坂本花織のまとめ情報

坂本花織』の解説

坂本 花織(さかもと かおり、, 2000年4月9日 - )は、日本フィギュアスケート選手(女子シングル種目)。兵庫県神戸市出身。血液型はB型シスメックス所属。

主な実績に、2018年平昌オリンピック個人戦6位・団体戦5位各入賞、2018年四大陸選手権優勝、2017年全日本選手権2位、2017年スケートアメリカ2位、2017年世界ジュニア選手権3位、2016年ジュニアグランプリファイナル3位など。

人物

神戸市立渚中学校を卒業、2018年現在は神戸野田高等学校に在学中。三人姉妹の末っ子。

2003年NHK連続テレビ小説てるてる家族』で主人公の姉がフィギュアスケート選手だったのを見て興味を持ち、4歳でスケートを始めた。

特技は水泳長距離走。憧れの選手は鈴木明子で、ライバルとして同じく神戸市出身で1つ年上の三原舞依の名前を挙げている。性格は負けず嫌い、明るい、面白い。フィギュアスケート界では珍しい「お笑いキャラ」で、ボケとツッコミが激しく、誰かがボケたのをすぐに拾ってツッコむ。

ノービス時代

2012-2013シーズン、全日本ノービス選手権Aクラスで優勝し、招待選手として初出場となった全日本ジュニア選手権で9位となった。2013年3月には初めての国際大会である2013年トリグラフトロフィーに出場し、2位となる。2013年4月に日本で開催された世界国別対抗戦のエキシビションに全日本ノービスA優勝者として招待され演技を披露した。

ジュニア時代

2013-2014シーズン

2013-2014シーズンからジュニアクラスに移行し、アジアフィギュア杯のジュニアクラスで優勝する。ISUジュニアグランプリシリーズに初参戦し、JGPチェコスケートに出場し6位となった。全日本ジュニア選手権では6位に入り、ジュニア招待選手として初出場となった全日本選手権では15位に終わった。チャレンジカップではジュニアクラスで優勝した。

2014-2015シーズン

2014-2015シーズン、日本開催であるJGPメ~テレ杯に出場し7位となる。全日本ジュニア選手権ではSP4位からFSで3位となり、総合で樋口新葉に続く2位に入った。全日本選手権では6位に入り、世界ジュニア選手権の代表に選出された。初出場となった世界ジュニア選手権ではSPで4位につけ、FSで6位となり総合6位に入った。

2015-2016シーズン

2015-2016シーズン、アジアフィギュア杯のシニアクラスに出場し3位に入る。JGPリガ杯では、SP・FSともにパーソナルベストを更新し2位、続くJGPコペルニクススターズでは4位となった。全日本ジュニア選手権では5位となる。全日本選手権では13位となり、リレハンメルユースオリンピックでは6位に入った。4月18日には須本光希とともに台湾選手権にゲスト出演し、FSを披露した。

2016-2017シーズン

2016-2017シーズン、JGPサン・ジェルヴェで2位、続くJGP横浜で優勝しJGPファイナル進出を決めた。初出場のJGPファイナルでは銅メダルを獲得した。全日本ジュニア選手権では初優勝を飾った。4度目の出場となった全日本選手権では7位となり、世界ジュニア選手権の代表およびアジア冬季競技大会の補欠に選出された。アジア冬季競技大会では宮原知子がケガで欠場となり、補欠として繰り上がり出場の予定であったが、インフルエンザため欠場となった。2回目の出場となった世界ジュニア選手権では、SPFSともにパーソナルベストを更新して、銅メダルを獲得した。

シニア時代

2017-2018シーズン

2017-2018シーズン、SPの3本のジャンプを基礎点が1.1倍となる後半に固め、FSでも7本中5本を後半に飛ぶ高難度の構成に挑戦。シニア国際大会デビュー戦となったアジアフィギュア杯で優勝。ISUチャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックでは、SP・FSともにミスが出て4位。全日本選手権の出場を目指す近畿選手権で、参考記録ながら自身初の200点超えとなる201.15点を獲得して優勝した。ISUグランプリシリーズに初参戦し、ロステレコム杯ではFSにミスが出て5位となる。続くスケートアメリカでは、SPはスピンで僅かなミスが出るも自己ベストを更新し2位、FSではミスなくまとめ自己ベストを大きく更新し2位につけた。トータルでも210.59点を獲得し、ISU公認大会初の200点越えを果たし2位表彰台と大きな飛躍を遂げた大会となった。平昌オリンピックの代表選考がかかった全日本選手権ではSPで自己ベストとなる73.59をマーク。大会3連覇中であった宮原知子を抑え首位発進となる。最終滑走で迎えたFSでもほぼノーミスで演技を終え、大会4連覇達成の宮原に次ぐ総合2位に。それまで五輪代表有力候補とみられた樋口新葉三原舞依らをかわして、平昌オリンピック・女子シングル日本代表2枠を、優勝の宮原と共に勝ち取った。同じく初選出された四大陸選手権では、同じ日本代表の宮原・三原を抑え初優勝を飾った。

