岩波文庫のまとめ情報

岩波文庫』の解説

岩波文庫(いわなみぶんこ)は、株式会社岩波書店が発行する文庫本レーベル。1927年昭和2年)7月10日に、ドイツレクラム文庫を模範とし、書物を安価に流通させ、より多くの人々が手軽に学術的な著作を読めるようになることを目的として創刊された日本初の文庫本のシリーズ。最初の刊行作品は『新訓万葉集』などであった。

概要

岩波文庫は、国内外の古典的価値を持つ文学作品や学術書などを幅広く収めている。1991年(平成3年)に活字を大きくしたワイド版(B6判)を創刊(2015年3月刊で休止)。概ね評価が定着した作品を収録する。該当しない書目は、岩波現代文庫(2000年(平成12年) - )に収録されている(旧版は、岩波同時代ライブラリー(1990年(平成2年) - 1998年(平成10年))。

文庫巻末に掲載されている「岩波1927」は、当時の教養・啓蒙主義のもと、知識を一般民衆に普及させるために刊行したという旨とともに、ドイツレクラム文庫を模範とした事などが書かれている。起草者は三木清で、当時の社長だった岩波茂雄の名で発表された。

当初は、カバーではなく、色帯をつけたパラフィン紙のみで本体を包み、色別で分野を明示していた。1960年代頃から他社の文庫はカバー導入を行ったが、岩波文庫でのカバー導入は遅く、カバー付文庫版の初登場は1982年(昭和57年)10月であった。1987年(昭和62年)7月の新刊からは全てにカバーをかけ、背表紙の帯色で分野明示となった。1990年(平成2年)からは復刊にもカバーを付けている。

フランス装の雰囲気を出すために製本工程において天部(本の上部)を化粧裁ちしていない。

古くからの読者には馴染みが深いが、定価は金額ではなく星印(★)で示しており、★1つ○円などと、星の数で値段を計算していた(1927年(昭和2年)の創刊当初は★1つで20銭であった)。値上げの際には、1973年(昭和48年)に★1つあたりの値段を70円に値上げするまでは、★単価の改訂で告知していた。しかし、1975年(昭和50年)の定価改定時に、☆マークを導入し、★の在庫品に関しては当時の★1つ70円という旧価格で販売し、新刊・重版時に☆マークに切り替え、☆1つ100円とした。さらに、1979年(昭和54年)からは、★マークを50円として設定しなおし、100円の☆マークと併用して50円刻みの価格設定を行った。この方式は1989年(平成元年)の消費税導入時に総額表示が行われるまで続いた。

岩波文庫には原則として絶版はなく(翻訳が新しくなったときなどには古いものは絶版にすることがある)、品切れがあるのみで、1982年(昭和57年)から定期的(かつては春と秋、現在は春)に、リクエストの多い過去の刊行物の復刊を行っている。重版も毎月3〜4冊と、数十冊の一斉重版も年に1〜2度している。

分類

カバーの背表紙下側(かつては帯)の色によって大きく5つのジャンルに分けられている。1974年(昭和49年)までは、下位分類は刊行順を基礎とするものであったが、1974年(昭和49年)から著者番号によって小さなジャンルに分けられる方式を採用した。しかし、当初は移行期ということで、帯の背には旧来の刊行順の番号を付けていた。全面的に著者番号を導入したのは1976年(昭和51年)からであり、帯にも著者別番号を記載することになった。

また、本体には、1974年(昭和49年)までは通算した星の数が、番号として記載されていた(定価を改訂して星の数が増えたときは、aを追加していた)が、1974年(昭和49年)の新刊・重版からは著者番号に統一された。これは6ケタの数字で構成されるのが基本で、『黄1-1』の『古事記』ならば、〈30-001-1〉のように記載される。

小さなジャンルでは著者番号が原則99人分しか確保されていないことになるが、既に満席となった赤帯500番台のフランス文学や青帯100番台の近代日本思想などでは、著者番号の前に「N」を付けることで著者数が拡張されている。

この他、解説総目録や文学案内などの別冊(35)がある。

ISBNコード使い回し問題

岩波文庫のISBNコードは、上記の著者別分類番号の6ケタをそのまま転用しているものが基本だが、古典文学の注釈者や外国作品の翻訳者が異なるもの(つまり、同一の校訂者や翻訳者による改訂・改訳の領域を超えているもの)であっても、岩波文庫では同じ著者別番号を使用するとともに、ISBNコードを使い回すことがあった。

