向山貴彦のまとめ情報

向山貴彦』の解説

向山貴彦(むこうやま たかひこ、1970年 - 2018年3月5日)はアメリカテキサス州生まれのクリエーター小説家翻訳家、である。慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。

概要

フリーのクリエイター集団スタジオエトセトラを設立。小説家としてデビュー作は童話物語で1997年にスタジオエトセトラから出版され、1999年に一部改編しなおし幻冬舎から単行本が出版された。語学力を生かし、英語の学習本ビッグ・ファット・キャットシリーズも出版されている。

経歴

両親(現在はともに梅光学院大学英文学教授)の留学先であったウェーコ (テキサス州)で生まれる。通称テディ。父親が籍を置いていたベイラー大学の図書館に母親も勤めていたため、3~4歳のころから同図書館で過ごすことが多く、そのときに読書の習慣ができた。1977年に、両親と6歳下の妹とともに日本へ帰国。下関市立山の田中学校卒業。帰国後も毎年ウェーコを家族で訪れ、同地のサマースクールで英語を習得。両親と同じ慶応大へ進学し、巽孝之のゼミに所属。在学中に知り合った妻と結婚。2002年に母親と共著で『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』を出版、200万部以上を売り上げた。

2018年3月5日午後2時5分、腎臓癌のため、東京都武蔵野市病院死去。47歳没。後日、東京・府中市の日華斎場で偲ぶ会が開かれた。

向山貴彦』に 関連する人気アイテム

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

5つ星のうち 1.0イラン本

(参考になった人 1/2 人)

全く英語の出来ない人は書いてることすら理解できない。 例えて言うなら日本語出来ない人が日本語で書いてある本読んでも理解できないことと同じです。 つまりは英語の単語が書いてあってもそれがなんと読むのかそれらはどのような意味なのかすらわからないから勉強したいわけで、ってなる。 Hello これはハローそしてこんにちわの意味ですが、Hello←へロー?ヘルロ?ヒルロ?となる人からしたら全く意味が無い。 世界一簡単という文言使うなら書いてある英語の単語の日本語だとどう発音するのか読み方くらいは書いといてくれ

著者は「文法が不要」と言っているわけではなく、「英文の構造を単純に捉えなおすようにしましょう」ということ。 主役は一人で動詞は一つ。 ごく乱暴にまとめてしまうとそういうこと。 その「主役」と「動詞」をきちんととらえること。 主役や動詞にはいろいろ「飾りつけ」がついてくるのでこれを見極めるのが難しいのだ。 ここまで英文について単純な割り切りをした本は見たことがない。

英語の仕組みを本当にシンプルに説明してくれて、 すっと入りやすい。 文法になってくると、ちょっと理屈がもっと欲しくなり、逆に難解に感じる部分もありますが、 英文を読んで伸ばしたい人にはいいのかも知れません。 主宰するクラスでは、入りのところ、配置のところ、区切りのところの話をする時に利用します。 他の本と組み合わせて使うのが良さそうです。

ポケット版 ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

5つ星のうち 1.0イラン本

(参考になった人 1/2 人)

全く英語の出来ない人は書いてることすら理解できない。 例えて言うなら日本語出来ない人が日本語で書いてある本読んでも理解できないことと同じです。 つまりは英語の単語が書いてあってもそれがなんと読むのかそれらはどのような意味なのかすらわからないから勉強したいわけで、ってなる。 Hello これはハローそしてこんにちわの意味ですが、Hello←へロー?ヘルロ?ヒルロ?となる人からしたら全く意味が無い。 世界一簡単という文言使うなら書いてある英語の単語の日本語だとどう発音するのか読み方くらいは書いといてくれ

著者は「文法が不要」と言っているわけではなく、「英文の構造を単純に捉えなおすようにしましょう」ということ。 主役は一人で動詞は一つ。 ごく乱暴にまとめてしまうとそういうこと。 その「主役」と「動詞」をきちんととらえること。 主役や動詞にはいろいろ「飾りつけ」がついてくるのでこれを見極めるのが難しいのだ。 ここまで英文について単純な割り切りをした本は見たことがない。

英語の仕組みを本当にシンプルに説明してくれて、 すっと入りやすい。 文法になってくると、ちょっと理屈がもっと欲しくなり、逆に難解に感じる部分もありますが、 英文を読んで伸ばしたい人にはいいのかも知れません。 主宰するクラスでは、入りのところ、配置のところ、区切りのところの話をする時に利用します。 他の本と組み合わせて使うのが良さそうです。

