小室圭のまとめ情報

小室圭』に 関連する人気アイテム

不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち

5つ星のうち 3.0娘の参考書

(参考になった人 3/5 人)

思春期に入りたての娘が、上のお兄ちゃんと下の妹に挟まれていることに悩んでほしがりました。読みやすく小6の娘は1日で一気によんで、至極納得の様子でした。私も読ませてきた抱きました。基本的には、一般的に言われる兄弟ポジションによる性格付けを、かみ砕いたり、少し詳しく説明したりする感じで、新しい視点があるわけではありません。また、血液型や3世代同居などで「第2子、第3子でも長男的性格がある程度出る場合がある」とするなど、少し星占い的な、どのケースも当てはまるような文章がちりばめられている感じで微笑ましいです・・・。

ただ、こうした兄弟性格に5歳くらいまでの環境が大きく影響して、その影響は生涯にわたり影響していく(そのまま受け入れるだけでなく、変わる努力の末変わることも含めて)という所は納得でした。

現在脳科学を始めとして、人間の性格形成に何が影響し、何が影響しないのかの調査が進んでいます。 そんな中で、期待して読んでみたものの、まったくエビデンス(根拠)は書いてありません。 一部の有名人が例として挙げられてますが、当たり前の話ですが、自分の話に都合のよい人を、チョイスしただけのことで、お話にもなりません。 まったく非科学的なトンデモ本です。 読むだけ無駄でした。 いまだに血液型性格判断や、動物占いを信じているいい大人が沢山いるのが日本の実情。 教育から見直すしか、ないのかしらねぇ。

長子、中間子、末子についての読み物だけれど、大人達が「そうだ!そうだ!」と興味をもって談笑する姿を、嫌な気持ちで眺める子ども達。 そんな家族風景が脳裏をよぎった。 この本はそうした副作用をもたらすのだと思う。 筆者は臨床家ではないので、そうした批判をするのはお門違いだろうけれど、専門家にとってもこの本を語るのではなく、家族理解の一助として読むには参考になっていいと思った。

“生まれ順”でまるわかり 中間子ってこんな性格。

中間子(男)です。 なんとなく当たっていると感じる内容です。 ただ、特徴をたくさん並べているのですが、どうしてそういう特徴なのか?みたいなことは書かれていません。 あとは完全女性目線の本になります。 性別関係ない部分がほとんどですが、相性などは女性側しか書かれていません。 当たっているのですが、内容と価格を考えると「う~~ん」と言いたいところ。 中間子とか分けずに全生まれ順併せてこの価格ぐらいが適正と思います。

このシリーズ、イラスト付きで読みやすく、端的にズバリとその特性を表してくれていて、いろんな人と交流する私には、本当にありがたいです。 しかし、こんなに政治家や実業家に中間子が多いなんて知らなかった・・ 次回、中間子の方とお仕事するときに、使わせていただきます!!

5つ星のうち 4.0読みやすい

(参考になった人 1/1 人)

どちらかというと、中間子の"女性"について書かれた本 恋愛観だったり、相性に関してはほぼ女性目線だったり、女性特有の考え方にまとめられているように感じました。 それとも中間子が女性的なんですかね? とりあえず読みやすく中間子を攻略するにはちょうど良い一冊です。

眞子さま佳子さま プリンセスの新たな旅立ち

皇室関係の本は何冊か持っていますが、眞子さま佳子さまのお二人の ご公務が載っていて、とても興味深かったです。 眞子さまがブータンを訪問された時の写真や着物姿の写真もあって とても日本人らしい美しさを感じました。 佳子さまの伊勢神宮ご参拝の写真もとっても美しく絵になるカットです。 とても気に入りました。

“生まれ順”でまるわかり 末っ子ってこんな性格。

5つ星のうち 1.0残念ながら

(参考になった人 0/2 人)

生まれ順と性格の関係は心理学をはじめとした科学の中ではことごとく否定されているんですよねー。 残念!

5つ星のうち 5.0おもしろい!

(参考になった人 1/1 人)

まるで自分のことを言われているようで、読んでいてとても面白かったです。

小室圭』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.