場合のまとめ情報

場合』に 関連する人気アイテム

このまま死んでる場合じゃない! がん生存率0%から「治ったわけ」「治せるわけ」

ステージ4で緩和ケア的な標準治療(化学療法のみもしくは同時化学放射線療法
=根治を目指す治療ではない)しかないと言われた
本人やその家族の方には是非一度読んでもらいたいです。
絶望から救われるヒントがたくさん書いてあります。
ただ、読んだだけでは治らないので
本人や家族が積極的に主治医に別の治療法を提案するために勉強したり、
主治医が耳を傾けてくれなければ(ガイドラインだとか標準治療を強調する医師には期待できないですが)
セカンドオピニオンで「根治を目指す治療」をしてくれる医師探しをするなど行動する必要があります。


ここが一番大事かもしれません。
大きなガン専門病院や大学病院ほど、手腕のいい医師がいて治る見込みがあっても
標準治療以外の治療法をやらない(できない)のが現在の日本の医療システムのようですので
医師と病院探しは情報収集力・労力・判断力も必要になると思いますが。
どなたかがレビューで書いてらっしゃるようなお金持ちだけができる治療法を書いた本ではありません。
重粒子線治療は医療保険に先進医療特約をつけていれば自己負担はないですし、
どのガンにも重粒子線治療が必須だと書いてあるわけでもありません。
もちろん、保険の効かない高額の遺伝子療法、免疫療法、温熱療法など
いわゆる民間療法を薦めている本でもありません。

実際、身近な人がステージ4bで何もしなければあと半年、
治らないけどできることは標準治療しかないと言われ
絶望していた時にこの本に出会い希望と勇気を持って行動し、
セカンドオピニオンをして標準治療とは別の手順での治療法を提案され
100%治るとは言えないが根治を目指した治療をしましょうというという返答をもらうことができました。
この本を読んでいたことと専門用語(NAC,CCRT,BOMPなど)を勉強したので
その治療法(重粒子線治療の予定はなし)に納得し転院する段階まで来ることができました。
転院先でもし根治しなくても、あきらめて言いなりの中途半端な標準治療をするよりはずっとマシです。
後悔しないと思います。本人もこの本を読み、同じ考えです。
セカンドオピニオンに否定的な医師もいると思いますが勇気を出して行動して欲しいです。
くじけそうな時、この本を読み返すとまた勇気と希望がわいてきます。

ガン治療に携わる者として拝読致しましたが、わかりやすく、かつ簡潔にガン治療のことが書かれており、患者さんに是非勧めたい一冊だと思いました。
特に医師側の思い込みや固定観念、誤情報の伝達などは、実際よく聞く話であり、患者さんを困惑させていることは確かです。ネット情報もまた然り。。。
ちなみにこの本のレビューにも「免疫療法、温熱療法などは自費である・・・」といった内容のものがありましたが、温熱療法に関しては1990年から保険適応になっていますので、個人の負担はさほどかかりません。ただし、病院によっては自費しか扱わないところもありますが、それはその病院の方針であり、国の方針ではありません。ご参考までに。

癌が再発し、主治医が示した方針がどれも一長一短があり、迷いに迷っていた時、この本に出会いました。 この本に出てくる大阪の動注塞栓術の病院にすぐ自分で連絡をし、紹介状等を揃えて予約を入れました。 主治医はいい顔をしませんでしたが、自分の命。 後悔をしないために大阪に通っています。 今のところ、治療効果にも満足しています。 この本に出会えて、本当に良かったと思っています。 本には、主治医を変えるとありましたが、それより自分が動く方が早い!!

