卵のまとめ情報

』の解説

(たまご、らん)とは、動物メスが未受精卵細胞や、受精し胚発生が進行した状態で体外(外環境)へ産み出される雌性の生殖細胞と付属物の総称である。このため、生殖を目的として外部に放出(産卵)されるは、その多くが周辺環境と内部を隔てる構造を持ち、幾らかでも恒常性を保つ機能を持つ。この保護機構は種により異なる。なお、卵細胞そのものを卵という場合もある。

大きさとしては、直径約100μmウニの卵から、長径約 11cm のダチョウの卵まで、様々な卵が存在する。なお、卵黄自体は一つの細胞である。このため2000年代現在、確認されている世界最大の細胞は、ダチョウの卵の卵黄である。

体外に産み出されるは、卵細胞、あるいは多少発生の進んだと、それを包む構造からなり、場合によっては発生を支持する構造を内部に持っていたり、外部に囲いがあったりするものもある。また発生に消費されるエネルギーとして脂肪が蓄えられているものも多く、このため卵自体は他の生物にとって大変優れた食料ともなる(後述)。

外壁

thumb

多くの海産無脊椎動物の卵は、卵細胞の形で放出され、受精膜のみにつつまれて発生が進む。

爬虫類昆虫など、陸上に産卵される卵は表面に膜を持つことで水分の蒸発を防ぐ。これにより乾燥した陸上での生活を可能にしている。また、は虫類は胚膜を形成し、これが陸上での胚の発生を支える。

鳥類や一部のカタツムリの卵は表面に炭酸カルシウムの殻(卵殻)をもち、内部を保護している。

多くの哺乳類は、受精卵は母親の胎内に留まり、そこで成長する胎生であるが、カモノハシ目カモノハシハリモグラは、弾力のある殻をもった卵を産む「卵生」の哺乳類である。

形態

thumb

単独で産まれる卵もあるが、多数をまとめて産卵する場合もある。多数の卵を密着した塊とする場合、これを“卵塊”(らんかい)と呼ぶ。さらにそれを何らかの構造物で覆ってしまう場合もある。クモは糸で卵塊を包んで“卵嚢”(らんのう)とするし、ゴキブリカマキリは分泌物で卵塊を覆う“卵鞘”(らんしょう)をつくる。カエルの中には樹上に“泡巣”(ほうすう)と呼ぶ泡で卵を覆って産む種もある。

耐久性

卵は時に植物の種子と比較されるが,種子が最初から耐久的な構造を持つのに対して,卵はその場で発生を始めるものである。従って外力に対して頑丈ではないものが多いが、中には環境の変化に対して非常に大きな耐久性を持つ例もある。昆虫の卵には越冬を卵で行うものがある。ミジンコアルテミアカブトエビなどは耐久卵という特殊な卵を持ち、これは乾燥等、孵化後の外の環境が適さない場合は休眠状態を維持する。そのため、これらの動物は生息する水域が干上がっても、泥の中で生き延び、再び水が与えられると孵化する。シノレビアス等の卵生メダカの卵には、ミジンコなどには及ばないものの同様の性質を有し、乾燥期を卵で乗り切るものがある。

生態的側面

thumb

雌親はその種ごとに独自の方法で、決まった場所に卵を産む。卵を放出することを産卵という。海産動物には、一見無作為に卵を放出するものも多いが、より多くの動物では、何らかの基盤上、あるいは腔所に卵を産み付ける。このような産卵場所や産卵にかかわる行動は、親による子の保護の一面を形成している。さらに、産卵後に卵を守る行動などを示すものもある。

雌親が一度に産む卵を一腹(ひとはら)という単位で数え、この卵の数を一腹卵数(クラッチサイズ)という。一般に、一腹卵数が大きいものは、個々の卵が小さく、小さいものは卵が大きい。これは卵の生存率と深く関わりがあると考えられ、r-K戦略説との関連で論議された。同様の問題は、雌親の産卵回数などに関しても議論がある。

卵概念の歴史

卵という概念が確立したのは発生学においては実は非常に新しい。もちろん卵そのものは鳥や魚のそれとして古くから知られていたのだが、ほとんどのほ乳類は卵から生まれない。サメエイにも胎生の種があり、それらも卵は見られない。逆に昆虫のは卵と考えられていた。従って、すべての動物の発生の起源としての卵という見方はなかった。

