医学書院のまとめ情報

医学書院』の解説

医学書院(いがくしょいん 英称:IGAKU-SHOIN Ltd.)は、医学系出版社。1944年(昭和19年)、日本医学雑誌株式会社として創立。1950年(昭和25年)株式会社医学書院と改称し現在に至る。

本社は東京都文京区本郷2007年(平成19年)4月まで東京大学赤門の並びに社屋を構えていたが、同年5月春日通りに面した新社屋に移転した。医学雑誌、医学書籍、医学辞典などを発行する出版社の中でも最大手。

書籍

医学生向けの教科書「標準」シリーズは、基礎系・臨床系のほぼ全領域を網羅し定期的に改訂されているため、殆どの医学部学生に購読されている(巻数が多く定価が決して安くないため、全巻を揃えるような買い方はほとんどされない)。看護学生(看護師)を対象とした「系統看護学講座」は、全国の看護学校で圧倒的なシェアを誇る(看護学校では学校で一括して教科書を購入するため、シリーズでまとめて購入する傾向がある)。

一方、准看護師を対象とした「新看護学」は競合書の「看護学入門」(メヂカルフレンド社)とほぼ互角の採用率である。このように、学生向けのテキストを医学・看護の領域で網羅しているため、「医学書院といえば教科書」というように認知されている。

上記のほかに、年鑑書である「今日の治療指針」は創刊以来50年間安定した購買層に支えられ、目立つ競合書は存在しない。また、「医学大辞典」や「治療薬マニュアル」は、後発ながら、それぞれの競合書「ステッドマン医学大辞典」(メジカルビュー社)、「医学大辞典」(南山堂)、「今日の治療薬」(南江堂)にせまる売上数実績がある。

川口有美子シリーズケアをひらく 逝かない身体 ― ALS的日常を生きる』(ISBN 9784260010030)で第41回大宅壮一ノンフィクション賞受賞

電子出版

早くから電子書籍に着手し、総合診療ガイド「今日の診療(DVD-ROM)」は1991年より毎年発行され、広く医療界にて愛用されている。また、カシオ計算機からのOEM商品「看護医学電子辞書」は看護界でのベストセラーとなり、さらに2008年平成20年)3月には、セイコーインスツルメントより医師向け「電子辞書SR-A10000」を発売し話題となった。2009年(平成21年)3月には「医学大辞典第2版」を新規搭載した「電子辞書SR-A10001,SR-A10001M」を発売している。また電子テキストシリーズ「医学書院eテキスト」、雑誌の電子配信サービス「MedicalFinder」、看護技術研修eラーニング「eナーストレーナー」など、数多くのデジタルコンテンツを発売。

雑誌

主に、医学・看護の領域で専門誌を発行する。医学系雑誌25誌、看護系雑誌9誌は、いずれも国内の出版社では最大数。

  • 生体の科学
  • 公衆衛生
  • medicina
  • JIM
  • 糖尿病診療マスター
  • 呼吸と循環
  • 胃と腸
  • 肝胆膵画像
  • BRAIN AND NERVE
  • 脳神経外科
  • 精神医学
  • 臨床外科
  • 日本内視鏡外科学会雑誌
  • 臨床整形外科
  • 臨床婦人科産科
  • 臨床眼科
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
  • 臨床皮膚科
  • 臨床泌尿器科
  • 総合リハビリテーション
  • リハビリテーション医学
  • 理学療法ジャーナル
  • 臨床検査
  • 検査と技術
  • 病院
  • 看護教育
  • 看護研究
  • 保健師ジャーナル
  • 訪問看護と介護
  • 助産雑誌
  • 看護管理
  • 精神看護
  • JJNスペシャル

医学書院』に 関連する人気アイテム

セイコーインスツル IC DICTIONARY SR-A10000 医学モデル ステッドマン医学大辞典改訂第6版 医学書院 医学大辞典 治療薬マニュアル2007準拠収録 音声・シルカ・カードレッド対応

5つ星のうち 4.0永く使えそうです

(参考になった人 23/25 人)

前機種「SR-V7900NK2」から買い換えました。
不満だった点がかなり改善されていて満足しています。

デザイン
カバー(背面)の色は紫がかった黒といった感じのなかなか上品な色でヘアライン仕上げ。
SIIのロゴのみのシンプルなデザインとなり飽きずに使えそうです。
キーボードも以前のメッキをあしらったものよりすっきりしたデザインになりました。
一部キーの割り当てを工夫すればもっと直感的に操作できるのに 、と感じることがあります。



