前提のまとめ情報

前提』の解説

前提(ぜんてい)とは、ある物事が成り立つためにあらかじめ満たされていなければならない条件のことをいう。論理学言語学では、いくつか異なった文脈で用いられる。

論理学における前提

前提 (premise) とは、推論の出発点となる命題のことをいい、結論の対義語である。アリストテレス三段論法では、大前提 (major premise) に一般的な原理、小前提 (minor premise) に個別の事実を置き、そこから新たに導出される命題を結論と呼ぶ。

大前提:すべての人間は死すべきものである。
小前提:ソクラテスは人間である。
結論:ゆえにソクラテスは死すべきものである。

言語学における前提

言語学(意味論語用論)において前提 (presupposition) とはある命題が適切に発話されるためにあらかじめ知られていなければならない命題のことである。訳語は同じであるが、上述の前提 (premise) とは全く別の概念である。たとえば、

彼は受験にまた失敗した。

という文は通常「彼が(以前にも)受験に失敗したことがある」ということが既知である文脈で用いられる。このようなとき「彼が受験に失敗したことがある」という命題は「彼は受験にまた失敗した」という命題の前提であるという。

この意味での前提の概念は定記述の解釈をめぐる論理学での論争に端を発する。

現在のフランス王は禿である。

バートランド・ラッセルはこの文について「現在のフランス王がただ一人存在し、かつそれが禿である」ときに真であるとした。フランスは現在共和制であり王は存在しないので、ラッセルの立場ではこの文は偽であることになる。これに対しピーター・フレデリック・ストローソンは、「フランス王が一人いる」という命題はこの文によって主張されていることの一部ではなく前提であり、前提が満たされていない時この文は真理値を持たないとした。

前提は命題の主張内容ではないので、文を否定文に変えても影響を受けない。この性質から、命題 P とその否定 ¬P がどちらもある命題 Q を含意するとき、Q は P の前提である、と定義することができる。たとえば、次の二つの文は通常どちらも「私は禁煙した」ことを含意しているので、「私は禁煙した」はこれらの命題の前提であることが分かる。

私は禁煙したことを後悔している。
私は禁煙したことを後悔していない。

これに対して、たとえば「彼は殺された」は「彼は死んだ」を含意するが、その否定「彼は殺されなかった」は「彼は死んだ」を含意しない。従って、「彼は死んだ」は「彼は殺された」が含意 (entail) する命題ではあるが、前提ではない。

含意は基本的に後で覆すことはできない。たとえば「彼は殺された。でも死んでいない」は(何らかのレトリカルな解釈を別とすれば)矛盾である。しかし前提は必ずしもそうでなく、「私は禁煙したことを後悔していない──だって禁煙なんかしていないから」のような言い方が可能である。この性質を指して、前提は取消可能 (defeasible) であるという。取消可能性を論理的にどう扱うかは大きな問題である。一つの可能性は、この場合に否定はメタ言語的に機能している(すなわち「私は禁煙したことを後悔している、と言うことはできない」ということを意味している)と考えることである。

前提トリガー

「彼は受験にまた失敗した」の「また」のように文に前提を生じさせる表現を前提トリガー (presupposition trigger) と呼ぶ。前提トリガーには以下のようなものが知られている。

