尖端出版のまとめ情報

尖端出版』の解説

尖端出版(せんたんしゅっぱん)は、台湾桃園市に本社を置く出版社、城邦文化事業股份有限公司(所在地:台湾台北市 代表取締役社長:何飛鵬)に所属するブランドの一つである。1982年創業。代表者は黄鍈隆CEO)。

「尖端」の名は、日本語の「先端」の意味。

概要

創業時は模型を中心とするホビー系・ミリタリー系の情報誌を刊行。1987年に台湾初のゲーム雑誌『電視遊楽雑誌』を創刊。1991年、台湾が世界貿易機関(WTO)加盟の条件を整えるために著作権法を抜本改正したことを受けて小学館より「うる星やつら」(高橋留美子)のライセンスを取得し、正体字中文版を刊行する。

また、日本で刊行されているコンピュータゲームの攻略本のローカライズだけでなく、独自の編集部を持つゲーム雑誌も刊行。ポケモンカードゲームガンダムウォーなどのトレーディングカードゲームのローカライズも行っている。

ライトノベルは「浮文字」レーベルでさまざまなのタイトルを刊行している他、講談社『ファウスト』の正体字中文版を刊行している。また、2007年に入りソフトバンククリエイティブと優先契約を締結し、GA文庫のタイトルがラインナップに追加されている。

雑誌

漫画雑誌

小説

浮文字

浮文字」(Fúwénzì) は尖端出版が2006年1月に刊行を開始したライトノベルレーベル。日本の新人小説家の「爆発力」と「想像力」を備えた新文体を台湾に紹介する。同年2月には、日本の文芸雑誌『ファウスト』(台湾では「浮士德」(Fúshìdé)と書かれる)の翻訳版である『浮文誌』(Fúwénzhì)の刊行も開始された。

最初こそ日本のいわゆるファウスト系作家の作品の翻訳出版が多かったが、当初から冲方丁など『ファウスト』とは関連のない作家の作品も刊行されており、後にはさまざまな日本のライトノベル作品を刊行するようになった。創刊当初の2ヶ月で刊行されたのは、冲方丁、清涼院流水西尾維新佐藤友哉森岡浩之の作品である。

戯言シリーズ鏡家サーガシリーズ、“文学少女”シリーズ狂乱家族日記シリーズなどが刊行されている。

作家リスト

その他の小説レーベル

逆思流(Mystery & Crime)
奇炫館(Science Fiction & Fantasy)
嬉文化(Fiction & Literature)
MoonBleu小説
  • BL小説

尖端出版』に 関連する人気アイテム

ゲノム編集からはじまる新世界 超先端バイオ技術がヒトとビジネスを変える

小林氏は最近のジェニファー・ダウドナの著書「クリスパー・究極の遺伝子編集技術の発見」発刊以降に顕著な遺伝子編集技術に対する一般読者のエキセントリック、断定的とも思える反応に対する警鐘の意味で急遽この著書を出したのではないだろうか。小林氏の前作「DNAのメス・クリスパーの衝撃」を読んだ時にも思ったことだが氏の問題提起の鋭さと論理展開の巧みさに改めて感心する。特に当著書ではGMO(遺伝子組み換え生物)を例にした遺伝子組み換え技術とクリスパーなど遺伝子編集技術の相違点がわかり易く解説されている。また、遺伝子編集技術の生命倫理を議論するうえで最大の問題となるであろう精子、卵子などの生殖系列組織でのゲノム編集に関しても世界の最新の研究状況や成果を詳しく紹介することで読者の冷静な判断を呼びかけている。