画面
起動が速くなった。
以前の機種は2秒程度、今回は約1秒。
たった1秒の違いかもしれませんが起動から入力までの
わずかな「間」がストレスになっていたので満足です。
液晶はくっきりと読みやすく、テッドマンと、医学大辞典は16階調の白黒で図も表示されるようになりました。
図は拡大できないのが少々残念ですが無いよりはマシです。

バッテリー
従来の電池式から充電式になりました。
付属のACアダプタをつなぐと充電されます。
画面上部にバッテリー残量を示す3段階の電池マークも表示されます。
このアダプタは携帯電話のものと似た4センチ四方くらいの軽いものなので
持ち運びに苦労することはないです。
ただ、常にアダプタを持ち歩きたくもないので電池も併用できるとよいと思いました。

キー配列に少々不満はありますが、デザインがすっきりとなってステッドマン、広辞苑とも
改訂されたばかりのものが収録されているので、高い買い物でしたが永く使えそうです。

5つ星のうち 4.0効率を上げる

(参考になった人 8/9 人)

医学研究科の院生です。
付属病院の医師が多く使っているので購入しました。
医学、生化学、生命科学、生理学などの領域で電子辞書を選ぶなら間違いなく現時点で最高モデルです。医学論文の講読や医学部学士編入に最適です。
英語に関してもほぼ最高水準でしょう。広辞苑も最新版です。
一括検索機能が付いていて、一つのキーワードでいくつもの辞書を同時に調べられます。この機能によって複数の辞書で定義を確認でき、より理解が深まります。例えば簡単な定義をブリタニカ百科で調べ、追加の情報をステッドマンなどで調べます。


文字で捉え難い事項に図が付されていて使いやすいです。
さらに読みにくい医学英単語など音声で確認できます。キーはパソコンをそのまま小さくした使い心地です。
気になる点としては、起動に1秒ほどロスがある程度でしょう。値段は高いですが費用対効果の見合った商品だといえます。

5つ星のうち 1.0買わなければ良かった

(参考になった人 1/17 人)

初めて電子辞書というものを購入したのですが、思っていた以上に 大きく重たいので、いつも持ち歩こうと考えていたのが、出来ません。 音声も殆どが器械声なので聞きづらく購入した事を後悔しております。 開封してしまったから返品出来ないし。 。 。 悲しくて仕方ありません!! 本当は☆をゼロにしたかったのですが、選択不可能でしたので1つにしました。

どもる体

吃音は子供から大人までいじめられる人生そのものです。それが苦で自殺する人が絶えません、それが面白いですか?吃音を上手く表現しただろ、それを自慢したい本です。筆者は吃音には全く無知です。どもるときに、こうなってると細かく説明したつもりでも、だから何です。この筆者が吃音に全く無知だとわかる箇所があります。P58、「蚊」、「手」のような一音の語だとどもらない。といった当事者の報告からも分かることです。酷いデタラメです。たとえ一文字「手」だけでも、どもらないなんて絶対ありません。吃音に無知なのに、知ったかぶりして、こんな本書かないでください。