Big Fat Cat and The Mustard Pie

英語初心者向けに英文を読む練習をするための本。

前半は英語の絵本になっており、パイの店を営む男性と
そこに住み着くデブ猫との話が書かれている。
ラダーシリーズのLEVEL2を苦労せずに読める人なら
ほとんど詰まらずに小一時間で読み終えることができる。
残念なのは、いくつかの単語のすぐ上に日本語訳が書かれていて
それが視界に入ってしまうこと。
せめてページ下部などに表記して欲しかった。

後半は物語中に出てきた英文の構造をひとつひとつ解説していく。


初心者に英語を読む楽しさを感じてもらうため、
形容詞や前置詞といった文法用語を使わずに
要素を色分けして簡素化して、英語感覚を身に付けていく手法。

ただ、英文法を理解している自分にとっては説明不足に感じたり、
解釈の感覚が異なったりする印象を受けた。
本気で構造分析をしたいなら
「英語リーディング教本」の方が適しているだろう。

中学英語の記憶すらあやふやになってしまった人向けに
日本語と異なる英文独特の構造に触れていく第一歩のための本。

全体の三分の二ぐらいが『パイ職人のエド』と『ビッグ・ファット・キャットという猫』の物語で、全編英語で書かれています。しかし、中学英語を習った方であれば読めそうな簡単な文で構成されていますし、難しい単語には小さく(ホント小さいんですけど・・・)日本語の意味のルビが上にふってあるのでけっこうスラスラと読めると思います。
そして残り三分の一で物語の文章の一文一文を細かく色分けして英語をどのように読んでいけばいいのか説明がされているのですが、この説明が一般的な英語学習本と違い、ものすごく優しい言葉(解り易い言葉)で書かれているのがこの本の一番すばらしい点です。


ちまたの英語学習でよく聞く【主語、述語、目的語、現在形、過去分詞形、修飾】などといった難しい文法用語での説明はいっさいありません。
ではどのような形で説明しているかはここでは書きませんが、『なるほど、そういうことか!』と思うような表現で説明されていて、とにかく読んでいて楽しくなる本です。
中学、高校と既存の英語学習をしてきた人こそ、この本を読んだほうがいいと思います。難しい文法用語のために解りにくいと感じていたことが目から鱗が落ちるかのように、英語が解り易く感じます。

平易で読みやすい内容の英字小説を通して、 英文の構造を理解し、その読解力を高める本。 読みやすいのは事実ながら、英文構造をただ説明するだけの内容で、 本当に英語力が付くのかは少し疑問。 小説の内容はすごく悲しい内容。 今後も続いているシリーズらしいので、 以降明るい内容になっていくことを切に期待する。

Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE

「Big Fat Cat GOES TO TOWN」に続くBIG FAT CATシリーズの3冊目で、
金もネコも店も失った主人公が寂れた町に流れ着く話。

トラブルが起こった前回からどう展開していくか気になったが、
ほとんど解決しないまま話が続いてしまい、あまり読後感のよくない今回。
「多少読めないところがあっても気にせず先へ進もう」と前書きに書かれている割に
相変わらず、頻繁に単語の訳が添えられているのは残念で仕方がない。

これまでの2冊と異なり、後半には段落ごとの重要度の違いや
テンポやイメージを大切にした英語読書の読み進め方が解説されている。


細かい部分にこだわりすぎない読み方は入門者にとっては参考になるかもしれない。
各文の品詞を色分けしたものは巻末へと別冊化された。

シリーズも3冊目となったが、これまで同様、物語部分は前半にしか収録されておらず、
多くの挿絵が混ざっているのでボリュームはかなり薄く感じる。
後半の解説も本文が再掲載されている部分が多いので、それほど内容は濃くない。
Big Fat Catシリーズのファンか、物語の行く末がどうしても気になる人向け。

たぶん、難しい英語には適度に小さい字でルビがあるので、勝手にどんどん読めちゃった感があるのかもしれません。 (言葉ってたくさんの意味を持っているので、初心者の私にはどれなのかわからないことが多く、そこらへんで長文和約は挫折します。 ) また、ストリーが面白いので、ぐんぐん引き込まれていって、辞書を引く必要もないので、英語初心者の私にはよくわかりませんが、難しい表現方法とかもないのでしょう。 また適度に普通にスラングなども出てくるので、少しネイティブ発想の勉強にもなるかもしれません。

シリーズ第3弾。 人生のどん底にいるエドは、ゴースト通りにたどり着く。 そこは人の記憶からもさすれ去られたかつての繁華街だった。 前2作までとは打って変わって、難易度も上がり、読み応えあり。 しかし、英字小説の読み方のコツを後半で解説しており、 そのコツを使って読めば、スンナリと読むことが可能。 しかも、このコツはどの英字小説にも適用できるものであり、 本シリーズ以外にも手を出したくなる1冊。 内容自体もどうなっていくのか?楽しみ。

向山貴彦』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.