この著書を読めば容姿、知的能力、身体能力の向上・強化を目的とするゲノム編集はすでに確定されている遺伝子病のように単一遺伝子に原因するものではなく様々な遺伝子の複雑な相互作用によるもので標的とするゲノム配列を特定すること自体や編集効果を確定することが非常に困難であることもよく解る。私はそのような編集がすぐに実現するとも思えないしたとえ実現したとしても成功するとも思えない。言葉に出すのははばかられるが我々が現実として認めざるを得ない近似した遺伝子プール内での自然生殖のほうが遺伝子編集より効果的なのではとも思う。ただし、どちらも潜性遺伝子の発現による様々なリスクの増大や多くの事例で明らかなように統合失調症リスクアレル(対立遺伝子)群が高次脳機能の向上に貢献しているという現実(何とかと天才は紙一重と言うが、幸いにもそうではなかったが私がもしそのような異常な高次脳機能を持っていたとしたら自分や子供が同じような脳機能を持った相手と婚姻し子孫を残すことには少なからぬリスクを覚えるだろう。)も考えると脳機能だけでなく他の機能強化のための人為的な試みが生存にとって(DNAの複製にとって)有利だとはとても思えない。DNAの柔軟さと力強さを認識するべきだろう。また、DNAの選別が社会を階級化するという見方も単純過ぎると思う。階級化が労働の固定化とその支配を目的とするならば現在すでに始まっているAIを活用した労働のロボット化をどう評価すべきなのだろうか。わざわざ遺伝子編集によって人の階級化を実現するメリットはあるのだろうか。19世紀的階級観で遺伝子編集を過大評価するのは無理がある。ということで私は生殖系組織での遺伝子編集に関しては倫理面を含めてその将来を心配はしていない。今や羊水検査などの出産前検査が普通に行われ例えば21番染色体の変異に起因することが確定しているダウン症発生変異が見つかった場合のほとんどが中絶処置をしている悲惨な現実などを考えれば生殖系組織でのゲノム編集の研究・実験や臨床治験をやたらと規制・禁止すべきではないと思う。それにしても数年前のノーベル賞の受賞時にあれほど「夢の技術」と称賛されたIPS細胞技術の医療面での展開はどうなっているのだろうか。当著書でもわずかに述べられている(それも遺伝子組み換え技術同様の将来の進歩での悲観的な視点で)だけだし最近は一般メディアでも遺伝子編集技術や免疫機能回復や増強でのミューズ細胞の記事はよく見かけるがIPS細胞の記事はほとんど見かけることはない。山中教授もNHKなどメディアには頻繁に出ているが最近は自身の開発したIPS細胞技術の将来や遺伝子編集技術について語ることはほとんどないようだ。

これ以前にいくつかのゲノム編集について読んでいるが、ゲノム編集の危機感、将来像はどれを見ても同じような書き方である。一部、アメリカにいて最新の情報を掴んだ人もいるが、これもゲノム編集の今後についてどう考えるかの道しるべの1つになるもののような気がする。2011年にクリスパー・キャス9が世の中に御目見して以来、今は世界各国の主だった会社が、特許権を争っている最中なのに実用化を目指して使い始めている。まさに、これまでSFの世界だったような事が現実の世界になろうとしている。微生物から人に至るまで、あらゆる生物で成功例が出てきている。

ただ、確率的にまだ100%とはいかないようで、人への応用はもう少し先かな?と思える状況になってきた。善悪説で善に使われれば、問題ないが、悪に使われると過去の悪い例、例えば原子爆弾のような世界を想像してしまう。いくら規制を引いても発想がある限り、悪はつきものだと思う。科学者は、善人とは限らない。

5つ星のうち 4.0先端分野の攻防

(参考になった人 2/2 人)

比較的近々の情報が盛り込まれており大変参考になった。 特に食糧関連の3章、医療関連の4章は混沌とする状況を簡潔にまとめられていて関心した。

〈香り〉はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療

5つ星のうち 4.0香りはすごい

(参考になった人 5/5 人)

アロマに興味がある方なら読んでみて損はないはず。 香りは思っていたよりずっと万能でした。 文章はちょっと小難しいですが砕けすぎても説得力がないのでこれくらいがちょうどいい読みやすさだと思います。 ☆4。 疲れている時、眠れない時、果ては肥満で悩んでいる時や血管が詰まっている時など「こんな症状にも効くの!?」と驚くくらい用途別におすすめのアロマが紹介されています。 たいていの症状なら網羅しているのでこれ一冊あればこんな時はどんな香りがいいんだろうと悩まなくて済みますね。 なんだかアロマディフューザーが欲しくなる一冊でした。 アロマセラピーの入門書としてはおすすめ。

日本におけるアロマセラピーは、民間療法の域を超えない印象がありますが、 先端医療の分野でその効能が証明され、医療現場で活用され始めていることを、 専門家が科学的根拠に基づきながら、分かりやすく解説されている本です。 香りが人体に影響を及ぼすメカニズム、疾患別の精油成分の効能など、 よりセラピーの効果を高める上で、参考になる情報が沢山ありました。 これからもっと色んな効能が科学的に証明されていくのでしょうが、 そうした情報にアンテナをはる上で、良い入門書になったと思います。

メディカルアロマを習い一通りの基礎を学んだ上で読むと、よりわかりやすく、また学んだ内容が深まります。 興味のある分野なのですぐ読めましたが、内容が薄いというわけでは決してありません。 アロマテラピーへの関心が薄れた時にまた読むと、面白さを思い出せます。

