向山貴彦のまとめ情報

向山貴彦』の解説

向山貴彦(むこうやま たかひこ、1970年 - 2018年3月5日)はアメリカテキサス州生まれのクリエーター小説家翻訳家、である。慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。

概要

フリーのクリエイター集団スタジオエトセトラを設立。小説家としてデビュー作は童話物語で1997年にスタジオエトセトラから出版され、1999年に一部改編しなおし幻冬舎から単行本が出版された。語学力を生かし、英語の学習本ビッグ・ファット・キャットシリーズも出版されている。

経歴

両親(現在はともに梅光学院大学英文学教授)の留学先であったウェーコ (テキサス州)で生まれる。通称テディ。父親が籍を置いていたベイラー大学の図書館に母親も勤めていたため、3~4歳のころから同図書館で過ごすことが多く、そのときに読書の習慣ができた。1977年に、両親と6歳下の妹とともに日本へ帰国。下関市立山の田中学校卒業。帰国後も毎年ウェーコを家族で訪れ、同地のサマースクールで英語を習得。両親と同じ慶応大へ進学し、巽孝之のゼミに所属。在学中に知り合った妻と結婚。2002年に母親と共著で『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』を出版、200万部以上を売り上げた。

2018年3月5日午後2時5分、腎臓癌のため、東京都武蔵野市病院死去。47歳没。後日、東京・府中市の日華斎場で偲ぶ会が開かれた。

向山貴彦』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.