平昌冬季オリンピック、初の五輪出場で入賞達成

平昌五輪・団体戦はFSに出場した。冒頭のコンビネーションジャンプにミスが出たが、後半のジャンプでリカバリーするなどで本領発揮。しかし思うように得点が伸びず5位、日本代表も前大会と同じく総合5位に留まった。

個人戦のSPでは、後半に集めた全てのジャンプ決め、ステップ、スピンでもレベル4を獲得するなど完璧な演技を見せ、自己ベストを更新する73.18点で5位発進。FSでは、終盤での3回転ループの着氷でバランスを乱したものの、それ以外は大崩れせずにまとめて6位。総合でも堂々の6位入賞を果たし、シニア1年目で初のオリンピックは、目標の一桁順位を大きく上回る健闘を見せた。演技後「次は自信を持って臨めると思う。4年間やりこんでパーフェクトにしたい」と4年後を見据えた。

技術・演技

アクセルを除く5種類のトリプルジャンプを跳ぶことができる。コンビネーションでは、3回転ルッツ-3回転トゥーループ、3回転フリップ-3回転トゥーループ、3回転トゥーループ-3回転トゥーループ、2回転半アクセル-3回転トゥーループを飛ぶものの、ルッツジャンプを苦手としておりエラージャンプとして減点されることがある。

幅・高さ・着氷後の流れがあるダイナミックなジャンプを得意としており、多くの加点を期待できる。また、トリプルアクセルを試合で組み込む構想についても言及している

主な戦績

  • J - ジュニアクラス
  • N - ノービスクラス
  • A - Aクラス
  • B - Bクラス

受賞歴

坂本花織』に 関連する人気アイテム

Number941号 銀盤の決闘。BATTLE FOR PYEONGCHANG 2018)

羽生選手のカッコイイ表紙が目を引きますが、中身も羽生選手ファンにとって読み応えがあると思います。大ザックリとフィギュアの記事は半分くらい、そして羽生選手の扱いはフィギュア関連の中でも半分くらいの印象ですが、結構満足感がありました。

何と言っても良かったのが、松原孝臣氏の「羽生の敵は羽生」で、「2人の羽生結弦が今完全復活に向け全力を尽くしている」という表現も素晴らしく、心に残る記事でした。

また、個人的にお目当てだったのはプルシェンコ氏の独占インタビュー記事で、羽生選手や宇野選手、またネイサン・チェン選手やハビエル・フェルナンデス選手など、今季注目の選手たちがどのような個性のスケーティングをしているかなどの話や、五輪で金メダルを争うだろうと思うのはこの3人などとの予想から、男子フィギュアに対する展望・提案など、見開き記事ながらしっかりした読み応えで良かったと思いました。

ですが、冒頭の「羽生結弦が絶対王者と尊敬する皇帝プルシェンコ」という田村明子氏による王者と皇帝を重ねるこの形容は、日本語としても何かしっくり来ない気がしました。(「絶対王者羽生結弦が尊敬する、皇帝プルシェンコ」なら自分的にはしっくりきます)

また、野口美恵氏による「王者は何度も甦る」の記事、これは「不屈のヒストリー」というテーマ性から仕方ないのだと思うのですが、羽生選手の故障のヒストリーになっていて、ちょっと読むのがツライことと、これは野口美恵氏の見解だよなあと思う部分が事実として書かれているような、野口フィルターとでもいうように感じる部分があって、個人的には私はこれはあまり好きではなかったです。

ですが全体的には、いろいろな選手が取り上げられていて、オリンピックシーズンの今季の男子フィギュア界の様子が良く分かり、特にフィギュアスケートファンではなくても(またファンでも)興味深く読めると思うので、★5つをつけました。

ちなみに、99ページにある江口寿史氏による羽生選手の似顔絵イラストは、美しいのでぜひお見逃しなくといいながら、そこについている記事は宮原選手など女子の話で、写真も宮原選手なので、ちょっと不思議なページになっていました。
(たぶん、NHK杯の羽生選手の記事を予定していたページで、先にイラストを発注しちゃったけど、羽生選手が欠場したので記事は女子のものにしたでもイラストはお蔵入りはさせたくないから掲載したとでもいうような、大人の葛藤が見て取れるページでしたw)