ウイリアム・ハーベーは胎生の動物の発生を詳しく調べたが、卵を発見することは出来なかった。しかし、類推からそれらにも卵が存在することを確信し、「すべては卵から」との言葉を残している。これが現実的に確認されるのは、細胞説の成立後である。

卵がもつイメージ

卵は生命、復活の象徴として、しばしば取り上げられる。例えばキリスト教の祭日である復活祭では、鶏卵を色とりどりに塗った「イースター・エッグ」を作る風習がある。

また、卵には「未熟だけれどもこれから成長の見込みがある」というイメージがあり、日本語では日常的に「学者の卵」とか「画家の卵」のように初心者、駆け出しの者を意味する場合に用いられる。この事情は英語でも似通ったところがあるが、やや侮蔑的な「青二才」の意味を持つので、むしろ「ひよっこ」(ヒヨコ)と語感が似ている。

さらに茹でた鶏卵の殻を取り除いた姿が白くつるつるしていることの連想から、時に官能的なニュアンスを伴って「卵の剥き身のような柔肌」などという言葉が比喩的に使われることもある。

生卵が非常に割れやすい事から、脆い物の象徴としても使われる。

食用卵の種類

200px

卵は栄養が豊富であるから、食用となるものが多々ある。卵の採取を目的に飼育される場合もある。鳥類などはその典型で、世界各地で鳥類の卵を食用として得るために様々な鳥類が飼育される。しばしば卵と食肉の双方を得るためにも飼育される。

その一方で、魚卵は魚肉を得る際の副次的生産物ではあるが、逆に風味の良い魚卵は特別に扱われ、中には魚卵そのものを目的として採取される魚類もある。

日本においては、食事関係で単に「卵」というと、鶏の卵を指すことが多い。

鳥の卵

魚介類の卵

その他の卵

卵に関することわざ・故事成語

  • 啄木鳥の子は卵から頷く(きつつきの子は卵から頷く)
  • 累卵の危うき(危きこと累卵の如し)
  • 卵で塔を組む
  • 卵で石を打ったよう
  • 卵の殻で海を渡る
  • 卵を見て時夜を求む
  • 丸い卵も切りようで四角
  • 卵を割らずにオムレツを作ることはできない (You can't make an omelette without breaking eggs.)
  • 卵を盗む者は牛も盗む (He that will steal an egg will steal an ox.)
  • コロンブスの卵
  • 鶏が先か、卵が先か (Chicken and egg question.) →英語のWikipediaではChicken or the eggのページになっている。

その他

  • 沙石集』(13世紀末成立)の記述に、卵を食したために仏罰を受けた例がみられる。
  • 卵と玉子の使い分けであるが、後者は食用を目的とした鶏卵、特に生でない火を通したものに限り用いるのが普及してきている。

』に 関連する人気アイテム

Anker PowerCore 10000 iPhone&Android対応 *2018年8月時点

5つ星のうち 5.0重さ許容範囲内!

(参考になった人 0/0 人)

ちょっと重いかなというレビューがありましたが、そこまで重くない。 10000あるのでむしろ軽い方なのでは?前の型?のANKERの10000mah使ってたけど、劇的に軽く、小型化されててビックリした。 買って損なしですね! バックパックにコレとAstro E1。 車にポータブル電源(S270とPS5B)。 ソーラーに折りたたみ100Wと60W。 充電切れの心配なし(笑)

ANKERのイヤホン、スピーカーなどいろいろ買っています。 今までの経験後すごくよかったですが、この製品だけが1回だけ使ってからこわれてしまったので、ちょっと残念と思います。 交換可能であればお願いしたいですが。 。 。 すみません。 よろしくお願いします。

5つ星のうち 5.0非常に良かった!

