収差のまとめ情報

収差』の解説

収差(しゅうさ)とは、望遠鏡や写真機等のレンズ類による光学系において、被写体から像への変換の際、幾何的に理想的には変換されずに発生する、色づきやボケやゆがみのことである。

概要

レンズの収差による現象を最も単純に示すと、被写体側の焦点にある白色の点光源が、像側の焦点で点像にならない、という形で現れる。この像の崩れは、以下で述べる各種の収差が複合した結果であり、被写体のあらゆる点が、同様にして崩れた点となって投影されたものが、最終的な像となる。

光の波長(周波数)に注目した場合、収差は、色収差単色収差に二分される。色収差は、一般に物質の屈折率が波長(周波数)によって異なる(分散)ために、像に色ズレが起きる収差である。これに対し、単色でも発生する収差が単色収差である。また別の分類として、焦点が前後にズレる収差が縦収差、焦点が焦点平面内で横にズレる収差が横収差、という分類もある。

単色収差のうち発生の著しいものを、5種類にまとめて分類したものがザイデル収差である。さらに後年ゼルニケらにより研究され、数学的にで記述された。

収差の補正は、複数の単レンズを組合せることで行われる。たとえば色収差の場合、屈折率と分散の異なる光学ガラスによるレンズの凹凸の組合せで、目的の屈折率を得た上で複数(アクロマートでは2色、アポクロマートでは3色以上)の色の光線が1点に収束するよう設計する。近年では加工技術などの進展により非球面も使われるようになった。コンピューターの発達と計算手法の研究によって、複雑な計算が可能になった。他に、複雑な自由曲面を用いた光学系が、21世紀に入る頃から研究されている。なお、針穴写真は原理的に無収差である。

電子レンズの場合は、電子の波動性によって強度の広がりが生じ、これを回折収差という。光の波動性による原理的に同様の現象は小絞りボケとして扱われている。この意味では針穴写真にも収差があると言える。

眼鏡のレンズのように、屈折の度が弱い場合は、収差もわずかなので通常は気にされないが、強い近眼を補正する眼鏡などでは注意深く観察すると色収差に気付くことがある。

収差』に 関連する人気アイテム

レンズ設計―収差係数から自動設計まで

式の導出も丁寧に解説され、例題も手計算できるレベルが多く用意されているので、大分理解の助けになりました。 なんとなく光線追跡のソフトが自分で組めそうな気になりました。 長く付き合えそうな印象です。 レンズ設計に興味があるが、何から始めてよいやらわからないなと思っている方は特に重宝する一冊と思います。

5つ星のうち 5.0焦点深度

(参考になった人 2/3 人)

レンズのピント合わせについて、簡単に合ったり、難しかったりしませんか? そんな疑問を数式で示してくれます。 数学好きの光学設計屋さん、是非読んでください。 楽しいです。

光学、レンズ設計を初めて自動設計する時にこの本を片手に持ちながら参考にしました。 第二章では光学の基礎用語が分かりやすく説明されており、第三章では、近軸結像の手計算の手法も分かりやすく、例題と回答もついているので、実際に計算してみると設計に慣れると思います。 第四章では色収差の手計算の手法、第五章からは収差の概念とその計算手法が詳細に記されております。 具体的なレンズ設計をするためのフォーマットはほとんどないですが、初心者のための、基礎的設計の知識を培う、ステップアップの本としては最高の書籍だと思います。

EchoAMZ 3D VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属

5つ星のうち 4.0面白い商品

(参考になった人 1/1 人)

スマホでグーグルアースを3Dで見てみました、最初は感動しましたが、Microsoft CL PowerDVD18 などを観るには3万円位出さないと無理みたいです、そのうちMicrosoft などが本腰を入れて普及していくのではないかと思います、2018年10月ですがWindows10 は1803から1809にアップグレードするみたいです、不必要な機能が沢山あり全く使わないアプリもあります、スマホ専用のゴーグルです、安く3D画像を観れるので安価ですからレビューを参考に購入すれば間違えないと思います、色々なメーカーが同じような製品を出しています、比べる事が出来ないので悩みました、購入して良かったです。

着荷して、開封した時になにか転がるような音がして開けてみると片方のレンズが外れていました。 とりあえず、自分ではめこんで使ってみましたが、きちんとははまらず、接着剤でつけようかとも思いましたが、失敗してレンズが汚れたら使えなくなると困ると思いとどまっています。 全体的につくりはちゃっちいくて、スマホの固定もしっかりはしてなくて使用中にずれたりもします。 ですが、まあ値段を考えたらこんなもんかな?って感じであきらめています。

どうしても旧D〇MのVR動画を観たくなり購入しました。 本当は、オキュラスリフトgoを買おうと思ったのですが、来年に新しいオキュラスリフトクエストが出るらしいので、それまでの繋ぎでしたが、割と楽しめています。 値段が高いPSVRとかオキュラスリフトなどを装着したことがないので、画質の比較はできませんが、2000円くらいでそれなりに使えているので買ってよかったと思います。

