた。

尋常小学校高等小学校をへて、1895年明治28年)に諏訪実科中学校(現・諏訪清陵高)へ入学。在学中に父が病死し、戸主となる。母を助け農業をしていたが1899年に上京し、杉浦重剛を慕い、日本中学に入学。母が学資を仕送りしてくれた。ある時母親が上京すると茂雄は東京見物をさせようと思うも母は用事が済むとさっさと帰郷してしまった。息子を勉強させたいばかりに働いたのだという。翌年に卒業。

1901年(明治34年)、第一高等学校に入学する。ボート部で活躍するが、2年になる頃から人生問題に悩むようになる。この頃には内村鑑三の影響を受けており、また、東京本郷で求道学舎を主宰していた真宗大谷派僧侶近角常観のもとを訪れ、近角から著書『信仰の餘瀝』を渡される。1903年5月、藤村操(1学年下)が「巌頭之感」を遺して自殺したことに大きな衝撃を受ける。試験を放棄したため落第し、夏休みの約40日間、茂雄は哲学書等を携えて野尻湖の弁天島に1人で篭もることがあった。この間に自殺を心配した母親が島を訪れたこともあり、学校を続けることを決意する。翌1904年も試験放棄のため落第し、高校を中退する。再起して1905年東京帝国大学哲学科選科に入学。1906年には結婚

大学選科修了後、神田高等女学校(現在の神田女学園)に奉職するも教師としての自信を喪失し退職。1913年大正2年)、神田区南神保町に古本業岩波書店を開く。破格の正札販売を実施、古書店から出発し、夏目漱石の知遇を得て1914年には「こゝろ」を出版。これは自費出版であったが、岩波書店の処女出版と位置付けられる。漱石没後は安倍能成らと「漱石全集」を刊行した。

『思想』(1921年)『科学』(1931年)『文化』(1934年)などの雑誌や、1927年昭和2年)には「岩波文庫」を創刊。日中戦争について「日本はしなくてもいい戦争をしている」と日本軍に対して批判的な立場から活動を展開していた。これによって軍部の圧力をかけられるようになる。

1940年には学徒及び篤学の学者、研究者を援助する目的で財団法人「風樹会」を設立。同年、津田左右吉の著作『古事記及日本書紀の研究』他4点が発禁処分となった事件では発行元として、津田と共に出版法違反で起訴。1942年に有罪判決、上告中の1944年免訴となる。また美濃部達吉天皇機関説を支持する投稿を朝日新聞に行ったが、同紙が不掲載としたため、朝日は意気地なしだ、と批判した。

1945年3月に貴族院多額納税者議員に互選、任命されるが、それから6ヶ月後に脳出血で倒れる。翌年には雑誌『世界』が創刊され、文化勲章も受けるが、同年に64歳で死去。戒名は文猷院剛堂宗茂居士。墓所は鎌倉東慶寺

略歴

参考文献

評伝

作品

  • 読書子に寄す - 岩波文庫発刊に際して(青空文庫
  • 『岩波茂雄文集』(全3巻、植田康夫紅野謙介・十重田裕一編、岩波書店、2017年)

岩波茂雄』に 関連する人気アイテム

広辞苑はなぜ生まれたか―新村出の生きた軌跡

5つ星のうち 4.0推奨

(参考になった人 2/4 人)

タイトルは『広辞苑はなぜ生まれたか』であるが、広辞苑の成り立ちについて語った「真説『広辞苑』物語」は、全体の5分の1程度であり、むしろ「新村出伝」というタイトルがふさわしいかもしれしれない。新村出の孫にあたる著者の手になるものだけに、新村出の人となりや私生活についても興味津々たるエピソードが語られている。「交遊録」では高峰秀子『私の渡世日記』を引用しつつ、女優・高峰を取り上げている。同書でも語られていることだが、高峰が新村邸を訪問した際に、新村の居室には等身大の高峰のポスターが貼られていたそうである。

また本書によれば、新村出は高峰関連の新聞記事のスクラップ帳を作成していた。『私の渡世日記』には、谷崎潤一郎とともに新村邸を訪問した際、文壇では「百獣の王」としして恐れられていた谷崎も、新村の前では「借りてきた猫のようにかしこまっていた」という一文があったことを思い出した。
一代の碩学・新村出の伝記としてどなたにも推奨したい好著です。

5つ星のうち 4.0人に歴史あり、ですね

(参考になった人 0/5 人)

