岩波書店のまとめ情報

岩波書店』の解説

株式会社岩波書店(いわなみしょてん、Iwanami Shoten, Publishers. )は、日本出版社

概要

1913年大正2年)8月5日岩波茂雄東京市神田区南神保町16番地(現・東京都千代田区神田神保町)に開いた古書店として出発。正札販売方法を採用し、注目を集めた。同年12月1日に蘆野敬三郎の『宇宙之進化』、翌1914年大正3年)に夏目漱石の『こゝろ』を刊行し、出版業にも進出。漱石没後に『夏目漱石全集』を刊行し、躍進する。看板は漱石の筆による。

多くの学術書を出版するだけでなく、岩波文庫岩波新書を出版するなどして古典学術研究の成果を社会に普及させることに貢献。文化の大衆化に多大な影響を与えた。昭和時代にはしばしば、大衆的な路線を貫く講談社と対比された。

戦前には、いわゆる共産主義講座派の拠点であった。

創業以来岩波書店のマークは橋口五葉が描いた「甕(かめ)」を使用していたが、1933年昭和8年)12月10日岩波全書の創刊からミレー絵画『種まく人』を題材にとったマークの使用を開始(当初デザインを依頼された高村光太郎作のマークは帽子が鉄兜のようで軍国調だとして別人に依頼された。今日まで用いられているマークは児島喜久雄によるものといわれる)。

1949年(昭和24年)4月25日株式会社に改組。社長も岩波家の世襲から脱したが、戦後も羽仁五郎の著作を出版するなど講座派の影響は持続している。

戦後は、日本の単巻辞書としては最大級の収録数である国語辞典広辞苑』(新村出著・編)を発行している。

本社の隣には一ツ橋グループ小学館集英社があり、2017年(平成29年)には所有していた岩波書店一ツ橋別館を小学館に売却している。

沿革

雇用における特徴

かつては業界内では最も高い給与体系としても知られていたが、現在は中堅出版社並みである。また、2013年度定期採用は事実上の縁故採用に限る方針を発表した。岩波書店は批判を受け、サイトで「あくまで応募の際の条件であり、採用の判断基準ではありません。採用予定人数が極めて少ないため、応募者数との大きな隔たりを少しでも少なくするためのものです。」とする謹告を出した。

雑誌

かつて刊行されていた雑誌

叢書

かつて刊行されていた叢書

「岩波ブックセンター」閉店と後継店

神保町にある岩波書店所有のビルには、岩波の書籍を主体とする書店「岩波ブックセンター」があったが、2016年に閉店した。その跡地には2018年4月、小田急グループ企業のUDS社が書店と共用オフィス(コワーキングスペース)などを組み合わせた施設「神保町ブックセンター with Iwanami Books」を開設した。

関連人物

メディア放送・掲載

備考

  • 夏目漱石に宛てて知人・門下生・読者から送られた絵葉書類312通が岩波書店に保管されていることが判明した。保管の詳しい経緯は不明。
  • 吉本隆明は、朝日新聞や岩波書店は、戦時中は戦争肯定の新書などを出していたのに、戦後、いつでも簡単に変われるといわんばかりにいとも簡単に変わったことを目にして、そういう戦後民主主義者や市民主義者とは思想的に一線を画する、こんなのと一緒にされちゃ困るとずっとやってきた、と述べている。
  • 平川祐弘は、戦後に岩波書店がイデオロギーの旗振りを行ったのは、「岩波茂雄の創業の精神に悖ると思う」と述べている。

岩波書店』に 関連する人気アイテム

モモ)

5つ星のうち 4.0まあ児童文学

(参考になった人 0/0 人)

灰色の男たちがだんだんとモモたちの生活に迫ってくるのはドキドキしたし
友達を失っていくモモの苦しみ、特にジジを想うが故に「一緒にいてくれ」という懇願を涙を流しながら拒絶するところはドラマとして最高だった
しかし人間たちの時間についての問題は、あくまで問題提起で終わっていて。作中での解決は児童文学的な物語に過ぎないからねぇ

作中ではニコニコハッピーエンドだけれど、現実には時間泥棒はいないわけで。時間貯蓄銀行をぶっ壊せ!な物理的解決なんかできないんですよね
しかし世界の現状は作中で書かれてるのとなんら変わらない。

この絶望
作中でいくらニコニコ良かったねされても、読んでるこっちとしてはやってらんねえよですよ

灰色の男たちは恐ろしい恐ろしいって書かれて、実際それなりに強大なわけですが
目に見える明らかな「敵」がいるという幸福がそこにはあるんですよね
現実は小説よりも恐ろしい

