大学生協のまとめ情報

大学生協』の解説

大学生協(だいがくせいきょう)とは、職域による消費生活協同組合(生活協同組合)の一種で、主に学校(大学短期大学高等専門学校専修学校専門学校)、他に一部の大学共同利用機関と学術研究を担う独立行政法人も)の学生教職員を組合員とするものである。また、北海道など周辺に店舗の少ない地域などでは、大学周辺の住民を組合員とできると定款で規定する大学生協もある。多くは、全国大学生活協同組合連合会に加盟する。大学生協連加盟生協では愛称として「ユニブコープ」(univ.co-op) が用いられている。

歴史的には、1898年明治31年)、同志社大学の教授であった安部磯雄らにより、教職員及び学生の共同購買組織として学生消費組合が結成されたのが最初である(同志社生活協同組合参照)。

運営

通常の生協と同じように、組合員(大学生協ならば、学部生、院生、留学生、大学教職員、大学職員、生協職員)の出資により運営される。出資金は入学時など加入の際に納入し、卒業時など脱退の際に返還される。剰余金が発生した場合の組合員への還元等は、他の生協と同様である。

運営は、組合員から委託された生協の職員が各店舗で行い、運営に関する決定権は組合員にある。組合員の意見から方針が立案され、理事や監査の選出と合わせて、年度毎に開かれる「総会」もしくは「総代会」により決定される。理事は学生、大学教職員、生協職員で構成されることが多い。

昨今、各大学生協ごとの運営努力だけでは今まで以上の商品・サービス提供が難しくなってきたため、地域ごとに全国七つの事業連合が組織されている。事業連合は、商品企画・仕入れ、物流業務、経理決算業務、広告広報物作成、生協職員研修等の業務を「業務委託契約」にもとづき実施している。

事業連合は、各大学生協の共同出資と役員派遣により成立しており、独自の事務局を置く例が多い。しかし、北海道事業連合のように、総務・経理等の事務機能を単位生協(北海道大学生活協同組合)と事実上統合した例もある。

また旅行業務や共済業務は、全国大学生協連が全国を管轄している。

各生協の経営は独立している。しかし、各単位生協間での人事交流(専務理事就任含みの職員の異動も含む)があること(著名例は「生協の白石さん」こと白石昌則が、著書内で活躍していた東京農工大学生協からインターカレッジコープに異動している)、また、大学生協連や事業連合の経営支援を受けている単位生協が存在することなどから、大学生協連や事業連合との間に従属関係があると見られることもある。小規模単位生協の独立経営は困難であり(破綻した生協もある)生協の精神である「連帯」によって経営が成り立っていることもある。

設置状況

現在、多くの国公立大学私立大学に設立されている。

組合員による自発的な組織とされているため、学生数の多い大学や、自治活動の盛んな大学、売店以外の総合的な営業が望まれている大学に、学生や教職員の要望を基に設立されることが多い。国立大学では教職員・教授会の発言力が強く、私立大学のように理事会が無いため、大学生協の設置は順調に進んだ。しかし、自発的な組織であるが故に、キリスト教や仏教系の大学や、自治活動に消極的な大学では、学生や教職員の要望があっても生協の設立が大学当局により認められない場合も多い(大学当局に生活協同組合の設立認可の権限があるわけではないが、大学構内へ店舗を出店しようとするときには、大学当局が認めなければ出店できないため、事実上の拒否権がある。)。

最近は、生協や購買部の代わりにコンビニエンスストアを設置する大学も多い。

全国大学生協連非加盟の店舗

以下は、全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)に加盟しない店舗を置く大学の一例である。

全国大学生協連に加盟していない青山学院(青山学院購買会)、國學院大學(國學院大學生活協同組合)、拓殖大学(拓殖大学購買会)、中央大学(中央大学生活協同組合)などは、私立の17大学1専門学校で組織する「私立学校厚生事業連絡会」に加盟している。ただし、中央大学生活協同組合は東京都生活協同組合連合会にも加盟。

大学以外の施設の大学生協

一方、以下の施設は大学ではないが、全国大学生協連に加盟する大学生協を置く。

インターカレッジコープ

生協が組織されていない学校に通学・通勤する者のうち、特定の都府県内に学校があるか、または居住する者を対象とした地域型の大学生協「インターカレッジコープ」も組織されている。

  • みやぎインターカレッジコープ
  • 東京インターカレッジコープ
  • 生活協同組合インターカレッジコープ愛知
  • 大阪インターカレッジコープ
  • 福岡インターカレッジコープ
  • 熊本インターカレッジコープ アカデミア

特徴

独占禁止法第23条第5項の適用除外(いわゆる「除外の除外」)規定により再販売価格維持契約を遵守する義務を負わないため、各生協の経営判断により、書籍雑誌CDなどを市販価格(定価)の1割引程度の価格で組合員に対して提供している所が多い。文房具なども市価より安く提供している所が多い。ただし、民間などによる運営でも、生協と同じく商品の値引きを行う場合がある。

大学生協』に 関連する人気アイテム

絶対内定2019――自己分析とキャリアデザインの描き方

著者が定義するデキる奴とは人付き合いがうまく、友人が多くて、スポーツが得意で、お勉強ができて、見た目も優れていて、趣味は多彩で、恋人もいて、異性からモテて・・・
こういう人間に「なるべきだ」ということがこれでもかというほどにつづられています。
実に一面的な価値観です。人には個々にいろいろな人生があります。それは20ちょっとの若者とてそうなのです。
著者が説明するような性格や性質を備えた人物が、優れているとか魅力的だとかまして正しいとは私は思わないです。
息苦しくなる本だなと思います。



