切明温泉のまとめ情報

切明温泉』の解説

切明温泉(きりあけおんせん)は、長野県下水内郡栄村にある温泉である。

泉質

温泉街

切明温泉を流れる中津川の左岸には、河原に温泉が湧出しており(野湯)、河床を掘り天然の露天風呂を楽しむことができる。湧出温度が50℃を超えるため、川の水を引き込み適温に調節して入浴する。

宿泊施設は「切明リバーサイドハウス」「秘境の宿 雪あかり(旧称 切明園)」「切明温泉 旅籠・雄川閣」の3軒存在し、それぞれ日帰り入浴も扱っている。

歴史

江戸時代中期の1700年頃、箕作村(現栄村箕作地区)の名主、島田三左衛門がこの地に温泉を発見し営業を開始したが、江戸時代後期に水害で流されてしまった。それから250年余り経った1972年(昭和47年)に栄村村営の宿・雄川閣が営業を再開した。

切明温泉』の解説 by はてなキーワード

長野県栄村秋山郷の最奥部にある温泉

天然手堀り温泉で知られる。

秘湯ではあるが、新潟県の津南からバス便がある。

* リスト:リスト::温泉

切明温泉』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.