何十万年もの間、人間が狩猟と採集で生きていた時代は、一日のうち働くのは数時間だけだったといいます。 現在では、雨風や飢えに困ることもなく生活が便利になった代わりに、人生の大半を仕事に費やしています。 果たして豊かさとは何か、今読み返すとモモはそう問いかけているような気がしました。

この本は子供向けなのでしょうけど、これがどこまで子供に分かるだろうかと思ったりもしました。 内容が深いです。 またAI時代の今を見通したような驚くべき洞察力です。 私はこれを読んで良かったのですが、お勧めできるかどうかは迷います。 この本はまさに毒にも薬にもなる本なのです。

漫画 君たちはどう生きるか

コペル君のキャラはいいと思います。少年期にはこうして友達を守った、裏切ったということで悩んだりするものでしょうし、喧嘩するのかしないのかで悩むこともあるでしょう。
しかし、お守り役の叔父さんはなんなんだ・・・?
子供が「これから喧嘩に巻き込まれるかも・・・」となって、君が答えを出すんだ風のことをずっと言ってるが、あんた大人で時間余ってるんだから止めてやれよ(笑)

とにかく、日和見主義でなんもしてない叔父さんがなんでコペル君にあれこれ言ってるのかが分からない・・・。


しかし、この時代はこーいう感じだったんでしょう。
哲学、思想云々であれこれ考えてる人=立派、という時代だったのかな、という部分は伝わってきます。
今だと、
「自分が行動しろよ」
「子供助けてやれよ」
みたいな感じになってしまうので、この辺りはジェネレーションギャップというか、そこまで伝わるものは無かったかな。しかし、コペル君はいいので星三つとしました。

漫画と聞いて読み始めたので、突如小説(ノート)が出てきたときには驚きました。 漫画じゃないじゃん。 生き方の助言を書いた叔父のノートは、漫画化できなかったんでしょうね。 主人公のコペル君と一緒に疑似体験的にノートを読むことになります。 合計50ページほど。 びっくり。 「人間の悩みと、過ちと、偉大さについて」の章(ノート)には感化されました。 人間にとって、体の痛みが体の異常を知るために大事なように、心の痛みも異常を知るために大事だと。 ただ苦しんだり、悔いることは早めに止め、変える(治療)ために前に進みだすことを意識して心がけたい。

発売半年あまりで、超速200万部突破! 子ども、親、祖父母… すべての世代で一番読まれている本! 『世界一受けたい授業』『おはよう日本』『クローズアップ現代+』『サンデーモーニング』などで大反響! ! 「いまは亡き著者と、これをいま出版しようと考えた編集者と、 この本に正面からぶつかろうと思った漫画家に、カーテンコールのように拍手を続 人間としてあるべき姿を求め続ける コペル君とおじさんの物語。 出版後80年経った今も輝き続ける 歴史的名著が、初のマンガ化!

こころ

夏目漱石の「こころ」は、学生の頃から10回以上は読み返してきた本であり、家には様々な表紙の「こころ」が4〜5冊ぐらいあります。

Kindleで無料でダウンロードでき、いつでも読めるなんて本当に良い時代になりました。
この本は、読み進むにつれ、どんどん物語に引き込まれてしまうので、是非、1部までは読んでほしい。
嫌いな人は、おそらく1部で読むのを断念してしまうとは思いますが。

内容を簡単に言うと恋愛の絡んだ三角関係です。
しかしながら、登場人物の『こころ』が交錯するこの作品の本当のテーマはもっと深い所にあります。


様々な登場人物の『こころ』の葛藤や心情や感情がリアルで引き込まれていきます。
また、読み手の『こころ』によって大きく色を変える本だとも思います。
実際、何回も読みましたが、読む時期によって捉え方が異なりました。

読む時期によっては苦痛だったり、退屈だったりするかもしれませんが、それもまた読書です。

おそらく、あなたがこの本(漱石)と真剣に対峙するならば、この本は、あなたの教養、知性、品性、血肉となってくれる事でしょう。

私は、川端康成の「伊豆踊り子」で読書が好きになり、夏目漱石の「こころ」で読書が大好きになりました。
この本がなければ、本を読まない人生を歩んでいたかもしれません。

純文学だとか、教材で使われている本だとか、古い本だとか硬く考えずに読んでほしい一冊です。

本は手に取った(気になった)その時、その本を読むベストなタイミングだと私は思っています。

このレビューを読んで下さっているあなたが、どんな方で、今なぜこのレビューを読んでいるか存じ上げないのですが、レビューを読んでいる今この時こそ、この本を読む絶好のタイミングです。
幸いにして、Kindleは無料です。
是非、ダウンロードする事をお勧めします!