5つ星のうち 4.0many things to think about

(参考になった人 39/49 人)

Number で羽生選手が表紙のものはほぼ購入していた。(しかも複数買い)持っていないのは"Notre-Dame De Paris" の表紙のものぐらい。
が、今回は予約をしなかった。
理由は2つ。目次の案内を見て
①おそらく羽生選手側とのパイプがなく、新しい情報はなさそうだと感じたこと。
②まるで三流週刊誌のような「愛され~」というおかしな企画に呆れたこと。
実際、中を見て、都築コーチの話が面白そうだったので1冊くらいは記念にと思い購入した。


スポーツでも芸術分野でも同じだと思うが、1人の指導者が自分にもう教えることがないと感じた教え子をさらに伸ばすために、次の指導者に上手に引き継がせていくというのはよくあることだ。その面で羽生選手に関わったコーチたちには、ファンの1人として本当に心から感謝をしている。
スポーツ誌としての面からは、そつなく満遍なく記事を載せているが掘り下げが浅いと感じた。
先日某新聞に「審判を審判する」という記事が載った。
読んだ人も多いと思うが、GPSロステレコム杯の採点で、アメリカ人ジャッジと日本人ジャッジの2人に狙い撃ちにされた日本人選手は絶対勝てないようになっていたというものが具体例として載っていた。数字できちんと出ているので、多くの人が感じたことがそのまま事実だとよく分かる記事だった。
新聞でできることがスポーツの専門誌でなぜできないのか、しかも文芸春秋という調査力では定評のある会社の出版物だ。
上っ面の美辞麗句に満足できなくなっている今の自分には☆4が精一杯の評価だ。

5つ星のうち 5.0清原和博

(参考になった人 3/5 人)

連載「告白」11回。

だんだん年も現実に近づいてきているし、よりリアルは、今回の薬物に何故染めた?との核の問いに、近づいている気もした。。。

で、

清原さんも、だんだんストイックなちょっとボクサー世界を連想する雰囲気もあった。

で、

最後の松井さんのホームランの華につていのような発言。。。

自分もそう思う。そう思った。

逆に、松井さんもそんな華ある清原さんの嫉妬なりはあったと思う。



で、

その自分は感情とともに戦う!という自己分析。
とても大切だと思うし、
そんな清原さんのとてもピュアな、子供がそのまま大人になったような・・・
そんな清原さんがみんなから愛されていると思う。
薬物はだけどいけない一線を越えたからいけない。

スターの星に生まれた清原さん。

今後もスターの星に生きている以上、過去からそして現在、未来と
さらに飛躍してほしい!

かっこいい清原さんに復活
その過程での姿勢を絶対みたい。

今もその過程であると読んだみんなも感じていると思う!

Number938号 ミラクルガールズ。Pyeong Chang 2018)

男子フィギュアスケートのオリンピック代表枠は余程のアクシデントやケガが無い限り2枠は羽生選手と宇野選手で残り1枠を争う図式になっていますが、女子の場合は実力が拮抗していて現時点までの実績で言えば三原選手と樋口選手と宮原選手(ケガの回復次第ですが。)が少しリードしている感じですかね。しかし2014年ソチオリンピックシーズンの町田選手みたいに急成長する様なことがあるのでこればかりは終わってみないと分かりません。そして本紙については各選手今シーズンの演技構成とオリンピックにかける思いが描かれていて大変興味深く読ませてい頂きました。

中には『今の時点では、確実に行けないと思っています。』と言う謙虚な人もいました。ほんとこの雑誌を読んでいると皆さん全員オリンピックに行かせてあげたいと言う気持ちになってしまいました。皆さん代表決定まで悔いの残らない演技(試合)を行って欲しいと思います。女子はホントにノー・ミスが必須ですね。奇跡を起こせ!ミラクルガールズ!そして最後になりますが浅田真央さんの大会の成績が下がり始めた頃からめっきり女子本が減ってしまいました。久しぶりの女子本なのでこれからもどしどし発刊して頂けるよう切に願っています。

5つ星のうち 4.0とても良かったです

(参考になった人 3/6 人)

真凜ちゃんのファンなので買いました。 真凜ちゃんのインタビューだけではなく五輪を目指すそれぞれの選手たちのインタビューが載っていて、興味深かったです。 村上佳菜子さんと伊藤みどりさんの対談とか、過去の名選手たちの話とか、現役選手以外の話も載っていて、フィギュアスケートファンなら買いだと思いました。