たとえば、佐佐木信綱 編の新訂『新訓 万葉集』上巻のISBN‐10は「ISBN 4-00-300051-X」である。新日本古典文学大系を文庫版にした佐竹昭広山田英雄工藤力男大谷雅夫山崎福之『万葉集(一)』のISBN‐13は「ISBN 978-4-00-300051-9」である。ISBN‐10の「ISBN 4-00-300051-X」をISBN‐13に変換すると「ISBN 978-4-00-300051-9」になるので、ISBNコードは同じものを使っているということになる。両者とも『黄5-1』という分類番号が与えられ、表紙には『30-005-1』と横書きで、背表紙には『黄五-一』と縦書きで表示されている。

そこで、大学図書館の検索システムなどでは、国立情報学研究所が付与したNII書誌IDNCID)(これは非常に粒度が細かい番号付けを行っている)を用いて、前者の新訂『新訓 万葉集』上巻にはを、前者の新訂『新訓 万葉集』上巻〈特装版〉にはを、後者の『万葉集(一)』にはを、(新訂ではない)改訂再版『新訓 萬葉集』にはを割り当てるなどして区別している。

ISBNコードはその書物のユニーク性を維持する目的で定められているものなので、このようにISBNコードを使い回すような運用は本来、行ってはならないルールになっている。

インターネット上の古書市場において、商品の識別にISBNコードに由来する値を用いているシステムを運用していると、それまでの旧版と、全く訳注者が異なる新版とが、同一の番号にひも付けされ、両者を区別して登録することができなくなる。出品者・購入希望者共に留意が必要である。公共図書館の蔵書検索システムや店頭書店の在庫管理システムでISBNコードのみを用いた場合も同様の結果となるので、著者名・校注者名・翻訳者名などもあわせて確認する必要がある。

なお、『万葉集』に関しては、第2巻には『黄5-2』と著者別分類は旧のものを維持しながらも、ISBNコードは〈ISBN 978-4-00-300055-7〉という、いままでの刊本にはなかった番号があたえられ、第3巻以降と『原本 万葉集』は新しい番号となっている。

また、2016年から以後の改版や、古典作品の新版では、(森鴎外の『青年』や泉鏡花の『歌行燈』、野間宏の『真空地帯』の改版の際や、『源氏物語』の新版など)には、いずれも著者別分類は同じであっても新しいISBNコードを付与している。

『紫禁城の黄昏』抄訳問題

1989年(平成元年)2月に出版された岩波文庫版(入江曜子春名徹訳)は、原書の全26章中、第1章から第10章・第16章と序章の一部(全分量の約半分)が省かれている。訳者あとがきでは、「原著は本文二十五章のほか、序章、終章、注を含む大冊であるが、本訳書では主観的な色彩の強い前史的部分である第一〜十章と第十六章『王政復古派の希望と夢』を省き、また序章の一部を省略した」と述べている。

岩波文庫版で省略された章には、当時の中国人が共和制を望んでおらず清朝を認めていたこと、満州が清朝の故郷であること、帝位を追われた皇帝(溥儀)が日本を頼り日本が助けたこと、皇帝が満州国皇帝になるのは自然なこと、などの内容が書かれている。

旧版『危機の二十年』誤訳問題

岩波文庫版の旧版訳書は、多数の誤訳や不適切な訳文が指摘された。以後は「在庫なし」の状況となり、入手は困難だったが、2011年(平成23年)11月に新訳書が出版された。