全ての日本国民に読んで欲しい一心で渾身のレビューを書いた為か長文になってしまいました。
長文でしたが、最後までレビューを読んでいただき、ありがとうございました。

5つ星のうち 3.0女性不信の文学?

(参考になった人 0/1 人)

こんなに有名なのに女の人でこの小説を好きだという人を聞いたことがない。それは女性不信を男に書かせてこの小説に勝る文学がないからだろう。

先生が死んだのはKに対する罪悪感などではなくて、奥さんが信じられなかったからではないか。先生からすれば親友Kを変えてしまい先生から引き離したのは奥さんだし、先生の胸中には「俺の求婚がすぐに認められたのは自分に財産があるからで、財産のないKが同じ事をしたら結局断られたんじゃないか。自分たちは天秤にかけられていて、あいつがKに近寄ったのは俺の孤独感を掻き立てて俺にKを裏切るよう仕向けたんじゃないか‥‥殉死でもすれば、とあいつが言ったのは本当は冗談でなくて、俺がもう用済みになったから‥‥」という疑惑があるような気もする。

もしそうだとしたら妄想もいいところだが、お金が人を餓鬼にするトラウマ体験にここまでこだわる先生のような人間ならそう考えてしまうのかもしれない。

事の次第を奥さんに最後まで伝えないのも信じられないからだし、すれ違いが多く、子供が生まれない(セックスレス?)のも単純に彼女という存在が一つ屋根の下に暮らしていて怖いからではないか。

読んで何か万人向けの教訓のある文学ではない。お金に関することで身内や恋人に手酷く裏切られた体験をもつ読者なら、たとえその経験が先生とKのどちらに近くても、この小説は痛いほど「わかる」のでは。

ともかく高校の教科書に載せるのは正気の沙汰ではない。

明治から大正への時代の変わり目を背景に書かれた作品で、平成が終わろうとする今こそ読んでおこうと、還暦を過ぎて初めて読んだ。タイトルが「こころ」だというのは最後まで読んでやっとわかった。人の心の中なんて実際には誰にもわかりゃしない。「先生」だって最後の長い長い手紙がなければわからなかったわけで、ましてKがどうして自殺したのかその胸の内はわからない。

解説で古井由吉が「陰惨」という言葉を使っているが、結局Kも「先生」も自殺してしまう暗い内容で、読んでいても楽しくない。それは二人が普段から真面目過ぎてユーモアがなく、気軽な馬鹿話をするような仲ではないからだろう。

「先生」は「私」に念を押す時「あなたは本当に真面目なんですか」とその覚悟を問うような人だ。それほどの人だからこそ明治が終わったとき明治の精神に殉じたのだろう。たぶん漱石自身が二人のような真面目過ぎる人間であり、「先生」のように殉じたかったのだろう。だから二人の生活や死を肯定的に描いている。漱石自身もこの作品を書いた2年後に病気で没している。

この作品は若いときには暗すぎて最後まで読めないかもしれないが、二人の純粋性は若いときでないと理解できないかもしれないし、太宰の「人間失格」だって暗いんだから、読む力のある人は読めばいい。

夏目漱石の「こころ」は、学生の頃から10回以上は読み返してきた本であり、家には様々な表紙の「こころ」が4〜5冊ぐらいあります。

Kindleで無料でダウンロードでき、いつでも読めるなんて本当に良い時代になりました。
この本は、読み進むにつれ、どんどん物語に引き込まれてしまうので、是非、1部までは読んでほしい。
嫌いな人は、おそらく1部で読むのを断念してしまうとは思いますが。

内容を簡単に言うと恋愛の絡んだ三角関係です。
しかしながら、登場人物の『こころ』が交錯するこの作品の本当のテーマはもっと深い所にあります。


様々な登場人物の『こころ』の葛藤や心情や感情がリアルで引き込まれていきます。
また、読み手の『こころ』によって大きく色を変える本だとも思います。
実際、何回も読みましたが、読む時期によって捉え方が異なりました。