離婚してもいいですか? 翔子の場合

夢中になって読みました。連載開始当初、編集部の方に「水を打ったように反応がありません」と報告されたそうです。
リアルタイムで読んだ方の気持ちが解ります。この静かだけどボディーを重い拳でズドン、みたいな内容。回復時間が必要w

夫は合コンでの様子やお姉さんの話から考えると、絶望的に想像力のない人。
本人は頑張ってるつもり。頑張る人を思いやってるつもり(その結果、よその家で家事)
でも目に見えない、見せてない人の頑張りには気づかず最初からないものだと思い込む(翔子が楽していると決めつけ、本人的には正義の鉄槌のつもりで客観的にはただのモラハラ)

翔子は同じように想像力のない父親を持ち(その結果、家出した翔子を理由も聞かず母親失格と罵り、返り討ちに)
「こういう人にはご機嫌取りするしかない」と刷り込まれていた。

悲しいかな母と同じ轍を踏む。

でも翔子は今まで溜まった自分や周囲に対する不満を火薬に変えて戦い始めます。天晴れ。

娘のターンも描いてあるのはいいなと思いました。
母が父を嫌ってるのに着目しているところが子供らしい。
父よりかは母にたっぷり依存している立場ならではの視点だし、
親は完璧人間じゃないこと、親がベストを尽くしてこの結果であることを理解するのはずっと先でしょう。

完璧に見える家庭も大小何か抱えている。良い家庭にするには意見の開示と擦り合わせが必須。
それが解る作品の1つだと思います。

あと、翔子の父と夫は想像力のなさと気づかない鈍感さがあるだけの平凡な人でしたが、
翔子の仕事仲間のDV元夫のような危険人物なら離婚一択です!

5つ星のうち 5.0とてもリアル!

(参考になった人 0/0 人)

(ネタバレも含みます)

翔子がんばれ!って、ずっと応援しながら読みました。とても現実的なお話だと思いました。
こんなこというとこれから結婚する方々は希望を失うかもしれませんが、実際、愛って結婚して数年しかもたないものですよね(笑)私自身もそうでしたし周りにもいるのでそう感じています。夫婦間にもう愛は無いけれど子供のために仮面夫婦をしている家族は多いのではないでしょうか。(本書にもあるように、仮面夫婦でもはたから見たら幸せで素敵な家族に見えるんものなんですよね・・・)とにかく内容がリアルだし、登場人物の心理描写が上手な作品です。

離婚を考えている方々にはもう一度考えるきっかけを与えたり、やっぱり決行しようと思ったり、結婚前にも心掛けとして読んでおくのにも良さそうな良書だと思います。

経済的自立できている女性が離婚して困るのは子供の面倒を一人で見なくてはならないことですが、この本ではそれができなくて離婚を留まっていました。
主人公のように、夫に愛は無くても子育てのパートナーとして夫と暮らしていくのも1つの手でしょう。
じいちゃんばあちゃんを頼る、自分のきょうだいにときどき協力してもらう、離婚後の元夫にもときどき見てもらう、などが主人公にもできたら離婚できたのにね。

5つ星のうち 4.05年後がつらい

(参考になった人 2/2 人)

エッセイではないから、こんな家庭もあるかなとフィクションとして面白く読みました。 が、最後の「5年後」がとてつもなく辛かったです。 花ちゃん視点で語られていますが、我が子にこんな思いを絶対にさせたくありません。 クラスの約半分の生徒の親が離婚していて、自分の家族が大丈夫かを心配しながら生活する小学生なんて、悲し過ぎて、この本が一体何を訴えたいのか全く分かりませんでした。

合格る確率+場合の数

5つ星のうち 4.0素晴らしい

(参考になった人 3/5 人)

神ですよ
ハッ確を先にやって後にこちらをやりました。ハッ確は確かに人を選びます。言葉遣いとか。ですが確率を勉強するに当たって一番大事なことを学べました。僕個人はハッ確の方が好きです。あの本のおかけで確率は得意分野にできました。確率においては全てを区別する、区別しない人は軽蔑に値すると、心から思うようになりました。
ですがこちらも負けず劣らず神です。レベル別になっているのが本当に良いですね。確率は短期間に全系統の問題を経験するのが一番効率良く成績を上げるコツだと思います。この本はきっとその助けとなってくれます。


また、思考を放棄して全てを先生や参考書に教えてもらおうという考え方は唾棄すべきです。本番では解法を教えてくれる先生も本もないのです。自分で考えなければいけません。
遠回りのように見えて、自分で考えに考え抜いて問題を解くというのが数学力を上げる一番の近道です。分からない問題でも解説に手を伸ばすのをもう少し待って、あと5分だけ考えてみましょう。ある日、急に世界が変わります。そこからはもう数学が楽しくなりますよ。ソースは俺。
なんにせよこの本はとても良いです。夏に二週くらいすれば夏明けの模試での手応えを保証してくれます。