Nikon 望遠ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR ニコンDXフォーマット専用

キットレンズは安価・軽量・コンパクトなのに写りが良いものが多いので、歴代の望遠系キットレンズは全て所有しています。このレンズを初めて見た時、前モデルのAF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRと比較してA/M,VRスイッチが無く、プラマウントのチープな姿に正直不安を感じましたが、評判が良いのとレンズキットのバラシ品ならば新古品でも1.5万円で購入できるので、ニコ1以外での初STMレンズとして購入しました。
折しも同じ日にAF-S NIKKOR 200-400mm F4G ED VR II の中古品を購入しましたので最軽量(最安値)と最重量(最高値)2本の望遠ズームが同時に手元へ届き、早速D7200に取付けて撮り比べしました。


画質はAF-S NIKKOR 200-400mm F4G ED VR IIの方が優っているのは当然ですが、大きさ・重さ・価格が30分の1のAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRのAF性能・VRの効き目はAF-S NIKKOR 200-400mm F4G ED VR IIと同等で今までのキットレンズとは比較にならないほど素晴らしいものでした。画質も少し絞り込めばフルサイズ用の旧AF-S VR Zoom Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED よりも良いと思います。
正直キットレンズでこれだけの画像が取れるのであれば、たいていの人は他のレンズを買わなくなるのではないかと思うほどの出来です。
DX機をお持ちの方で、見た目がチープ、A/M,VRスイッチ無い事に問題なければ是非購入して使ってみて下さい。

航空祭の写真を撮るようになり、以前から購入を考えていたレンズです。
最初購入したカメラ本体はAF‐Pレンズが使えない事から、タムロン製を使用していましたがD7500購入を機に、純正の本レンズ購入を決め、費用を抑えるために中古を購入しました。
画像には有ったフィルターは無く、リヤキャップは他の出品者は明記している白い簡易キャップでした。おかげで出費額としてはわずか2,000円ほどですが別途購入する事となりました。
レンズ本体は記載通り綺麗な状態でしたので、返品は考えませんでしたが、少し、騙された感が拭えません。
「カートに入れる」をクリックすると、出展者の表示は消えてしまいますので、購入時には出品者の文書・画像は記録として残した方が、クレーム時の証拠となるので良いと思います。

D7500で使用してます。中古で¥14000でした。
動物園や近所の犬猫鳥用に購入しました。
手持ちのタムロン高倍率ズーム16-300との比較となります。
細身、軽量のおかげで携帯性は良し。
オートフォーカスは爆速で合焦。
画像も解像度高めだと思います。
望遠端で暗いトコはちょいISO上げれば対応出来ます。
手ぶれ補正もビタッときて撮り易い。
解放で撮るとイイ感じにボケますね。
このレンズが使える機種をお持ちの方は持ってた方がよろしいかと。
最初からD7500と一緒に買っておけば良かったと思ってます。
タムロン16-300は使わなくなりました。
キットレンズ侮りがたし。

Nikon 標準ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用

D5300のAF-Sレンズを使用していましたが、AFがとにかく遅く
動画を撮影しているとAFのカリカリカリという駆動音が入ってしまうので音が静かなAF-Pレンズに買い替えました。

D5300で使用するには本体のファームウェアをアップデートする必要があります。
公式サイトからダウンロードし、SDカードに入れてアップロードするだけなので簡単です。

さっそくAF-Pレンズを使用してみた感想ですが
圧倒的にAFの速度が早くピントが素早く合ってくれます。

また動画撮影時のAFの音も少しは入りますが
全く気にならない程度の音になり、もっと早く買い換えれば良かったと思うほどです。

AF-Sレンズの標準レンズをお使いの方でAFの遅さや駆動音が気になるという方にはオススメです。
12000円程ですが、買い換える価値は十分にあると思います。

D5300を使用していますが、動画撮影時AFのカリカリ音が入ってしまうため購入しました。 買い換えて大正解でした。 AF音がほとんどしない上にピントがまるで目の動きのように自然にスッと合ってくれる感じで早い! 音が入るという欠点のせいでインタビューなどの動画撮影は控えてましたがこのレンズのおかげで仕事の幅が広がりました。 このAF-Pレンズ今のところ標準レンズしかなく今後のラインナップをどんどん増やして欲しいという期待も込めて星5です。

5つ星のうち 4.0あなどれない解像感

(参考になった人 2/2 人)

D3000/D5000シリーズのキットレンズとして採用されているため、価格も安く、サイズも小さいのでそれなりかと思いましたが、どうしてどうしてなかなかの解像度をみせます。 25cmまで寄れ最大倍率は0.38倍とマクロ的撮影も得意なのもメリット。 手振れ補正は上位機種と同等の4.0段なので、軽量なこともあり手振れ写真は皆無です。 荷物を少なくしたいときに大変重宝します。

iPhone7 レザーケース VISOUL® アップル携帯ケース 本革 手帳型ケース マグネット式 横置きスタンド 横開き 収納ホルダー ヴァンテージ オシャレ

収差』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.