大寒のまとめ情報

大寒』の解説

大寒(だいかん)は、二十四節気の第24。十二月中(通常旧暦12月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が300のときで1月20日ごろ。ではそれが起こるだが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/12(約30.44日)後で1月20日ごろである。

期間としての意味もあり、1月20日~2月3日まで、すなわちこの日から、次の節気の立春前日までである。

西洋占星術では、大寒を宝瓶宮みずがめ座)の始まりとする。

季節

寒さが最も厳しくなるころ。『暦便覧』では「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と説明している。実際は1月26日あたりから2月4日あたりまでが最も寒い

小寒 - 立春前日)の中日で、一年で最も寒い時期である。武道ではこのころ寒稽古が行われる。

大寒の朝の水は1年間腐らないとされており容器などにいれ納戸に保管する家庭が多い。

日付

1801年から2052年までは1月20日1月21日のいずれか。2017年からしばらく1月20日が続く。2053年からは1月19日が現れる(2020年、2053年が日の境界に近いため、不確かさが残る)。

七十二候

大寒の期間の七十二候は以下の通り。

初候
款冬華(ふきのはな さく) : の薹(ふきのとう)が蕾を出す(日本)
鶏始乳(にわとり はじめて にゅうす) : が卵を産み始める(中国)
次候
水沢腹堅(さわみず こおりつめる) : 沢に氷が厚く張りつめる(日本)
鷙鳥厲疾(しちょう れいしつす) : などが空高く速く飛び始める(中国)厲は
末候
鶏始乳(にわとり はじめて とやにつく) : が卵を産み始める(日本)
水沢腹堅(すいたく あつく かたし) : 沢に氷が厚く張りつめる(中国)

前後の節気

小寒大寒立春

大寒』の解説 by はてなキーワード

二十四節気 : 小寒→大寒→立春

二十四節気の一つ。旧暦十二月(師走)の中気。

寒さが最も厳しくなる頃。毎年1月20〜21日頃。

天文学的には、天球上の黄経300度の点を太陽が通過する瞬間。黄道十二宮では宝瓶宮(みずがめ座)の0度。

「寒中」の真ん中で、一年で最も寒い時期。武道ではこの頃寒稽古が行われる。

大寒と敵(かたき)のごとく對ひけり 富安風生

大寒』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.