  • 定記述
    • 「現在のフランス王は禿である」→「現在、フランス王が一人存在する」
  • 叙実動詞
    • 「私は禁煙したことを後悔している」→「私は禁煙した」
  • 状態変化動詞
    • 「私は走るのをやめた」→「私は走っていた」
  • 含意動詞
    • 「彼は鍵を閉めるのを忘れた」→「彼は鍵を閉めようとしていた(閉めるべきだった)」
  • 反復
    • 「彼はまた受験に失敗した」→「彼は受験に失敗したことがある」
  • 判断の動詞
    • 「彼女は太郎の行為を批判した」→「太郎の行為は悪い(と彼女が思っている)」
  • 時間節
    • 「昨日寝る前に本を読んだ」→「昨日寝た」
  • 分裂文
    • 「あいつを殺したのは俺じゃない」→「誰かがあいつを殺した」
  • 強調された要素による暗黙の分裂文
    • 「違う、俺があいつを殺したんじゃない!」→「誰かがあいつを殺した」
  • 比較・対照
    • 「田中は佐藤ほど優秀な学者ではない」→「田中は学者だ」
  • 非制限関係節
    • 「かつてメキシコに栄えたアステカ文明は…」→「アステカ文明はかつてメキシコに栄えた」
  • 反事実条件文
    • 「もし信長が本能寺で死んでいなかったとしたら、天下統一は彼によって成し遂げられていただろう」→「信長は本能寺で死んだ」
  • 疑問文
    • 「誰が花瓶を壊したのですか?」→「誰かが花瓶を壊した」

前提投射

「うちの息子は優秀だ」は「うちには息子がいる」を前提とするが、「彼はうちの息子が優秀だと思っている」はそうではない(実際には息子はいないにもかかわらず、彼が勘違いしているという解釈が可能である)。このように、ある文がより複雑な文に埋め込まれたときに、前提が全体に引き継がれるかどうかという問題は前提投射 (presupposition projection) の問題と呼ばれ、そのメカニズムの解明が精力的に行われている。

ローリ・カートゥネンは、複文の中に埋め込んでも前提がそのまま引き継がれるような表現を穴 (hole) と呼んだ。たとえば「〜を後悔している」のような叙実動詞がこれにあたる。また、前提が引き継がれない表現を栓 (plug) と呼んだ。「〜と述べる」のような発話動詞がこれに該当する。さらに、条件文や接続語は前提が引き継がれる場合とそうでない場合とがあり、このような表現をフィルター (filter) と呼んだ。

前提調節

前提は基本的には発話がなされる前に話し手と聞き手のあいだに共有されていけなければならないものであるが、実際には必ずしもそうではない。たとえば「遅れてごめん、娘が熱を出してしまって」という発話は「話し手に娘がいる」という命題を前提にしているが、聞き手は仮にこの前提を知らなかったとしても、前提をその場で受け入れて、違和感なく発話を理解することができる。この現象を前提調節 (presupposition accommodation) という。

ソール・クリプキは前提には調節の可能なものと、そうでないものの2種類があることを指摘している。調節を許さない前提トリガーには「〜も」などがある。

太郎もいい成績だったよ。

このような表現は、太郎以外の誰かがいい成績であったということが、話し手・聞き手双方にとって先行文脈から明らかである時にしか用いられない。このように調節を許さない前提トリガーは照応的 (anaphoric) と呼ばれる。

前提』に 関連する人気アイテム

治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ

高評価のレビューが並んでいたため、また著者のプロフィールに興味を持ったため読んでみたが、大いに得るものがあった。読んでから少し時間がたったので詳述は出来ないが、著者の生き(延び)ることへの意志の強さ、そして治療のための情報収集と分析を徹底的に行う努力のひたむきさがとても印象的だった。まるで一つのビジネス・プロジェクトをこなしていくかのように、冷静に、緻密にご自分を分析し、解決に向けて進んでいくさまは、通常の闘病記とはまるで違った質感を持っている。もちろんご家族の支援、お子様とのエピソードも登場するし、決して冷めた印象はないのだか、一時的な悲観や動揺に流されまいとする著者の意志の強さと冷静さに、まず圧倒される。



個人的に参考になると感じたのは、著者が病気に関する情報けではなく、病院と医師に関する情報、つまり「人」を徹底的に調べた点。この本に書かれている具体的な医師一人一人の評価に関して私がどうこう言える立場にはないが、ご自分の癌を納得行くまで分析したうえで、一般論ではなく自分固有の症状にとってベストな問題解決が出来る人を選ぶこと、そして実際に診察してもらえるようアクションをかけることに最大限の注意を払っている点に注目したい。

5つ星のうち 5.0情報戦

(参考になった人 2/4 人)