(参考になった人 0/0 人)

これまで使用していたものより小さく、容量も大きいため、非常に助かります!重さも思いの外、気になりませんでした。 あと、専用の袋も付いてて、ケーブルを入れれるので、便利です。

日立 冷蔵庫 315L 3ドア クリスタルシャンパン R-S3200HV XN

恐らくこれの4代くらい前の日立冷蔵庫を使用していました。10年越え選手でしたが、別に不具合があった訳ではなく、リフォームのときに業者に中の棚をなくされたとかその程度です。コンプレッサーの調子もまだまだ良かったです。
ですが、古い冷蔵庫は電気代もお高くなるという話を聞いていたので、この機会に買い替えしました。
スペックというか、サイズは前のと同じで、外観は今風にタッチパネルなどがついて、更に中は真空チルドなどという何かの実験でも出来そうなモノがついていました。(0.8気圧でも変化見れそう)
設置もヤマトさんがきっちりと設置していってくださったので、文句なしです。

先祖君もヤマトさんがリサイクル料と運搬料のみで持っていってくれました。
機能は上記に書いた通りですが、冷蔵庫を開けたときの見た目的な変化はほぼゼロです(笑)真空チルド部分のふたくらい。あ、あと庫内灯が上部についた位かな~。ただ、この灯りは奥が見難いのでここだけは前回と同じままが良かったです。(唯一の-要因)
気になる真空チルドは開けるたびにプシューと何か近未来的な音が聞けます。(列車のドアの音っぽいとも言うけれど)
まだ漬けマグロとか作ってないので、その実力はよくわかりませんが、浸透圧の関係とか科学的な事を言われたらそうなのねー!ほー!と思わざるをえません。これからまた最低10年はおつきあいする予定なので、きっとその辺の事も良くわかってくるでしょう。
野菜室、冷凍庫部分は間違い探し並に変化がないです。(ということは、すでに突き詰められた形、究極の形状という事で思っていいのではないでしょうか?まぁ、先祖君から別に不満はありませんでした。冷凍庫はもう少し大きいといいなぁとは思いますが)

10年後にまた5代目位後の機種に買い換えて、その時今使ってるこの機種の真の実力のレビューをちょこっと書いてるかもしれませんね。

冷蔵庫としては細形のため床面の傾斜により筐体に若干のひずみを生じたと思われる。よって1段目開き扉を基準に2段目、3段目の引き出しを閉めた時に右に1センチ弱のズレがあったので水平器で測定し部材で調整した。結果2段目は改善されたが、3段目は全く変わらず。なお、この件に関しAMAZONサポートに問い合わせた結果、気持ちよく交換を引き受けてもらえた。通常の販売店であれば、交換など渋る所であると思われる。
真空チルドの食品保存性能は素晴らしい。ただ、自動製氷の三角型氷にはがっかり。
でも冷蔵庫と言えば日立の思いは変わらず。

型落ちのこの製品は価格的にもすごく買得と思われる。
また、別の件でメーカーサポートに若干の取っ手付け根のへこみについて製造過程での仕様の範囲なのかを確認したことがあるが、こちらも交換可能とのことでメーカーサポートも好印象。
商品購入後のAMAZONのサービスレベルの対応は、日本国内においてもトップレベルにあると思われる。
ネットでの価格比較で多少高い商品であっても、その後の商品保障の信頼を考えれば「AMAZON」で購入するのがベスト。今回この件に関してつくづくそう思った。

5つ星のうち 5.0よい買い物でした

(参考になった人 4/4 人)

ガラスコーティングのドアにはタッチパネル式の設定ボタンがあるし、お刺身やお肉を保存するのに真空チルドが便利です。到着して一週間が経ちますが、とても静かなので氷が出来たときの落下音にびっくりします。
我が家は二人家族の自炊生活ですが、以前持っていた410Lを持て余していたので、丁度いいサイズに思えました。我が家は冷凍庫よりも野菜室を頻繁に使うので、野菜室が真ん中なのは嬉しく、冷蔵庫のドアポケットのみならず野菜室にも醤油のペットボトルや自家製のお茶のボトルを冷やせるのが地味に便利です。一方で冷凍庫には自動で氷がドッサリできてキンキンに冷えているというのにガラガラに空いているのでもっと冷凍庫活用法について勉強しようと思いました。笑
運送会社さんも丁寧でしたし、総じて満足のいく買い物でした。ありがとうございました。

