寒のまとめ情報

』の解説

(かん)とは、の上で寒さが最も厳しいとされる期間のこと。寒中(かんちゅう)、寒の内(かんのうち)ともいう。

二十四節気小寒の日から立春の前日(節分)までの約30日間で、大寒の日がほぼ中間となる。小寒の日を寒の入り、立春の日を寒明けという。

寒中見舞いが出され、後半(大寒の日以降)には寒稽古が行われる。

』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.