『広辞苑』の著者・編者として知られる新村出の生涯について詳しく書かれており、色々なことを知ることができた。 当時としては珍しい恋愛結婚をしていること、若い頃の学問の延長ではなく辞書作りの方で名前が残ってしまったこと、周囲の人に対して律義だったこと、戦争中に息子の猛が治安維持法で検挙されたときの落ち着いた対応などに、その人柄が偲ばれる。 高峰秀子とのいきさつは知っていたけど、徳川国子(慶喜の娘)が初恋の人だったことは知らなかった。 ただ、それら以上に、国子が結婚後に、“老いらくの恋”で知られる川田順と恋愛関係にあったことには驚かされた。

辞書の名をタイトルにした書籍なら、「◯◯はどのように作られたか」という書名にするのがごく普通の発想だろう。
しかしこの著作は「なぜ」生まれたかとなっている。
初めて書名を知って、ちょっと首を傾げた読者も多いのではないか。私もそのひとりだ。

つまりこの本は、単に辞書がどうやって作られたかだけのものではなく、サブタイトルにもあるように「新村出の生きた軌跡」をあとづけた著作であり、国民的辞書『広辞苑』はその中のどこに位置づけられるものか、が描かれている、そのような内容なのである。



おそらく大方の人が新村出という名を広辞苑編者としてのみ知っていて(私も同様)、どのような出自の、どのような学問的業績のある人か、そしてどこでどのように生きたのか、ほとんど何も知らない。

それを、この『広辞苑はなぜ生まれたか』では、新村出の孫である新村恭氏が徹底的に一次資料を読み解きながら解説をしている。
おそろしく中身の濃い本である。

明治から昭和にかけての一言語学者の生涯がどのようであったか、時代の移り変わりが人をどのように翻弄してきたか、今を生きる私たちにとっても参考になる記述が多い。

歴史に名を留めている著名な人たちが綺羅星の如く登場し、徳川慶喜、佐佐木信綱、金田一京助、谷崎潤一郎、吉井勇、柳田国男などなど、文学史の絵巻物を見る思いがする。

この分野に関して、今後のリファレンスとして位置づけられる書物になるのではないかと思える著作である。

惜櫟荘だより

著者は時代小説書きの超売れっ子で、月2回文庫本のベストセラーを出している。この佐伯泰英が熱海に仕事場を設けて書き物をしていると、下隣の立派な建物が壊されかけるというところから話が始まる。
壊されたら見られないので「ちょっと見せていただけないか」と頼んで見せていただき、その建物の凄さに驚く。惜檪というわけだから檪の木があるのだろうが、その数寄屋建築の配置、相模湾や小島の風景の取り込み方など、吉田五十八と岩波茂雄の建築に対する情熱がうかがわれた。
そのことの証人がアンジェイ・ワイダのスケッチである。

この本の91ページにあるが、スケッチの域を超えている。広重の「驟雨」の浮世絵を見るようだ。つまり彼は浮世絵を見ていたということの証でもあろう。ワイダが一泊してこの絵を残していったということが、「惜檪荘」を物語っている。我々世代の「灰とダイヤモンド」や「地下水道」に感激したものにとっては、この上ない傍証だ。
これは超主観的ドキュメンタリーだ。
この本を読んでいて特に感じることは、この著者の立ち位置が、建物の内と外、この建物に対する気持ちの立場=これを見つけて解体し再建築に取り掛かった自分と、元の主体であった岩波茂雄や吉田五十八の間を往復することである。さらにこの解体・再建をサポートしてくれる職人さんなどとの行き来も面白い。
さらに、彼の今に至る以前の仕事・体験であるイタリアでの写真家としての仕事も語られていて、それもなんとなく惜檪荘の再建の仕事にかかわっているように思う。
とにかくこの本は、惜楽荘を出たり入ったり、ひとにたづねたり、昔の話をほじくったり、材質を見たり、縦横に立ちまわりながら「主観的」に書いている。ドキュメンタリーは客観的なものという勘違いをした本を見かけることがあるが、主観的でなくて本質に近づくことができるはずがない。
久しぶりに主観的な気分で「思い込みの激しい」客観的な表現力のある本を読むことができて楽しかった。
もうひと余録があった。というのは、60年餘前、私の郷里のかやぶきの家を、瓦屋根の家の改造した時の思い出だ。まだ二十歳にもなっていなかったので、棟木を載せるあたりに上って元気に手伝っていた。丁度そのとき、棟木が東西を間違えて上がってきた。
その時「それを担いで振り回せ」と言われてしまった。まだ棟木が載せられていないので、ぐらぐらするような合掌梁の上で、松丸太の棟木を担いで振り回す勇気がなかった。誰でも無理だろうと思って、下におろして振り返るものと思っていたら、30歳前ぐらいのあにきさんが上がってきて、少しサポートを受けながら見事に振り回して棟木に治めた。「さすがだ」と思った。昔の思い出だ。