5つ星のうち 5.0正確な捉え方を学べる

(参考になった人 17/18 人)

場合の数、確率をそれぞれどのような視点で解き進めるべきかを図や記号を用いてすごくわかりやすく書いてあります。 途中数三の内容もありますがほぼ数ⅠA2Bの範囲についての問題ですので文理問わず全員にオススメです。 実際、この本を進めていくと本当の理解を自分ができていることに気付かされ力がついている実感も湧きます。 この本は確率が苦手な人から得意だが武器になるまで仕上げたいという人まで全員が対象だと思います。

私は色々な参考書をやってきたつもりですが、確率に関して言えば、これだけで十分です。 基本、大学受験における、何をやればいいか分からない時に白チャートをおすすめしてますが、この参考書は、一つ一つ丁寧にやればできるようになっているので、結構得意になると思います。

離婚してもいいですか? 翔子の場合

夢中になって読みました。連載開始当初、編集部の方に「水を打ったように反応がありません」と報告されたそうです。
リアルタイムで読んだ方の気持ちが解ります。この静かだけどボディーを重い拳でズドン、みたいな内容。回復時間が必要w

夫は合コンでの様子やお姉さんの話から考えると、絶望的に想像力のない人。
本人は頑張ってるつもり。頑張る人を思いやってるつもり(その結果、よその家で家事)
でも目に見えない、見せてない人の頑張りには気づかず最初からないものだと思い込む(翔子が楽していると決めつけ、本人的には正義の鉄槌のつもりで客観的にはただのモラハラ)

翔子は同じように想像力のない父親を持ち(その結果、家出した翔子を理由も聞かず母親失格と罵り、返り討ちに)
「こういう人にはご機嫌取りするしかない」と刷り込まれていた。

悲しいかな母と同じ轍を踏む。

でも翔子は今まで溜まった自分や周囲に対する不満を火薬に変えて戦い始めます。天晴れ。

娘のターンも描いてあるのはいいなと思いました。
母が父を嫌ってるのに着目しているところが子供らしい。
父よりかは母にたっぷり依存している立場ならではの視点だし、
親は完璧人間じゃないこと、親がベストを尽くしてこの結果であることを理解するのはずっと先でしょう。

完璧に見える家庭も大小何か抱えている。良い家庭にするには意見の開示と擦り合わせが必須。
それが解る作品の1つだと思います。

あと、翔子の父と夫は想像力のなさと気づかない鈍感さがあるだけの平凡な人でしたが、
翔子の仕事仲間のDV元夫のような危険人物なら離婚一択です!

5つ星のうち 5.0とてもリアル!

(参考になった人 0/0 人)

(ネタバレも含みます)

翔子がんばれ!って、ずっと応援しながら読みました。とても現実的なお話だと思いました。
こんなこというとこれから結婚する方々は希望を失うかもしれませんが、実際、愛って結婚して数年しかもたないものですよね(笑)私自身もそうでしたし周りにもいるのでそう感じています。夫婦間にもう愛は無いけれど子供のために仮面夫婦をしている家族は多いのではないでしょうか。(本書にもあるように、仮面夫婦でもはたから見たら幸せで素敵な家族に見えるんものなんですよね・・・)とにかく内容がリアルだし、登場人物の心理描写が上手な作品です。

離婚を考えている方々にはもう一度考えるきっかけを与えたり、やっぱり決行しようと思ったり、結婚前にも心掛けとして読んでおくのにも良さそうな良書だと思います。

経済的自立できている女性が離婚して困るのは子供の面倒を一人で見なくてはならないことですが、この本ではそれができなくて離婚を留まっていました。
主人公のように、夫に愛は無くても子育てのパートナーとして夫と暮らしていくのも1つの手でしょう。
じいちゃんばあちゃんを頼る、自分のきょうだいにときどき協力してもらう、離婚後の元夫にもときどき見てもらう、などが主人公にもできたら離婚できたのにね。