『フランス革命の省察』翻訳問題

岩波文庫版では騎士道を「任侠」と訳するなどの問題が指摘されている。中川八洋は、著書『保守主義の哲学』において、この翻訳について「悪意を感じる」と発言している。

『きけ わだつみのこえ』改変問題

1994年(平成6年)4月23日のわだつみ会総会で、副理事長の高橋武智が理事長に就任し、第4次わだつみ会が発足する。第4次わだつみ会は1995年(平成7年)に岩波文庫から『新版「きけ わだつみのこえ」』を出版したが、遺族や関係者から、「誤りが多い」、「遺族所有の原本を確認していない」、「遺稿が歪められている」、「遺稿に無い文が付け加えられている」、「訂正を申し入れたのに増刷でも反映されなかった」といった批判を浴びることとなる。1998年(平成10年)、遺族は中村克郎中村猛夫西原若菜が発起人となって、第4次わだつみ会とは全く別に「わだつみ遺族の会」を結成。うち中村克郎と西原若菜が遺族代表として、わだつみ会と岩波書店に対して「勝手に原文を改変し、著作権を侵害した」として新版の出版差し止めと精神的苦痛に対する慰謝料を求める訴訟を起こす。原告が提出した原本と新版第一刷の対照データをもとに岩波書店が修正した第8刷を1999年(平成11年)11月に出版し提出した結果、翌12月、原告は「要求のほとんどが認められた」として訴えを取り下げた

『さまよえる湖』誤解説問題

科学者でもない翻訳者福田宏年の誤った解説を、何ら検証することなく掲載し、読者に重大な誤解を与えた。

岩波文庫』に 関連する人気アイテム

君たちはどう生きるか

4回フルで読み返し、好きな場面は数え切れないほど読みました。語り出すと止まらないくらい、素晴らしい本です。以下、長くてすみません。

巻末「作品について」で吉野源三郎が語っている通り、この作品は軍国主義が台頭し言論の自由が弾圧される中、作家山本有三が
「少年少女に訴える余地はまだ残っているし、せめてこの人々だけは、時勢の悪い影響から守りたい」
という、崇高な思いで構想し、病に倒れた彼に代わり、吉野源三郎がしたためたものにあたるそうです。

恐怖が世相を覆い尽くす時代にありながら、なんと気高く温かい志でしょうか。


この作品が今また脚光を浴びているのも、この本を手に取った大人達が、どうか子ども達だけは、悪意や偏見、時代の闇に毒されることなく育って欲しいという、山本有三と同じ思いを胸に抱えていたからではないでしょうか。
そして、どんなに時代が混迷しようと、ぶれずに変わらない、人として大切なこととは何なのだろうか、という疑問もあったからではないでしょうか。

そんな思いにこの作品はしっかりと応え、読む人にたくさんの示唆を与えてくれます。

・人間は分子のよう。そんなコペル君の感想から広がる、天動説、地動説を含めた物を見る視点。
・立派な人とはどんな人だろう。北見君や浦川君の行動に心が動かされたのは何故だろう。
・人間分子の関係、網目の法則から考える、本当に人間らしい関係とは。
「人間が人間同志、お互いに、好意をつくし、それを喜びとしているほど美しいことは、ほかにありはしない。そして、それが本当に人間らしい人間関係だと、ーコペル君、君はそう思わないかしら。」
・浦川君という素敵な友達に教えられた、貧しいということとは、生産するということとは。そしてまた考える、立派な人とは。
・かつ子さんとナポレオン。人類の進歩に真に尽くした人とはどんな人か。
・雪の日の出来事で考えさせられた、人間の過ちと良心について。
・水仙の芽とガンダーラの仏像から学ぶ、様々な民族と色とりどりの美しい文化、延びてゆかずにいられないもの。

10代の子ども達にぜひ考え、自分なりの答えをそれぞれの人生で見つけていってほしいことが山盛りですが、「子どもに読んで欲しい」で終わらせず、大人達もこれをしっかりと読み、子ども達と共に自分たちはどう生きるべきかを考えねばならないと思います。

もうとっくに10代を終えた私としても、立派な人間とはどんな人間なのだろうか、人類の進歩に尽くすために我々に何ができるのだろうか、今からでも、せめて少しでも世の中の役に立つ人間でありたい、と心を新たにする思いでした。

コペル君の最終章でのおじさんへの言葉は、最後まで読み進めてきた読者にひとつの答えを与えてくれます。
そうだね、コペル君、それこそが生きる上で大切なことだよねと思わせます。清々しい気持ちにしてくれるコペル君の成長と頼もしい言葉に、希望を感じたまま本を閉じることができます。