読む時期によっては苦痛だったり、退屈だったりするかもしれませんが、それもまた読書です。

おそらく、あなたがこの本(漱石)と真剣に対峙するならば、この本は、あなたの教養、知性、品性、血肉となってくれる事でしょう。

私は、川端康成の「伊豆踊り子」で読書が好きになり、夏目漱石の「こころ」で読書が大好きになりました。
この本がなければ、本を読まない人生を歩んでいたかもしれません。

純文学だとか、教材で使われている本だとか、古い本だとか硬く考えずに読んでほしい一冊です。

本は手に取った(気になった)その時、その本を読むベストなタイミングだと私は思っています。

このレビューを読んで下さっているあなたが、どんな方で、今なぜこのレビューを読んでいるか存じ上げないのですが、レビューを読んでいる今この時こそ、この本を読む絶好のタイミングです。
幸いにして、Kindleは無料です。
是非、ダウンロードする事をお勧めします!

全ての日本国民に読んで欲しい一心で渾身のレビューを書いた為か長文になってしまいました。
長文でしたが、最後までレビューを読んでいただき、ありがとうございました。

5つ星のうち 3.0女性不信の文学?

(参考になった人 0/1 人)

こんなに有名なのに女の人でこの小説を好きだという人を聞いたことがない。それは女性不信を男に書かせてこの小説に勝る文学がないからだろう。

先生が死んだのはKに対する罪悪感などではなくて、奥さんが信じられなかったからではないか。先生からすれば親友Kを変えてしまい先生から引き離したのは奥さんだし、先生の胸中には「俺の求婚がすぐに認められたのは自分に財産があるからで、財産のないKが同じ事をしたら結局断られたんじゃないか。自分たちは天秤にかけられていて、あいつがKに近寄ったのは俺の孤独感を掻き立てて俺にKを裏切るよう仕向けたんじゃないか‥‥殉死でもすれば、とあいつが言ったのは本当は冗談でなくて、俺がもう用済みになったから‥‥」という疑惑があるような気もする。

もしそうだとしたら妄想もいいところだが、お金が人を餓鬼にするトラウマ体験にここまでこだわる先生のような人間ならそう考えてしまうのかもしれない。

事の次第を奥さんに最後まで伝えないのも信じられないからだし、すれ違いが多く、子供が生まれない(セックスレス?)のも単純に彼女という存在が一つ屋根の下に暮らしていて怖いからではないか。

読んで何か万人向けの教訓のある文学ではない。お金に関することで身内や恋人に手酷く裏切られた体験をもつ読者なら、たとえその経験が先生とKのどちらに近くても、この小説は痛いほど「わかる」のでは。

ともかく高校の教科書に載せるのは正気の沙汰ではない。

明治から大正への時代の変わり目を背景に書かれた作品で、平成が終わろうとする今こそ読んでおこうと、還暦を過ぎて初めて読んだ。タイトルが「こころ」だというのは最後まで読んでやっとわかった。人の心の中なんて実際には誰にもわかりゃしない。「先生」だって最後の長い長い手紙がなければわからなかったわけで、ましてKがどうして自殺したのかその胸の内はわからない。

解説で古井由吉が「陰惨」という言葉を使っているが、結局Kも「先生」も自殺してしまう暗い内容で、読んでいても楽しくない。それは二人が普段から真面目過ぎてユーモアがなく、気軽な馬鹿話をするような仲ではないからだろう。

「先生」は「私」に念を押す時「あなたは本当に真面目なんですか」とその覚悟を問うような人だ。それほどの人だからこそ明治が終わったとき明治の精神に殉じたのだろう。たぶん漱石自身が二人のような真面目過ぎる人間であり、「先生」のように殉じたかったのだろう。だから二人の生活や死を肯定的に描いている。漱石自身もこの作品を書いた2年後に病気で没している。

この作品は若いときには暗すぎて最後まで読めないかもしれないが、二人の純粋性は若いときでないと理解できないかもしれないし、太宰の「人間失格」だって暗いんだから、読む力のある人は読めばいい。

岩波書店』の解説 by はてなキーワード

株式会社岩波書店は、東京都千代田区一ツ橋に本社をおく、出版社

岩波文庫巻末の岩波茂雄の「読書子に寄す」は名文。さまざまな哲学などの名著を出しており、日本人の教育に一役買っている。

また、雑誌『世界』などにより、戦後民主主義思想の展開の中で強い影響力を持った。しかし、最近では「戦後民主主義的」なるものの地盤沈下に伴って地位が低下しており、一部から「ステレオタイプ左翼思想」の象徴として槍玉に挙げられることも多い。


リスト::出版社

岩波書店』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.