ちょっと本の書評とは違う部分もあるかもしれませんが、ご容赦ください。
現代医学では、例えばガンの治療のように、打ち倒す(その為には副作用も覚悟で)とゆう、姿勢が強いとおもわれます。

一方、世界の医学の中には、例えば漢方療法のように、なるべく少ない副作用で、体全体の自然治癒力なども多いに活性化させて、治療に挑もうとしている医学もあります。

ここからが、わりと(重要)になってくると思いますが、病いになるとゆうことは、何か人体で処理排泄できないような、(何か)が、
入ってきてしまったのかもしれない、
それならば、排泄を中心にして、治療に当たろうと考えているのが、インド医学のアーユルヴェーダです。

世界は広いので、安易に諦めないで、希望を作りだしましょう、自らで。

前向きにガンと向き合い、いかにして治すための行動をするかという努力は素晴らしいと感じた。

がんと診断された患者の心境を考えると、もっと落ち込んだり気分が沈んだりするものだと思いますが、そういったところはあまり描いていない。そのおかげで、闘病記を読んでいるとありがちな、気分が落ち込むような瞬間は無かった。

「患者」として、具体的にどのようにして医療者と関わっていくべきなのか、情報を収集するべきなのかということを実体験を通して教えてくれる良書となっている。

ガン以外の疾患の方には、がんの治療の部分は分からないことが多いが、それでも闘病をしている患者としては色々と参考になる書籍だった。

治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ

高評価のレビューが並んでいたため、また著者のプロフィールに興味を持ったため読んでみたが、大いに得るものがあった。読んでから少し時間がたったので詳述は出来ないが、著者の生き(延び)ることへの意志の強さ、そして治療のための情報収集と分析を徹底的に行う努力のひたむきさがとても印象的だった。まるで一つのビジネス・プロジェクトをこなしていくかのように、冷静に、緻密にご自分を分析し、解決に向けて進んでいくさまは、通常の闘病記とはまるで違った質感を持っている。もちろんご家族の支援、お子様とのエピソードも登場するし、決して冷めた印象はないのだか、一時的な悲観や動揺に流されまいとする著者の意志の強さと冷静さに、まず圧倒される。



個人的に参考になると感じたのは、著者が病気に関する情報けではなく、病院と医師に関する情報、つまり「人」を徹底的に調べた点。この本に書かれている具体的な医師一人一人の評価に関して私がどうこう言える立場にはないが、ご自分の癌を納得行くまで分析したうえで、一般論ではなく自分固有の症状にとってベストな問題解決が出来る人を選ぶこと、そして実際に診察してもらえるようアクションをかけることに最大限の注意を払っている点に注目したい。

5つ星のうち 5.0情報戦

(参考になった人 2/4 人)

ちょっと本の書評とは違う部分もあるかもしれませんが、ご容赦ください。
現代医学では、例えばガンの治療のように、打ち倒す(その為には副作用も覚悟で)とゆう、姿勢が強いとおもわれます。

一方、世界の医学の中には、例えば漢方療法のように、なるべく少ない副作用で、体全体の自然治癒力なども多いに活性化させて、治療に挑もうとしている医学もあります。

ここからが、わりと(重要)になってくると思いますが、病いになるとゆうことは、何か人体で処理排泄できないような、(何か)が、
入ってきてしまったのかもしれない、
それならば、排泄を中心にして、治療に当たろうと考えているのが、インド医学のアーユルヴェーダです。

世界は広いので、安易に諦めないで、希望を作りだしましょう、自らで。

前向きにガンと向き合い、いかにして治すための行動をするかという努力は素晴らしいと感じた。

がんと診断された患者の心境を考えると、もっと落ち込んだり気分が沈んだりするものだと思いますが、そういったところはあまり描いていない。そのおかげで、闘病記を読んでいるとありがちな、気分が落ち込むような瞬間は無かった。