時代を超えて人間として真に大切なことを問いかけてくれる、高い志を持って描かれた素晴らしい作品でした。

最後に、語らずにいられないポイント。

・優しい語り口に癒される。「どんなに愉快でしたろう」など、子ども達への温かい視点が感じられて、ほっこり。漫画版も面白そうですが、この筆者の思い伝わる文体あってこその本作だと思うので、絶対に原作を読むべし。
・コペル君の早慶戦実況モノマネのクオリティが高過ぎる。ていうか、中学生が早慶戦実況の真似で遊ぶ時点でレベルが高過ぎる。
・コペル君は母子家庭にも関わらず手紙を出しに行かせる女中さんがいるのに驚かされる。やはりコペル君も相当の上流階級なのだな
・浦川君がホント大好き。どの登場シーンを取っても心の美しさが満ち溢れていて、読むたび涙が止まらない。自分を散々馬鹿にしてくる山口を殴る北見君を一生懸命制止し、父不在の不安を抱えながら病気の店員さんに代わって文句ひとつ言わず家業を手伝い続け、北見君が狙われたら僕たちも一緒に殴られようと提案するなど、真の勇気と強さを持っているのは、皆に蔑まれる浦川君であるところに感銘を受けずにいられない。そんな浦川君を馬鹿にした奴らは恥を知るべし。
「北見君、いいんだよ。そんなにしないでも、いいんだよ。ね、後生だ、もう、ゆるしてやっておくれよ」
があまりにも 美しい。
・ちっちゃいけれど勇敢で頑固一徹な北見君のまっすぐさが実に爽やか。雪合戦のシーンはもちろん、「だって、いいつけ口になるじゃないか。いやだあ、そんなこと」が大好き。
・水谷君はとんでもないセレブかつイケメンなのに全くそれを鼻にかける様子がなく、母親が友達付き合いを勧める嫌味なセレブ級友にも一切関心を持たず、コペル君達をとても大切な友達として扱うところがナイスガイ。
・コペル君のお母さんの美しい言葉遣いと、「潤一さん」呼びが好き。失意に沈むコペル君を問いただすことなく、編物をしながら(ここも既に素敵)自分の昔語りをしてそれとなく励ますところも素敵。
・コペル君のおじさんが教育者として実に理想的。コペル君に世界のありようを深い教養と共にガイドし、悩んでいればただそばに新聞を読みながら寄り添い、道を踏み外せば厳しく叱り、亡きお父さんに代わり正しく導こうとしている様子が素敵。
・丸山眞男の解説で、かつ子さんを生意気な小娘呼ばわりするのはどうもいただけない。

本書はコペル君という青年が、学校生活や友人関係で起こる様々な出来ごとを通して、叔父さん(スターウォーズのヨーダのようなメンター)に導かれながら成長する物語です。特に印象に残ったシーンは、コペル君が友人と交わした約束を裏切ってしまい(意図的ではない)、裏切ってしまった罪悪感と自己嫌悪、後悔などのネガティブな感情が湧き出て現実逃避しているシーンです。
私も中学の頃、友人と喧嘩やイザコザで険悪な関係に陥ってしまった時は、学校に行くことが嫌で嫌で仕方なかった記憶があります。「風邪ひかないかなぁ」、「明日にならなくていいのに」、「隕石が降ってきて学校が崩壊しないかなぁ」など様々なネガティブな感情が沸いてきて、少年だった僕は夜遅くまで寝つくことができませんでした。

その時の僕は、今思うと険悪になった友人と正面から真摯に向き合う勇気がなかったと改めて思います。10代の時の私は、頭の中では「良い事・悪い事」、「正しい事・間違っている事」を十分に理解していた場合でも、いざ当事者になると最適で的確な行動ができず自己嫌悪に陥てしまったことを思い出しました。
大人になるにつれ、忘れてしまった道徳的な大切な事を改めて再認識できます。特に、毎日が仕事漬けで、少年だったころの事を忘れてしまった社会人の方に息抜きとしてお勧めの本です。

動く列車の中でも読み易いように新聞も字体を大きくしたり、電子媒体では自分の好きな大きさに拡大できる時代。 それになれた後ではとにかく小さい字が最初は気になる。 まあ、それも含めて古典を読むのだと思えば問題無いか。 修身、道徳がなし崩しの今どきの子供たちには必須かも。 特に都心部で受験校進学で自身のコミュニティの構成員の全体像を見る機会を自ら捨てた人たちには。 それは年齢に依らないか。 自分以外の世界に思いを巡らす力の劣化が昨今の日本の劣化なのだろうから。 中国の小皇帝を笑えない時代だ。