5つ星のうち 4.05年後がつらい

(参考になった人 2/2 人)

エッセイではないから、こんな家庭もあるかなとフィクションとして面白く読みました。 が、最後の「5年後」がとてつもなく辛かったです。 花ちゃん視点で語られていますが、我が子にこんな思いを絶対にさせたくありません。 クラスの約半分の生徒の親が離婚していて、自分の家族が大丈夫かを心配しながら生活する小学生なんて、悲し過ぎて、この本が一体何を訴えたいのか全く分かりませんでした。

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 Nintendo Switch/3DS 動作確認済 TS32GUSDU1PE

5つ星のうち 4.0およそ2年半。

(参考になった人 0/0 人)

スマホの追加ストレージ用に購入。
と一口にいっても人それぞれの使い方をしていることと思うが、私は音楽や電子書籍のストレージとしてだけでなく、スマホカメラでよく静止画も動画も撮影する、そのデフォルト保存先として指定し使用していた。
従って、音楽や動画を入れて、事実上の読み出し専用として使用している方に比べて書き込みが多用される環境であり、その中でこの製品はおよそ2年半持ちこたえ、そして唐突にスマホでもPCでも、フォーマット操作を含め何も書き込めなくなった。
書き換え可能回数制限を持つNANDメモリの物理特性上当然の帰結=寿命であり、あとはこれをどう見るかだが、まあ可もなく不可もなく、というところではないだろうか。

ストレージという特性から言って、主な使用用途(と思われる)スマホの製品寿命プラス1年ばかり、具体的には3年ちょっと程度持ってくれるとよかったが。
当初から同じNANDフラッシュメモリであるeMMCを使用するスマホ本体ストレージの寿命延伸のための身代わりを想定して購入したため(本体容量の大きなバージョンを買うよりmicroSDで追加する方がGB単価が安いので)、思惑通りといえば思惑通りである。
なお本製品は無期限保障が謳われているが、たかだか千円程度(32GBモデル)のもののために、削除さえできないプライベートデータがたっぷり詰まったモノを第三者に送付する気はとても起きない。Transcendよこれをどうにかせよ、と言い始めたらモンスタークレーマーの仲間入りだろう。
市販品と同等のものが安く手に入った。それだけで儲けものと考えて、この製品は物理破壊の上、処分した。

最近ガラケーからスマホに変えたようなユーザーです(^^;)けっこうショップの言いなりで買ってしまった感(保護シールとか)がありますが、32㎇のSDカードは1万円!と言われたときは、さすがに「ちょっと待て!」と(笑)

で、Amazonでこちらの商品を購入しました。ショップの値段と比べたら格安(!)ですが、2ヶ月間何のトラブルもなく使用できてます。ショップで買わなくてよかった!

大量に撮った写真をパソコンに移すときはSDカードを取り出し、アダプターを使ってパソコンへ、という操作をよく行ってますが、ガラケーの時はアダプターの具合が悪かったのか、手で押さえていないと途中で読み込みが止まってしまうことがしょっちゅうでした。

しかし、本製品ではそのようなトラブルは今までなく、非常に快適です!

ほかのレビューにあるようなトラブル発生を懸念して、実は本製品と合わせてもう一つ別の製品も購入したのですが、本製品に何の問題も発生していないので、もう一つはいまだに使ってません(^^;)

5つ星のうち 5.0この安さで高品質

(参考になった人 0/0 人)

今一年半ほど使ってますが 今のとこ全然問題なく使えています。 読み込み速度、転送速度ともになかなか早く正直この価格帯ですごいなぁと驚きました。 総評してコスパがとても良く特に欠点も見当たらないので星5とさせていただきます。 またsdカードに不具合が生じたらここに書きたいと思います

場合』の解説 by はてなキーワード

1 物事が行われているときの状態・事情。局面。

 [例]「―が―だけに慎重な判断が必要だ」「時と―による」「遊んでいる―ではない」

2 もし、ある事が起こったとき。そうなった折。

 [例]「万一の―に備える」

3 …に関して。…について言えば。

 [例]「君の―は合格が難しい」

場合』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.