Grand-Line 冷蔵庫 90L 2ドア 直冷式 冷凍冷蔵庫 ライトグリーン LARD-90LG LARD-90LG

5つ星のうち 4.0見た目は◎機能性は△

(参考になった人 1/1 人)

見た目はレトロで可愛いです。 家電量販店などでは、見たことがないので、友人達からどこで購入したのかよく聞かれます。 取っ手は少しチープな感じがします。 冷蔵庫も冷凍庫も霜ができやすいです。 ある日、冷蔵庫のドアが開いたままで中の霜が溶けて水浸しになってしまうことがありました。 原因として、ドアを無造作に閉めて、跳ね返ってしまった可能性が高いです。 それからは、都度ドアが閉まっていることを確認するように気をつけています。

5つ星のうち 5.0使いやすい!

(参考になった人 2/2 人)

注文から配送が早い対応で感謝です! 高さ93センチの奥まったスペースに余裕で収まりました!コンセント差した最初だけモータ音が大きかったですが、生活していて全く気になりません。 快適です。 あと霜取り機能がないので(それを承知で購入はしました)冷蔵庫の奥の壁に雫が凍ってよくついてます。 霜取りヘラで取れますが、拭いても拭いてもつくのがちょっと難点です(';ω;`)

5つ星のうち 2.0性能と保証

(参考になった人 2/2 人)

MAXの7にして使うとビールや飲み物を凍る直前ぐらい冷える。 ただ、直冷だから、角にやると凍ったりする。 あと一番大事であろう取っ手が欠品。 しかもいくらメーカーのカスタマーセンターに電話しても全然電話が繋がらない。 (混雑してるとかではなく単純に相手が応答しない)冷やすだけしか考えないならいいけど、保証とかは無に等しい

ぐりとぐら

もうすぐ2歳になる子どものために購入しました。
50年以上前の作品なので、最近の絵本に比べたら作画も彩色もすごくシンプルです。でも、その余白が、子どもの想像力を掻き立てるのだと思います。

小さいころ、それもひらがなを覚えて自分で絵本を読めるようになったころ。図書室で、周りの友だちと争うようにこの絵本を読みました。声に出して読む子、じーっと集中して読む子、お友だちと本を囲んで読み合いをする子、色々でした。ぐりとぐらの歌も、その子によって違う節回しで歌いました。それでもみんな決まって、あの大きな、お鍋いっぱいのふわふわのカステラを目の前に想像しては、なんて美味しそうなんだろう、自分もこのカステラを食べてみたい、と思うのです。


絵本にあるのは本当にシンプルな黄色い丸の絵であるにも関わらず、目の前に浮かぶのはこの上なく美味しそうなカステラで、甘い匂いと森の木々の香りに包まれ、動物たちと談笑している気にすらなりました。

今、大人になって子どもに読み聞かせているのですが、その頃ほどの感動が蘇ることはありません。目の前に美味しそうなカステラが浮かぶことも、味を想像することもありません。しかし、読むと決まって、目の前には大きなカステラを想像して、木漏れ日を浴びながらたくさんの動物と遊んだ気分になって、楽しそうに歌う子どもがいます。

絵本に全く興味のなかった発達障害グレーの息子(3歳)が、初めてハマった本です。 この1ヶ月の間、昼夜問わず「読んでー!」と持ってきます。 幼い子が読むにしては長めのお話だと思うのですが、多動で落ち着きのない我が子が、最初から最後までじっと座って聞いていました。 感動です! 特に好きなフレーズは「このよでいちばんすきなのは、おりょうりすること、たべること。 ぐりぐら、ぐりぐら」です。 私は親になってから初めて読んだのですが、大人が見てもほっこりする内容と絵です。 そして、無性にカステラが食べたくなります。

2歳前に購入しました。 対象年齢が3歳からで、当時はあまり興味がなく読み聞かせしても、すぐにどこかへ行ってしまってましたが、今年3歳になり、読んで。 と持ってくるようになりました。 「今、全然見てくれない」と思ってる方へ。 対象年齢になれば、興味が出てきますので、そのまま手元に置いて置いてください。 今でもほとんど本は読んでと持ってきませんが、この本は持ってきます。

』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.