惜檪荘と聞くと、何十年も前に読んだ岩波書店の“大番頭”小林勇の著書“惜檪荘主人”に描かれた“頑固親父”岩波茂雄と建築家吉田五十八が心血を注いだ数寄屋造りの熱海の別荘というイメージがあり、書店で書名を見て一も二もなく購入した。

私自身は佐伯泰英の著作を読んだ経験はないが、おそらく素晴らしい造りのはずの惜檪荘はどのような間取り・構造なのか?どうように造られたのか?どのような見晴しを持っていたのか?に興味があったためである。

本書は惜檪荘に隣接した別荘の住人となった著者が惜檪荘の存在を知り、売りに出た惜礫荘を購入し、建築関係者の協力を得て解体を含め1年以上の大がかりな修復に取り組み、2011年10月の落成式に及ぶ経緯が主題である。


それと共にフラッシュバックのように著者のスペインを中心とした欧州滞在中の堀田善衛他との多彩な交流あるいは著者個人の身の周りのことにも叙述が及ぶ。

その結果として、ここに描かれ、出てくるのは建築としての(庭も含めた)惜檪荘の数々の意匠を凝らした素晴らしさは当然として(本書中の写真も良い)、著者の人物・人柄そのものなのである。

“いいもの”に対する嗅覚、“いいものを守りたい”という強い意志、それなりの費用がかかったと思われるが出版社からの前借りを含めてやりとげてしまうエネルギッシュな実行力、そしてスペイン時代あるいは惜檪荘修復過程を通じて対人関係で垣間見せる気遣いの細やかさ、いずれも一つのタイプの作家に必要な資質とはどのようなものかを教えてくれるような気がした。

著者も惜檪荘の将来のことを気にしているが、昭和の名建築の一つである惜檪荘がオリジナルを極力残した形で必要な修復を果たし、とりあえず収まるところに収まったことは大いに慶ぶべきことであろう。

岩波書店の創業者岩波茂雄の熱海にある別荘である惜櫟荘は、戦中期の物資が乏しい中、吉田五十八の設計で建てられた、簡素な美しさに溢れた近代数奇屋である。著者は、熱海に移住して、ふとしたきっかけで自らの住まいのすぐ隣の惜櫟荘を譲り受けた。しかし、建築後70年を経た建物や土台、あるいは崖地の地盤の痛みから、完全解体して修復するという一大決意をして、吉田五十八ゆかりの建築家や施工業者の協力を得て、見事に再生させた。本書は、そのいきさつや解体・再生の過程を逐一追った、心楽しい物語である。

吉田五十八の建築作品はあまたあるが、個人住宅で現存しているものは非常に少なく、惜櫟荘はその稀有の現存作品である。

著者は、解体・再生の過程を(職人たちに煙たがられながらも)逐一観察し、設計者の意図を推し量りながら、建築家や施工業者たちと、建築当時の原型を回復していく。その中で、元の建築に込められたメッセージや行き届いた施工の技の意味を読み解いていく。読者も解体・再生の現場に立ち会っている思いがする。

著者は文庫書下ろし時代小説という新しい出版形態を創り上げ、一躍人気作家となった。惜櫟荘の入手は、当初仕事場として考えていたとのことであるが、解体・再生の過程で文化財としての価値を痛感し、保存に踏み切った。本書は著者初めてのエッセイ集でもある。惜櫟荘にまつわる話の他に、闘牛写真家としてスペインを放浪していた時代の、堀田善衛らとの交流の思い出なども随所にちりばめられ、時代小説家という現在の顔以外の側面も知ることができ、楽しいエッセイ集となっている。

内村鑑三 1861-1930

複数の人による内村鑑三評論集になります。
I.では、複数の人による内村鑑三の思想に対しての評論集。
II.では、複数の人による内村鑑三の人物に対しての評論集。
III.では、内村鑑三自身のテキストをいくつか挙げています、その中でも大作『ロマ書の研究』(P280-359)のページに多くを割いています。この『ロマ書の研究』はもっとも内村鑑三が重要視したもので、内村の思想を知る上では欠かせない著書でしょう。抜粋ですが、これを機に『ロマ書の研究』を読むのもいいかもしれません。


II.の、複数の人による内村鑑三の人物に対しての評論集は、内村と同時代を生きた人たちの文章でいまでは貴重なものといえるでしょう。

個人的には、雑誌の別冊本ではなく、ちゃんとした単行本だとまだよかったと思うのですが。

367ページと分厚く価格も張りますが、興味ある人はどうぞ。

岩波茂雄』の解説 by はてなキーワード

(1881〜1946)。出版人。長野県生れ。東大哲学科選科出身。1913年(大正2)岩波書店を開き、岩波文庫その他学術書の出版を通じて日本文化の向上に寄与。貴族院議員文化勲章


広辞苑 第五版』岩波書店 より

岩波茂雄』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.