著者があるべきだと主張するような風に生きてこなかった人もたくさんいると思います。
そしてその人が劣っているとか間違っているとかそんなこともないです。
純粋な若者がこのような本に感化されたらどうなるか。周りに対しそんな価値観を押し付けて見下したり、序列をつけたり、それこそ嫌な奴に成り下がります。
またはこの著者が提示するような価値観を内在させてしまい「自分はなんてダメなのだ」と自分を追い込んでしまう人すらいることと思います。

なお、どこか宗教や自己啓発本の常套手段的な論法が用いられている感は否めないです。『7つの習慣』にもこの本と似たような話が載っていました。アメリカ通な筆者なら大いにこれらの方法手段は意識してかあるいは無意識にせよ参考にはしたはずです。もっと言えば研究していたかもしれません。
純粋で若く、情報不足、かつ精神的に弱っている読者を信者とするのなら効果てきめんの内容かと思います。

いい本だとは思いません。
こんな本の狭い狭い価値観に毒された人々や社会って嫌だなと思います。

_
社会に出てからもう折り返しの年齢になりますが、
たまに買いなおして初心を思い返しています。

初版当時は「面接の達人」とかのテクニック本が幅を利かせていた時なので
今では当たり前のES,自己分析という言葉がなかった時代にインパクトがありました。

膨大な時間がかかるので当時から否定的な人はいましたが
今でも自己分析、特にトラウマ克服のような認知療法的なプログラムは先駆的で
ちょっと就活に懐疑的な人にも向いていると思います。



最近の心理、脳科学研究の「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」をはじめとする
ケリー・マクゴニガル の著作、論文に載っているようなことが二十年以上前に提唱されていたことが驚きです。

世の中の認識や自分への認識を、書くことによって自覚化し、いったんはそれらを受け止め
あらためて自分の価値を自覚することで
他者や世の中の関係に自分がどう関わってくるを意識して行動に結びつけていく(我究)最良のメソッドだと今でも感じ入ります。

何万、何十万もするセミナーや自己啓発情報商材に手を出すくらいなら虚心坦懐にこのシートを何度も書きあげたほうが
人生のプラスになる、とお勧めいたします。

こんなに考え過ぎたらだめですよ。
22歳位では純粋に考え過ぎて、理想と現実の距離感がつかめなくなると思います。
下手すると、絶望したりして動けなくなってしまいます。
特にトラウマ抱えてる人は、ここまで掘り下げて自己分析したら、
やられてしまいます。

就職活動は、ただただ、説明会に行って、OG・OB訪問して、情報収集して、
かるく自己分析するだけで十分なんです。
だって、自分の本当の夢や何のために生きているか、なんて、
考えたって、分からないんだから。


こんな知恵の環に引っかかってたら、動けなくなりますよ。

何もでてこないのなら、動きながら(ここ大事です)考えをまとめていくしか方法はないです。
絶対に机の上で、頭の中でこねくりまわして産みだそうとしない方が良いです。

とにかく、就活は動くことだけが80%を占めると言い切ってよいと思います。
もしこの本を使うのであれば、20%位を影響されれば十分ですよ。
モチベーションとか影響とか、喝を得るだけの目的と限定するなら、とっても面白い本です。

とにかく、鵜呑みにすることは絶対に避けて欲しい本です。
どうぞ気を付けてください。

生協の白石さん

5つ星のうち 3.0息抜きのひとつの形

(参考になった人 0/0 人)

生協の一言カードに学生が書いたコメントとそれに対する白石さんという担当職員の方の回答のやりとり。 特に深い意味があるものは無いが、学生の側、白石さんの側双方にとって、息抜きとなる良いコミュニケーションの形だったのだろう。 この本のケースはたまたま掲示板という公開される形であったが、知っていても話すことのない人との文字でのコミュニケーションという意味で、昔の文通、交換日記、今でいうとこのSNSなどに近いものがあり、人が存在する限り、需要は存在し続けるのだろう。

こんな本もあって、いいんだよね。 塵も積もれば山となる という言葉があるが、 要望及び質問に対して、真正面に向き合い、誠実に答える。 そのことで、さらにユニークな質問がくる。 要は、質問力がポイントで、 それを、白石さんが、サラリと回答をする。 生協でできることとできないことをはっきりさせて、 誠実な返事が、何とも言えない雰囲気をかもし出す。 なんか、温かいのだね。 人のぬくもりがある。

5つ星のうち 4.0遅ればせながら読んだ

(参考になった人 0/0 人)

シュールな文体に笑わせてもらった。 こういう文章書ける人ってホント才能あると感心する。 「生協」ってところの意外性が受けたんだろうな。 これが「農協」だったらこれほど売れなかった気がする。

最新情報版 大学生が狙われる50の危険

5つ星のうち 5.0子供に入学祝いに

(参考になった人 1/1 人)

子供が大学に合格したので、お祝いがてらプレゼント。 大学生になるといろんな危険な罠がたくあんあるので、 巻き込まれないように、春休み読んでおくように渡しました。

大学生協』の解説 by はてなキーワード

組合員の声

  • 生協理念にもとづき、大学生協の運営には組合員の声を大事にしている。
  • ひとことカード」「声カード」などと呼ばれる意見用紙を用いて、生協に意見を伝え、また、回答を得ることができる。時には、日々の雑談などが繰り広げられることもある。

→参考:がんばれ、生協の白石さん! http://shiraishi.seesaa.net/

大学生協』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.