「患者」として、具体的にどのようにして医療者と関わっていくべきなのか、情報を収集するべきなのかということを実体験を通して教えてくれる良書となっている。

ガン以外の疾患の方には、がんの治療の部分は分からないことが多いが、それでも闘病をしている患者としては色々と参考になる書籍だった。

ANQILAFU ユニバーサル 携帯電話のアダプタマウント は - iPhoneのソニーサムスンモト用など - 両眼単眼スポッティングスコープ望遠鏡と顕微鏡との互換性の世界の自然を記録します フィット接眼レンズ径23mm-44mm - 高度なプラスチック材料

5つ星のうち 3.0使えないことはない

(参考になった人 1/1 人)

軽量なダハタイプでも三脚固定でじっくりと眺めたい場合もあります。

メーカー純正のダハ用アダプターは高価なので今回試しに購入。

当方所有の中で一番鏡筒間隔が狭い

NIKON モナーク5 8×42でも全く干渉することなく接続することはできました。

メーカーにより鏡筒間隔に差はあると思いますが42mm以下なら干渉することはまず無いと思います。

問題はネジ長が短いのか(突出部5mm)、ネジの工作精度が低いのか

締め付けは甘く、ガッチリと固定することができず天秤状態となり左右にグラつきます。

ただ、脱落の可能性は低く、この価格だとこういう物だとわり切り「ふつう」とさせていただきました。

購入時の凸凹2つの部品は、画像下部にみえる小さな穴(3か所あります)に最小の六角レンチで調整すると凸がしっかり凹にネジで固定できるようになっています。 精密です。 材質も金属製でしっかりしていて、デジタル一眼レフカメラにフィットします。 天体望遠鏡に接続したときぐらつきや遊びがなく、31.7mmにしっかり固定できます。 商品が届いたとき、2つの部品の接続の仕方がわからず、もっと部品が必要なのかもしれないと思いました。 小さな穴に六角レンチを差し込むようなイラストや簡単なセットの仕方について説明書があると品質がいいのでファンが増えると思いました。 これから様々に活用したいと思います。

5つ星のうち 3.0ARROWS F-06E にて使用

(参考になった人 2/2 人)

スマホを挟み込み固定をしてますがこの機種の場合、挟む万力みたいなものがちょうど音量と電源に当たります。 望遠鏡のレンズ位置にもよりますので一概には言えないのですが、完全固定式のものでないと重さで望遠鏡がグラグラします。 横幅があるスマホだとかなり引っ張らないとはまらないのでサイズ確認はした方がよろしくですね。 私のARROWSではなかなかきつかったので参考になれば…

NUDE CABLE 電源ケーブル ギター・ベースアンプ専用 1.8m D-TUNE

当方ギタリストです! エレキという楽器は電源廻りを向上させることで、全てにおいて良い効果がはっきりと表れます! ライブハウスなどでは、多くの照明などの影響で足元のエフェクターやアンプへの電圧降下が頻繁に起こります。 リハーサルでは満足していたサウンドが、本番で違和感を感じた事はありませんか? 常に安定した電力を供給させる事は高級機材を揃えるよりもはるかに大事だと自分は考えてました。 このケーブルでそれを実感しました!すばらしい商品です。 ありがとうございました。

5つ星のうち 5.0期待以上!

(参考になった人 1/1 人)

ここまで音が変わるとは思いませんでした。 マッチレスlighting 15wのノイズが多く、シールドを変えたり、パッチケーブルを変えたりしていました。 コンセント直!(アースあり)で使用したところ、ノイズは激減しました。 音も良くなっていますが、専門化ではないので細かいことはわかりません(笑) ただいままでよりギター弾いている時間が長くなりました

5つ星のうち 5.0コスパ最高。

(参考になった人 1/2 人)

爆音環境でのベーアンには必須。 でも感動はすぐに慣れに変わり、こいつが当り前になります。 なので持ってくるのを忘れたとか、無くしたりとか、入れ忘れたりして違う電源でライブをするとかなりテンパります。 普通なのに凄いです。 ちなみにKemperやデスクトップPCで使っても、効果大です。 本当に笑っちゃいました。

前提』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.