こころ

夏目漱石の「こころ」は、学生の頃から10回以上は読み返してきた本であり、家には様々な表紙の「こころ」が4〜5冊ぐらいあります。

Kindleで無料でダウンロードでき、いつでも読めるなんて本当に良い時代になりました。
この本は、読み進むにつれ、どんどん物語に引き込まれてしまうので、是非、1部までは読んでほしい。
嫌いな人は、おそらく1部で読むのを断念してしまうとは思いますが。

内容を簡単に言うと恋愛の絡んだ三角関係です。
しかしながら、登場人物の『こころ』が交錯するこの作品の本当のテーマはもっと深い所にあります。


様々な登場人物の『こころ』の葛藤や心情や感情がリアルで引き込まれていきます。
また、読み手の『こころ』によって大きく色を変える本だとも思います。
実際、何回も読みましたが、読む時期によって捉え方が異なりました。

読む時期によっては苦痛だったり、退屈だったりするかもしれませんが、それもまた読書です。

おそらく、あなたがこの本(漱石)と真剣に対峙するならば、この本は、あなたの教養、知性、品性、血肉となってくれる事でしょう。

私は、川端康成の「伊豆踊り子」で読書が好きになり、夏目漱石の「こころ」で読書が大好きになりました。
この本がなければ、本を読まない人生を歩んでいたかもしれません。

純文学だとか、教材で使われている本だとか、古い本だとか硬く考えずに読んでほしい一冊です。

本は手に取った(気になった)その時、その本を読むベストなタイミングだと私は思っています。

このレビューを読んで下さっているあなたが、どんな方で、今なぜこのレビューを読んでいるか存じ上げないのですが、レビューを読んでいる今この時こそ、この本を読む絶好のタイミングです。
幸いにして、Kindleは無料です。
是非、ダウンロードする事をお勧めします!

全ての日本国民に読んで欲しい一心で渾身のレビューを書いた為か長文になってしまいました。
長文でしたが、最後までレビューを読んでいただき、ありがとうございました。

5つ星のうち 3.0女性不信の文学?

(参考になった人 0/1 人)

こんなに有名なのに女の人でこの小説を好きだという人を聞いたことがない。それは女性不信を男に書かせてこの小説に勝る文学がないからだろう。

先生が死んだのはKに対する罪悪感などではなくて、奥さんが信じられなかったからではないか。先生からすれば親友Kを変えてしまい先生から引き離したのは奥さんだし、先生の胸中には「俺の求婚がすぐに認められたのは自分に財産があるからで、財産のないKが同じ事をしたら結局断られたんじゃないか。自分たちは天秤にかけられていて、あいつがKに近寄ったのは俺の孤独感を掻き立てて俺にKを裏切るよう仕向けたんじゃないか‥‥殉死でもすれば、とあいつが言ったのは本当は冗談でなくて、俺がもう用済みになったから‥‥」という疑惑があるような気もする。

もしそうだとしたら妄想もいいところだが、お金が人を餓鬼にするトラウマ体験にここまでこだわる先生のような人間ならそう考えてしまうのかもしれない。

事の次第を奥さんに最後まで伝えないのも信じられないからだし、すれ違いが多く、子供が生まれない(セックスレス?)のも単純に彼女という存在が一つ屋根の下に暮らしていて怖いからではないか。

読んで何か万人向けの教訓のある文学ではない。お金に関することで身内や恋人に手酷く裏切られた体験をもつ読者なら、たとえその経験が先生とKのどちらに近くても、この小説は痛いほど「わかる」のでは。

ともかく高校の教科書に載せるのは正気の沙汰ではない。

明治から大正への時代の変わり目を背景に書かれた作品で、平成が終わろうとする今こそ読んでおこうと、還暦を過ぎて初めて読んだ。タイトルが「こころ」だというのは最後まで読んでやっとわかった。人の心の中なんて実際には誰にもわかりゃしない。「先生」だって最後の長い長い手紙がなければわからなかったわけで、ましてKがどうして自殺したのかその胸の内はわからない。

解説で古井由吉が「陰惨」という言葉を使っているが、結局Kも「先生」も自殺してしまう暗い内容で、読んでいても楽しくない。それは二人が普段から真面目過ぎてユーモアがなく、気軽な馬鹿話をするような仲ではないからだろう。