ますます無知な人が増えるだけです。この種の本で思うのはP18、小倉智昭の名を出すのは止めてほしい、本人は「僕は吃音だから」と常々公言していますが、ひとつもどもっていない、本人が吃音と思い込んでるだけでしょう?この本を読んで気づいたのはP24、筆者は言友会の吃音を治す努力の否定を本にしただけ。この本では珍しく登場人物をネットで検索して動画にすると、吃音のレベルが見られます。P27、ドミニク、チエン、ひとつもどもっていない、どこが吃音なのと疑います。山田舜也(しゅんや)一応どもるけど社会生活に支障無いレベル、藤岡千恵(ことば文学賞、世界は変わる)これもどもるけど支障無いレベル、八木智大(吃音と向かい合う、教師を目指す)日常生活に支障をきたす重度のレベルです。彼は電話はかけないと思うし、かけたら相手が困る。教科書の1行読むだけでも1分以上かかるはず。P23菊池良和、P24伊藤伸二の2人の大先生は吃音者になれない職業など無いと断言します。(菊地良和、伊藤伸二も動画見れます、菊地先生が会社の電話係などなれるはずない)、動画をご覧になって、名前言うのに30秒以上かかる、八木さんが教員などなれるはずがない、夢と現実、なりたいとプロは違います。教員試験の結果はどうだったのでしょう。八木さんは京都大学という優秀な頭脳も、ひどい吃音のお陰で、就職はお呼びでなく卒業後はニートしています。P150、落語家の桂文福、本人は吃音と言っていますが、ひとつもどもらない、早口がつまるのを吃音と思い込み笑いのネタにしてる、文福の言うことは滅茶苦茶、「山田君」が言えない時は前につける、「いつも元気な山田君」学校の音読や仕事で言えますか?あまりにもデタラメで吃音者を馬鹿にしています。吃音とは話すのが怖い人のことです。P36、新聞(しんぶん)どう読む、発音記号並べてどうする?P76、吃音は数秒から数十秒のあいだ、なら60秒言葉が出なくてもいいのですか?これも酷い無知丸出しは、P106、難発で結局音が出ない場合は沈黙と理解される。違います、何も知らない。、「コイツ、しゃべれねえのかよ」と罵声を浴びます、惨めです。P136(治す努力の否定)とはいえ(音読は奴隷の仕事)には仰天します。固有名詞でなくても、(300円、ありがとうございます)は音読と同じ絶対に言い換えできません。これも奴隷の仕事ですか?P213、藤岡さんはどもります宣言でカミングアウトしたら周囲の反応に拍子抜けした、当然です、藤岡さんの吃音レベルなら、少しどもっても普通に仕事できますから、そのレベルで吃音を語ってもらうと困ります。八木さんはどうでしょう?教員はおろか電話とる仕事には就けません。テレビのNHKニュースで吃音の特集があり(多分菊地先生監修?)女子大生が吃音のカミングアウトして吃音と向い生きると決意しましたが、これは殆ど意味ないです。何故ならアカミングアウトしても言葉が出ないのは何も変わりません。八木さんが私は吃音と言っても何も変わりません。八木さん(吃音者)はどんな仕事にも就けると断言する、伊藤伸二、菊池良和、両先生に聞いてみたいです。最後のP242、どもる体を抱いて生きるとは~存在のおもしろさに、いじめ、自殺者が絶えないのが面白いですか?あとがきの初めにご自身が吃音だと書いていますが、会話も仕事も、こなすことができる。それって吃音ですか?違います。学校会社ではいじめられて、学校の先生までもいじめます。会社では辞めざるを得なくなる、なので自殺者が絶えない。そんな吃音が面白いですか?、無知の机上の空論は止めてほしい。治す本でないのは承知しています。この本に登場する人達は言友会ですから、、治したいなんて馬鹿言うな、一生どもっていればいいんだ、この本もそれだけです。この本に登場する伊藤伸二先生は(好みは別として)日本吃音界の第一人者です。吃音は面白いと伊藤先生に教わりましたね。伊藤先生の会員が吃音を苦に自殺しても他人事、自殺のニュース見た人から、講演会で「治らなくても改善すべき」と質問されると「どうすればいいのか」と大声で言いました。(逆ギレして怒鳴った)とご自身のブログ、(伊藤伸二 どもり相談室)2014.2.23に書いてあります。菊地良和先生はテレビ、講演で有名な吃音ドクターです。吃音のリスクマネジメントのレビューにも書きましたが、話せる様になりたいの必死のSOSに首を縦に振ることは万が一にもなく、SOSはゴミ箱入れてご満悦です。吃音ドクターが教える人と話す、の本では、吃音者はたとえ80才でも一日でも普通に話したいと夢見るものです。しかし菊地先生は定年退職して困らないはずなのに、間違っていると一蹴します。つまり伊藤先生も菊地先生も言いたいことは同じ、治したいなんて馬鹿言うな、一生どもっていればいいんだ。SOSも自殺も知らん顔の2人の大先生です。本題に戻り、どもる自分に笑ってしまう、違います、どこまで吃音をからかうのでしょう?どもる自分に惨めで消えていなくなりたいです。助ける気持ちなど全く無く、吃音をからかうのは止めてください。

昨年長良川近くで開かれた日本吃音・・学会のテーマはダイバーシティであった。ダイバーシティはもちろん多様性を尊重する社会であろうが、多様な言論についても、それが外観的に差別的なものでないかぎり(内面を言い出せばきりがない)、存在を許される社会であると思う。
この本は著者の初めての吃音本であり、出版される前の予約の段階でアマゾンのベストテンの5番目あたりに入っていて、大いに期待されていた本である。
内容は期待通りで、大変面白かった。吃音についてだらだら書かずに、リズム感の問題に焦点を絞っていること、大変リズム感のよい明快な文章で著述されていることは、この本の長所といえる。