ゲノム編集からはじまる新世界 超先端バイオ技術がヒトとビジネスを変える

小林氏は最近のジェニファー・ダウドナの著書「クリスパー・究極の遺伝子編集技術の発見」発刊以降に顕著な遺伝子編集技術に対する一般読者のエキセントリック、断定的とも思える反応に対する警鐘の意味で急遽この著書を出したのではないだろうか。小林氏の前作「DNAのメス・クリスパーの衝撃」を読んだ時にも思ったことだが氏の問題提起の鋭さと論理展開の巧みさに改めて感心する。特に当著書ではGMO(遺伝子組み換え生物)を例にした遺伝子組み換え技術とクリスパーなど遺伝子編集技術の相違点がわかり易く解説されている。また、遺伝子編集技術の生命倫理を議論するうえで最大の問題となるであろう精子、卵子などの生殖系列組織でのゲノム編集に関しても世界の最新の研究状況や成果を詳しく紹介することで読者の冷静な判断を呼びかけている。

この著書を読めば容姿、知的能力、身体能力の向上・強化を目的とするゲノム編集はすでに確定されている遺伝子病のように単一遺伝子に原因するものではなく様々な遺伝子の複雑な相互作用によるもので標的とするゲノム配列を特定すること自体や編集効果を確定することが非常に困難であることもよく解る。私はそのような編集がすぐに実現するとも思えないしたとえ実現したとしても成功するとも思えない。言葉に出すのははばかられるが我々が現実として認めざるを得ない近似した遺伝子プール内での自然生殖のほうが遺伝子編集より効果的なのではとも思う。ただし、どちらも潜性遺伝子の発現による様々なリスクの増大や多くの事例で明らかなように統合失調症リスクアレル(対立遺伝子)群が高次脳機能の向上に貢献しているという現実(何とかと天才は紙一重と言うが、幸いにもそうではなかったが私がもしそのような異常な高次脳機能を持っていたとしたら自分や子供が同じような脳機能を持った相手と婚姻し子孫を残すことには少なからぬリスクを覚えるだろう。)も考えると脳機能だけでなく他の機能強化のための人為的な試みが生存にとって(DNAの複製にとって)有利だとはとても思えない。DNAの柔軟さと力強さを認識するべきだろう。また、DNAの選別が社会を階級化するという見方も単純過ぎると思う。階級化が労働の固定化とその支配を目的とするならば現在すでに始まっているAIを活用した労働のロボット化をどう評価すべきなのだろうか。わざわざ遺伝子編集によって人の階級化を実現するメリットはあるのだろうか。19世紀的階級観で遺伝子編集を過大評価するのは無理がある。ということで私は生殖系組織での遺伝子編集に関しては倫理面を含めてその将来を心配はしていない。今や羊水検査などの出産前検査が普通に行われ例えば21番染色体の変異に起因することが確定しているダウン症発生変異が見つかった場合のほとんどが中絶処置をしている悲惨な現実などを考えれば生殖系組織でのゲノム編集の研究・実験や臨床治験をやたらと規制・禁止すべきではないと思う。それにしても数年前のノーベル賞の受賞時にあれほど「夢の技術」と称賛されたIPS細胞技術の医療面での展開はどうなっているのだろうか。当著書でもわずかに述べられている(それも遺伝子組み換え技術同様の将来の進歩での悲観的な視点で)だけだし最近は一般メディアでも遺伝子編集技術や免疫機能回復や増強でのミューズ細胞の記事はよく見かけるがIPS細胞の記事はほとんど見かけることはない。山中教授もNHKなどメディアには頻繁に出ているが最近は自身の開発したIPS細胞技術の将来や遺伝子編集技術について語ることはほとんどないようだ。

これ以前にいくつかのゲノム編集について読んでいるが、ゲノム編集の危機感、将来像はどれを見ても同じような書き方である。一部、アメリカにいて最新の情報を掴んだ人もいるが、これもゲノム編集の今後についてどう考えるかの道しるべの1つになるもののような気がする。2011年にクリスパー・キャス9が世の中に御目見して以来、今は世界各国の主だった会社が、特許権を争っている最中なのに実用化を目指して使い始めている。まさに、これまでSFの世界だったような事が現実の世界になろうとしている。微生物から人に至るまで、あらゆる生物で成功例が出てきている。

ただ、確率的にまだ100%とはいかないようで、人への応用はもう少し先かな?と思える状況になってきた。善悪説で善に使われれば、問題ないが、悪に使われると過去の悪い例、例えば原子爆弾のような世界を想像してしまう。いくら規制を引いても発想がある限り、悪はつきものだと思う。科学者は、善人とは限らない。

5つ星のうち 4.0先端分野の攻防

(参考になった人 2/2 人)