5つ星のうち 5.0満足しています

(参考になった人 0/1 人)

フィギュアスケートファンの私にとっては、購入して正解だったと思います。 今前線で試合をしている選手たちのインタビューや、コーチの話、また、伊藤みどりさんと、村上佳菜子さんの対談など興味深い内容でした。 とても満足できる内容で購入して良かったです。

Number945号 最強のふたり。 平昌五輪直前総力特集)

「最強のふたり」というテーマで、男子フィギュアの羽生選手と宇野選手の記事をメインに、他にも女子スキージャンプの髙梨沙羅選手と伊藤有希選手など各ジャンルでライバル関係にある選手を取り上げ、平昌五輪への興味を盛り上げる号になっています。

商品情報に詳しい目次が掲載されていますが、羽生選手については松岡孝臣氏の文で、逆境やアクシデントに合ったとしても羽生選手はそれを面白く思ったり楽しいと感じたりして、むしろチャレンジできる壁が出来ていることを歓迎しているタフさがあることを紹介しています。

なので、NHK杯でのアクシデントでしばらく試合に出場していないという状態は、普通に考えるとマイナスに見えますが、むしろ羽生選手はこの状態を楽しんでいて、やる気満々になっているのではないかと、五輪2連覇への期待が高まる記事でとても良かったと思います。

そして、羽生選手の記事目当てだった私が、思いがけず面白いと思った記事は、本田武史×村上佳菜子×ミッツ・マングローブの3氏による対談で、今回の五輪に出場する選手についてあれこれ話をしているものですが、話の流れで本田氏がソルトレイクシティ五輪の時を語った話が非常に興味深かったです。当時はロシア勢(アレクセイ・ヤグディン選手とエフゲニー・プルシェンコ皇帝)が非常に強く、彼らに1・2位を持って行ってもらって自分は3位狙いだと思っていたところ、SPの時点で自分が2位になってしまい、ヤグディン・プルシェンコのロシア勢に挟まれる形でフリーの滑走待ちをしなければならない状態だったそうです。そのときに、彼らの「人を食い殺しそうな」凄いオーラにやられてしまい、メダルを逃がしてしまったというエピソードは、さもあらんという感じでした。羽生選手も絶対王者として各選手を圧倒するほどの凄いオーラがあると思うので、羽生選手の五輪連覇を楽しみに本番を待とうという気になりました。

羽生選手の記事はさほど多くはないですが、読むと非常に前向きになれる良い記事が掲載されていると思ったので、★5つをつけました。

表紙がごちゃごちゃしていて見づらく、洗練されていない印象なのが残念に思いました。
目次の後のページに見開きで表紙の全体像が載っていて、右側の手は坂本選手で、その上には宮原選手もいたんだと分かる感じです。

フィギュアスケートの特集目当てで買いましたが、写真はみな美しく、特にメドベデワとザキトワの華やかな美しさは目を見張るほどです。
羽生選手のバラ1は立体感のあるアングルで、ちょっと珍しいなと思いました。
テキストは羽生選手と宇野選手については特に目新しいところはありませんが、メドベデワやザキトワの所属するトップアスリート養成学校のフィギュアスケート専用施設「フルスタリヌィ」の記事はなかなか興味深いものがありました。

生徒達の厳しいトレーニング内容もさることながら、ソチ五輪でのリプニツカヤの活躍でフィギュア人気が過熱し、ロシア全土からフルスタリヌィに生徒が集まるようになったけれど、当のリプニツカヤはソチ五輪後にフルスタリヌィを去ってしまったという話が一番印象に残りました。その後の競技生活と結局若くして引退してしまったことを思うと、胸が痛みました。

本田武史さんらによるスペシャル座談会は、一通り読んではみましたが、正直これを載せる代わりに宮原選手や田中選手のページにしてもらった方が有意義だったのでは、と思いました。読んでいると的外れな話がチラホラみえて何だか疲れました。

あとは坂本花織選手と三原舞依選手の記事がとても良かったです。
五輪代表をかけた闘いでは明暗が分かれてしまったけど、親友でありライバルでもあるスケート仲間として、お互いに刺激し合って切磋琢磨し、とても良い関係を築いているのが素晴らしく、本当にこれからが楽しみな2人だなと思いました。顔を近づけて向かい合っている写真が何とも可愛らしく、微笑ましいです。
この2人の記事が自分的に一番写真も文章も心に残りました。

5つ星のうち 4.0これは?(笑)

(参考になった人 3/8 人)