そして、著者の唱える「どもる脳ではなく、どもる体」理論、「オートマ制御言語活動の一時的故障によって自分の体のコントロールを失い、自分の体が自分のものでなくなってくる」理論、「パターンを使って、故障を乗り切ろうとした結果、そのパターンによって自分の体が乗っ取られてしまう」理論は、斬新で、興味深く、説得力もある。
ただ、吃音が「体の反応」、「心と体の遊離」、「体の乗っ取り」というフレーズで論じられることは、当事者である吃音者にとっては、不愉快な部分があるだろう。本書が集録されているケアシリーズには、これまで、ケアのタブー領域に踏み込んだような本があるが、この本も、ちょっとタブー領域に切り込んだ感のある本で、著者の今後の発展を祈りたい。
しかし、後書きにはがっかりした。著者はここで、自身が隠れ吃音であることをカミングアウトし、編集等に関わった人もみな隠れ吃音であるとつけくわえる。隠れ吃音というのはかなりあいまいな概念と思うが、著者が自分でいうのなら、それはその通りなのだろう。しかし、ここでこんなことを書く必要があるだろうか。これでは、まるで、隠れ吃音であることが、この本を書く免罪符として、提示されているようにみえてくる。
ダイバーシティにおいては、こういう免罪符は不要のはずである。

表紙がいきなり突拍子もない感じですが、本書を読み「吃音とは、言葉を伝えようとして、間違って、言語ではなく肉体が伝わってしまった状態」という言葉に触れた後では、この表紙でなくては、と納得します。本書はそういう本です。
本書ではまず「しゃべる」という能力を、言語活動としてではなく身体運動として解説します。興味深いのは、「発声器官のモーフィング」の概念。一音一音独立して発声することが「しゃべれる」と認識されないように、人間の発語には複雑な気道形態の微調整が必要になる、ということを初音ミクの例を挙げて説明します。

そのような高度なパターンを「オートマ制御」でコントロール能力を人間は発達過程で獲得するが、そこにエラーが生じたのが吃音であると。
ついで吃音の各症状について解説がなされます。タガが外れ気持ちよささえ感じる「連発」、その対処法として獲得され、症状ともなる「難発」、さらにそれを乗り越えるための「言い換え」、運動のコントロールを他者に預ける、リズムに「ノる」ことや演技をすることで吃音を減らす工夫など。
吃音を減らす工夫がまた吃音の症状になりうるというのは重要な部分ですが、その工夫で吃音が減ったとしても、しゃべっているのは自分ではない、コントロールされているような不快感を生む、ことを多くの方が言及しているのも、、また大事なことです。
吃音の方というのは、偶然にも自分の身体を「オートマ制御」でコントロールする能力を獲得できた人たちがそれをできて当然と考える社会の中で、「自分の身体をコントロールするとはどういうことなのか」と言う謎に向かい合い、それぞれの「オートマ制御」の最適化を続けている人たちなのです。
吃音を理解する入門書として素晴らしいのであうが、なんといっても読みやすく面白いのです。
吃音を治すことを目指す本ではなく、「治す」という言葉が適切なのか、社会全体で考えていく契機になる本です。

子どものための精神医学

我が子が荒れ、その当人も親も兄弟も 家族皆がもがき苦しんでいる日々 この本に出会った
悪戦苦闘の日々が続き いろんな心配をして 本もいろいろ読んだが、この本を読んで腑に落ちる点のなんと多かったことか。
人はどうやって感覚を共有していくのか? 人の心は如何に形成されていくのか 息子や私の心はどのように育ってきたのか
発達障害を理解するために 私にはこういうことを学び整理することが必要であったのだ。どこで、どのように息子は躓いているのだろうか? それをしっかり考える手がかりを本書で沢山手に入れたと思う
実際に不適応を起こしている子供について この本に決定的な処方箋が書かれているわけではなかったけれど 落ち着いて子供をみてあげることに、知ることにより不安を和らげることに 間違いなく役に立った。


本書は幅広い内容を扱っているが、読み手にわかってもらえるよう相当丁寧に書かれており 著者の説明力はたいしたものだと思った それにより納得がいくだけでなくその丁寧さに感銘を受けた これは苦しんでいる子供の親に勇気を与える。

専門職の方にとっては既知のことばかりなのかもしれないが 本書は 専門書を可能な限り一般向けに書き直した 中間的な1冊なのだと思う。けれどもそれは中途半端という意味ではない 今後何年か経ち 新しい知見が加わり定義分類が多少変わろうとも 目の前に 苦しむ子供の心みをみたとき その子供の心を理解するという点において この本は決して色褪せず大きな味方・解決の一助となりうる そんなコアな部分に力を入れてを書かれていると感じた