比較的近々の情報が盛り込まれており大変参考になった。 特に食糧関連の3章、医療関連の4章は混沌とする状況を簡潔にまとめられていて関心した。

SDGsの基礎

5つ星のうち 5.0SDGsの基礎学ぶ

(参考になった人 0/0 人)

少し前からSDGs(持続可能な開発目標)に関して、耳にするようになり、
社内でも現業との関わりや今後の展開との関わりとでつなげていこうという話題になりました。
しかしながら、17ゴール169ターゲットと分野も広く、何をどうしていくか、というところでは
まだまだ「実施している」、「実施していこう」という現実味とは離れている状況です。

「まだまだ勉強が足りていない」というのもあるかと思いますが、
情報が圧倒的に不足しており、
書店でもいろいろ探してみましたが、今回、amazonでこの書籍を見つけ購入いたしました。



以前、とあるセミナーにて購入した書籍で採択の背景等の理解はしているつもりでしたが、
国や民間企業などそれぞれの役割について本書籍では展開されており、復習にもなりました。
また国連大学(SDGsが国連での採択なので)の方をはじめSDGsの最前線でお仕事されている方の執筆のようで、勉強になりました。

私どもも含め中小企業がどこまで取り組めるか、が世界的にはポイントになろうと思っているので、
伊藤園のような大企業の事例もありがたいですが、他の中小・零細企業がどこまで取り組んでいるか、また
同じような課題が出た際にどのように解決したか、または解決に向けてどう動いているか、というところは今後の話にはなるかと思いますが、ぜひそのような事例を近いうちにまた書籍にしてもらえるといいな、と思いました。

また当書籍の発行が事業構想大学院大学とあり、なかなか興味深い名前で、
そちらについても何かSDGsと関わりが深いところなのか、気になるところです。

本書の最大の特徴は、企業として、いかにSDGsに取り組むか?という視点で、同分野の国連等の会議に出席している有識者、研究者、政策担当者、実務家が執筆しているところである。 SDGsと名がつく書籍は一通り手にとってみたが、恐らく、企業活動の実践に活かすという意味では、現時点で最も参考になる書籍だ。 ところで、私は、SDGsの担当者に指名されて、具体的な組織としての行動計画案を立てているときに、本書にであった。 本書を読めば、SDGsの成り立ち、国連、国の動きを簡潔かつ大局的に理解できる。 新聞報道などでは、どうしても局所的にならざるを得ないところ、すぐに役立った。

地球温暖化や環境汚染などの現象や今後について、これまで色々な人が解説してきた。 が、どのように生活すべきか、生きるべきか、のいくつもの道を教えてくれるのが、SDGs(この本)のようです。 空気や海を汚すな!ではなく、どう楽しく生きるべきか?を気づかせてくれます。 産業の活性化、高度成長、裕福な生活のためには、多少の犠牲は、目をつぶる。 といった日本人気質(モラル)では、地球人として、生き延びることは、できないようです。 新しい、日本という国が、SDGsではじまるといいです。 「論調」ではなく、もっと興味深く、引き込んでくれる本を探してみます。

ゴルフ 次のラウンドで確実に100を切る裏技

ゴルフを始めてウン年。 文字通り100の大壁に立ち塞がれてスコアは100-110の間を行ったり来たり。 そんな自分がこの本に出会ってから3ラウンド目、遂に100切りを達成。 中井プロの明快なスコアメーク論は非常に得るものが多かった。 タイトルには「100を切る裏技」とあるが、その内容は極めてシンプルなものばかりで、決して奇をてらったものではない。 これから90、80とスコアアップを目指す上でもそのベースになるものだと感じた。 特に、150Yを確実に運ぶぶっつけショット、アプローチショット、バンカーショットについては読了後に明らかなスキルアップを実感。 全てのゴルファーにおすすめの一冊。

5つ星のうち 5.0一番の100切り本

(参考になった人 3/3 人)

色んな雑誌やレッスン本を読んでいますが、100切り本としては今までで一番の出来です。 また、他の中井プロの本も多数読んでいますが、記載内容がそれらと重複しておらず、丁寧に執筆されています。 内容はシンプルですが、手段として有効な事が厳選して書かれており、ゴルフがシンプルにしてくれます。 100を瞬間的に切る方法というより、安定して100を出せる考え方が詰まっています。 そこそこのレベルの方でも参考になるのではないでしょうか。

この本を購入し、ラウンドしてまいりました。 本に書かれたことを思い出しながら、100切りだけに徹底するのは難しかったです。 理由は自分の見栄。 しかし、いくつかのホールで本に書かれたことを実践できて、スコアはいつもよりも良く、安定していたので、この本のお蔭だと思いました。 もう少し、熟読して次回以降でも頑張ろうと思いました。

尖端出版』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.