「先生」は「私」に念を押す時「あなたは本当に真面目なんですか」とその覚悟を問うような人だ。それほどの人だからこそ明治が終わったとき明治の精神に殉じたのだろう。たぶん漱石自身が二人のような真面目過ぎる人間であり、「先生」のように殉じたかったのだろう。だから二人の生活や死を肯定的に描いている。漱石自身もこの作品を書いた2年後に病気で没している。

この作品は若いときには暗すぎて最後まで読めないかもしれないが、二人の純粋性は若いときでないと理解できないかもしれないし、太宰の「人間失格」だって暗いんだから、読む力のある人は読めばいい。

モモ)

5つ星のうち 4.0まあ児童文学

(参考になった人 0/0 人)

灰色の男たちがだんだんとモモたちの生活に迫ってくるのはドキドキしたし
友達を失っていくモモの苦しみ、特にジジを想うが故に「一緒にいてくれ」という懇願を涙を流しながら拒絶するところはドラマとして最高だった
しかし人間たちの時間についての問題は、あくまで問題提起で終わっていて。作中での解決は児童文学的な物語に過ぎないからねぇ

作中ではニコニコハッピーエンドだけれど、現実には時間泥棒はいないわけで。時間貯蓄銀行をぶっ壊せ!な物理的解決なんかできないんですよね
しかし世界の現状は作中で書かれてるのとなんら変わらない。

この絶望
作中でいくらニコニコ良かったねされても、読んでるこっちとしてはやってらんねえよですよ

灰色の男たちは恐ろしい恐ろしいって書かれて、実際それなりに強大なわけですが
目に見える明らかな「敵」がいるという幸福がそこにはあるんですよね
現実は小説よりも恐ろしい

何十万年もの間、人間が狩猟と採集で生きていた時代は、一日のうち働くのは数時間だけだったといいます。 現在では、雨風や飢えに困ることもなく生活が便利になった代わりに、人生の大半を仕事に費やしています。 果たして豊かさとは何か、今読み返すとモモはそう問いかけているような気がしました。

この本は子供向けなのでしょうけど、これがどこまで子供に分かるだろうかと思ったりもしました。 内容が深いです。 またAI時代の今を見通したような驚くべき洞察力です。 私はこれを読んで良かったのですが、お勧めできるかどうかは迷います。 この本はまさに毒にも薬にもなる本なのです。

モモ

5つ星のうち 4.0まあ児童文学

(参考になった人 0/0 人)

灰色の男たちがだんだんとモモたちの生活に迫ってくるのはドキドキしたし
友達を失っていくモモの苦しみ、特にジジを想うが故に「一緒にいてくれ」という懇願を涙を流しながら拒絶するところはドラマとして最高だった
しかし人間たちの時間についての問題は、あくまで問題提起で終わっていて。作中での解決は児童文学的な物語に過ぎないからねぇ

作中ではニコニコハッピーエンドだけれど、現実には時間泥棒はいないわけで。時間貯蓄銀行をぶっ壊せ!な物理的解決なんかできないんですよね
しかし世界の現状は作中で書かれてるのとなんら変わらない。

この絶望
作中でいくらニコニコ良かったねされても、読んでるこっちとしてはやってらんねえよですよ

灰色の男たちは恐ろしい恐ろしいって書かれて、実際それなりに強大なわけですが
目に見える明らかな「敵」がいるという幸福がそこにはあるんですよね
現実は小説よりも恐ろしい

何十万年もの間、人間が狩猟と採集で生きていた時代は、一日のうち働くのは数時間だけだったといいます。 現在では、雨風や飢えに困ることもなく生活が便利になった代わりに、人生の大半を仕事に費やしています。 果たして豊かさとは何か、今読み返すとモモはそう問いかけているような気がしました。

5つ星のうち 5.0大人向けの本。

(参考になった人 0/0 人)

中学生のときに読みましたが、当時はあまりピンときませんでした。 不惑をすぎて、また読んでみようかな?とふと思って読んだところ… 大人になって読んだほうが感動しました。 早くしなさい!と子供に言ってたのを反省(^_^;) 共働きでバタバタしてるわたしには耳が痛い言葉も多かったです。

岩波文庫』の解説 by はてなキーワード

岩波書店が出している文庫本シリーズのひとつ。

1927年(昭和2年)創刊。

岩波文庫』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.