尚、子供の躓きに対応するには親だけでなく祖父母にも理解して欲しいと思い 私の親に本書を紹介してみたが この本は難しくて解らん との感想であった 最初の1冊にするにはしんどい

5つ星のうち 5.0主張のある良書

(参考になった人 0/0 人)

著者の信念をはっきり維持し、それを随所に図示して説明しつつ、他の論者の見解も紹介して、児童精神医学全般についてわかりやすくバランス良く解説している。昨今はやりの発達障害についても、人間の発達の持つ二つの相の一つ、つまり知能(認識能力)のおくれとしての精神遅滞と並ぶコミュニュケーション能力のおくれとしてとらえ、ことさらに脳の異常として疾患化することを批判している。この点同意したし、論理的に整理して書かれていると感じた。特に、昨今のそうした傾向一般を批判する、以下の比喩に共感した。「巨人ファンと阪神ファンがいる。

両者の脳に明白なちがいが認められる。一方には喜びの情動反応、他方には怒りの情動反応が励起される。しかしこれをもって(両者がそれぞれのファンであるのは[引用者註])この脳のちがいに起因するといえるだろうか」(178頁)

5つ星のうち 5.0素晴らしいの一言です

(参考になった人 8/11 人)

保健センターの心の相談員をしています。 こどもの発達やこどもの精神病の相談にのることも多いため、勉強になりました。 素晴らしい本です。 もっと早く出会っていたら…と思います。 何度読み返しても心にしみます。

DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引

DSMは商業主義(カネもうけ)のアメリカで出来た診断基準だ。 その意図するところは診断基準をゆるめて患者でない人たちも患者にして研究医が論文を書きやすいように、また臨床医がもうかるようにすることだ。 こんなものでまともな「真の精神科診療」ができるはずがないが、日本精神神経学会も商業主義に大賛成のようで今回はDSMの翻訳にもかかわってきた。 しかし、この訳のひどさ、センスのなさ・・ 今や精神科医の必読書 「クレイジー・ライク・アメリカ」 (紀伊國屋書店) をぜひお勧めしたい。

5つ星のうち 4.0お値段以外はすばらしい

(参考になった人 14/14 人)

仕事柄、精神障害の方や自閉傾向にある方と接するので きちんとした指針があればと思い購入。 値段は専門書の御多分に洩れずいい値段ですが、 いろいろなパターンが記載されていてとても参考になりました。 この本の本編ともいうべき「DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル」 という本が出ていますが、さすが本編だけあって価格が4倍以上もします。 お医者さんなどでない限りはこちらの手引きのほうでよいかと思います。 デイや居宅の事業所にはぜひ欲しい1冊だと思います。

5つ星のうち 4.0仕事には絶対必要

(参考になった人 7/9 人)

改訂版のまとめ版ですが、かなり変わっており仕事には必要です。 できれば電子版で出してほしかったことと、やはり価格が高い。

運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略

外来の保存療法の患者さんを診る人は参考にしても良い。 ・解剖学、運動学がサラっと復習出来る。 ・自分のモチベーションが落ちてる時にサラっと読むと、やる気が出そう。 ・症例ノートの評価がクリニカルリーズニングの参考になる。 一方で広く浅い印象。 ・症例ノートの評価と治療を読んでいて。 肩が原因と書いてあるのに、前腕へのアプローチばかり乗ってたりする。 、治療の内容は書いてあるが、目的を書いていないので、何を狙っての治療アプローチか分からない。 ・当たり前だけど、臨床ではもっと様々な原因がある。

5つ星のうち 5.0振り返りに…

(参考になった人 9/9 人)

OT9年目で改めて勉強したいと思い、こちらを手に取りました。 学生、新人問わず目を通すと新たな視点が見つかるのではないでしょうか。 経験豊富な方々でも振り返りにはちょうど良い一冊かと思われます。

5つ星のうち 3.0誤字あり

(参考になった人 1/1 人)

起始停止が逆の箇所があったり、半月板の動きが前後逆だったりしてる文章がある。 まだ半分しか読み込めてないが誤字がまだあるかもしれないです。 全体的には良い本ですから買っといて損はないでしょう。

医学書院』の解説 by はてなキーワード

日本の出版社。医学医療関係の書籍を中心に出版している。東京都文京区に本社がある。

医学書院』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.