違う意味で表紙をガン見しました(笑)良く言えば斬新、悪く言えば何だろう間違い探し的な?(笑)
中身に関してはそんなに不満は無いですが、ミッツと本田さんと佳菜子ちゃんの対談は一部ん?となりました。ミッツと本田さんは確かBSで、表現力について賢二先生やあっこちゃんも加わって語っていた番組が有って、そっちの方が良かったかなぁと。
オリンピックメインなこの号で、個人的に良かったのはMasters of Lifeの加齢なる決戦とテニスのマクラクラン勉選手とF-1のナンバー流改革私案でした。

最初はフィギュアスケート目的で購入したんですけどね(笑)
いや、別にフィギュアスケートの特集記事が悪い出来ではないんですよ。なんですけど、そんなにツボらなかったのは、ちょこちょこ今更感が見え隠れしていたからかなぁと、自己分析しています。写真は良いんですよ。特にスエイシナオヨシ氏撮影の昌磨。グローブしているから練習中のワンショトだと思うんですけど、ポスターで欲しい位(笑)旧SP衣装の色味が、ハッキリしたグレーではなく、ブルーグレーに写っているのもちょっと新鮮です。この色の衣装良いんじゃない‼️と思ってしまいました。
他の方も書いてますが、坂本花織選手と三原舞依選手の記事はとても二人が可愛らしくて、オバ心を擽られる感じがしました(笑)個人的には舞依ちゃんにオリンピックに行って欲しかった部分が有るので、四年後に是非リベンジして欲しいですね。

羽生結弦 王者のメソッド

5つ星のうち 4.0フィギュア一筋

(参考になった人 0/1 人)

羽生結弦選手はその美しい容姿がよく指摘される。が、きれいなだけなら俳優やモデルさんなどたくさんいる。彼はイチローのように人生の初期で一生を賭けるべきスケートに出会って、いままでフィギュア一筋できたのがよくわかる。彼のフィギュアスケートでの「自分との戦い」に興味があるすべての人に勧める。
特にスケートファンではなかったが、ソチオリンピックで彼の演技を見た。なんか2回コケて金メダルってどうなの?というのが正直な感想だった。が、この本を読むと、彼がずっと前のシーズンからいろいろな課題にぶつかり、そのたび毎に考えて乗り越えてきたのがよくわかる。


羽生結弦は闘争心がある。これはすべてのアスリートに必要だろう。「金メダルを取る」など目標を公言して、実行するというメソッドは他の本(スポーツではない)でも読んだことがある。
しかしいつもうまく行くわけではなく、金メダルを意識しすぎたり、自己最高得点に引っ張られたり、ほんのちょっと集中力が切れると転倒などにつながることが良くわかった。
怪我や失敗などの問題を乗り越えて、羽生選手がこれまでどのように真摯に戦ってきたか、またファンを大切にしてきたかがよくわかる。その新たな結果が平昌オリンピック金メダルだった。
いつも礼儀正しく笑顔を絶やさない羽生選手。こんな人と同じ日本人で良かったと思う。
そして、羽生メソッドで使えるものは、私の人生にも使ってみようと考えている。

羽生結弦選手の人物像や幼少期から2017年までをインタビュー式で詳しく理解する事が出来たので入門的に羽生選手を知るには良い本だと思いましたが、最後に進むにつれ自身が考えた?いくつかのメゾット推しが強く、読む気が無くなってきました。あたかも自身が上げたいくつかのメゾットを見た羽生選手がそれを活用している、といった書き方があまり好みではありませんでした。最後の方は思い出したかのようにメゾットメゾットと、タイトルにとらわれ過ぎた感があります。
羽生選手の過去を知り、その時どんな気持ちでいたのかなどをリアルに知りたい・思い出したい時には振り返りやすく、またその時の現地の様子(その時は暑かったり寒かったり、季節やどんな景色だったかなど)を細かく書いて下さっているのでその点は想像しやすく、楽しめました。

5つ星のうち 5.0お誕生日に届きました。

(参考になった人 22/22 人)

羽生選手のお誕生日に、コンビニに納品されて受取ができました。 商品の状態もとても綺麗でよかったです。 羽生選手のこれまでのスケーターとしての歩みやいろんな試合での心の動きが臨場感がいっぱいに伝わってきました。 いつでもあらゆる周囲の方々への感謝を忘れないところが羽生選手のスケーターとして、ひとりの青年として素敵なところで本当にファンであることの幸せを感じます。 今は怪我が治療とリハビリで順調に回復して、氷上でさらに華麗で強い滑りが見られますように。 平昌五輪で表彰台の一番高い真ん中で微笑んでる羽生選手が見られますように。 お祈りしています。

坂本花織』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.