千代田のまとめ情報

千代田』の解説

千代田(ちよだ)

地名
校名
鉄道・駅名
高速道路
企業名
軍艦名
城名
その他
  • チヨダ (警察) - 警察庁警備局に置かれている公安警察の運営、統括を任務とする部門。特殊工作を行う直轄部隊を持つ。旧称「四係」「サクラ」、現在は「ゼロ」と呼ばれているという。
  • 日本の姓氏。但し、事実上地名姓のためあまり多くはない。

千代田』に 関連する人気アイテム

日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス: 198社の最新動向

燃料電池車(FCV)はエンジンが複雑なゆえ電気自動車(EV)にコスト面で太刀打ちできず、FCVに注力している日本のメーカーはガラパゴス化しているとの評論は、納得性があると私は思っていた。しかし、本書によると、大型・長距離用ではFCVに優位性があり、EVの次は、FCVの技術開発に注力していくのが、世界の潮流らしい。中長期的には、衰退期を迎えると推測していた日本の自動車(部品)メーカーの将来性に光明が見えた感があり、今後の動向は注視していく価値があると思えた次第。本書にはFCVのみならず、水素社会全般の多岐にわたるテーマごとに、平易な解説と、進行中のプロジェクトと関連メーカーの取組が紹介されている。

また、末尾には、本文で取り上げられた水素エネルギー全般の関連企業198社が細目分類別に記載されているのは、概括の把握や株式銘柄の選定の参考にも便利である。本書を読むまでの私のように水素社会の意義に懐疑的な人、並びに、一般の人には新たな視点を提供する好著と思える。

5つ星のうち 5.0とてもよくわかる

(参考になった人 3/3 人)

脱化石燃料と言われて久しいが、とかく電気自動車(EV)が取りざたされることが多い。 クルマの世界ではいまのところ電気が優勢だが、 社会全体の将来を見通せば水素が圧倒的に優勢だと本書はわかりやすく説いている。 脱化石燃料という環境問題にとどまらず 巨大なビジネスチャンスと産業・社会転換を予感させる書である。 巻末の個別企業の動向一覧表は本書の内容を裏付けるものであり、ビジネスマンに大いに役立つと思う。

5つ星のうち 2.01600円の価値はなかった

(参考になった人 0/0 人)

日経のHPで見たときはよさげだったのですが、残念ながら大体知っている情報でした。

ひとりだちするための国語

5つ星のうち 5.0よかったです

(参考になった人 0/0 人)

生活していくのに必要な基本が学べて役に立ちそうです。 これからじっくり使っていきます。

図解 いちばんやさしく丁寧に書いた青色申告の本 ’18年版

ぜんぜん青色申告できる気がしないです。 経験者向けの参考資料なのかな。

前回購入した時の内容が分かりやすかったので、改版されたものを購入致しました。 今回も前回同様図解入りで分かりやすかったです。

千代田』の解説 by はてなキーワード

艦船

江戸幕府大日本帝国海軍艦船

砲艦[千代田形・千代田形丸](1代)
江戸幕府が建造し、明治政府軍に所属を移した砲艦
就役:慶応2年5月
除籍:1888年1月28日
除籍後は千葉県に交付され、日本水産会社に貸し与えられ「千代田丸」となった。
巡洋艦(2代)
1988年からイギリスで建造後、回航され、1891年4月11日に横須賀に到着した艦。
就役:1891年1月1日
除籍:1924年12月1日
水上機母艦航空母艦(3代)
水上機母艦として就役:1938年12月15日
1943年航空母艦に改装
戦没:1944年10月25日(レイテ沖海戦

千代田』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.